説明

Fターム[4F033CA05]の内容

ノズル及び噴霧装置 (19,528) | 噴出形状 (637) | 平板状、三角柱状 (60)

Fターム[4F033CA05]に分類される特許

1 - 20 / 60


【課題】洗浄水の水流により微細な異物(埃)を効果的に除去することができる、フィルム洗浄装置を提供する。
【解決手段】1または2枚の供給部材と、前記供給部材に形成され供給部材に平行に走行するフィルムの表裏面の少なくとも一方の面に対して洗浄液を吹付ける洗浄液吐出口を備え、前記洗浄液吐出口を、走行するフィルムの面に対して複数方向の洗浄液の流れを形成するように構成した。前記洗浄液吐出口を、走行するフィルムに対してV字状に構成するのが好ましい。 (もっと読む)


【課題】ガスの吹出し口において吹出されたガスの流速の均一性を向上することのできる吹出しノズルを提供する。
【解決手段】
吹出しノズル10は、3つのチャンバC1,C2,C3と、チャンバ間を連結する連結流路と、上流端チャンバC1にガスを供給する供給流路12と、下流端チャンバC3からガスを出す吹出し流路とを備え、紙の幅方向に沿って吹出し流路からガスを吹き出す。吹出し流路及び連結流路は、幅方向に広がる板状の管である。また、上流端チャンバC1及び中間チャンバC2は、幅方向に沿って延びる筒状の外周壁を有するとともに、該外周壁には、ガスを導入する導入口I1,I2と幅方向に広がる導出口D1,D2とが形成されている。導出口D1,D2は、外周壁の内周面に沿って旋回するガスの旋回流SwF2,SwF3の旋回方向とは反対方向となるように周壁に形成される。 (もっと読む)


【課題】多湿気施設に面したガラスが曇らないようにすると共に、一時的にガラスが曇ったとしても、その曇りを直ちに除去できる防曇ガラス装置を提供する。
【解決手段】監視カメラの前側に配置したガラス5の親水性処理が施された処理面5aに対して、水Wを供給するための細長状の吐出口12を有する吐出部10が備えられている。 (もっと読む)


【課題】複合構造物に含まれる膜状の構造物の厚さが不均一になるおそれを低減すること。
【解決手段】成膜装置は、エアロゾル生成装置と、ノズルと、エアロゾル搬送管と、微粒子分散器20とを備える。エアロゾル生成装置は、微粒子をガス中で分散させてエアロゾルを発生させる。ノズルは、エアロゾル生成装置から導かれたエアロゾルを噴出可能な開口を有する。前記開口は、エアロゾルの進行方向であるX方向と直交する断面内で、Y方向の寸法がZ方向の寸法よりも長い形状である。エアロゾル搬送管は、エアロゾル生成装置からノズルへエアロゾルを導く。微粒子分散器20は、エアロゾル搬送管に設けられる。微粒子分散器20は、エアロゾルを通過させることが可能な第1スリット22と、第2スリット23と、第3スリット24とを含む。各スリットは、前記断面内においてY方向と交差する方向の寸法が、その方向と直交する方向の寸法よりも長い形状である。 (もっと読む)


【課題】洗浄ライン上を搬送されるワーク全体の水切りを行うと共にエアーブロー位置を局所的にエアーブローしても、エアー消費量を少なくする。
【解決手段】外周面11aに3つのノズル12A、12B、12Cが設けられたノズルヘッド11が回転プレート13によってノズル筐体14に回転可能に取り付けられ、3つのノズル12A、12B、12Cそれぞれに別系統でエアーを供給するように当該ノズルの数だけエアー導入経路15A、15B、15Cがノズル筐体14内に設けられたエアーブロー用自動ガン1と、ノズル筐体14に固定されエアーブロー用自動ガン1をワークWの所定のエアーブロー位置に移動させる移動手段2と、ノズル筐体14に内蔵されると共に回転プレート13に固定され、当該回転プレート13を回動させる回動手段3とを備えている。 (もっと読む)


