説明

Fターム[4H011DF06]の内容

Fターム[4H011DF06]に分類される特許

1 - 20 / 248


【課題】ホルムアルデヒドドナー化合物に基づく殺菌性組成物であって、処方された最終製品として、その組成物の取り扱い中、保存中及び輸送中のネックイン効果の問題を低減し、同時に、適用調製物における低固形物含有量が要求される適用に適した殺菌性組成物を提供する。
【解決手段】a)少なくとも1種のホルムアルデヒドドナー化合物、及びb)少なくとも1種の、没食子酸エステル、フェノール誘導体、L−アスコルビン酸、並びにそれらの塩及び誘導体、並びにトコフェロール及びそれらの誘導体から選択される抗酸化剤を含有する殺菌性組成物に関する。例えば、燃料や潤滑剤のような工業製品の保存のための、上記殺菌性組成物の使用に関する。 (もっと読む)


【課題】環境負荷が小さく、しかも防汚性や機械的強度に優れ、かつ、水中においても優れた耐久性を持続可能な防汚性塗膜を形成することが可能な防汚性塗料組成物を提供する。
【解決手段】(A)固形油脂:1〜20重量%および(B)ポリオール樹脂:80〜99重量%を含有することを特徴とする防汚性塗料組成物。 (もっと読む)


【課題】環境や、人体に対する安全性が高く、かつ簡便で安心して使用でき、確実に効果のあるそうか病防除材を提供する。
【解決手段】ストレプトマイセス・スカビエス又はストレプトマイセス・タージディスカビエスに起因する、例えば、バレイショ、だいこん、にんじん、ながいも及びごぼうからなる群から選択される作物におけるそうか病を防除するための硫黄懸濁液は、平均粒径が3μm以下の硫黄を含有する。 (もっと読む)


【課題】深播されたイネ種子の出芽率及び成長の低下を抑制する深播耐性付与剤を提供すること。
【解決手段】一般式(1)
21NCH2COCH2CH2COR3 (1)
[式中、R1及びR2は各々独立に、水素原子、アルキル基、アシル基、アルコキシカルボニル基、アリール基又はアラルキル基を示し;R3はヒドロキシ基、アルコキシ基、アシルオキシ基、アルコキシカルボニルオキシ基、アリールオキシ基、アラルキルオキシ基又はアミノ基を示す。〕で表される5−アミノレブリン酸、その誘導体又はそれらの塩を有効成分とするイネの深播耐性付与剤。 (もっと読む)


【課題】容易に製造でき、また、容易に取り扱うことができる植物エチレン用のエチレン発生体を提供する。
【解決手段】通気性を有する外側部6と、この外側部6の内側に位置し通気性および吸水性を有する内側部7とを備えた収容部材2を具備する。この収容部材2に、有機物3と還元鉄を含む溶液4が封入された溶液封入体5とを収容する。この溶液封入体5に外力が加えられることにより封入体本体8が破断すると、溶液封入体5から溶液4が流出し、収容部材2内にて有機物3と溶液4とが接触可能である。そして、有機物3と溶液4とが接触することにより、有機物3に溶液4の還元鉄由来のFe2+が作用してエチレンが生成される。このエチレンが収容部材2の外側部6および内側部7を透過して、植物ホルモン用のエチレン発生体1からエチレンが発生する。 (もっと読む)


【課題】窓ガラスや網戸等の対象処理面に噴霧被膜が形成されないような状態でエアゾールを噴霧することによって、害虫のこの対象処理面への飛来を防止するようになした害虫の飛来防止方法、特に、ガラス面を対象処理面とした場合には、エアゾール内容液による処理面の曇りや汚れを生じない害虫の飛来防止方法の提供。
【課題の解決手段】ピレスロイド系殺虫成分及び炭素数が1〜3の低級アルコールを含有するエアゾール原液と液化ガスとからなり、前記エアゾール原液と液化ガスの配合比率が10/90〜50/50容量比であるエアゾールを用い、前記エアゾール原液の噴霧量を1〜10mL/m2とし、かつ、平均粒子径が10〜50μmの噴霧粒子を対象処理面に広角噴霧することにより、害虫のこの対象処理面への飛来を防止するようになした害虫の飛来防止方法。 (もっと読む)


