説明

Fターム[4F071AA07]の内容

Fターム[4F071AA07]に分類される特許

1 - 20 / 20


【課題】コポリマーの化学量論組成によって定義された、酸素に対する、または、水蒸気に対する制御された特異的なガス拡散性を示す組成物を提供する。
【解決手段】コポリマーの総重量を基準として、約90重量%〜約99.9重量%のクロロトリフルオロエチレン(CTFE)、約10重量%〜約0.1重量%のフルオロモノマー、フッ素化されていないコモノマーを含み、実質的に水分を透過しない、水分バリアコポリマーを提供する。かかるバリアコポリマーを製造するための方法もまた提供する。 (もっと読む)


【課題】極低濃度イオンを除去する能力と、高い透水性と長寿命を有する複合膜及びその製造方法を提供する。
【解決手段】イオン交換エレメント20は、芯材10と、この芯材10の外周に巻回された、流路材シート4と積層シートとを備えている。この積層シートは、保持シート4sに保持されたイオン交換繊維の不織布4,4間にイオン交換フィルム3を介在させたものである。積層シートを加熱ロール1,2間を通すことにより不織布4をフィルム3に圧着させた後、保持シート4sを引き剥がす。エンボス加工を施してもよい。 (もっと読む)


【課題】 100℃を超える高温においても、セパレータ基材の融解や変形が無く、しかも、セパレータの製造時や加工時、ロール状に巻回する際等に破断や裂けが生じない、ポリ乳酸系基材を有するセパレータを提供する。
【解決手段】 本発明のセパレータは、セパレータ基材の少なくとも一方の面に剥離剤処理層を有するセパレータであって、該基材が、ポリ乳酸(A)を含み、下記式(1)
ΔHc′=ΔHm−ΔHc (1)
[式中、ΔHcは、DSCにて測定される、成膜後のフィルム又はシートの昇温過程での結晶化に伴う発熱量(J/g)であり、ΔHmは、その後の融解に伴う吸熱量(J/g)である]
で求められる成膜時結晶化部の融解吸熱量ΔHc′が10J/g以上であり、且つ引裂き強度が、流れ方向(MD方向)、幅方向(TD方向)ともに、2.5N/mm以上であるポリ乳酸系フィルム又はシートで構成されている。 (もっと読む)


【課題】ポリイミド系高分子電解質膜を具備するプロトン伝導性高分子電解質膜であって、電極との間で十分な密着性を有する電解質膜を提供する。
【解決手段】ポリイミド系高分子電解質膜と、この少なくとも片面に積層されたフッ素系高分子電解質膜とを備え、ポリイミド系高分子電解質膜が、テトラカルボン酸二無水物と、プロトン伝導基を有する第1の芳香族ジアミンと、プロトン伝導基を有さない第2の芳香族ジアミンと、の重縮合により形成されたポリイミド樹脂を主成分とし、前記第2の芳香族ジアミンが3以上の環からなる縮合環骨格を有する、プロトン伝導性高分子電解質膜とする。このような電解質膜は、高分子電解質型燃料電池(PEFC)、特にダイレクトメタノール型燃料電池(DMFC)に好適である。 (もっと読む)


【課題】真空成型、圧空成型、プレス成型などの延伸を伴う成型によっても、優れた低表面エネルギー性と帯電防止性を発揮する樹脂成型品及び照明カバーを提供する。
【解決手段】アクリル樹脂成型品は、アクリル樹脂からなる基材に表面機能層が積層されたアクリル樹脂シートを、延伸して成型して成ることを特徴とする。表面機能層は、撥水基を有するアクリル樹脂(A)と針状の導電性金属酸化物(B)とを含み、針状の導電性金属酸化物(B)の含有量がアクリル樹脂(A)の固形分100質量部に対して10質量部〜150質量部である。このアクリル樹脂成型品を照明カバーに用いる。 (もっと読む)


プロトン交換膜燃料電池におけるプロトン交換膜Mの使用に関し、当該プロトン交換膜Mは、(1)ポリベンズイミダゾールポリマーPBIのモノマー単位の合計量に基づいて少なくとも90モル%の化学式(I)および/または(II)で示されるモノマー単位Uを、重合状態で含んでなる少なくとも一種のポリベンズイミダゾールポリマーPBI
[化1]


[化2]


(式中、YはOおよびSから選択される置換元素、またはYは炭素間単結合であり、Zは、二価C−C10アルカンジイル、二価C−C10アルケンジイル、二価C−C15アリール、二価C−C15ヘテロアリール、二価C−C15ヘテロシクリル、二価C−C19アリールスルホンおよび二価C−C19アリールエーテルからなる群より選択され、ポリベンズイミダゾールポリマーPBI中のモノマー単位Uの合計量は、約100〜約10000である。)と、(2)スルホン化ポリマーSPのモノマー単位の合計量に基づいて少なくとも50モル%のモノマー単位U’を、重合状態で含み、モノマー単位U’の少なくとも一つは少なくとも一つの基−SOHを有する少なくとも一種のスルホン化ポリマーSPと、のブレンドを含み、前記プロトン交換膜M(膜Mは、水を実質的に含まず、インピーダンス法で測定した100℃以上、好ましくは100〜250℃の範囲の温度におけるプロトン伝導性が少なくとも10−5S/cmである。
(もっと読む)