【課題】 吐出口かの幅方向において均一な圧力で塗料を吐出する塗布ノズルを提供する。
【解決手段】 本体部2の上に蓋部3を合せることでこれらの間に塗料導入孔17につながるマニホールド7とこのマニホールド7につながるノズル通路10が形成され、前記塗料導入孔17、マニホールド7及びノズル通路10の中心線は平面視で塗布ノズルの軸線Xと一致し、前記本体部2及び蓋部材3は前記軸線Xに対して左右対称に形成され、前記ノズル通路10の先端部は吐出口21とされ、この吐出口21を形成する本体部2及び蓋部3の周面のうち中央部分は前記軸線に直交する平面6aとされ、この平面に連続する外側部分は凸曲面6bとされ、前記マニホールド7とノズル通路10との境界部は前記本体部の吐出口21を有する周面の輪郭と相似に形成され、前記ノズル通路10に隣接するマニホールドの吐出口側周縁の前記境界部には曲壁11が形成され、前記曲壁11に連なるようにマニホールドの底面に向けて垂直壁12が形成されている。 (もっと読む)


【課題】壊食能に優れ、スケールを効率よく除去できるデスケーリングノズル装置を提供する。
【解決手段】フラットパターンの主水流40を吐出可能な主吐出口15と、主水流の厚み方向の両側から第1の被覆水流41a及び第2の被覆水流41bを吐出可能であり、主水流を第1及び第2の被覆水流のサンドイッチ状に被覆して噴射するための補助吐出口37とを備えたデスケーリングノズル装置を用いて鋼板表面のスケールを除去する。前記被覆水流はフラットパターンであってもよく、主水流及び被覆水流のフラットパターンは、噴射方向に進むにつれて幅方向に拡がるパターン形状であり、被覆水流の噴射角度が、主水流の前記角度と略同じか、又は前記角度よりも大きくてもよい。被覆水流の各噴射流量は主水流の0.2〜10%であってもよい。各被覆水流は、主水流の吐出方向に向かって1〜30°の傾斜角度で主水流に合流してもよい。 (もっと読む)


【課題】基板表面に生成される膜の厚さを均一にし、製作コストを抑えることができるようにする。
【解決手段】ミストが筐体2内に供給されると、一部のミストは一方の湾曲面2aに沿って滑らかに流下して原料ガス排出口5の直上領域に到達し、一部のミストは他方の湾曲面2aに沿って滑らかに流下して原料ガス排出口5の直上領域に到達する。そして、両者は、原料ガス排出口5の直上領域において互いに衝突して混合する。これにより、原料ガス排出口5の直上領域において、原料ガス排出口5の長手方向にわたってミストの濃度が均一になる。その後、原料ガス排出口5の長手方向にわたって濃度が均一なミストが、原料ガス排出口5から噴出する。 (もっと読む)


【課題】本発明は、既知のノズル・バーの改良を目的とする。
【解決手段】各流体溝20は、複数のノズル孔15をもつフォイル13を伴う。フォイル13の使用位置においては、当該フォイルは、そのノズル孔15がその付随する流入孔の輪郭内に位置するように、対応する流体溝20の入力口23の上に設置される。この使用位置では、各フォイル13は、キャリア部材12の平坦な取付け面に固定される。取付け面は、キャリア部材12の溝状の凹所25の底部26でもよい。別々の凹所25が、フォイル13ごとに設けられる。キャリア部材12は、多数の異なる種類のフォイルに使用されうる。フォイル13のノズル開口15の距離あるいはノズル開口15の大きさまたは形は、キャリア部材12の変形を必要することなく、さまざまな種類のフォイルの間で変わってよい。 (もっと読む)


