説明

Fターム[4H003AB02]の内容

洗浄性組成物 (67,184) | 陰イオン性界面活性剤 (6,220) | 陰イオン性界面活性剤(一般) (6,218) | カルボン酸(一般) (1,859)

Fターム[4H003AB02]の下位に属するFターム

Fターム[4H003AB02]に分類される特許

1 - 20 / 50


【課題】ゲル状、半固形状の化粧料等として安全で有用性のある皮膚洗浄用ゲル組成物の提供。
【解決手段】キシログルカン、キサンタンガム、カードラン、ガラギーナン、ローカストピーガム等で代表される天然由来のゲル化、半固形化成分をカルボン酸塩を有するアニオン性界面活性剤及び両性界面活性剤に配合して作られるゲル状、半固形状の洗浄料。 (もっと読む)


【課題】繊維製品から発生する生乾き臭、特に、繊維製品を乾燥後、湿潤(湿気を帯びること)によって生じる再発性の生乾き臭に対して優れた抑制能を有する衣類用液体洗浄剤組成物、及びこれを用いた効率的な生乾き臭抑制方法の提供。
【解決手段】成分(A)、(B)、(C)及び(D)を含有する繊維製品用液体洗浄剤組成物。(A)一般式(1)で表される非イオン界面活性剤15〜70質量%。R(CO)pO−[(C24O)q/(AO)r]R'(1)、(B)水混和性有機溶剤1〜40質量%、(C)一般式(2)〜(4)のいずれかで表される1以上のカルボニル化合物0.01〜5質量%、(D)水。
(もっと読む)


【課題】洗浄成分をより高濃度化することができるため搬送性等に優れ、使用時には、所望の濃度の希釈液体洗剤を容易に得ることができる濃縮液体洗剤を提供すること。
【解決手段】
水で希釈して使用する濃縮液体洗剤であって、第一の相と第二の相とを含み、上記第一の相と上記第二の相とは非相溶性であり、水で所定の倍率に希釈すると、上記第一の相と上記第二の相とは相溶性を示して、均一に分散された一相の液体となることを特徴とする濃縮液体洗剤。 (もっと読む)


【課題】鋼板の圧延工程及び圧延された鋼板に付着する圧延油を、アルカリ洗浄液を用いて洗浄する工程を有する鋼板の製造方法であって、高速ラインにより前記洗浄を行う場合において、良好な洗浄性を保持することができる、鋼板の製造方法を提供すること。
【解決手段】前記アルカリ洗浄液として、アルカリ剤(A)、カルボン酸化合物(B−1)及び水を含有し、更に圧延油に含まれる脂肪酸及び/又は脂肪酸エステル由来の塩を1.5〜2.5重量%含有するものを用いて、鋼板の洗浄を前記アルカリ洗浄液への連続接触時間が1.0〜1.8秒間の範囲で行う。 (もっと読む)


【課題】半導体基板や金属配線の腐食や酸化を起こすことなく、基板表面の微細粒子や金属不純物を除去し得、金属腐食防止剤-Cu皮膜の除去せずに基板表面のカーボン・ディフェクトをも同時に除去し得る処理方法。
【解決手段】ベンゾトリアゾール又はその誘導体含有スラリーで処理された半導体基板を、〔I〕カルボキシル基を少なくとも1個有する有機酸0.05〜50重量%、〔II〕ポリホスホン酸類、アリールホスホン酸類、及びこれらのアンモニウム塩又はアルカリ金属塩からなる群より選ばれる少なくとも1種の錯化剤0.01〜30重量%、〔III〕炭素数1〜5の飽和脂肪族1価アルコール、炭素数3〜10のアルコキシアルコール、炭素数2〜16のグリコール、炭素数3〜20のグリコールエーテル、炭素数3〜10のケトン及び炭素数2〜4のニトリルからなる群より選ばれる少なくとも1種の有機溶媒0.05〜50重量%を含んでなる洗浄剤。 (もっと読む)


【課題】
本発明の課題は、ポリクオタニウム−10に代表される半合成系皮膚洗浄剤添加剤とポリクオタニウム−7あるいは39に代表される合成系皮膚洗浄剤添加剤のそれぞれの欠点を克服し、洗い上がりにしっとり感と共にさっぱり感を与える皮膚洗浄剤添加剤およびそれを含有する皮膚洗浄剤を提供することにある。
【解決手段】
OH基を有する天然高分子若しくは天然高分子誘導体、又はその両方を含む水溶液中で、カチオン性水溶液単量体と、(メタ)アクリル系非イオン性水溶性単量体とをグラフト共重合させることにより得られるグラフト共重合体を含有する皮膚洗浄剤用添加剤とすることで、仕上がりにしなやかな感触を与える皮膚洗浄剤用添加剤及びそれを含有する皮膚洗浄剤を提供することができる。
(もっと読む)


