説明

Fターム[4F100AK17]の内容

積層体 (596,679) | 高分子材料 (104,134) | 有機高分子材料 (103,355) | 炭素−炭素不飽和結合のみが関与する重合体 (38,209) | ハロゲン化ビニル系重合体 (4,735) | 弗素樹脂 (3,016)

Fターム[4F100AK17]の下位に属するFターム

Fターム[4F100AK17]に分類される特許

1,841 - 1,860 / 2,048


本発明は、パーフルオロアルコキシポリマー(PFA)としても知られているテトラフルオロエチレン/パーフルオロ(ビニルアルキルエーテル)コポリマーの粉末オーバーコートと一緒にプライマ粉末として被着させたテトラフルオロエチレン/パーフルオロオレフィンコポリマーであって、基材上に焼付けられたとき、基材への塗料系の優れた且つより耐久性の粘着力を与えるコポリマーの使用に関する。粘着力の品質は沸騰水剥離試験によって測定される。 (もっと読む)


【課題】 膜強度と耐久性、化学的安定性を兼ね備えた燃料電池用電解質膜を提供する。
【解決手段】 パーフルオロ系高分子電解質により形成される第1の膜層と、ポリイミド系高分子電解質により形成される第2の膜層とが、該第1の膜層がアノード側に該第2の膜層がカソード側になるように積層されたことを特徴とする固体高分子型燃料電池用電解質膜。 (もっと読む)


【課題】 シリコーンゴム層とふっ素樹脂膜が優れた接着力をもち、かつ膜厚が薄く表面平滑性の優れたふっ素樹脂膜を形成することができるふっ素樹脂被覆方法の提供。
【解決手段】 第一の工程として基材上に付加反応型液状シリコーンゴムの未硬化層を形成、第二の工程として熱可塑性樹脂粒子を前記シリコーンゴム表面に塗布し、第三の工程として前記の熱可塑性樹脂粒子を塗布したシリコーンゴムを加熱硬化し、第四の工程として前記の加熱硬化させたシリコーンゴム表面にふっ素樹脂粒子の分散液を塗布・乾燥し、第五の工程として前記ふっ素樹脂粒子を焼成・製膜することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 耐熱性及び密着性に優れた、微細配線形成可能なフレキシブルプリント配線板用の金属複合フィルムを提供すること。
【解決手段】 金属複合フィルムは、絶縁性フィルムの少なくとも片面に熱可塑性ポリイミド層を形成し、更に該熱可塑性ポリイミド層表面に無電解メッキ、次いで電解メッキを行うことにより金属層を形成させたものである。
【効果】 金属複合フィルムは、耐熱性、密着性に優れ、微細配線形成後も密着性に優れるため、微細回路を有する高密度フレキシブルプリント配線板として好適に使用されることから、本発明の金属複合基板の工業的な実用性は極めて高い。 (もっと読む)


【課題】 特に、内部に十分なスペースがないPDA、携帯電話などの小型電子機器や、発熱素子が密閉空間にセットされている電子機器において有効に働く電磁波吸収性能と遠赤外線放射による放熱機能とを併せ持つ電磁波吸収性熱放射シートを提供する。
【解決手段】 熱伝導率が0.7W/mK以上である電磁波吸収層と、該電磁波吸収層の片面に直接、または他の少なくとも一層を介して設けられた遠赤外線放射層とを有してなる電磁波吸収性熱放射シート。 (もっと読む)


【課題】含フッ素共重合体の層と非フッ素樹脂の層との接着性に優れる積層体からなる流体搬送ライン用物品の提供。
【解決手段】テトラフルオロエチレン及び/又はクロロトリフルオロエチレンに基づく繰り返し単位(a)およびカルボニル基を含有する含フッ素共重合体(例えば、テトラフルオロエチレン/エチレン/(パーフルオロエチル)エチレン/無水イタコン酸共重合体。)の層(A)と非フッ素樹脂の層(B)とが直接積層されてなる積層体からなり、流体接触面が前記含フッ素共重合体の層(A)の表面からなる流体搬送ライン用物品。 (もっと読む)


【課題】 フッ素樹脂被覆層を簡単な構成として、品質を保持しながらコスト低下を図る。
【解決手段】 非磁性基材の一面側にフッ素樹脂被覆層が設けられ、該フッ素樹脂被覆層はPFA(テトラフルオロエチレンーパーフルオロアルキルビニルエーテル共重合体)に有機および/または無機充填剤からなる添加剤が分散混合されて着色された一層のみが設けられている。前記PFA層中に混合する前記添加剤は、顔料としてカーボンあるいは/および酸化チタンの粒子が含まれていると共に、補強用添加剤として光輝性無機充填材が含まれている。
(もっと読む)


