Fターム[4D073CA06]の内容

噴霧設備又は装置の細部及びその付属品 (3,538) | 噴霧装置の細部又は付属機器 (180) | 供給路に関するもの(放出装置内除く) (44)

Fターム[4D073CA06]の下位に属するFターム

Fターム[4D073CA06]に分類される特許

1 - 20 / 23


【課題】 余剰スプレーを再利用するシステムを提供する。
【解決手段】 本システムは、対象物の外面にコーティングを施すために対象物へ向けて材料を吐出するときに生じる余剰スプレーを回収して再利用することができる。本システムは、概して、対象物が噴霧され得るように収容するハウジングと、対象物を保持するホルダと、対象物へ向けてコーティング材料を吐出する吐出デバイスと、余剰スプレーを回収および/または処理する容器と、再利用されるべき余剰スプレーを導くコンジットおよび流量調整器と、を備える。吐出デバイスおよびホルダは、ハウジング内に配置され得る。吐出デバイスとハウジングの壁との間に、少なくとも1つの多孔性材料が配置され得る。 (もっと読む)


【課題】供給経路に接続されたエア供給経路への該供給経路からの高圧液体の逆流を防止しながら、供給経路にエアと洗浄液とを交互に供給する洗浄方法の採用を可能とし、効率的な洗浄を行う。
【解決手段】供給経路2に開閉バルブ23を介してエア供給経路24を接続し、エア供給経路24にエアパージバルブ25及び洗浄液バルブ26を接続する。洗浄工程Bでは、次の工程b1〜b4を複数回繰返す。ドレンバルブ22及び開閉バルブ23を開放し残存液体を排出させる(残圧排出工程b1)。圧力センサ28の検出圧力が所定値以下となったら、エアパージバルブ25を開放してエア供給経路24及び供給経路2にエアを供給する(エア洗浄工程b2)。次に洗浄液バルブ26を開放してエア供給経路24に洗浄液を充填する(洗浄液充填工程b3)。この後、開閉バルブ23を閉塞し、洗浄液供給源6からの洗浄液を供給経路2内に供給する(洗浄液洗浄工程b4)。 (もっと読む)


【課題】複数の液剤を共通流路中で混合して得られた混合塗料を塗装ガンに供給するようになっていて、液剤の個別流路の下流端が共通流路の内壁に凹んだ形態で臨んでいる塗料供給装置において、液剤の個別流路に洗浄液を流さずに洗浄を行う場合でも、個別流路の下流端によって共通流路の内壁に形成されている凹部に残留する液剤を確実に除去する。
【解決手段】合流器11には、共通流路12内に臨むように配置され、硬化剤用連通孔38に向けて洗浄用流体を吐出するノズル40を設けた。 (もっと読む)


【課題】第1に、冷却作用を確実に発揮できると共に、結露発生も防止され、第2に、沈塵作用を確実に発揮できると共に、結露発生や凍結発生も防止され、第3に、しかもこれらが簡単容易に実現される、ミスト噴霧システムを提案する。
【解決手段】このミスト噴霧システム1は、水供給手段2からのポンプ3を経由した加圧水Aを、給水管4にて所定位置の噴霧ノズル5へと給水し、微粒子化したミストBとして噴霧する。そして例えば、外気温が高い夏季に使用され、もって、噴霧されるミストBの蒸発気化熱により冷却作用を発揮して、体感温度を下げ清涼感を体感可能とする。又、ミストBが、ホコリや粉塵が浮遊する空間に噴霧され、もって、ホコリや粉塵を包み込んで沈下させる沈塵作用を発揮する。そして熱変換塗料Cが、温度対策用に例えば給水管4に塗布されており、熱変換塗料Cは、遮熱機能や断熱機能を発揮可能である。 (もっと読む)


