説明

Fターム[4H011DC04]の内容

農薬・動植物の保存 (82,368) | 製剤方法;そのための装置 (4,876) | 粉砕 (762) | 湿式粉砕 (311)

Fターム[4H011DC04]に分類される特許

221 - 240 / 311


【課題】 安定した高い有害生物防除効果を有する有害生物防除剤を提供する。
【解決手段】 式(I):
【化1】


[式中、R1は水素、アルキル又はシクロアルキルであり;R2は水素、置換可フェニル、置換可アリールアルキル、ニトロ、シアノ等であり;R3及びR4は同一であっても異なっていてもよく、水素、アルキル、アルケニル、アルキニル等であり;R5は水素、ハロゲン、アルキル、アルコキシ又はヒドロキシであり;Aは酸素原子、硫黄原子又はNR6であり;XはNR6、NR6−Ak−NR等であり;Aka、Akb及びAkは各々独立にアルキレンである]で表されるフェニルグアニジン誘導体又はその塩。 (もっと読む)


【課題】木材の表面および木材の内部の両方において、優れた効力を発現することのできる木材保存剤を提供すること。
【解決手段】有効成分が木材の表面に残存する第1の製剤としての懸濁剤と、有効成分が木材の内部に浸透する第2の製剤としての液剤とを含有させる。本発明の木材保存剤は、第1の製剤の有効成分が、木材の表面に残存するとともに、第2の製剤の有効成分が木材の内部に浸透する。そのため、木材の表面および木材の内部の両方において、優れた効力を発現することができる。 (もっと読む)


本発明は、式(I)の化合物、および植物病原性の菌類を防除するためのその使用、ならびに式(I) [式中、可変基および置換基は特許請求の範囲および明細書に定義する通りである]の化合物を含む殺菌混合物に関する。
(もっと読む)


【課 題】顕著な除草効果と、優れた作物−雑草間の選択性等の優れた特性を備えた除草剤組成物を提供すること。
【解決手段】 一般式(I)
【化1】


で表されるハロアルキルスルホンアニリド誘導体又はその塩類と、これ以外の除草活性を有する化合物の1種又は2種以上とを有効成分として含有することを特徴とする除草剤組成物。 (もっと読む)


【課題】製剤保存条件において製剤保存条件において懸濁されてなる式(I)〔式中、R1はハロゲン原子を表し、R2はC2−4アルキル基又はシクロプロピル基を表す。〕で示されるスルホニルウレア除草活性化合物の粒子成長がほとんど生じない水性懸濁状農薬組成物を提供すること。
【解決手段】式(I)で示されるスルホニルウレア除草活性化合物、カルボキシメチルセルロース塩、リグニンスルホン酸塩、界面活性剤、及び水を含有する水性懸濁状農薬組成物。
(もっと読む)


【課題】植物病害に起因する植物病害に感染した栽培作物に対する安定した高い植物病害防除効果を有する殺菌剤組成物を提供する。
【解決手段】 有効成分(a)式:


〔式中、Xはハロゲン原子、ニトロ基、置換可炭化水素基、置換可アルコキシ基、置換可アリールオキシ基、置換可シクロアルコキシ基などであり;nは1、2、3又は4であり;R1は置換可アルキル基であり;R2'は置換可アルキル基、置換可アルコキシ基、置換可アリールオキシ基、置換可シクロアルコキシ基、又は水酸基であり、pは1、2又は3であり;R2''は置換可アルコキシ基又は水酸基であり;或いはR2'及びR2''の少なくとも2つが酸素原子を含んで縮合環を形成してもよい〕で表されるベンゾイルピリジン誘導体又はその塩と、8種類の効力増強成分(b)からなる群から選択される少なくとも1種とを含有することを特徴とする殺菌剤組成物。 (もっと読む)


【課題】長年、多数の有害生物防除剤が使用されているが、効力が不十分である等、種々の課題を有するものが少なくない。従って、かかる欠点の少ない有害生物防除剤の開発が望まれている。
【解決手段】本発明は、式(I):
【化1】


(式中、Rは塩素原子、臭素原子又はメチルであり、Rは塩素原子、臭素原子、ヨウ素原子又はシアノであり、Rは塩素原子、臭素原子、トリフルオロメチル又は2,2,2-トリフルオロエトキシである)で表されるアントラニルアミド系化合物又はその塩に関する。 (もっと読む)


