Fターム[4F073AA14]の内容

高分子成形体の処理 (12,894) | 処理目的 (2,235) | 光学的性質の改善 (91)

Fターム[4F073AA14]に分類される特許

81 - 91 / 91


本発明は、層を形成することにより、透明または半透明な基体を機能化するための方法に関係し、この方法は、少なくとも一つのタイプの機能化有機分子または機能化有機金属分子を基体上へ気化させる工程、および上述の層の一部である無機ガラスマトリックスを同時にプラズマ支援化学蒸着に掛ける工程を含むことを特徴とする。また、本発明は、上述の方法により調製された基体、本発明の方法を実行するための装置、および前述の基体の使用にも関係する。
(もっと読む)


【課題】 基材表面に機能性素材が強固に吸着してなる耐久性に優れた機能性素材吸着層を有し、且つ機能性素材の保持性及びその持続性に優れた表面機能性部材の製造方法、及び該製造方法により得られた表面機能性部材を提供する。
【解決手段】 基材上に、機能性素材と相互作用しうる官能基及び架橋性官能基を有するグラフトポリマーを直接結合させる工程と、該グラフトポリマーが有する機能性素材と相互作用しうる官能基に、機能性素材を吸着させて機能性素材吸着層を形成する工程と、該機能性素材吸着層にエネルギーを付与することにより、該機能性素材吸着層中に架橋構造を形成する工程と、を有することを特徴とする表面機能性部材の製造方法である。
である。 (もっと読む)


【課題】 基材表面に機能性素材が強固に吸着してなる耐久性に優れた機能性素材吸着層を有し、且つ機能性素材の保持性及びその持続性に優れた表面機能性部材の製造方法、及び該製造方法により得られた表面機能性部材を提供する。
【解決手段】 基材上に、グラフトポリマーを直接結合させる工程と、該グラフトポリマーに機能性素材を吸着させて、機能性素材吸着層を形成する工程と、該機能性素材吸着層に架橋剤を付与した後、エネルギーを付与することにより、該機能性素材吸着層中に架橋構造を形成する工程と、を有することを特徴とする表面機能性部材の製造方法、及び、基材と、機能性素材を吸着させたグラフトポリマーが、該基材上に直接結合した機能性素材吸着層と、を備え、且つ該機能性素材吸着層中に架橋構造を有することを特徴とする表面機能性部材である。 (もっと読む)


【課題】 低コストで、かつ、高い生産性をもって、ハードコート層を備え、かつ、反射層の変質や腐食が効果的に抑制された光記録媒体を製造することができる光記録媒体の製造方法、および、低コストで、優れた光学的特性を有するハードコート層を備えた光記録媒体を提供する。
【解決手段】 光透過性を有する基板のレーザビームが入射すべき面に、低揮発性の反応開始剤を含む紫外線硬化性樹脂組成物を塗布して塗膜を形成し、前記塗膜に紫外線を照射して前記塗膜を硬化させてハードコート層を形成し、前記ハードコート層に対して、前記基板の反対側の面に、気相成長法によってAgからなる材料で反射層を形成することを特徴とする光記録媒体の製造方法、および、基板のレーザビームが入射すべき面に低揮発性の反応開始剤またはその分解物が含まれているハードコート層を備えた光記録媒体。 (もっと読む)


【課題】 溶媒を使用することなく光学的、物理的に優れ、特に寸法安定性に優れたセルロースエステルフィルム用セルロースエステル組成物、及びセルロースエステルフィルム、光学フィルム、これを用いた偏光板並びにそれらの製造方法を提供することである。
【解決手段】 溶融流延によりセルロースエステルフィルムを製造する際に用いるセルロースエステル組成物において、エチレン性不飽和モノマーまたは官能基を有するエチレン性不飽和モノマー及び光重合開始剤を含有することを特徴とするセルロースエステル組成物。 (もっと読む)


