説明

Fターム[4F100JN30]の内容

積層体 (596,679) | 光学的性質・機能 (19,733) | その他 (1,615)

Fターム[4F100JN30]に分類される特許

201 - 220 / 1,615


【課題】正面コントラストが高く、広視野角である等、良好な光学特性を示す光拡散フィルムを安定して得る。
【解決手段】基材フィルム101と、該基材フィルム上に積層される光拡散層102とを有する光拡散フィルム100であって、光拡散層は、透光性微粒子104および溶剤を含有する樹脂組成物の乾燥物またはその硬化物からなる層であり、該樹脂組成物は、式(A):S=100−(100×M/30)〔Mは、樹脂組成物30mlを100mlのメスシリンダーに入れ、6時間放置したときに観測される樹脂組成物の透明上澄み層と懸濁層との界面の目盛り〔ml〕を表す。〕で表される沈降度Sが30以下である光拡散フィルムである。 (もっと読む)


【課題】溶融Zn−Al−Mg合金めっき鋼板を基材とし、かつ有機樹脂を含む化成処理皮膜を有する化成処理めっき鋼板であって、耐候性、耐水性、耐黒変性、皮膜密着性および防眩性のすべてに優れる化成処理めっき鋼板を提供すること。
【解決手段】溶融Zn−Al−Mg合金めっき鋼板の表面にリン酸塩処理液を塗布してリン酸塩皮膜を形成し、その上に化成処理液を塗布して化成処理皮膜を形成する。化成処理液は、反応性官能基0.05〜5質量%とF原子7〜20質量%とを含有し、数平均分子量が1000〜8万の範囲内であるフッ素含有樹脂と、前記反応性官能基と反応しうる官能基を有する有機系架橋剤と、4A族金属化合物とを含有する。化成処理液中のフッ素含有樹脂に対する有機系架橋剤の量は、0.8〜9.6質量%の範囲内である。また、化成処理液中のフッ素含有樹脂に対する4A族金属の化合物の量は、金属換算で0.1〜5質量%の範囲内である。 (もっと読む)


【課題】
電照表示装置に用いた場合に、輝度が高く、かつ輝度斑を小さくすることができる特定の光学特性及び構成を有する光拡散フィルム積層体を提供する。
【解決手段】
少なくとも印刷層(A)と下記(i)〜(iii)を同時に満たす内部光拡散フィルム(B)を構成材料として含んでなることを特徴とする光拡散フィルム積層体:
(i)波長550nmの光の全光線透過率が40〜84%である;
(ii)主拡散方向の波長550nmの光の出射角0度における透過度(I)に対する出射角30度における透過度(I30)の割合(I30/I×100)が8.0〜95%である;
(iii)波長550nmの光の変曲率が4.0〜100%である。 (もっと読む)


【課題】光拡散フィルムの光拡散層上に粘着剤層を介して諸機能を示す表面処理フィルムが積層された光拡散性偏光板であって、光拡散層の表面粗さが大きい場合であっても、光拡散層の表面凹凸に気泡が噛み込むことなく、もって色抜けが生じず視認性が良好な光拡散性偏光板およびこれを用いた液晶表示装置を提供する。
【解決手段】偏光フィルム101と、その上に積層される光拡散フィルム102と、その上に積層される表面処理フィルム103とを備え、光拡散フィルム102は、表面の中心線平均粗さRaが0.1μm以上1μm未満である光拡散層106を有するものであり、光拡散層106と表面処理フィルム103とが、25℃における貯蔵弾性率が1.0×106Pa未満である粘着剤層104を介して互いに貼合された光拡散性偏光板およびこれを用いた液晶表示装置である。 (もっと読む)


【課題】
面光源装置に用いた場合に、輝度や照度が高く、かつ該輝度や照度の斑が小さくできる特定の光学特性及び構成を有する光拡散フィルム積層体を提供する。
【解決手段】
下記(i)及び(ii)を同時に満たす内部光拡散フィルム(A)と光拡散面の平均面積が600〜5000μmである表面光拡散フィルム(B)とを積層してなる光拡散フィルム積層体:
(i)主拡散方向の波長550nmの光の出射角0度における透過度(I)に対する出射角30度における透過度(I30)の割合(I30/I×100)が8.0〜95%である;(ii)550nmの波長の光の変曲率が4.0〜100%である。 (もっと読む)


【課題】
面光源装置に用いた場合に、輝度や照度が高く、かつ該輝度や照度の斑が小さくできる特定の光学特性及び構成を有する光拡散フィルム積層体を提供する。
【解決手段】
下記(i)〜(iii)を同時に満たす内部光拡散フィルムと550nmの全光線透過率が50〜100%の基材を積層してなり、かつ両者の界面に空気層がない光拡散フィルム積層体:
(i)波長550nmの光の全光線透過率が40〜84%である;(ii)主拡散方向の波長550nmの光の出射角0度における透過度(I)に対する出射角30度における透過度(I30)の割合(I30/I×100)が8.0〜95%である;(iii)550nmの波長の光の変曲率が4.0〜100%である。 (もっと読む)