【課題】洗浄時には豊かな泡立ちと洗浄時の泡の持続性を示すが、すすぎ時には瞬時に泡が消え、少量の水ですすぎが完了する手洗い用食器洗浄剤を提供する。
【解決手段】(a)特定のスルホコハク酸ジ若しくはモノアルキルエステル又はその塩、(b)炭素数8〜21の炭化水素基と、硫酸エステル塩基又はスルホン酸塩基とを有する陰イオン界面活性剤〔但し(a)を除く〕1〜50質量%、及び(c)炭素数10〜18の脂肪酸又はその塩を含有し、(b)/〔(a)+(c)〕の質量比が0.01〜10であり、且つ(c)/(a)の質量比が0.001〜11である、手洗い用食器洗浄剤組成物。 (もっと読む)


【課題】有益剤含有デリバリー粒子、当該粒子を含む組成物、及び前述の粒子及び組成物の製造及び使用方法を提供する。
【解決手段】組成物、例えば洗浄組成物または布地ケア組成物、に用いられると、このような粒子は、有益剤デリバリー効率を高め、その結果、用いられる有益剤の量を低減することができる。有益剤の量を低減できることに加えて、このような粒子は、広範な有益剤の使用を可能にする。 (もっと読む)


付着助剤ポリマー及び多価の水溶性ビルダー及び/又はキレート剤を含むコンパクト流体洗濯組成物は、外部構造材系を使用することで安定化させることができる。このようなコンパクト流体洗濯組成物は、投与単位形態にパッケージ化することができる。これらのコンパクト流体洗濯組成物は、理想的には洗濯基材を処理するのに好適である。 (もっと読む)


凝集型液体又はゲル状洗濯洗剤組成物、こうした組成物を製造するための方法であり、この組成物は、アルカノールアミン及びカップリングポリマー成分を有する相分離に対する安定化系を少なくとも含み、相分離に対する安定化系は好ましくは、アルカノールアミン、カップリングポリマー、及び結晶性構造剤成分を有する。 (もっと読む)


【課題】 使用者が石鹸の香りを容易に楽しむことを可能とする石鹸セット等を提供する。
【解決手段】 石鹸セット1は、石鹸基体3とは別に、付加石鹸として、香り石鹸5,7,9及び中立石鹸11,13,15を備える。石鹸基体3には、付加石鹸の少なくとも1つが埋め込み可能な穴17,19,21が設けられている。石鹸セット1の使用者は、石鹸基体3の穴に香り石鹸を埋め込み、香りを組み合わせて使用することによって、石鹸の香りを容易に楽しむことができる。各穴の断面は、石鹸基体の表面に向かって大きくなっており、形成が容易なものとなっている。 (もっと読む)


本発明は、洗剤組成物及び活性金属含有化合物を含有する組成物であって、前記洗剤組成物が第四級アンモニウム塩洗剤及び随意としての酸素含有洗剤を含み、前記活性金属含有化合物が有機相と非晶質形態の鉄化合物の粒子と少なくとも1種の両親媒性物質とを含むコロイド分散液の形にある、前記組成物に関する。これらの組成物は、燃料中に用いることができ、この燃料を用いた時に、特にエンジン中の燃料インジェクターの汚染を減らし且つ/又はエンジンの粒状排気ガストラップの再生を向上させることによって、改善されたエンジン性能を提供することができる。 (もっと読む)


本発明は、界面活性剤、銀および/または銀化合物およびさらなる洗浄、清浄、後処理または補助的洗浄剤の通常の活性成分を含んでなり、非中和脂肪酸の添加により安定化された、液状の洗浄、清浄、後処理または補助的洗浄剤に関する。 (もっと読む)


本発明は、水溶性フィルムを含み、かつ少なくとも第1の及び第2の区画を有する洗濯用途で使用するのに好適な多区画パウチに関し、ここで各区画が組成物を含み、第2の区画は少なくとも5の色相効率と約30%〜約95%の範囲の洗浄除去値とを示す増白剤を含むことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 優れた泡立ちと洗浄性とを兼ね備えた洗浄料を提供する。
【解決手段】 下記一般式(1)又は下記一般式(3)で表されるオルガノシロキサン誘導体塩と、炭素数10〜20のアルキル基を有するカルボン酸塩、硫酸塩、スルホン酸塩、又はリン酸塩から選ばれる1種以上のアニオン性界面活性剤とを含有する洗浄料。
【化1】
(もっと読む)