【課題】 適当な粘度を有する樹脂材料を塗布して各種必要な機能を備えたストリップ構造を直接形成し、その製造工程を簡素化して生産コストを下げる光学フィルムの製造方法を提供する。
【解決手段】 先ず透明基板を準備してから、透明基板上に樹脂材料を塗布して樹脂層を形成する。樹脂層は複数個のストリップ構造を備えている。樹脂材料は、粘度が20〜1000CPSに設定されている。透明基板上に樹脂材料が塗布されると、樹脂層を固化する。これにより、透明基板と樹脂層とが組合わせられた光学フィルムが得られる。 (もっと読む)


無機または有機基材表面への紫外線吸収剤層の形成方法が記載されている。
その方法は、
a)低温プラズマ、コロナ放電または高エネルギー放射を、無機または有機基材表面に作用させ、
b)処理された無機または有機基材に、少なくとも1種のフリーラジカル形成性開始剤と、1個以上のエチレン性不飽和基を含む少なくとも1種の紫外線吸収剤と、場合により、溶融物、溶液、懸濁液または乳濁液の形態で、少なくとも1種の相乗剤および/または少なくとも1種のエチレン性不飽和化合物を適用し、
c)被覆された基材を加熱するか、および/またはそれに電磁波を照射する、
ことを含む。
本発明はまた、その方法によって紫外線吸収剤層を付与された基材に関する。その方法は、実質的に、真空条件および過度な熱ストレスまたはエネルギーストレス、ならびにまた、紫外線吸収剤の分解を伴わない。良好に接着している、澄んだ、透明な紫外線吸収剤層が形成され、その特性、例えば光学濃度は、有利に調節可能である。 (もっと読む)


【課題】セルロース系樹脂フィルムにおいて、厚み方向位相差(Rth)値を簡便に低減することが可能な、セルロース系樹脂フィルムを含む光学フィルムの簡便な製造方法を提供することである。
【解決手段】本発明の光学フィルムの製造方法は、未処理セルロース系樹脂フィルムにカルボニル化合物含有有機溶媒で処理することを特徴とする。この処理により、セルロース系樹脂フィルムのRthは、処理前より低減させることができる。この製造方法は、製膜化されたセルロース系樹脂フィルムを利用できるので、簡便な製造方法である。 (もっと読む)


【課題】機能付与後において減圧する際に生じる流体からの機能性添加剤の表面析出と基材中に注入された機能性添加剤の抜け出しを抑制し得る。
【解決手段】ポリマー基材を収容した圧力容器に機能性添加剤を溶解した超臨界流体を供給することによりポリマー基材に機能を付与する方法の改良であり、その特徴ある構成は、ポリマー基材に機能を付与した後の後処理工程として、圧力容器に液体二酸化炭素を導入して圧力容器内の機能性添加剤を溶解した超臨界流体を液体二酸化炭素で置換した後に、液体二酸化炭素を導入した圧力容器内の圧力を大気圧にまで減圧する工程を更に含むところにある。 (もっと読む)


本発明の方法において、プラスチック物品(例えば、熱可塑性ポリカーボネートの成形品)の表面の少なくとも一部を、一以上の性能添加剤を含む処理用組成物と接触させる(例えば、その中に浸漬させる)。処理用組成物は、(i)少なくとも一つの性能添加剤(例えば、紫外線吸収剤)、(ii)水、(iii)以下の一般式I〔式中、Rは、直鎖状または分枝状C〜C18アルキル、ベンジル、ベンゾイルおよびフェニルからなる群から選択される基であり、Rは、直鎖状または分枝状C〜C18アルキル、ベンジル、ベンゾイル、フェニルおよびHからなる群から選択される基であり、nは、2、3または4であり、およびmは、1〜35である〕で示される少なくとも一つの担体、および(iv)直鎖状または分枝状C〜C20脂肪族ジオール、ポリ(C〜Cアルキレングリコール)、環中に5〜8個の炭素原子を有する脂環族ジオール、単環式芳香族ジオール、ビスフェノールおよび水素化ビスフェノールの少なくとも一つから選択されるジオールを含有する。本発明の一実施態様において、担体はエチレングリコールモノブチルエーテルであり、ジオールはジエチレングリコールである。
(もっと読む)


本発明は、キラル液晶層を、液晶層から抽出剤中への物質の拡散が起こるように、抽出媒体(抽出剤)にコーティング法または印刷法により接触させる方法に関する。 (もっと読む)


81 - 91 / 91