【課題】基板の端面及び端面に隣接する基板の面に液体を吐出するためのスロット部が形成された塗工ノズルを提供する。
【解決手段】液体供給弁から供給される液体を受け入れる入口開口と、液体を吐出する出口開口とを有するノズル本体11と、ノズル本体に隣接して配置され、出口開口から吐出される液体を分配する溝穴を有する分配板12と、分配板に隣接して配置され、分配板の溝穴と連通する切り取り部が設けられたシム板13と、シム板に隣接して配置され、シム板の切り取り部を覆う遮蔽板14とを有する塗工ノズル10において、基板の端面及び端面に隣接する基板の面に液体を吐出するためのスロット部は、分配板と遮蔽板との間でシム板の切り取り部により形成されている。 (もっと読む)


【課題】ワークのバタツキを防止して優れた乾燥処理効率を発揮するスリットエアノズルを提供する。
【解決手段】積層された3枚の板状体の隙間に長手方向に延びる2条のスリット3、4をワーク20の進行方向に対し前後2列に形成するとともに、後方側に位置するスリット3をワーク20の進行に対向して乾燥エアを斜めに向け噴出する乾燥エア噴出口とし、一方、前方側に位置するスリット4をワーク20に向けほぼ垂直に押さえエアを兼ねた補助乾燥エアを噴出する補助乾燥エア噴出口とした。乾燥エア噴出口のエア噴出角度を、ワークの垂直方向に対して後方側へ10〜50°傾斜させた。 (もっと読む)


【課題】本発明は、処理対象物の表面に損傷を負わせないつつも、処理対象物の表面に強固に付着した微細汚染物を効果的に除去することのできるスリット型超音速ノズルおよびこれを備えた表面処理装置を提供するところにある。
【解決手段】本発明はスリット型超音速ノズルおよびこれを備えた表面処理装置に係り、処理対象物10の表面から異物を脱離可能な高速のガスを噴射するノズルにおいて、前記処理対象物10の幅方向に沿って延設されるノズル本体111と、前記ノズル本体111に供給された高圧のガスが前記ノズル本体111の長手方向に沿って均一に分布可能となるように前記処理対象物10の幅方向に連続する流路を有して前記ノズル本体111の内部に形成される圧力均配路112と、前記ノズル本体111および圧力均配路112の一方の端部に前記処理対象物10の幅方向に連続するように開放形成され、前記圧力均配路112を介して高圧のガスを供給されて衝撃波を生じさせる超音速ガスジェットを生成し、前記処理対象物10に向けて噴射するスリット113と、を備ええてなることを技術的要旨として、処理対象物の表面に損傷を負わせないつつも、処理対象物の表面に強固に付着した微細汚染物を効率よく除去することのできるスリット型超音速ノズルおよびこれを備えた表面処理装置に関する。 (もっと読む)


【課題】均一な気泡を有する水を散水面から均一に吐出することができるシャワー装置を提供する。
【解決手段】水を通す給水路と、前記給水路に設けられ、前記水の流路断面積を減らして前記水を吐出する絞り部と、前記絞り部の下流側に設けられ、前記吐出された水に空気を混入する空気混入部と、前記空気混入部の下流側に設けられ、前記空気を含んだ水である空気含有水を吐出す る複数の散水孔を有する散水部と、を備え、前記絞り部は、前記複数の散水孔が配された面に沿って前記水を吐出するよう配置され、前記散水部の、前記空気混入部と前記複数の散水孔の間に界面制御部を備えたことを特徴とするシャワー装置を提供する。 (もっと読む)


【課題】 長手プレートの幅方向で小型化し、長手方向で均一な膜状のスプレーを生成し得るスリットノズルの提供。
【解決手段】 面接合させた2枚の長手プレート間の、小型化した幅方向の流体流路の供給口からスリット状オリフィスまでの間に、バランス流路と共に、それぞれ形状と容量の異なる3種のチャンバーを連続させて設けることにより、本発明のスリットノズルは流体の安定流をオリフィスから噴出させ、長手方向に均一な膜状スプレーを生成する。 (もっと読む)


