Fターム[4F033RE19]の内容

ノズル及び噴霧装置 (19,528) | 動力噴霧機の特徴的構成部品 (158) | その他の特徴的構成部品 (35)

Fターム[4F033RE19]に分類される特許

1 - 20 / 35


【課題】送風式薬液散布機の収納性または運搬性を改善する。
【解決手段】送風式薬液散布機1は、背負枠10と、背負枠10の後方に配設された送風機3と、背負枠10の下方位置で送風機3と接続されて前方へ延びる送風管4と、タンク6に貯留される薬液を送風管に沿って前方へ送る送液管7と、を備え、送液管7から送られる薬液と、送風機3から送風管4で送られる空気流とを混合して、送風管4の前方先端から薬液を散布する。送風管4は、少なくとも曲管31、蛇腹管32、直管33で構成されるとともに、送風機3に曲管31、蛇腹管32、直管33の順に接続される。背負枠10の上方に、可撓的で、直管33と連結可能な固定部材81を備える。 (もっと読む)


【課題】長時間使用することで、送風式薬液散布機では、液タンク内の異物によって目詰まりが発生する。
【解決手段】送風式薬液散布機1は、液タンク6に薬液の供給管7を取外し可能に接続し、供給管7の取外しによって液タンク6のストレーナ32が取り外し可能に構成され、液タンク6の薬液を送風管7の空気流と混合して散布する。 (もっと読む)


【課題】ブロワからの空気の導入が停止しても、ブロワに液が逆流することがないミストブロワを提供することである。
【解決手段】ミストブロワ1は、ブロワ5と、液タンク7と、ブロワ5からの空気流に液タンク7からの液体を加えて霧状にする混合部13と、液体を混合部13に送るためにブロワ5の風圧により加圧する加圧部103と、を有し、加圧部103に逆止弁が形成されている。 (もっと読む)


【課題】電力を充電した蓄電池を用いる場合でも、噴霧作業をよりいっそう継続させることのできる簡易式噴霧機が求められている。
【解決手段】簡易式噴霧機1は、少なくとも1つの車輪8を有する手曳き式のカート体4と、カート体4に搭載された薬液タンク14および希釈液タンク15と、薬液タンク15内の薬液および希釈液タンク14内の希釈液を汲み上げるポンプと、薬液タンク15内からの薬液と希釈液タンク14内からの希釈液とを混合し、こん混合液をポンプに吸入させる混合器と、ポンプから吐出された混合液を噴射する噴霧ノズル50と、太陽光エネルギーを電力に変換する太陽電池パネル5と、太陽電池パネル5または外部電源からの電力を蓄える蓄電池と、太陽電池パネル5または蓄電池からの電力をポンプに供給する電力供給装置とを備えている。 (もっと読む)


【課題】スプレーディスペンサからの流体の漏れの恐れを減少させると共に、コンパクトな改良型のスプレーディスペンサを提供する。
【解決手段】スプレーディスペンサは、ベース12と、本体14と、ヘッド16とを構成するハウジング4を有する。本体14は、液体を貯めるリザーバ30を有する。ベース12は、リザーバ30から液体を受け入れて、リザーバ30から受け入れた液体から過酸化水素を発生させ、前記液体中の酸化特性レベルを増大させる電解セル92、及び、リザーバと電解セルとの間で流体を循環させる流体循環システムを有する。ヘッド16は、リザーバから液体を小出しするノズル26を有する。さらに、リザーバからノズルに液体を運ぶために、ユーザの手の人差し指により作動可能なトリガ28が、本体14のヘッド16のノズル側部分の下に設けられている。 (もっと読む)


【課題】 電池電圧が異なる複数種類の電池パックが選択的に接続可能な電動工具及び電動工具及び噴霧器を提供する。
【解決手段】 噴霧器100は、電池パック6の電池電圧を変換して所望電圧の電力を出力する変換手段10、13と、電池電圧を検出する電池電圧検出手段12と、変換手段から出力される電力によって駆動されるモータ1aとを有し、変換手段には、電池電圧が異なる複数種類の電池パック6が選択的に電気的に接続可能である。 (もっと読む)


【課題】加圧エアーの吐出位置を変更できるようにし、従前の吸引式のクリーナーでは除去できないような溝や穴に入り込んだ塵埃、切削屑、又は切削油等であっても、これを効果的に吸引して除去できるようにした吸引機器の先端構造、および当該先端構造を具備する吸引用アダプター並びに吸引式洗浄ガンを提供すること。
【解決手段】 吸引構造を具備する掃除機や加圧エアーを利用したクリーナー等の吸引機器における吸引部分先端の吸引構造であって、筒状に構成されている吸引部分の先端側に開口する吸引口と、当該吸引口内又はその近傍に配設されて、前記吸引口の鉛直投影面内に流体を吐出する噴射ノズルとを具備し、当該噴射ノズルの先端部分は、前記吸引部分の吸引口よりも突出可能な程度に進退自在に設けられている吸引部分先端の吸引構造とし、これを備えた吸引用アダプターおよび吸引式洗浄ガンとする。 (もっと読む)