【課題】脂肪酸配合液及びアルカリ配合液を中和させる際における中和凝集物の形成を抑制する。
【解決手段】脂肪酸配合液とアルカリ配合液とを接触させた後、それらを混合中和用細孔に流通させて混合すると共に中和させる中和物の製造方法は、脂肪酸配合液とアルカリ配合液との接触から混合中和用細孔への流入までの滞留時間を1秒以下とする。 (もっと読む)


本発明はグリコシル加水分解酵素を含む洗濯洗剤組成物に関連する。本発明の組成物は更にポリマーも含み、このポリマーは、グリコシル加水分解酵素と組み合わせて使用したときに、布地洗浄性能を損なうことなしに、表面活性剤システムの圧密化の達成が可能になる。好ましくは、本発明の組成物は、2種類のポリマー、グリコシル加水分解酵素及び洗浄性界面活性剤の組み合わせを含み、好ましくは洗浄性界面活性剤の濃度は低い。
最も好ましくは、本発明の洗濯洗剤組成物は次のものを含む、(i)キシログルカンと非晶質セルロース基質の両方に対して酵素活性を有するグリコシル加水分解酵素であって、GHファミリー5、12、44、又は74の中から選択されるグリコシル加水分解酵素、(ii)洗浄性界面活性剤、(iii)両親媒性アルコキシル化グリース洗浄ポリマー、(iv)次のものを含むランダムグラフトコポリマー、(a)不飽和C〜Cカルボン酸、エーテル、アルコール、アルデヒド、ケトン、エステル、糖単位ユニット、アルコキシ単位、無水マレイン酸、飽和ポリアルコール(例えば、グリセロールなど)、及びこれらの混合物からなる群から選択されるモノマーを含む親水性主鎖、並びに、(b)C〜C25アルキル基、ポリプロピレン、ポリブチレン、飽和C〜Cモノカルボン酸のビニルエステル、アクリル酸又はメタクリル酸のC〜Cアルキルエステル、及びこれらの混合物からなる群から選択される疎水性側鎖、並びに、(v)次の一般構造:ビス((CO)(CO)n)(CH)−N−C2x−N−(CH)−ビス((CO)(CO)n)(式中、nは20〜30であり、かつxは3〜8である)を有する化合物、又はこの硫酸化若しくはスルホン化変異体。最も好ましくは、この組成物は液体の形態である。 (もっと読む)


乳清脂質から誘導可能な二つ以上の天然遊離脂肪酸のブレンド、前記遊離脂肪酸は、酪酸(C4);カプロン酸(C6);カプリル酸(C8);カプリン酸(C10);ラウリン酸(C12);ミリスチン酸(C14);パルミチン酸(C16);パルミトレイン酸5(C16:1);ステアリン酸(C18);オレイン酸(C18:1);リノール酸(C18:2);リノレン酸(C18:3);及びそれらのエステル化誘導体から選ばれる、及び前記遊離脂肪酸の乳化剤として乳タンパク質を含む抗菌性組成物であって、全脂質含有量の少なくとも35%は、酪酸、カプロン酸、カプリル酸、カプリン酸及びラウリン酸の一つ又は複数から選ばれる遊離脂肪酸で構成される抗菌性組成物。 (もっと読む)


組織化石鹸組成物であって、該組成物100重量部を基準として次のものを含む、組成物、
(i)0より大きく約27重量部まで、の中和脂肪酸、
(ii)0より大きく約18重量部までの、アルカノールアミド界面活性剤、脂肪族アルコール、アルコキシル化脂肪族アルコール、脂肪酸、及び脂肪酸エステルから選ばれた、1種又はより多種の組織化剤
(iii)0から約15重量部の、両性界面活性剤及び両性イオン性界面活性剤から選ばれた1種又はより多種の化合物、
但し、(i)、(ii)及び(iii)成分の合計量は5重量部又はより大である、
(iv)(i)、(ii)及び(iii)成分との組合せにおいて、不透明な外観を持ち且つ0パスカルより大きな降伏強さを示す組織化石鹸組成物を提供するのに有効な量の電解質、及び
(v)水。 (もっと読む)


【課題】反応効率が悪いなどの不具合を解消できる反応装置を提供すること。
【解決手段】2種類以上の反応材料を反応させて反応生成物を得るための反応装置において、2種類以上の反応材料を、それぞれ、連続して送出する、送出手段と、送出されて来た上記反応材料が同時に導入されて一緒に通過する1本の細長管と、を備えており、細長管は、導入された上記反応材料が一緒に通過しながら反応して反応生成物を生成するような、内径及び長さ寸法を、有していることを特徴としている。 (もっと読む)


1 - 20 / 50