【課題】噴射された液体が充分に正確な幕状となるようにするノズル装置を提供すること。
【解決手段】液体Wが供給される供給パイプ1の下部の長さ方向に液体Wが幕状に噴射されるスリット形のノズル口5が設けられている。供給パイプ1とノズル口5との間に、スリット形の補助ノズル口3が設けられている。ノズル口5と補助ノズル口3との間に、補助ノズル口3から噴射された液体Wを集合させる液体集合部4が設けられている。 (もっと読む)


【課題】所望に散水範囲を持ち、且つ散水プレートと散水ケースの当接部分のシール性が高い、散水ケースを使用したシャワーヘッドを提供する。
【解決手段】湯水を吐出するための通水孔を有する複数の散水ニップルが表面に形成された弾性体からなる散水プレートと、前記散水プレートの表面と当接して配置され、複数の前記散水ニップルをそれぞれ挿通させるための複数の散水孔を有し、剛体からなる散水ケースと、を備え、前記散水プレートの背面側から供給される湯水を前記散水ニップルから吐出するシャワーヘッドであって、前記散水プレートの表面を鉛直方向及び水平方向とも凹形状とし、前記散水プレートの表面と当接する前記散水ケースのプレート背面を鉛直方向及び水平方向ともフラット形状とする。 (もっと読む)


【課題】スロットノズルとバックロールとの間のギャップがスロットノズルの全幅にわたってほぼ一定になるようにする。
【解決手段】スロットノズルの研磨方法において、少なくとも二つのブロック(3,5)を重ね合わせて形成されたスリット(8)から流体を吐出させるスロットノズル(1)のリップ部(3a,5a)を研削装置(9)で研削し、室温における該リップ部(3a,5a)の長手方向の1メートル当りの真直度を200μm以内にする第一工程と、その後、別に用意した真円度3μm以内であって該スロットノズル(1)の長さ(L1)より長い面長(L2)をもつロール(11)であって、その外周面(11a)上に研磨手段(13)を設けた該ロールを回転手段で回転させる第二工程と、回転する該ロール(11)を該スロットノズル(1)の該リップ部(3a,5a)に押し当てて該リップ部(3a,5a)を研磨する第三工程とを備えた。 (もっと読む)


【課題】プラスチックフィルムの表面に付着した数μmという非常に微細な埃、フィルム片、汚れまでも連続的に除去することができるフィルムの洗浄装置を提供する。
【解決手段】1又は2枚の平部材53と、この平部材53に形成され、平部材53に平行に走行するフィルム12の表裏面の少なくとも一方の面側に対して洗浄液を吹き付ける洗浄液吐出口52と、を備える。 (もっと読む)


【課題】本発明は、スリット間隙のテーパ率調整のための分解が不要となるダイヘッドユニットを提供することを目的とする。
【解決手段】塗布液が流入される塗布液流入口10と塗布液流入口10からマニホールド部6が形成されたマニホールド板1と、マニホールド板1との間に塗布液が押し出されるスリット部7が形成されるとともにマニホールド部6が覆われる平板2とを有するダイヘッドユニットUにおいて、塗布液が押し出されるスリット部7の開口部7aと異なる面において、マニホールド板1および平板2を支持する土台板3と、平板2を土台板3の面上で回転可能とする回転軸13とを備えることを特徴とする構成である。 (もっと読む)


【課題】特定の箇所を避けて限定された箇所のみを均一な厚さで樹脂等の液体を塗布する。
【解決手段】被着物対向面54と、突状壁部55と、液体吐出孔とをもつ塗布ノズル5を有する。突状壁部55は、被着物対向面の塗布不可領域R2を囲む位置から一定の高さHで突出し、突出端面55Aが被着物に突き当てられる。液体吐出孔は、突状壁部55によって塗布不可領域R2と分離された、被着物対向面54の塗布領域R1に形成されている。 (もっと読む)


1 - 20 / 60