説明

Fターム[4H001CC02]の内容

発光性組成物 (40,484) | 無機螢光体に他の物質を被覆又は付着させたもの (1,070) | 一般 (1,070) | 酸化物 (439)

Fターム[4H001CC02]の下位に属するFターム

Fターム[4H001CC02]に分類される特許

1 - 20 / 29


【課題】マグネシウム以外の金属についても、固相反応させることにより、色中心含有金属酸化物を得て、色中心発光特性を有する発光媒体を提供する。
【解決手段】カチオンが電子を受け取って金属原子となる際の標準電極電位が−2.87〜−2.2(V)で、かつ、アルカリ金属,マグネシウムを含むアルカリ土類金属、もしくは、スカンジウムを除く希土類元素のいずれかに属する金属と、酸化物を構成する金属の標準電極電位が−1.7〜+0.4(V)である酸化物とを、所定の雰囲気下で、所定の温度で加熱する固相反応工程と、固相反応工程で得られる金属の昇華物を回収する工程とから成る。得られる昇華物は、酸素空孔を多量に導入させた金属酸化物であり、色中心由来の発光特性を有する。金属と固相反応させる酸化物のバリエーションを増やして、工業的生産の利便性を図る。 (もっと読む)


【課題】蛍光体の耐湿性に優れることから、高温多湿環境下でも光度が低下しにくいLED発光装置を提供する。
【解決手段】LEDチップと、前記LEDチップを囲繞する樹脂フレームと、樹脂フレームが形成する凹部に充填される蛍光体層を備えるLED発光装置であって、前記蛍光体層は、蛍光体と封止樹脂とを含有し、前記蛍光体は、最表面に向かって、蛍光体母体1と中間層2と表面層3とを有し、ケイ素に対するアルカリ土類金属のモル比が1.5以上であり、かつ、該LED発光装置は、温度60〜90℃、相対湿度60〜90%、電流20〜120mAの条件で1000時間通電した後の光度保持率が90%以上であるLED発光装置。 (もっと読む)


【課題】本発明は、短時間の駆動で輝度特性が低下することなく、アドレス放電電圧特性が安定した蛍光体、該蛍光体を用いた蛍光体層を放電細長管の内部に形成したプラズマ・チューブ・アレイ型表示装置、及び平面光源を提供する。
【解決手段】本発明は、ガス放電で発する紫外光によって励起される蛍光体160において、蛍光体160の粒子の表面を保護する少なくとも一層の保護膜161と、蛍光体160の粒子の表面又は保護膜161の表面を微粒子162が分散被覆するように形成された微粒子被覆層とを備える。また、本発明に係るプラズマ・チューブ・アレイ型表示装置、及び平面光源は、蛍光体160を用いた蛍光体層を放電細長管の内部に形成してある。 (もっと読む)


【課題】耐湿性が高く、且つ蛍光体粒子からのアルカリ成分の溶出が生じたとしても長期間に亘って耐湿性が維持される波長変換粒子を提供する。
【解決手段】波長変換粒子7は、蛍光体粒子71と、この蛍光体粒子71の表面を覆うコーティング層72とを備える。前記コーティング層72が第一の層73と、この第一の層73と蛍光体粒子71との間に介在する第二の層74とを、少なくとも有する。前記第一の層73がポリシラザン由来のシリカを含有する。前記第二の層74がAl、Zr、Ti、Y、Nb、Taから選択される少なくとも一種の金属の酸化物を含有する。 (もっと読む)


【課題】蛍光体粒子の発光効率、可視光の取出し効率を高め、さらに色純度を向上させたPDP用蛍光体を提供する。
【解決手段】可視光を反射する酸化物粒子により構成された反射率の大きいコア部11と、コア部11を覆い可視光の所定波長を透過させる波長選択層12と、波長選択層12を覆い真空紫外線により励起されて可視光を発光する発光層13とにより構成した蛍光体10により、輝度、発光効率、色再現範囲、コントラストに優れたPDPを実現する。 (もっと読む)


発光粒子は、受光光の一部分に対して光子下方変換を実施するように構成された発光化合物と、受光光のうちで発光粒子に吸収される部分を増大させるように作動可能な発光粒子の反射率低減外面とを含む。 (もっと読む)