本発明は、成形加工時に変質せず、耐燃料油性、非溶出性、耐クリープ性、耐熱性、低温耐衝撃性等に優れ、層間接着力や耐燃料透過性、低温耐衝撃性の経時的低下を抑制し、燃料透過性を低く抑えることが可能である積層樹脂成形体を提供することである。 ポリアミド系樹脂からなる層(A)、耐燃料透過性に優れた熱可塑性樹脂からなる層(B)、及び、接着性フッ素樹脂からなる層(C)を含む積層樹脂成形体であって、上記層(A)、上記層(B)及び上記層(C)は、この順に積層していることを特徴とする積層樹脂成形体である。 (もっと読む)


【課題】
透明性が改良された無機質膜−基板複合材料及びその製造方法を提供する。

【解決手段】
基板上に、0.15μm以下の微粒子を殆ど含まない0.2〜2μm以下の脆性無機質微粒子のエアロゾルを吹き付けるエアロゾルデポジション法<AD法>により、無機質膜を形成した複合材料であって、無機質膜が可視光線部において透過率85%以上であることを特徴とする無機質膜−基板複合材料。
(もっと読む)


【課題】面内、面間厚みムラが非常に小さな、色目ムラの認識できない塗布型光学膜及びその作製方法、光学多層膜、反射型スクリーン並びに浸漬塗布装置を提供する。
【解決手段】隔壁で囲われた密閉空間を形成するブース101内に、溶媒を含有する塗料102Lが満たされた塗布槽102と、支持体11を塗布槽102上で保持し、支持体11を昇降させる昇降機構103と、塗料102L液面上にさらに隔壁で囲われた重密閉空間を形成し、上部に支持体11を通過させる隙間を有する重密閉槽104とを備え、支持体11を降下させて塗布槽102の塗料102L中に浸漬し、ついで支持体11を塗料102L液面から引き上げながら支持体11上に塗料を付着させて塗膜を形成し、同時に重密閉槽104及びブース101内で塗膜から溶媒を蒸発させて乾燥する。 (もっと読む)


【課題】生産性が高く、かつ高品位な反射防止フィルムを提供する。
【解決手段】バックアップローラ11に支持されて連続走行するウェブW上に、スロットダイを使用して塗布液を塗布し、乾燥状態での膜厚が200nm以下であり、かつ、ウェブよりも屈折率の低い層を少なくとも1層形成する反射防止フィルムの製造方法。ウェブ走行方向下流側の先端リップのウェブ走行方向ランド長さILOが30〜100μmであり、かつ、ウェブ走行方向上流側の先端リップ18aとウェブ表面との隙間を、ウェブ走行方向下流側の先端リップ18bとの隙間よりも30〜120μm大きく設定する (もっと読む)


本発明は、プライマーを用いたり基材の表面粗面化処理を行ったりしなくても、基材との接着性及び表面平滑性が良好である塗膜を得ることができる粉体塗料を提供する。 フッ素樹脂からなる粉体塗料であって、上記フッ素樹脂は、融点が150〜250℃、融解ピークにおける融点の半価幅が30℃以上であるものであることを特徴とする粉体塗料である。 (もっと読む)


【課題】 電気的特性が温度や湿度などの環境に影響され難く、被帯電体の帯電ばらつきを抑え易く、同時に、高電圧を印加しても、大電流がリークし難くて感光体表面層の破壊を防止した帯電部材と、この帯電部材を用いた電子写真転写用現像装置を提供する。
【解決手段】 半導電性シリコーン弾性体層に樹脂層を被覆してなり、被帯電体に当接させ、該被帯電体との間に電圧を印加することにより、被帯電体を帯電させる帯電部材において、樹脂層を形成する樹脂としてポリオール架橋又は過酸化物架橋したポリフッ化ビニリデン及び/又はポリオール架橋又は過酸化物架橋したポリフッ化ビニルを用いる。 (もっと読む)


【課題】フッ素樹脂の最内層とシール層とが十分な接着強度で接着され、相手側の金属パイプを圧入したときにシール層の剥れを生じることのないシール層付ホースを提供する。
【解決手段】樹脂の層を最内層16として有するホース12において、端部の接続部22且つ最内層16の内面にプラズマ処理を施して表面改質した上で、接続部22の内面に弾性材から成るシール層24をコーティングし、接着する。 (もっと読む)