【課題】本発明では、従来の薬剤を利用しながらより低薬量でも優れた有害生物防除効果を有する有害生物防除剤を提供することを課題とする。
【解決手段】(a)2,6−ジクロロ−4−(3,3−ジクロロアリルオキシ)フェニル=3−[5−(トリフルオロメチル)−2−ピリジルオキシ]プロピル=エチル(化合物A)と、(b)バニリルアミン若しくはバニリルアルコールに脂肪酸が、夫々酸アミド若しくはエステル結合してなる化合物又はその配糖体(化合物B)とを含有することを特徴とする有害生物防除組成物、並びに、当該有害生物防除組成物、或いは、同時に若しくは併用して化合物Aと化合物Bとを、保護すべき植物、有害生物又は有害生物の生息場所に施用することを特徴とする有害生物防除方法等。 (もっと読む)


本発明は、一般式(I)のアゾリルメチルオキシラン:


[式中、AまたはBは1〜3個の次の置換基:ハロゲン、NO2、アミノ、C1-C4-アルキル、C1-C4-アルコキシ、C1-C4-ハロアルキル、C1-C4-ハロアルコキシ、C1-C4-アルキルアミノ、C1-C4-ジアルキルアミノ、チオ、もしくはC1-C4-アルキルチオで置換された、ピリジニル、ピリミジニル、ピラジニル、ピリダジニル、およびトリアジニルからなる群より選択される6員のヘテロアリールであり、そしてそれぞれの他方の置換基AまたはBは、1〜3個の次の置換基:ハロゲン、NO2、アミノ、C1-C4-アルキル、C1-C4-アルコキシ、C1-C4-ハロアルキル、C1-C4-ハロアルコキシ、C1-C4-アルキルアミノ、C1-C4-ジアルキルアミノ、チオ、もしくはC1-C4-アルキルチオで置換されていてもよいフェニルである]またはその植物に適合しうる酸付加塩もしくは金属塩、植物病原菌類を防除するための式(I)の化合物の使用、ならびに該化合物を含む薬剤に関する。
(もっと読む)


【課題】本発明では、従来の薬剤を利用しながらより低薬量でも優れた有害生物防除効果を有し、また低感受性の有害生物に対しても優れた防除効果を有する有害生物防除剤を提供することを課題とする。
【解決手段】(a)4−フェノキシフェニル(RS)−2−(2−ピリジルオキシ)プロピル=エチル(化合物A)と、(b)バニリルアミン若しくはバニリルアルコールに脂肪酸が、酸アミド若しくはエステル結合してなる化合物又はその配糖体(化合物B)とを含有することを特徴とする有害生物防除組成物、並びに、当該有害生物防除組成物、或いは、同時に若しくは併用して化合物Aと化合物Bとを、保護すべき植物、有害生物又は有害生物の生息場所に施用することを特徴とする有害生物防除方法等。 (もっと読む)


【課題】イミダクロプリドを高濃度で内包するマイクロカプセル製剤、その製造方法及びそれを用いる有害生物防除剤を提供することを目的とする。
【解決手段】イミダクロプリドを水非混和性有機溶剤に懸濁させたスラリーを湿式粉砕した後に、ウレタン系高分子重合体を添加し、これを水中に液滴として分散し、界面重合法によってマイクロカプセル化することにより、マイクロカプセル内にイミダクロプリドを高濃度で内包させることができる。 (もっと読む)


【課題】 2種類の除草活性化合物を相乗的作用効果を示す薬剤組成物であって、水稲に対する薬害が少なく、少量の施用量で水田中の雑草を枯死に至らしめる水稲用除草剤組成物を提供する。
【解決手段】 有効成分としてベンゾビシクロンとメソトリオンを有効成分として含む相乗的作用効果を示す除草剤組成物。 (もっと読む)


【課題】有用植物生育地に発生する望ましくない雑草に対して高活性で殺草スペクトラムが広く残効性に優れ、かつ有用植物に対して高い安全性を有する除草剤を提供する。
【解決手段】(A)一般式(I)
【化1】