【課題】
反射防止膜の密着性が良好で反射率が低く、かつ反射色ムラが抑制された、低コストの反射防止フィルムを提供する。
【解決手段】
本発明の反射防止フィルムは、屈折率が1.6〜1.7のポリエステルフィルム上に易接着層のみを介して気相製膜法によって積層された薄膜層を有し、前記薄膜層の屈折率が前記ポリエステルフィルムの屈折率より0.15以上小さく、かつ、前記易接着層が下記の条件1、条件2、または(条件1および条件2)を満足することを特徴とする、反射防止フィルムである。
条件1:易接着層の屈折率と前記ポリエステルフィルムの屈折率との差の絶対値が0.05以下である。
条件2:易接着層の厚みが5nm以上50nm未満である。 (もっと読む)


【課題】低コストで所望の領域を略均一に発光させることのできる新規な発光型複合布製品を提供する。
【解決手段】光源と、前記光源からの光を端面から入射させて導光し、点在する拡散反射部により導光された光を射出させる導光シートと、前記導光シートの両面を覆うと共に、前記導光シートから射出される光を半透過させる布材と、を有する発光型複合布製品とする。 (もっと読む)


【課題】 低光学歪み性、耐光性、色相、透明性、熱安定性、及び機械的強度に優れた樹
脂成形品を提供することにある。
【解決手段】 構造の一部に下記一般式(1)で表される部位を有するジヒドロキシ化合物に由来する構造単位を少なくとも含むポリカーボネート樹脂から成形された板状部を主体とする成形品であって、該成形品の板状部の厚みが0.5mm以上5mm以下であり、該成形品の板状部の最大位相差が250nm以下であり、且つ、該成形品の板状部において位相差が150nm以下の面積の割合が該成形品の板状部の全面積に対して50%以上であること成形品。
【化1】


(但し、上記一般式(1)で表される部位が−CH−O−Hの一部である場合を除く。) (もっと読む)


【課題】耐剥離性、耐内部ヘイズ性、及び寸法安定性に優れ、かつ適切な位相差発現性を有する光学フィルムとその製造方法を提供する。
【解決手段】セルロースエステル樹脂A層、セルロースエステル樹脂B層、及びセルロースエステル樹脂C層(それぞれ、「A層」、「B層」及び「C層」という。)が、A層、C層、B層、C層、A層の順に積層製膜された光学フィルムであって、当該A層のセルロースエステルの平均アシル基置換度が2.8〜3.0の範囲内であり、当該B層のセルロースエステルの平均アシル基置換度が1.0〜2.5の範囲内であり、かつ当該C層のセルロースエステルの平均アシル基置換度が2.5超2.8未満の範囲内であることを特徴とする光学フィルム。 (もっと読む)


【課題】1種類の原反から、波長分散性が同一かつ位相差違いの位相差フィルムを得る、位相差フィルムの製造方法を提供する。
【解決手段】原反である帯状の樹脂フィルムを延伸装置を用いて延伸して位相差フィルムを得る工程と、延伸装置において原反を交換することなく、前記工程とは異なる延伸温度で原反を当該延伸装置を用いて延伸して、前記位相差フィルムとは位相差の値が異なるが位相差の波長分散性が同一である位相差フィルムを得る工程とを含む方法とする。ここで、原反である樹脂フィルムは、正の固有複屈折を有する樹脂(A)からなる樹脂層Aと、負の固有複屈折を有する樹脂(B)からなる樹脂層Bとを有する積層フィルムである。樹脂(A),(B)間のガラス転移温度の差ΔTgは5℃未満である。 (もっと読む)


【課題】接着性の優れた太陽電池用易接着性黒色ポリエステルフィルムおよびそれを用いたバックシート。
【解決手段】少なくとも片面に塗布層を有する基材厚みが20〜300μmの黒色ポリエステルフィルムであって、フィルムの光学濃度が1.0〜5.0であり、
前記塗布層が、脂肪族系ポリカーボネートポリオールを構成成分とするウレタン樹脂を主成分とし、前記塗布層の赤外分光スペクトルにおいて脂肪族系ポリカーボネート成分由来の1460cm−1付近の吸光度(A1460)とウレタン成分由来の1530cm−1付近の吸光度(A1530)との比率(A1460/A1530)が0.70〜1.60であることを特徴とする太陽電池用易接着性黒色ポリエステルフィルム。 (もっと読む)


【課題】
ディスプレイに装着したときのモアレ現象が抑制された光学フィルムを歩留まりよく製造するための、光学フィルム用長尺積層体の製造方法を提供する。
【解決手段】
長尺基材フィルムの少なくとも一方の面に、基盤層と複数のストライプ状の光吸収部とからなる外光遮蔽層を有する光学フィルム用長尺積層体の製造方法であって、
長尺基材フィルムの少なくとも一方の面に基盤層を積層する工程(a)と、
螺旋状の突起を有する型付けロールによって、前記基盤層に、前記長尺基材フィルムの長手方向に対して長手方向が傾斜する複数の溝を形成する工程(b)と、
前記工程(a)と前記工程(b)の両方が完了した後に、前記溝に光吸収性インキを充填して光吸収部を形成する工程(c)と、を有する光学フィルム用長尺積層体の製造方法。 (もっと読む)