【課題】 反射防止性能を向上させることができると共に、着色を抑制することができる減反射材及びそれを用いた電子画像表示装置を提供する。
【解決手段】 減反射材は、透明樹脂フィルム11上に干渉層12を介してハードコート層13が設けられ、そのハードコート層13上に減反射層としての低屈折率層14が設けられて構成されている。この減反射材は、光の波長500nmから650nmの領域における反射率の振幅の差の最大値が1%以下である。また、CIE標準イルミナントD65に対する視感度反射率Yが2%以下で、かつCIE標準イルミナントD65に対するabクロマCab*={(a*)2+(b*)21/2が10以下である。更に、JIS K 7136に規定されるヘーズ値が1%以下である。 (もっと読む)


【課題】クッション性を良好にして、圧縮永久歪みを小さくし、そして耐久性を向上させた耐熱性プレス用緩衝材を提供することを目的とする。
【解決手段】熱プレス盤と成形品との間に用いる耐熱性プレス用緩衝材1であり、表面層3に耐熱性樹脂で処理されたクロスである耐熱性繊維部材2を、中間層6に嵩高性を高めるように捲縮加工を施した高強度、高弾性な繊維を主要繊維として用いた2重織りクロス5を配し、上記表面層3と中間層6との間にフッ素ゴムからなるゴム層7を介在させた積層物である。 (もっと読む)


真空被覆装置を使用せずに、また、基体材料や基体の形状の選択に関してそのような装置の場合に起こる制限をもたない、バリヤー層を製造する代替的方法として、本発明は、基体と火炎−熱分解金属酸化物含有層からなるバリヤー層を提供した。
(もっと読む)


【課題】 十分な反射性能を有しながら耐擦傷性に優れた反射防止フィルムの製造方法を提供すること。並びに該製造方法によって得られた反射防止フィルムを提供すること。さらには、該反射防止フィルムを具備した偏光板及び画像表示装置提供すること。
【課題を解決する手段】 透明基材上に、少なくとも一層からなる反射防止層を有する反射防止フィルムの製造方法であって、透明基材上の少なくとも一層を下記(1)および(2)の工程を含む層形成方法によって形成することを特徴とする反射防止フィルムの製造方法。
(1)透明基材上に塗布層を塗設する工程
(2)大気中の酸素濃度より低い酸素濃度雰囲気下で電離放射線を照射することにより、該塗布層を硬化する工程。 (もっと読む)


【課題】 シワの発生が抑制された積層体の製造方法を提供する。
【解決手段】 本発明の積層体の製造方法は、多孔膜1に充填剤を含む液を塗布する塗布工程と、液が塗布された多孔膜1を供給ローラ14の周面に沿って走行させ、その後、液が塗布された多孔膜1を支持基材2と共に積層ローラ30の周面に沿って走行させることにより、液が塗布された多孔膜1及び支持基材2を積層し積層体3aを得る積層工程と、を備える。ここで、供給ローラ14の半径をR(cm)、積層ローラ30の半径をR(cm)、供給ローラ14及び積層ローラ30の中心軸間の距離をL(cm)、多孔膜1の厚みをT(cm)、支持基材2の厚みをT(cm)とした時に、下記式(1)の条件を満たす。
+R+T+T≦L≦R+R+100 (1) (もっと読む)


【課題】金属芯線とエチレン系樹脂の強い接着性と共に、高度な耐環境応力亀裂性を有するエチレン系樹脂被覆金属線及びその製造方法を提供する。
【解決手段】金属芯線、接着剤層及びエチレン系樹脂層からなるエチレン系樹脂被覆金属線において、エチレン系樹脂(A)は、MFRが3〜35g/10分及び密度が0.95〜0.97g/cmの高密度ポリエチレン(A1)30〜55質量%、並びに多分散度(Mw/Mn)が3〜10、MFRが0.1〜35g/10分、密度が0.88〜0.94g/cm及びα−オレフィンの炭素数が6〜12の直鎖状低密度エチレン−α−オレフィン共重合体(A2)70〜45質量%からなり、かつ接着剤層を構成する接着剤(B)及びエチレン系樹脂(A)は、共押出成形法により金属芯線(C)上に形成被覆されていることを特徴とするエチレン系樹脂被覆金属線及びその製造方法等を提供した。 (もっと読む)


1,841 - 1,860 / 2,048