【課題】高濃度のメタノールを使用して発電する場合でも、メタノールクロスオーバーを低減でき、高プロトン伝導性及び高燃料遮断性を有するプロトン伝導性膜、膜−電極接合体及び固体高分子形燃料電池の提供。
【解決手段】プロトン伝導性膜の片面又は両面に、プロトン伝導性膜に対して表面方向のプロトン伝導性が同等以上である高プロトン伝導層が積層され、一方の高プロトン伝導層又はプロトン伝導性膜上に、さらにメタノール遮断層、保水層及びガス遮断層からなる群から選択される一つ以上がこの順で積層されている多層型プロトン伝導性膜であって、前記メタノール遮断層は、前記プロトン伝導性膜に対してメタノール遮断性が同等以上であり、前記保水層は、前記プロトン伝導性膜に対して単位質量あたりの保水性が同等以上であり、前記ガス遮断層は、前記プロトン伝導性膜に対してガス遮断性が0.1倍以上であることを特徴とする多層型プロトン伝導性膜。 (もっと読む)


高レベル(すなわち、少なくとも65phr)のカーボンブラックおよび1〜15phrのペルフルオロポリエーテルを含有する硬化ペルフルオロエラストマーは、良好なシール特性を維持したままで良好な耐急減圧性を示す。 (もっと読む)


本発明は、フルオロイオノマー液体組成物のイオン性不純物からの精製方法に関する。この方法は、− 液体媒体中に少なくとも1種のフルオロイオノマー(I−1)を含む液体組成物であってイオン性不純物を含むものを準備する工程と、− 前記液体組成物を、イオン交換基(ここで、前記イオン交換基の少なくとも一部に、HまたはOHイオンが結合している)を有する少なくとも1種のフルオロイオノマー(I−2)を含む固体粒子状物質と接触させる工程と、− 前記液体組成物を前記固体粒子状物質から分離する工程とを含む。 (もっと読む)


本発明は、−少なくとも1種のフルオロイオノマー(1)[フルオロイオノマー(I−1)](前記フルオロイオノマー(I−1)は、4から20J/gの融解熱を有する);
−少なくとも1種のフルオロイオノマー(1)[フルオロイオノマー(I−2)](前記フルオロイオノマー(I−2)は、実質的に非晶質であり、すなわち、4J/g未満の融解熱を有し、ここで、フルオロイオノマー(I−2)の水抽出可能な割合は40重量%未満である)
を含む液体組成物であって、
前記液体組成物が、フルオロイオノマー(I−1)およびフルオロイオノマー(I−2)を少なくとも2:1の重量比(I−1)/(I−2)で含む液体組成物に関する。 (もっと読む)


【課題】圧縮成形などの通常の方法により成形可能な、変形しにくい半導体等製造用物品を提供すること。
【解決手段】シアノ基(−CN)、一般式(1)で表される第1官能基:一般式(2)で表される第2官能基:




より成る群から選択される反応性官能基を有するポリテトラフルオロエチレンを架橋反応させて得られる架橋体から成る。 (もっと読む)


【課題】熱伝導性及び衝撃吸収性に優れる高熱伝導性シート及びその高熱伝導性シートを用いたレーザ光学装置を提供する。
【解決手段】高熱伝導性シートは、含フッ素エラストマーに無機物の熱伝導用フィラーと、カーボンナノファイバーと、を含み、熱伝導度が10〜500W/m・Kである。また、レーザ光学装置は、光学素子と、光学素子を配置する基体と、光学素子と基体との間にあってそれらと当接する高熱伝導性シートと、を含む。 (もっと読む)


【課題】高いエネルギー効率での発電が可能であり、供給ガスの露点によらず、高い発電性能を有し、かつ長期間に渡って安定した発電が可能な固体高分子形燃料電池用膜を提供する。
【解決手段】スルホン酸基を有する高分子化合物と難溶性セリウム化合物を含有する陽イオン交換膜を、固体高分子形燃料電池用電解質膜として使用する。上記陽イオン交換膜において、好ましくは難溶性セリウム化合物が当該陽イオン交換膜全質量の0.3〜80%含まれるようにし、上記高分子化合物としてはスルホン酸基を有するパーフルオロカーボン重合体を使用する。 (もっと読む)