(a)フルロキシピルおよび(b)ALSインヒビター除草剤を含有する除草相乗的組成物であって、該ALSインヒビター除草剤がペノキススラム、ハロスルフロン−メチル、イマザモックスまたはイマゼタピルであり、コメ、穀類および穀粒作物、牧草地、放牧地、IVMおよび芝生において改善された出芽後雑草防除を提供する除草相乗的組成物。 (もっと読む)


【課題】持ち運び及び保存が容易な抗菌剤を提供する。
【解決手段】銀単体を多孔性物質に担持させてなる組成物。 (もっと読む)


【課題】マスクに対して除菌作用又は殺菌作用を示す組成物を提供する。
【解決手段】水及びアルコールを含む組成物であって、公定水分率12%以下の繊維を含むマスクの除菌又は殺菌のために用いられる組成物。 (もっと読む)


【課題】作物種子の表面に農薬を保持させてなる、優れた性能を有する農薬被覆作物種子を提供すること。
【解決手段】作物種子の表面が、農薬活性成分を含有する粉状物が熱硬化性樹脂で固められ被覆されてなる平均粒子径が10〜100μmの農薬含有樹脂微粉末と、ポリビニルアルコール、リグニンスルホン酸塩、カルボキシメチルセルロース塩、水溶性セルロースエーテル、酵素変性デキストリン及びポリビニルピロリドンからなる群より選ばれる1以上の水溶性高分子とを含有する被覆材で被覆されてなる農薬含有樹脂被覆作物種子は、優れた性能を有する。 (もっと読む)


【課題】多価アニオン性化合物およびポリカチオン型抗菌剤を成分として配合した場合においても著しい白濁や沈殿の発生が防止されている水系組成物を提供する。
【解決手段】ポリオキシエチレンアルキルエーテル、及び/またはポリエチレングリコール脂肪酸エステルを併せて配合させた水系組成物。ポリオキシエチレンアルキルエーテル、及び/またはポリエチレングリコール脂肪酸エステルのアルキル基がその炭素数が一定以上、直鎖であり、HLB値が一定以上のものを配合すると更によい。ポリオキシエチレンアルキルエーテル、及び/またはポリエチレングリコール脂肪酸エステルの配合量がポリカチオン型抗菌剤に対して一定以上配合されることがより好ましい。 (もっと読む)


【課題】ハスモンヨトウに対する殺虫効果を一層向上させることができるハスモンヨトウ用殺虫剤を提供する。
【解決手段】ハスモンヨトウ用殺虫剤は、ハスモンヨトウ核多角体病ウイルス及びエトキサゾールを有効成分とするものである。ハスモンヨトウ核多角体病ウイルスは界面活性剤で希釈された希釈液として用いられ、エトキサゾールは水性溶媒及び界面活性剤で希釈された希釈液として用いられる。ハスモンヨトウ核多角体病ウイルスの希釈液中におけるハスモンヨトウ核多角体病ウイルスの濃度は10〜10個/mlであり、かつエトキサゾールの希釈液の希釈倍率は10,000〜100,000倍であることが好ましい。前記ハスモンヨトウ核多角体病ウイルスは、ハスモンヨトウ核多角体病ウイルスの包埋体であることが好ましい。 (もっと読む)


【課題】水溶液に含有された際に粒子が残存してしまうこと防止することができ、高い殺菌効果、抗菌効果を有する他、殺ウイルス効果、抗ウイルス効果を発揮することができるとともに、取扱いが容易である。
【解決手段】二枚貝の殻に焼成処理および粉砕処理を行うことにより得られる平均粒径が0.3〜5.0μmの貝殻焼成カルシウム粉末が、エマルジョン化されて飽和含有されており、アルカリ度数が12.0pH以上である貝殻焼成カルシウム水溶液をドライミストとして噴霧する。 (もっと読む)