【課題】容易に長さを調整でき、長さ調整時の作業者の負担を軽減できる背負式作業機の背負バンドを提供する。
【解決手段】作業者が肩に背負うバンド本体20と、バンド本体20の長さを調整するためのバックル11と、を備え、バックル11は、環状のフレーム部材12と当該フレーム部材12の内側を仕切る棒状部材13とを有し、バンド本体20は、フレーム部材12と棒状部材13との間に挿通されるように背負バンドを構成し、このバンド本体20上に、複数の目盛16を設け、バックル11のフレーム部材12上に、目盛16と対応させるための指標19を設ける。これにより、目盛16とフレーム部材12の指標19との位置合わせによるバンド本体20の長さ調整を可能とし、背負式作業機の本体部を背負うことなく背負バンドの長さを調整できるようにする。 (もっと読む)


【課題】
充電不能な一次バッテリと、充電可能な二次バッテリを任意に選択して使用することができる噴霧器を提供する。
【解決手段】
液体タンク2と、モータと、モータによって駆動され液体タンクの液体を吸引して排出するポンプと、ポンプの排出口に接続されるノズル部50と、モータとポンプを収容するハウジング10と、ハウジング10に着脱可能に接続される電池ボックス(20)を有する噴霧器であって、電池ボックスとして、一次電池を収容する一次電池ボックスと、二次電池を収容する二次電池ボックス20を選択して装着可能とした。液体タンク2はハウジング10の下部に取り付けられ、ハウジング10の上部には作業者が片手で把持するための把持部11が設けられ、電池ボックス20は、上下方向に見て液体タンク2と把持部11の間に配置される。 (もっと読む)


【課題】背負式作業機の作業機本体部を接地させる際にフック部や背負バンドが作業機本体部の下に入り込みにくい背負バンドの取付構造の提供を課題とする。
【解決手段】互いに一定の隙間をあけて対向する一対の支持部8,8と、この支持部8,8同士を繋ぐ軸部9とを作業機本体部1に設ける。また、軸部9に引っ掛けられて係合するフック部12と、フック部12の開口の端部同士の間を閉塞してフック部12と共に環形状をなす閉塞体13とを背負バンド3の下端に設ける。さらに、閉塞体13の幅を、フック部12が軸部9に引っ掛けられて係合した状態で一対の支持部8,8同士の隙間内に進入不能となる大きさにし、フック部12の軸部9回りの回動を制限する。以上により、軸部9に係合したフック部12の下方への回動を制限し、フック部12や背負バンド3を作業機本体部1の下に入り込みにくくする。 (もっと読む)


【課題】背負式作業機の樹脂成形品からなる架台に操作レバー装置を直接取付可能とする操作レバー取付構造を提供する。
【解決手段】このスロットルレバー取付構造は、作業者の背中に背負われるとともに作業機本体部が設けられる合成樹脂製の架台11と、作業機本体部を操作するための操作レバーとを備える背負式作業機で用いられる。このスロットルレバー取付構造においては、前記スロットルレバーを有するスロットルレバー装置を架台11に取り付けるものである。スロットルレバー装置は、スロットルレバーと、スロットルレバーを回転自在に支持する回転支持部とを備える。架台11のスロットルレバー装置を取り付ける取付部58に、回転支持部に係合して、回転支持部を回り止めする第1係止部51および第2係止部52が架台11と一体に成形されている。 (もっと読む)


【課題】 噴霧車本体を一方の手で安定した姿勢に保持しながら畑の畝等に沿って正確に移動させて、他方の手で薬液等の噴霧作業を可能にした簡易噴霧車における操作ハンドルを提供する。
【解決手段】 一輪又は二輪によって移動可能に構成した噴霧車本体10に上方に向かって支持杆2を突設し、この支持杆2の上端部に片腕を噴霧車本体10の横幅方向に向かって一側方に挿通してその肘近傍部を係止させるフック形状の係止部材3を設けると共に、支持杆2の上部に一側方に向かってハンドル部材4を突設してこのハンドル部材4の先端把持部を上記片腕側の手で把持した状態で作業者が横歩きしながら該片腕を介して噴霧車本体10を所定方向に引っ張ることにより移動させ、他方の手で噴霧ノズル18を把持して噴霧作業を行うように構成している。 (もっと読む)


【解決手段】手持ち式エアレス液体噴霧装置は、ポンプ、駆動部、及び噴霧オリフィス部を備えている。ポンプは液体を直接加圧する。駆動部はポンプに動力を供給する。噴霧オリフィス部はポンプと連通し、未希釈の建築用塗布剤を、約150ミクロン以下に霧化する。ポンプは約2.48MPaに達するオリフィス圧を発生させ、噴霧オリフィス部は約18.7mmの開口面積を有する。一実施形態において、ポンプ、駆動部、及び噴霧オリフィス部は、手持ち式のハウジング内に一体的に設けられる。一実施形態においてポンプは、少なくとも1つのピストンによって異なる位相で作動する少なくとも2つのポンプ室を備えた往復ピストン式流体ポンプからなる。別の実施形態では、往復ピストン式流体ポンプが、異なる行程容積を有する2つのピストンを備え、これらピストンは、減速ギヤ機構と電動モータとによって駆動される斜板機構で直線的に駆動される。 (もっと読む)