【課題】 冒頭に指摘した先行技術を前提に、本発明の課題は、環境に優しい改良された塗装機械を明示することである。
【解決手段】 送り管路(6)と還流管路(7)が残塗料および残溶剤を廃棄するための廃棄容器(15)に接続可能であり、送り管路(6)と還流管路(7)が、各容器の接続部分にて、送り管路(6)および還流管路(7)を塗料容器(5)、溶剤容器(9)または廃棄容器(15)に切り換えるための制御可能な第1、第2多路弁(10、20)に接続されており、塗料の廃棄、溶剤の充填、塗料の洗浄除去、溶剤の廃棄、塗料の再充填および塗料の継続移送が順次自動的に実行可能であるように多路弁(10、20)を制御するための制御機構(16)を有する。 (もっと読む)


【課題】直列配管2−パイプシテムに於いて、多数取出によるメイン供給配管及び戻り配管の最低流速が油性系塗料で0.3m/sec水性塗料系0.05m/sec以上の流量及び、規定内圧力が満たされない不具合を解決すること。
【解決手段】並列配管2―パイプシステムで、塗料は圧送側5よりメイン配管3Aで分岐し単独ブ−ス又は複数ブースで並列にし、往配管側より最初の取出箇所往R1、L1より取出復R1、R1最後の取出箇所往Rn2、Ln2より復Rn2、Ln2へ流れメイン戻り並列配管4Xで合流し、戻りタンク6に到る。並列配管固定抵抗2-パイプシステムでは、仮取出箇所ダミ−往R1、L1からダミ−復R1、L1及び、仮取出箇所ダミ−往R2、L2からダミ−復R2、L2の固定抵抗配管1及び2により、全往復配管の最低流速、最低流量、規定内圧力を設定できる。 (もっと読む)


【課題】本発明は、洗浄液がもつキャビテーション振動(運動エネルギー)の減衰を少なくして、洗浄液の使用量を少なくすることを可能にした塗装装置を提供することを課題とする。
【解決手段】塗装装置10は、ブロック体12に塗料が通る塗料管路11を設け、この塗料管路11の上流部に洗浄液とエアとをミキシングさせて噴射する洗浄液噴射バルブユニット14を接続し、塗料管路11の中間部11cに塗装色を切り替え所定の色の塗料を塗料管路11に供給する複数の塗料バルブユニット13を接続し、塗料管路11の下流部11bに塗料噴射装置18を接続するとともに、塗料管路11の断面は非円形断面に形成してなり、塗料管路11に残存する塗料を除去するものである。 (もっと読む)


【課題】 スプレーガン本体と、塗料、エアの配管を集合させたマニホールドを装着する場合に、ワンタッチで簡単に装着でき、接合面を確実に安定して接触させることができ構造とする。
【解決手段】
噴霧化装置を備え、それぞれの塗料およびエアの供給路につながる開口を設けたシート面を形成したスプレーガン本体と、前記シート面のそれぞれの開口に一致し前記シート面と接合する取付け面に供給出口を形成し、それぞれの供給出口に接続されたそれぞれの供給接続口を設けたマニホールドによって構成されるマニホールドスプレーガンにおいて、前記のシート面と取付け面は、それぞれ段差を有する2つの面で形成し、スプレーガン本体側の前記段差部にシート面と平行に嵌挿される係止片を突設し、この係止片をマニホールド側に挿入し、マニホールドに設けた固定手段により前記係止片に係合してスプレーガン本体とマニホールドが密着する位置で固定し、該固定手段の解除により分離可能とする。 (もっと読む)


【課題】 スプレーガン本体をマニホールドに装着させる方向に移動させた状態で、ワンタッチで簡易装着が可能な着脱装置とする。
【手段】 塗料およびエアの供給路につながる開口を設けたシート面を形成したスプレーガン本体と、前記シート面のそれぞれの開口に一致し前記シート面と接合する取付け面に供給出口を形成したマニホールドを装着分離する着脱装置において、前記のシート面および取付け面と直交する立面から固定用係止片を突出させ、この係止片が挿入される側に係止片と係合して装着する方向の移動を規制する固定手段を設ける。固定手段は装着方向を軸に回転するロック本体に、前記係止片が挿入された位置で軸方向に移動可能な第1の溝と、回転した時に係止片と係合して装着位置に固定する第2の溝を設ける。 (もっと読む)


