Array ( [0] => 噴霧設備又は装置の細部及びその付属品 [1] => 噴霧物体の状態 [2] => 液体 ) 噴霧設備又は装置の細部及びその付属品 | 噴霧物体の状態 | 液体
説明

Fターム[4D073BB03]の内容

Fターム[4D073BB03]に分類される特許

461 - 476 / 476




柔軟な使い捨てカップ。この使い捨てカップは、前記使い捨てカップは、帯電防止材料から形成されている。コーティング材混合物に含まれる帯電性粒子は使い捨てカップに付着することなく、供給の間、コーティング材混合物の均一性が維持される。また、供給の間、コーティング材混合物の均一性を保持する方法が開示される。
(もっと読む)


遠隔の動力噴霧機を液体の容器に接続するための供給装置の一つの実施形態において、柔軟な配送管は、遠隔の固定器具に取外せないように接続される一方の端部とコネクタ・ホースに取外せないように接続されるもう一方の端部を含む。遠隔の固定器具とコネクタ・ホースの各々は、使用の際に動力噴霧機が引っ張られかつ操作されるとき、管と、遠隔の固定器具と、コネクタ・ホースとの間の接続歪を緩和するための固定器具アダプタとコネクタ・アダプタを個々に含む歪緩和要素を含む。第二の実施形態において、柔軟な配送管は、遠隔の固定器具に取外せないように接続される一方の端部と、容器に支障なく配置されるが、コネクタ・ホース上に差し込まれ、かつそこに摺動自在に配置されるスプリング状錘を含んでいるもう一方の端部を含む。
(もっと読む)


本発明は、容器(1)及びその上に載せ得る蓋を備え、蓋が塗料噴霧器又はアダプタ上への実装用に連結要素(3)を有し、容器(1)が弁により閉止可能な通気部(4)を有する塗料噴霧器用の流体槽において、その密封性を向上させるため、通気部封止用の弁に通気部(4)閉止用の弁座を2個、流路方向沿いに相前後して配置したものである。
(もっと読む)



液体供給組立体を液体塗布器に接続するためのアダプタ組立体。アダプタ組立体は液体供給組立体の外蓋(508)とアダプタとを有する。アダプタ組立体は液体供給組立体と液体塗布器との間の接続を提供し、該接続が、素早く、簡単に、そして、しっかりと係合させることができると共に、接続部周囲に強くてしっかりとしたシールを有する。
(もっと読む)


本発明に係る塗料吹付器用重力沈降椀は、椀状の容器(1)、この容器(1)上にしっかりと固定できる蓋体(2)、並びに本重力沈降椀を塗料吹付器に直に固定するための連結部(3)を備える。本重力沈降椀の特徴は、連結部(3)を構成する連結片(5)を蓋体(2)上に直に形成し、この連結片(5)にネジ込みロック要素(8)を設けて本重力沈降椀を塗料吹付器に迅速に直結できるようにしたことである。
(もっと読む)


デバイス用の格納能力をもたらすと共に容器(33)およびバケツの充填をもたらす手持ち式液体分注デバイス(12)を支持する装置(10)。好ましい方法では、装置(10)は、2つの分注デバイス(12)の支持、および、2つの容器(33)または1つの容器とバケツの充填を可能にする。別の好ましい方法では、装置は、分注デバイス用の2つの支持体(18)と容器用の1つの支持体を備える。

(もっと読む)




本発明は、一般にボウリングレーンのコンディショニングに関し、より詳細にはボウリングレーンの横方向と縦方向に沿って所定のパターンの仕上げ液を自動的に塗布する装置及び方法に関する。例示的な実施形態の1つにおいて、コンディショニングシステムは、テレスコープ式クリーニング液供給ノズル(124)を有するクリーニングシステム(120)と、バッファ(106)と高精度供給噴射器(232)を有する仕上げ液塗布システム(140)とを含む。 (もっと読む)



可撓性かつ液体不浸透性の保護スリーブ内に囲い込まれたガススプリングを含むガススプリング構体であり、その保護スリーブは、塗装工程および塗装前工程の間の汚染に対して前記ガススプリングを保護するとともに、前記塗装に晒された後に前記ガススプリングを恒久的装着部品として残して除去され得るものである。
(もっと読む)


【課題】 複数のノズルそれぞれにファスナー金具のような部材を取り付ける必要がなく、また、複数のノズルの位置決めを行うことができるノズル取付構造を提供する。
【解決手段】 フレーム1内で幹配管21から複数の枝配管22を同方向に分岐した。少なくとも一部の枝配管22の先端部が位置する部分の近傍のフレーム1に配管固定部材3を取り付けた。上記複数の枝配管22の先端部にノズル受け部4を設けると共に、該ノズル受け部4に押さえ部52を有するノズル5を取り付けた。該ノズル5先端側より各ノズル5の位置する部分にノズル配置孔61を穿孔したノズル押さえ板6を前記ノズル配置孔61にノズル5を挿通して配置し、前記ノズル押さえ板6でノズル5の押さえ部52を押さえた状態でノズル押さえ板6を配管固定部材3に取り付けた。 (もっと読む)



461 - 476 / 476