Fターム[4F206JW00]の内容

プラスチック等の射出成形 (77,100) | 成形品の後処理、後加工 (1,033)

Fターム[4F206JW00]の下位に属するFターム

Fターム[4F206JW00]に分類される特許

1 - 4 / 4


【課題】所望の位置に所望の部分加飾を有する、インサート成形体の製造方法を提供する。
【解決手段】熱成形可能な剥離性フィルム1と、部分加飾シート2とを積層させた積層シート3とを熱成形する工程と、インサート成形用金型内に熱成形させた積層シート3を装着し、インサート成形する工程と、インサート成形後、熱成形可能な剥離性フィルム1を剥離する工程とを有する部分加飾を有するインサート成形体の製造方法。 (もっと読む)


【課題】スプルーの配置に困難をきたさず、ホットランナー仕様にも対応でき、成膜装置の消耗品の交換等の作業が容易となる中空成形品を成形する金型装置および中空成形品の成形方法を提供する。
【解決手段】第一の金型と前記第二の金型との間に第1の分割体を成形する第1の成形部と第2の分割体を成形する第2の成形部が形成され、これらの成形部以外に成膜部を有し、中空成形品を成形する金型装置であって、前記成膜部、前記第1の成形部、前記第2の成形部が、この順に直線状に配列するように構成する。 (もっと読む)


【課題】 成形性及び溶着性が良好であり、燃料バリア性、機械的特性も良好な樹脂成形品、特に燃料タンクを得る。
【解決手段】 樹脂で複数の部分成形体を射出成形し、該部分成形体をそれらの接合面で溶着して樹脂成形品を製造する方法であって、前記樹脂がPPS系樹脂であり、前記射出成形は少なくとも接合面の前記樹脂の結晶化度が30%未満となるようPPS樹脂のTg以下の型温度にて行い、前記溶着は前記射出成形後の前記結晶化度の状態から行い、前記溶着後に樹脂成形品全体の前記樹脂の結晶化度が30〜60%となるようにアニールする。 (もっと読む)


【課題】自体の内部流路を有する暖房用パネルの製造方法を提供する。
【解決手段】自体の内部流路を有するプレート式暖房パネルの上下部プレートに対してそれぞれ金型を作製してから射出成形を用いて射出半製品を作製した後上下部二つの射出半製品を融着により全面接合することによって、暖房パネル全体の流路形状が一定であり流体の停滞部分のない暖房パネルを製造する方法を提供する、
射出により均一な流路形状を製造できるため、暖房パネルの全面に詰まり現象がなく均一な流体流れ性を確保することができ、また射出により均一な厚さの上下部プレートを製造することができるため、暖房パネルの精密成形が可能なことから一定した寸法管理及び品質生産が可能である。
(もっと読む)


1 - 4 / 4