ガラス基質を含む発光ガラスを提供する。前記ガラス基質は、ガラス部と、該ガラス部に埋め込まれたガラス及び蛍光粉の複合部とを含む。前記ガラス及び蛍光粉の複合部は、ガラス材と、該ガラス材中に分散された蛍光粉とを含む。前記蛍光粉は紫光により励起される蛍光材料を含む。また、本発明は、前記発光ガラスの製造方法、及び前記発光ガラスを有する発光装置を提供する。該発光ガラス及び発光装置は、その発光の確実性が良好で、発光の安定性が高く、且つ使用寿命が長い。また、該製造方法は、比較的低い温度で行うことができる。
(もっと読む)


【課題】蛍光体粒子への励起光の入射効率のより一層の向上および蛍光体粒子からの変換光の取り出し効率のより一層の向上を図れる波長変換部材および発光装置を提供する。
【解決手段】波長変換部材70は、蛍光体粒子71の表面側に、微細凹凸構造を有するモスアイ状構造部74とモスアイ状構造部74の先細り状の微細突起75間に入り込んだ透光性媒体73とで構成される反射防止部76を備える。モスアイ状構造部74の各微細突起75は、蛍光体粒子71よりも粒径が小さく且つ透光性媒体73よりも屈折率が大きな微粒子72を蛍光体粒子71の表面側で蛍光体粒子71に複合化することで形成されている。微粒子72の屈折率nを蛍光体粒子71の屈折率nと同じにすれば、反射防止部76の有効屈折率は、蛍光体粒子71の表面の法線方向において図1(d)に示すように蛍光体粒子71の屈折率nと透光性媒体73の屈折率nとの間で連続的に変化する。 (もっと読む)


【課題】高い輝度と優れた安定性を示す蛍光体および発光装置を提供する。
【解決手段】一般式M(0)M(1)M(2)x−(vm+n)M(3)(vm+n)−yz−nで示される組成の蛍光材料を有する蛍光体により、上記課題を解決できる。但し、M(0)はLi、Na,Be,Mg,Ca,Sr,Ba,Sc,Y,La,Gd,Luから選ばれ、M(1)はMn,Ce,Pr,Nd,Sm,Eu,Tb,Dy,Ho,Er,Tm,Ybから選ばれ、M(2)はSi,Ge,Sn,Ti,Hf,Zrから選ばれ、M(3はBe,B,Al,Ga,In,Tl,Znから選ばれ、Oは酸素であり、Nは窒素であり、33≦x≦51,8≦y≦12,36≦z≦56、3≦a+b≦7、0.001≦b≦1.2、me=a+b、0.8・me≦m≦1.2・me、0≦n≦7、v={a・v(0)+b・v(1)}/(a+b)のすべてを満たすことを特徴とする。 (もっと読む)


本発明は、発光粒子および好ましくは広い範囲で透明な金属、遷移金属、または半金属の酸化物被覆を含む被覆された発光物質粒子、ならびにその製造方法に関する。 (もっと読む)


【課題】 蛍光体が凝集することなく、ガスバリヤ性が良好で、半導体発光装置の耐久性を向上させうる被覆蛍光体粒子、および蛍光体含有組成物を提供する。
【解決手段】 (A)蛍光体粒子を(B)アルカリ金属、アルカリ土類金属およびZnから選択される1以上を含有するガラス組成物で被覆した被覆蛍光体粒子であって、前記ガラス組成物の屈伏点が800℃以下であること、および/または前記ガラス組成物が形成する被覆層の膜厚が、0.1μm以上10μm以下であること、を特徴とする被覆蛍光体粒子。 (もっと読む)


本発明は、放電ランプ(1)用の発光物質混合物に関するものであり、この発光物質混合物は第1の発光物質組成物と少なくとも一つの第2の発光物質組成物を有する。ここで前記第1の発光物質組成物は緑色から黄色のスペクトル領域を有し、第1の発光物質化合物を含み、該第1の発光物質化合物は、Tbフリーに構成され、Hg源から放射されるUVビームを吸収するように構成されている。本発明はまた、放電容器(2)と、これに取り付けられた本発明の発光物質混合物を備える発光物質層(12)とを有する放電ランプ(1)にも関する。
(もっと読む)


【課題】熱処理温度が低く、発光輝度や色純度に優れ、発光むらが少なく、発光素子寿命に優れた蛍光体積層膜を提供する。
【解決手段】少なくとも、硫化亜鉛化合物を母体材料とする膜と、酸素欠損を有する金属酸化物膜と、を積層して、積層膜を形成する第1工程と、前記積層膜を大気圧の下で熱処理して、蛍光体積層膜を形成する第2工程と、を少なくとも有することを特徴とする蛍光体積層膜の製造方法。 (もっと読む)


