説明

Fターム[4H059DA09]の内容

脂肪類、香料 (10,518) | 物理的又は化学的特性 (1,216) |  (716)

Fターム[4H059DA09]に分類される特許

81 - 100 / 716


【課題】 界面活性剤等の不揮発成分を含まず、かつ十分な濃度の芳香成分等を含有しそのまま芳香剤として使用可能な水性の芳香組成物を提供すること。
【解決手段】
植物に減圧下でマイクロ波を照射して加熱することによって得られる蒸留物の水性画分からなる芳香組成物。 (もっと読む)


本発明は、バニリン及びエチルバニリンを含有する化合物を主成分として含む組成物の製造方法に関する。2のバニリン/エチルバニリンモル比のバニリン及びエチルバニリンを含有する化合物を主成分として含む組成物の製造方法は、粉末の状態で、かつ、バニリン/エチルバニリンモル比が少なくとも2に等しくなる量で使用されるバニリン及びエチルバニリンの、50℃〜57℃の温度で実施される同時造粒工程と、その後、得られた組成物の温度を周囲温度に戻すことを可能にする工程とを含むことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、家電・AV機器・パソコン機器などの電子回路の筐体背後に、油性芳香剤(アロマオイル)を染み込ませた不燃性及び油脂による劣化がなく保水性を維持できる多孔質火山岩(多孔質鉱物)を収納できる箱状ケースと上蓋枠を設けることで、別途芳香のための電気エネルギーを使用せず、電子回路の発熱による余熱を利用して芳香させることができる。
【解決手段】 本発明は液晶ディスプレイモニター本体の筐体1の背面に熱伝導率の高いアルミニウム製箱状ケース2を設け、その中に油性芳香剤(アロマオイル)を染み込ませた不燃性及び油脂による劣化がなく保水性を維持できる多孔質火山岩(多孔質鉱物)4を入れて、上蓋枠3及びネット5で4を固定することにより、液晶ディスプレイパネルの発熱による余熱を多孔質火山岩(多孔質鉱物)4に伝導させ、電気エネルギーなどを使わずに油性芳香剤(アロマオイル)の揮発により芳香をさせることができる余熱利用によるアロマ芳香器とした。 (もっと読む)


式I


式中、Rは、Hまたはメチルであり、Rは、H、メチルまたはエチルであり、RおよびRは独立して、水素、メチル、エチル、n−プロピルまたはイソプロピルであり、および点線は、さらなる二重結合が存在するか、またはHもしくはメチルであるさらなる基Rが存在する選択可能性を示す、
で表される化合物。
化合物は、甘い特徴を有するマリンの香りを有し、ファインフレグランスおよび機能的フレグランスにおいて有用である。

(もっと読む)


【課題】副生成物が少なく、風味及び色相の良好な油脂を製造する方法の提供。
【解決手段】油脂に吸着剤を接触させる処理を行った後に、下記から選ばれる少なくともひとつの条件で油脂に水蒸気を接触させる処理を行う、精製油脂の製造方法。
(条件1)175℃以上205℃以下の温度範囲で油脂と水蒸気とが接触する時間が5〜110分、
(条件2)205℃超215℃以下の温度範囲で油脂と水蒸気とが接触する時間が5〜50分、及び
(条件3)215℃超230℃以下の温度範囲で油脂と水蒸気とが接触する時間が5〜30分。 (もっと読む)


【課題】水に敏感に反応して香料成分を速やかに放出するケイ酸エステルを提供する。
【解決手段】下記一般式(1)で表されるケイ酸エステル。
【化1】


〔式中、mはシリコーンの平均重合度を示す0〜3の数であり、Yの少なくとも1つは、特定の1級アルコール又は2級アルコールから水酸基を1個除いた残基であり、且つYの少なくとも1つは、一般式(I)及び(II)で表されるベンゼン環を含む特定の基である。〕 (もっと読む)


【課題】繊維製品の特性に鑑み、繊維製品の使用者を官能面で満足させる機能のみならず、新たな機能を付加した繊維製品処理剤を提供する。
【解決手段】(A)2−トリデセン−1−オール、テトラヒドロゲラニオール、イソプレゴール、デュピカル、エチルマルトール、カルボン、メンチルアセテート、ヘキシルシクロペンタノン、γ−ドデカラクトン、メントフラン、酪酸エチル、ブルボネン、β−メチル−γ−デカラクトン、γ−ヘキサデカラクトン及びプレゴンからなる群から選択される少なくとも1種と、(B)カチオン性基を有する水溶性の高分子化合物と、(C)シリコーン化合物とを含有することよりなる。 (もっと読む)