(式中のRは水素原子、炭素数1〜6のアルキル基又は炭素数2〜6のアルコキシアルキル基である)で表されるジフルオロメタンスルホニルアニリド化合物又はその塩から選ばれる化合物と、
(B)ピラクロニル、イマゾスルフロン、エスプロカルブ、メタミホップ、トリアジフラム、ピラゾキシフェン、2,4−D、エトベンザニド、メソトリオン、AVH−301(試験番号)および除草用微生物から選ばれる少なくとも1種類とを有効成分として含有することを特徴とする混合除草組成物。 (もっと読む)


【課題】有害生物の防除効力を有する4−アミノ−6−アルキニルオキシピリミジン化合物を効率的かつ経済的な方法によって、高収率で得ることができる工業的に応用可能な製造方法を提供する。
【解決手段】式(I)


〔式中、Rは水素原子またはハロゲン原子、
は水素原子またはメチル基、
およびRは結合して、C4−C7ポリメチレン基等を表す。〕
で示される4−アミノ−6−アルキニルオキシピリミジン化合物を高収率で得ることができ、工業的に応用可能な製造方法である。 (もっと読む)


【課題】本発明では、より除草効果が高く、作物に対して薬害の問題を生じることがなく、広範囲の雑草を防除する技術等を提供することを課題とする。
【解決手段】[a]1−(4,6−ジメトキシピリミジン−2−イル)−3−(2−エチルスルホニルイミダゾ[1,2−a]ピリジン−3−イルスルホニル)ウレアと、[b]式(II)で示される化合物とを有効成分として含有する、特に畑地において効果的に使用することのできる除草用組成物等。
(もっと読む)


本発明は、ジフルフェニカンおよびフルルタモン、およびナフタレンスルホネート類からなる群またはナフタレンスルホネート類とホルムアルデヒドの縮合物からなる群より選択される陰イオン性界面活性剤、アルキレンオキシドのジブロックおよびトリブロックコポリマーからなる群より選択される非イオン性界面活性剤および多塩基有機酸の混合物を含み、これに場合により増粘剤、さらなる農薬活性物質およびさらなる従来の助剤および添加剤が添加され得る、水性分散液の形態の製剤に関する。さらに、本発明は、成分としてジフルフェニカン、フルルタモン、およびフルフェナセットを含む除草剤組成物に関する。これらの水性分散液および除草剤組成物は、作物防疫の分野において有用である。 (もっと読む)


【課題】
従来の薬剤の組み合わせでは十分な効果が得られなかった広範囲のカビ類に有効な木材用防カビ組成物、およびこの組成物を用いる木材の防カビ方法を提供する。
【解決手段】
イミノクタジンまたはその塩の少なくとも1種と、アゾール系化合物、イソチアゾリン系化合物、イミダゾール系化合物、ピリジン系化合物、ヨード系化合物、チオシアネート系化合物、および4級アンモニウム塩化合物からなる群から選ばれた少なくとも1種の殺菌性化合物とを含有することを特徴とする木材用防カビ組成物、この木材用防カビ組成物を用いることを特徴とする木材の防カビ方法。 (もっと読む)


【課題】植物病害防除効力を有する化合物及びこれを含有する植物病害防除剤を提供すること。
【解決手段】式(1)〔R1は塩素原子等を表し、R2はC1−C4アルキル基を表し、R3はハロゲン原子等で置換されていてもよいC1−C4アルキル基、ハロゲン原子で置換されていてもよいC1−C4アルコキシ基等を表し、mは0〜5の整数を表し、mが2以上の整数である場合、R3の各々は同一又は相異なり、Qは窒素原子を環構成原子として有する6員の芳香族複素環基を表す。〕で示されるピリダジン化合物及びこれを有効成分として含有することを特徴とする殺菌剤。
(もっと読む)


【課題】 新規除草剤の提供
【解決手段】エスプロカルブおよびジフルフェニカンを有効成分として含有することを特徴とする除草剤組成物および該除草剤組成物を使用する除草方法。 (もっと読む)


【課題】新規除草剤の提供。
【解決手段】下記の式:


で表わされる化合物を含む、ジオキサジン環上に置換基が結合したスルホニルウレア化合物および農薬として許容されるその塩。 (もっと読む)


221 - 240 / 311