【課題】空洞部内に溜まっている流体を確実に洗浄することが可能な取付部材を提供する。
【解決手段】圧力センサ33を塗料供給装置10に取り付けるためのセンサベース32(取付部材)は、圧力センサ33の一部が挿入される空洞部33aと、空洞部33aに連通している流入路33e及び流出路33fと、を備え、流入路33e及び流出路33fは、空洞部33aの両端にそれぞれ配置されており、空洞部32bの底面32cは、円錐形状を有している。 (もっと読む)


【課題】簡易な機構で、AD法において2種類以上の微粒子材料からなる多層被膜、傾斜機能を有する被膜、呈色を連続的に変化させた被膜などを、高い生産性で形成可能とするエアロゾル発生装置を提供する。
【解決手段】微粒子8を導入する微粒子導入口と、搬送用のガスを導入するガス導入口3と、微粒子8をガス中に分散させたエアロゾルを導出するエアロゾル導出口4とを有するエアロゾル発生部と、内部に微粒子8が収容された複数の微粒子収容部9と、該微粒子収容部9から微粒子導入口に微粒子8を供給するための溝6aが形成された回転テーブル6とを備えてなるエアロゾル発生装置であって、微粒子が2種類以上であり、該微粒子の種類毎に微粒子収容部9に収納され、それぞれの微粒子収容部9から供給され充填された溝6a内の微粒子8が、微粒子導入口よりエアロゾル発生部5に導入されエアロゾル化される。 (もっと読む)


【課題】 一度に広範な面積を有するスレートに硬化剤を塗布するとともに、スレート上の余剰硬化剤を回収、浄化した後、再度スレートに塗布できるアスベスト硬化剤塗布装置及び塗布方法を提供することを課題とする。
【解決手段】 波形状のカバー12を設けた硬化剤塗布回収部11と、浄化装置等を内部に有する本体21をホース14を介して接続する。スレートに塗布した硬化剤から不要な余剰硬化剤を本体21に回収、浄化し、浄化した硬化剤を硬化剤供給管27を介して、塗布回収部11から再度スレートに塗布する。ホース14には圧縮空気供給管18を接続し、コンプレッサーからの圧縮空気を送り込んで、効率的に余剰硬化剤の回収を促進できるため、長尺ホース14を使用しても効率的に余剰硬化剤を回収でき、一度に広範な面積のスレートの処理を可能としている。 (もっと読む)


【課題】洗浄性能の向上を図る。
【解決手段】塗装装置は、塗料Pa,Pbと洗浄液Wが流通するようになっているとともに下流端が塗装ガン30に接続された供給路13と、供給路13内に配置された螺旋部材40と備えている。洗浄液は、螺旋部材40を通過するときに旋回流となり、螺旋部材40よりも下流側における供給路13の内壁を螺旋状に擦りながら流れることによって、供給路13の内壁を洗浄する。旋回流は、乱流に比べると層流に変化し難いので、螺旋部材40から離れた下流側領域においても旋回流による洗浄効果が発揮される。 (もっと読む)


【課題】 塗布用ラインの設置スペース及び構成設備を削減することを目的とする。
【解決手段】 ベース材料を塗布手段まで搬送する管路を、複数の管路に分岐し、前記複数の管路のいずれかに、添加剤投入手段及び混合手段を設けたことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】塗料カートリッジの移送、交換等に際しての不具合を防止することのできるカートリッジカバー、カバー着脱装置及び塗装システムを提供する。
【解決手段】塗装機3は塗装ブースにて塗装を実施可能であり、所定の搭載位置及び塗装ブース間を移動する。移載装置では、塗料の充填された塗料カートリッジ5が、搭載位置にて塗装機3に搭載されるとともに、塗装済みのカートリッジ5は回収テーブル6に移動させられる。塗料カートリッジ5の側壁及び天壁を覆うようにしてカバーが上から被せられるようにして装着される。このため、カバーに塗料が付着したとしてもカートリッジ5には付着しない。また、カバーの側壁部、天壁部には、飛散塗料の内部侵入を規制するとともに、内外間の通気を許容する通気構造を有するため、カバーの被覆を円滑に行うことができる。 (もっと読む)