【課題】フッ素樹脂の充填率が低く充填材の充填率が高い場合であっても、高い応力緩和特性と高い気密特性(シール性能)とが両立した充填材入りフッ素樹脂シートおよびその製造方法を提供すること。
【解決手段】フッ素樹脂、充填材および加工助剤を含有するシート形成用樹脂組成物を、ロール温度を40〜80℃として圧延する工程を含み、該充填材は、フッ素樹脂と充填材との合計100重量部に対して1〜10重量部の黒鉛を含んでなり、該加工助剤が、分留温度が120℃以下である石油系炭化水素溶剤を30質量%以上(ただし、加工助剤重量を100質量%とする。)含んでなることを特徴とする充填材入りフッ素樹脂シートの製造方法。 (もっと読む)


【課題】高い応力緩和特性と高い気密特性とが両立した充填材入りフッ素樹脂シートおよびその製造方法を提供すること。
【解決手段】フッ素樹脂、粉末充填材および加工助剤を混合してシート形成用樹脂組成物を調製する工程、およびロール温度を40〜80℃として該組成物を圧延する工程を含み、該粉末充填材の粒度分布において、粒子数が最大になるときの粒子径をσと表し、粒子径が0.9〜1.1σである粒子の体積をVA、粒子径が0.73σ以下である粒子の体
積をVB、粒子径が1.37σ以上である粒子の体積をVCとすると、下記関係式(1)が満たされ、
A=bVB+cVC・・・(1)
(1≦b≦3、1/3≦c≦1である。)該加工助剤が、分留温度が120℃以下である石油系炭化水素溶剤を30質量%以上(ただし、加工助剤の重量を100質量%とする。)含んでないことを特徴とする充填材入りフッ素樹脂シートの製造方法。 (もっと読む)


【課題】燃料電池等のプロトン伝導膜として優れた特性示す高分子電解質を提供する。
【解決手段】(1)側鎖に超強酸基を有することを特徴とする芳香族系高分子を有効成分とする高分子電解質を用いてなる膜を、一軸または二軸に、延伸または圧延して得られる高分子電解質膜。
(2)芳香族系高分子が、下記一般式(1)
−(A−Z)m−(A'−Z')n− (1)
(式中、Aは2価の芳香族基を、A'は超強酸基が置換している2価の芳香族基を表す。Z、Z'はそれぞれ独立に直接結合または2価の基を表わす。m、nは繰返し単位の数を表す。)で示されることを特徴とする(1)の高分子電解質膜。
(3)(1)または(2)の高分子電解質膜を用いてなることを特徴とする燃料電池。 (もっと読む)


【課題】 無水又は低湿度かつ高温度で優れたプロトン導電性があり、燃料電池に応用され得るプロトン導電性燃料電池用膜を提供する。
【解決手段】 以下の工程、(1)溶媒を用い、パーフルオロカーボンスルホン酸ポリマー(A)100重量部に対して、ベンズイミダゾール(B)20重量部〜200重量部、または1,2,4-トリアゾール(C)20重量部〜100重量部を配合したワニス状高分子電解質用前駆体を添加・混合し、高分子電解質膜用前駆体(ワニス)を調製する工程;(2)基板上に前記ワニスを膜状に展開・延伸する工程;(3)溶媒及び水分が揮散する温度に加熱する工程;(4)必要に応じて、基板上に形成された燃料電池用高分子電解質膜を基板から剥離する工程;を経て、燃料電池用高分子電解質膜を得る。 (もっと読む)


一般的に、本出願で開示する対象材料は、高分子材料による1又は2層以上の膜を含む液晶ディスプレイに関する。より具体的には、この高分子材料は、成型により作られる低表面エネルギー高分子材料である。
(もっと読む)


【課題】充填剤を含む転写層に微細パターンを生産効率良く形成する方法を提供する。
【解決手段】熱可塑性樹脂と充填剤を含む熱可塑性組成物からなる転写層に所望のパターンの反転パターンを有するモールドを圧着させる工程、該転写層に所望のパターンを形成する工程、および該モールドを該転写層から離脱させる工程を具備する転写層にパターンを形成する方法、ならびに、硬化性単量体と充填剤を含む硬化性組成物からなる転写層に所望のパターンの反転パターンを有するモールドを押し付ける工程、該転写層と該モールドを押し付けた状態で硬化性組成物を硬化させる工程、および硬化性組成物の硬化により形成された硬化物からモールドを離脱させる工程を具備する転写層にパターンを形成する方法。 (もっと読む)


【課題】物理的な外力が加えられた場合であってもガス解放層が剥離せず、塩化アルカリの運転に長期間用いても磨耗や剥離が生じないフッ素系陽イオン交換膜の提供。
【解決手段】イオン交換基またはイオン交換基の前駆体基を有するパーフルオロカーボン重合体からなる膜を作製する第1の工程、無機物粒子およびバインダーポリマーを含有する分散液、および非プロトン系極性溶媒を前記膜表面に塗布した後、非プロトン系極性溶媒を加熱して除去する第2の工程、および前記パーフルオロカーボン重合体がイオン交換基の前駆体基を有する場合は、該前駆体基をイオン交換基に転換する第3の工程を有する、表面にガス解放層を有するフッ素系陽イオン交換膜の製造方法。 (もっと読む)


1 - 20 / 20