【課題】熱転写印刷法によりハードコートフィルムに直接印刷が可能なハードコートフィルムを提供するものであって、印刷後に干渉縞の発生のないハードコートフィルム、加飾ハードコートフィルムを提供するものである。
【解決手段】基材の少なくとも一方の面にハードコート層を設けたハードコートフィルムにおいて、支持体の上に受像層を設けた受像層転写シートより、受像層をハードコート層の上に熱転写して設けたハードコートフィルムとする。さらに、受像層中に無機微粒子を1〜13重量%含有するものとする。 (もっと読む)


【課題】ポリマーフィルムの複数層から構成される光学要素を提供すること。
【解決手段】提供されるのは、少なくとも(a)向かい合う第1の側面と第2の側面とを有するフィルム材料の支持ポリマーフィルム層、(b)向かい合う第1の側面と第2の側面とを有する第2のポリマーフィルム層であって、上記第2の層は、光に影響を及ぼす特性を示すフィルム材料を含む、第2のポリマーフィルム層、および(c)必要に応じて、支持層(a)の第1の側面の少なくとも一部と、第2の層(b)の第2の側面との間に挿入されかつ接続されている接着層を有する光学要素である。上記支持層(a)のフィルム材料および第2の層(b)のフィルム材料は、同じであるかまたは異なっている。 (もっと読む)


【課題】十分な反射防止性能を有し、かつ帯電防止性能にも優れるとともに、耐熱性や耐擦傷性及び鉛筆硬度に優れる反射防止フィルムを提供する。
【解決手段】透明基材フィルム上にハードコート層と低屈折率層がこの順に積層されている反射防止フィルムであって、前記低屈折率層は、(a)多官能(メタ)アクリレート、(b)中空シリカ微粒子及び(c)π共役系導電性高分子とドーパントからなる複合体を含有し、(a)多官能(メタ)アクリレート100質量部あたり、(b)中空シリカ微粒子40〜250質量部及び(c)π共役系導電性高分子とドーパントからなる複合体1〜25質量部を含むとともに、(c)π共役系導電性高分子とドーパントからなる複合体中のπ共役系導電性高分子とドーパントの質量比が1:1〜1:5に設定された低屈折率層用塗液の硬化物である。 (もっと読む)


【課題】反射防止層における微細凹凸パターンの凸部先端の割れ等に対する機械強度、スティッキング耐性および型抜き性に優れた反射防止フィルムの製造。
【解決手段】光透過性基板と、上記光透過性基板上に形成され、表面に可視光領域の波長以下の周期で形成された凹凸形状を有する反射防止層とを有し、上記反射防止層が、上記光透過性基板上に形成された基底部と、上記基底部上に形成され、上記凹凸形状からなる微細凹凸とを有し、かつ上記微細凹凸における凸部が、上記光透過性基板に対してテーパー状に立ち上がる錐台形状の本体部と、上記本体部の頂面を覆うように形成された曲面構造を有する先端部とから構成され、上記先端部の曲面構造の曲率半径が、上記本体部の頂面の径に対して1.0〜5.0倍の範囲内である。金型に充填する際に組成物が金型内で前記微細凹凸の凸部の形状となるような負荷圧力に調整されている。 (もっと読む)


【課題】ぬれ性と離型性に優れ、被着体の汚染や廃棄時の環境負荷が少なくかつ剥離した後の被着体が防眩性に優れた離型用シートを提供する。
【解決手段】本発明の離型用シートは、基材上に下記(i)および(ii)を含有する離型層を有し、かつ前記離型層表面の60°光沢度が50%以下であることを特徴とする。
(i)酸変性ポリオレフィン樹脂
(ii)カルボジイミド化合物とオキサゾリン化合物から選ばれる少なくとも1種、および/またはポリビニルアルコール (もっと読む)


【課題】耐汚染性や耐薬品性を有し、押し出しラミネーション法などの生産効率の高い押出ラミネート方法を選択でき、且つ加水分解の懸念が無い化粧シートでありながら、同時に高鮮映性と柔軟性を併せ持ち、尚且つ長期間の使用にも耐えうる鏡面化粧シートを提供すること。
【解決手段】透明オレフィン樹脂層が、プロピレンを主原料とし、エチレン及び/または炭素数が3〜20のプロピレン以外のαオレフィンとからなる2種類以上のオレフィンからなる共重合体を含み、ショアーA硬度が65〜90、密度が860〜875kg/m、ガラス転移温度が−35〜−25℃、融点が130〜170℃、ネットワーク構造の結晶を持ち、該結晶のラメラが100nm以下の折り畳み構造を持つことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】光学特性が良好な光拡散性樹脂組成物を提供する。
【解決手段】本発明は、(A)樹脂バインダー(B)ルチル型の白色針状または白色柱状酸化チタンからなる光拡散剤含み、印刷用途であることを特徴とする光拡散性樹脂組成物である。 (もっと読む)


201 - 220 / 1,615