【課題】青色LED素子、特に高出力の青色LED素子を使用しても、高信頼性、長寿命の白色照明光源を得ることが可能な発光色変換部材を提供する。
【解決手段】青色光源から発せられる青色光の一部を黄色光に変換し、残部の青色光と合成して白色光を得るための発光色変換部材であって、軟化点が500℃より高いガラス中に無機蛍光体が分散してなり、0.2mm以上の厚みを有することを特徴とする発光色変換部材。 (もっと読む)


セラミック体は光源によって放出される光の経路に配置される。光源はn型領域とp型領域の間に配置される光放出領域を含む半導体構造を含有してもよい。セラミック体は、光源によって放出される光を吸収し、異なる波長の光を放出するように構成される複数の第1の粒子、および、複数の第2の粒子を含有する。例えば、第1の粒子は発光材料の粒子であってもよく、第2の粒子は活性化ドーパントを含まない発光材料ホストマトリックスの粒子であってもよい。 (もっと読む)


【課題】蛍光体粒子の沈降と、それに起因する波長変換器における蛍光体粒子の極端な偏在を抑制し、あわせて、波長変換器の白化を抑制する。
【解決手段】蛍光体コア1の表面に無機物の枝条体3を多数入り組んで固着させることで、蛍光体粒子5の沈降と、それに起因する波長変換器19における蛍光体粒子5の極端な偏在を抑制し、あわせて、波長変換器19の白化を抑制する。 (もっと読む)


【課題】発光効率が高く、高輝度な橙色ないし赤色発光蛍光体を提供する。この発光効率の高い蛍光体を用いて、高効率で演色性の高い発光装置と、この発光装置を用いた照明装置及び画像表示装置を提供する。
【解決手段】下記式[1]で表される化学組成を有する蛍光体。
3−x−yBa …[1]
(Mは、Baを除くアルカリ土類金属元素、及びZnからなる群より選ばれる少なくとも1種の元素。Mは、Eu、Ce、Cr、Mn、Sm、Tm、Tb、Er及びYbからなる群より選ばれる少なくとも1種の付活元素。Mは、少なくともSiを含む4価の元素。Mは、N、O、Sからなる群より選ばれる少なくとも1種の元素。0<x<3、0<y<1、0<3−x−y、0.5≦a≦1.5、4.5≦d≦5.5) (もっと読む)


【課題】発光強度が高く、耐候性及び信頼性に優れた、蛍光体が含有された波長変換材料を用いた発光装置を得る。
【解決手段】式MAlSi((2/3)w+x+(4/3)y+z):Eu(式中、MはCa、Srなど、0.5≦w≦3、x=1、0.5≦y≦3、0≦z≦0.5)で表される窒化物蛍光体、及び式M’(Al1−vGa12(式中、M’はLu、Yなど、0≦v≦0.8)で表され、Ceで付活されたガーネット構造蛍光体のうちの少なくとも1種の蛍光体が、式rRO−sB−tZnO−uSiO(式中、Rは、Li、Na、K、Rb、及びCsから選ばれる、0.1≦r≦0.15、0.4≦s≦0.6、0.2≦t≦0.4、0.05≦u≦0.2)で表されるガラス材料中に含有されている波長変換材料と、該波長変換材料に近紫外線ないし青色光を照射する光源と、を備えている。 (もっと読む)


【課題】化学的に安定で、かつ蛍光体の劣化が少ない発光色変換部材とすることができる発光色変換材料及びこれを焼成して得られる発光色変換部材を提供する。
【解決手段】酸化物ガラス粉末と、可視域に発光ピークを有する蛍光体粉末とからなる発光色変換材料であって、酸化物ガラス粉末が、650℃以下の軟化点を有し、PbOを実質的に含まないSiO−TiO−Nb−RO(RはLi、Na、K)系ガラスからなることを特徴としている。 (もっと読む)


【課題】発光強度をより一層向上させた新規な蛍光体材料を提供することを主な目的とする。
【解決手段】金属酸化物のナノチューブ或いはナノワイヤからなり、金属成分の一部が希土類元素により置換されている蛍光体材料(但し、金属酸化物中の金属成分が希土類元素
と同一である場合を除く)。 (もっと読む)


1 - 20 / 29