【課題】組立性を高めつつ、防水性を高めた散布装置を提供することを課題とする。
【解決手段】液体を散布するためのポンプ12と、ポンプ12を駆動させるモータ14と、モータ14に電力を供給するバッテリ18と、モータ14及びバッテリ18を覆うカバー10と、を備えた散布装置において、カバー10を、バッテリ18に上から被せるようにして覆う構成とすることで、シール剤を用いることなく、カバー10内への液体の浸入を防止でき、組立性を高めつつ、防水性を高めることができる。 (もっと読む)


【課題】揺れに伴う空気取り入れ孔からの塗料洩れを防止する。
【解決手段】上開口部5を有する塗料カップ本体2と、この塗料カップ本体2の下端部に設けられ該塗料カップ本体2をスプレーガン3に連結する連結手段4と、前記上開口部5を閉じる天板部30を有する蓋体6とを具える。前記蓋体6は、前記天板部30に、前記塗料カップ本体2の内外を導通する小孔状の空気取り入れ孔32を有し、しかも前記天板部30の下面に、前記空気取り入れ孔32を囲んで周回する環状の塗料滴下壁33を下方に突出させた。 (もっと読む)


【課題】ガードレール表面を清掃して再塗装する場合に、塗装面を美しく仕上げることのできるガードレール清掃塗装装置を提供する。
【解決手段】ガードレール300に沿って移動しながらガードレール300表面の清掃及び塗装を行うガードレール清掃塗装装置100であって、ガードレール300表面から汚れを剥離させる剥離手段10と、剥離手段10により剥離された汚れを拭き取る拭き取り手段20と、拭き取り手段20により汚れが拭き取られたガードレール300表面を塗装する塗装手段30とを有する。 (もっと読む)


【課題】洗浄・塗装又を一つのユニットで構成し、飛散事故を防止し、環境に悪影響を及ぼすことなく、品質の良い塗装を行う手動型洗浄・塗装方法及び手動型洗浄・塗装機を提供する。
【解決手段】車両の車軸の回転速度を検知するセンサ6と洗浄状態又は塗装状態を目視により確認し、善し悪しを入力するキーの情報に基づいて、CPU制御装置により判断される車両の最適速度の範囲を示すインジケータの最適速度範囲で手動により車両を運行させる洗浄水を飛散させることなく洗浄を行った後、塗料を飛散させることなく塗装を行うことを特徴とする手動型洗浄・塗装方法及びその装置。 (もっと読む)


【課題】水道圧を利用して液体を良好に加圧し噴霧することができ、しかも加圧タンクの破壊されることのない噴霧装置を提供する。
【解決手段】内部が変位膜により上部の空気室と下部の水圧室に区画された加圧タンク2と、内部が上部の空気室と下部の液体を溜める液体室に区画された液体タンク13を備え、加圧タンク2の空気室と液体タンク13の空気室を連通管路8で接続するとともに、加圧タンク2の水圧室には接続経路管11を介して水道管を接続し、接続経路管11に操作弁10を設けて、常にはこの操作弁10がドレン経路管12側と加圧タンク2内の水圧室を連通するようにして、ハンドル10aが操作された時のみ水道圧が加圧タンク2に作用するように構成する。 (もっと読む)


【課題】液体成分の正確な混合物を製造し、その液体混合物をスプレーの注入部に供給するアセンブリ。
【解決手段】このアセンブリは、フラスト円錐形内面を有する側壁と、側壁の上端に対向する側壁の底端において容器内の空洞への開口を画定する底壁とを備える、堅い高分子材料からなる容器を含む。容器の空洞内に位置付けられる可撓性のライナーが、前記容器の内面と形状が一致する外面を有し、内面が空洞をライナー内に画定し、側壁の上端に沿った環状へりがライナー内の空洞への開口を画定する。弾性的に可撓性の高分子材料からなる表示シートが、容器の側壁と可撓性のライナーとの間に位置付けられ、容器の内面と形状が一致し、複数の様々な成分液体が、液体間の所定の比を達成するために可撓性のライナー内の空洞に順次に注入されうるレベルを表示する印を有する。 (もっと読む)


【課題】高濃度のオゾン水を生成し、散布できる脱臭・殺菌装置を提供する。
【解決手段】オゾン水生成器100′におけるオゾン水生成のための原料水の循環経路と、オゾン水散布用スプレー200′のオゾン水流入管201との接続部分に切替弁208を配し、その切替弁208の切替えにより、貯水槽10よりオゾン水生成部100′へ原料水を供給し、生成されたオゾン水を再び貯水槽10へ送り込む循環を連続的に繰り返すオゾン水生成処理と、貯水槽10内の一定濃度のオゾン水をオゾン水散布用スプレー200′のノズル205を介して散布する処理とを行える構成とする。 (もっと読む)


1 - 20 / 35