【課題】AD法によって成膜を行う成膜装置において、エアロゾルの流れを安定化して均一な膜形成を行なうことのできる成膜装置を提供することにある。
【解決手段】成膜装置1には、噴出口25の長手方向の側方に設けられてこの噴出口25から噴射されたエアロゾルの噴射流E1の側方を覆う遮蔽板26が備えられている。これにより、排気流Fによって噴射流E1が乱れることを抑制し、均一な膜を形成できる。特に、噴射流が大きく流れる噴出口24の長手方向の側方で流れを遮るように遮蔽板26を設置することで効果的に噴射流E1の乱れを抑制できる。また、遮蔽板26が、成膜チャンバ20内部での排気口21に向かう排気流Fに対して交差方向に配されている。また、遮蔽板26は一対が噴射流E1を挟んで互いに対向して設けられている。また、遮蔽板26は噴射流E1に相対する内側面が凹面26Aとされている。 (もっと読む)


【課題】簡単な構成でルーバにミストが当接せず、高温のミストが滴下しないサウナ装置を提供することを目的とする。
【解決手段】ミストノズル15とルーバ10とを制御する制御装置16にルーバの特定開度を検知するルーバ開度検知手段11を備え、ルーバ10を所定の角度で停止させ、ルーバ10が特定角度を通過すると予測される時刻にルーバ開度検知手段11の検知出力が得られたときのみミストノズル15からの噴射を行うことにより、ルーバ10の故障などでルーバ10が正しく動作しなかった場合に、ミストの噴射を停止させて高温のミストがルーバ10に当接して結露し滴下することのないサウナ装置を提供できる。 (もっと読む)


【課題】液体供給路内に残留する液体の凍結による破損を有効に解消する。
【解決手段】液体供給路(直線流路37)を開閉する開閉機構(開閉バルブ30)を備えると共に、前記液体供給路の前記開閉機構よりも上流側には、該上流側の液体供給路内に残留する液体が凍結する際の体積の膨張を吸収する膨張吸収機構60を有する。膨張吸収機構60は、ピストン体61と弾性部材(膨張吸収バネ65)で構成し、ピストン体61の大径部を、直線流路37の上流側の端末部に形成した膨張吸収室54内にスライド自在に収容した。 (もっと読む)


【課題】E形止め輪の突出片がスリットから抜けにくくし、コンパクトな構成で、簡単に組み付け作業を行えるようにした管継手を提供する。
【解決手段】管継手は、外管11と内管12とEリング(E形止め輪)13とを備える。外管11の周壁面には、間隔を保ってスリットSが形成される。内管12の周壁面には、スリットSが開口可能な周壁溝12aが設けられる。E形止め輪13は、スリットSから外管11の管壁を通して内管12の周壁溝12aに嵌まる突出片13A〜13Cを有している。突出片13A,13Cには、内管12の周壁溝12aに収まって外管11のスリット縁部に係止可能な返し爪15,15が設けられる。 (もっと読む)


【課題】 浴室の壁又は天井(2)に設置される機器本体(20)内に引き込まれる温水供給管(10)と、その下流端に設けられるミスト噴霧部(1)とを備えた浴室用ミスト発生装置に関し、ミスト噴霧部(1)の位置を機器本体(20)の設置場所の状況や入浴者の好み等に合わせて、上下に調整できるようにすること。
【解決手段】 温水供給管(10)は、機器本体(20)内にて固定される固定配管(11)と、その下流端に接続される調整配管(12)とからなり、調整配管(12)の下流端は高さ方向に位置調整可能に構成されており、ミスト噴霧部(1)は調整配管(12)の前記下流端に設けられていること。 (もっと読む)


1 - 20 / 23