【課題】高い耐水性を有する害虫防除用固形毒餌剤を提供する。
【解決手段】殺虫成分(例えばフェノブカルブ)、誘引剤(例えばオキアミミール)、食餌剤(例えば小麦ふすま)、担体(例えば小麦粉)、誤食防止剤(例えば安息香酸デナトニウム)、防腐剤(例えば、ソルビン酸カリウム)及び溶剤(例えばエタノール)に保形剤である、アルギン酸エステルを加えて、固形剤の耐水性を向上させることを特徴とする害虫防除用固形毒餌剤。 (もっと読む)


【課題】花粉を散布により受粉させることができ、高い花粉発芽率と旺盛な花粉管の伸長を保持すると共に溶液内での均一な花粉の分散性、花の柱頭への花粉の付着性および付着した花粉の視認性を保持する花粉水性分散剤の調製に用いることができる受粉剤、水性受粉剤、花粉水性分散剤および受粉方法の提供。
【解決手段】花粉の発芽率を高めるための受粉剤であって、スクロースおよびソルビトールを必須成分として含有し、あるいはさらにプロリンを含有することを特徴とする受粉剤により課題を解決できる。 (もっと読む)


【課題】除草剤の飛散を防止して対象外作物への残留、および薬害を軽減すると共に効果を安定させる技術を提供する。
【解決手段】グルホシネートアンモニウムにポリアクリル酸ナトリウムを添加して散布溶液の粘度を上昇させ、飛散防止を図ると同時に界面活性剤によって効果の安定を可能にする。 (もっと読む)


本発明の具体化例においては、少なくとも1種の窒素含有イセチオン酸塩、少なくとも1種の農業用活性成分、および少なくとも1種の表面活性剤を含むフィールド・レディ・スプレーまたはタンク混合物である農業用組成物が記載されている。 (もっと読む)


【課題】 分散体の形態で殺藻作用および殺菌作用を有する安定な防腐剤を提供すること。
【解決手段】 a)少なくとも1種の殺藻性トリアジン、b)少なくとも1種の殺菌性イソチアゾロンおよび、c)少なくとも1種の分散安定剤であって、c1)亜硫酸塩、亜硫酸水素塩、亜硫酸塩を放出する化合物および亜硫酸水素塩を放出する化合物、およびc2)次亜リン酸塩および次亜リン酸塩を放出する化合物からなる群より選択される分散安定剤を含む防腐剤。 (もっと読む)


【課題】農薬活性成分の溶出をコントロールした淡水巻貝防除用粒剤の提供。
【解決手段】1、3−ジカルバモイルチオ−2−(N、N−ジメチルアミノ)−プロパン塩酸塩及び/又は5−ジメチルアミノ−1,2,3−トリチアンシュウ酸塩の農薬活性成分3〜30質量%、熱可塑性生分解性プラスチック樹脂50〜90質量%、及び水中溶出促進材料7〜42質量%を含有する淡水巻貝防除用粒剤。上記淡水巻貝防除用粒剤は、降雨などの外部環境に対する影響が少なく、湛水された圃場に直接散布できる。 (もっと読む)


【課題】特定の細孔構造を有する多孔質シリカを液化ガスとともに配合することにより、噴射時に多孔質シリカが冷却されて多孔質シリカの吸着性能が得られやすくしたエアゾール組成物およびその製造方法を提供すること。
【解決手段】多孔質シリカと、液化ガスとを含有するエアゾール組成物であって、前記多孔質シリカが、そのX線回折パターンにおいて、d間隔が2nmより大きい位置に少なくとも1つのピークを有することを特徴とするエアゾール組成物である。 (もっと読む)


1 - 20 / 248