【課題】シス−2,3−ジ置換シクロペンタノンの製造方法の提供。
【解決手段】下記の9工程より成る置換シクロペンタノンの製造方法。(第一工程)3−シクロペンタンジオンをエーテル化する工程。(第二工程)該化合物を転位させる工程。(第三工程)該化合物をエーテル化する工程。(第四工程)該化合物にマロン酸エステルを付加させるとともに脱炭酸させ置換シクロペンテノンを製造する工程。(第五工程)該置換シクロペンテノンの側鎖の二重結合を選択的に酸化する工程。(第六工程)該化合物のオキシラン環を加水分解し、ジオールを製造する工程。(第七工程)該化合物の5員環内二重結合に水素添加する工程。(第八工程)該化合物のジオールをジオキソラン化する工程。(第九工程)該化合物をカルボン酸無水物の存在下に分解し、下式(29)


で表される置換シクロペンタノンを製造する工程。 (もっと読む)


【課題】繊維製品の特性に鑑み、繊維製品の使用者を官能面で満足させる機能のみならず、新たな機能を付加した繊維製品処理剤を提供する。
【解決手段】(a1)2−トリデセン−1−オール、テトラヒドロゲラニオール、イソプレゴール、デュピカル、エチルマルトール、カルボン、メンチルアセテート、ヘキシルシクロペンタノン、γ−ドデカラクトン、メントフラン、酪酸エチル、ブルボネン、β−メチル−γ−デカラクトン、γ−ヘキサデカラクトン及びプレゴンからなる群から選択される少なくとも1種と、(B)カチオン性界面活性剤とを含有することよりなる。 (もっと読む)


【課題】 高温で長期保管された場合でも、外観の変色が抑制され、且つ衣料に対して香りを賦与し、その香りを長時間持続することができる、衣料用液体柔軟剤組成物の提供。
【解決手段】 下記(a)成分、(b)成分、(c)成分及び水を含有し、(b)成分の含有量が0.004〜0.5質量%であり、(c)成分の含有量が4〜30質量%である、衣料用液体柔軟剤組成物。
(a)成分:LogPが3.0以上のアルデヒド香料を含有する香料組成物
(b)成分:2,2’−エチリデンビス(4,6−ジ−t−ブチルフェノール)、トリス(テトラメチルヒドロキシピペリジノール)・1/3クエン酸塩、ビス(2,2,6,6−テトラメチル−4−ピペリジル)セバケート、及び4,4’−ビス(α,α−ジメチルベンジル)ジフェニルアミンから選ばれる1種以上の酸化防止剤
(C)成分:分子内にエステル基又はアミド基で分断されていても良い総炭素数12〜29の炭化水素基を少なくとも1個有するアミン化合物、その酸塩、及びその4級化物から選ばれる少なくとも1種 (もっと読む)


悪臭制御成分を含む食器用洗剤組成物、及び食器類の洗浄方法が提供される。一部の実施形態において本食器用洗剤組成物は、少なくとも1種の揮発性アルデヒド及び酸触媒を含む。
(もっと読む)


【課題】 バラの香気として従来より知られていた成分を組み合わせても再現する事が困難であった、優れたローズ様のナチュラル感、瑞々しさ、芳醇さを有するフレグランス組成物を提供することを目的とする。
【解決手段】 エピジャスモン酸メチルを単独または2−イソプロピル−4−メチルチアゾールと併せて添加したことを特徴とするローズ様フレグランス組成物、;その製造方法、;並びに、ローズ様香気を基調とするベースフレグランス組成物に、エピジャスモン酸メチルを単独または2−イソプロピル−4−メチルチアゾールと併せて添加することを特徴とするフレグランス組成物への香気の付与方法、;を提供する。
これにより、優れたローズ様のナチュラル感、瑞々しさ、芳醇さを有するフレグランス組成物を提供することを可能とする。 (もっと読む)


本出願は、マイクロカプセルまたはマイクロカプセル含有組成物に関し、当該マイクロカプセルは、重合性ラクタム共重合体を含む。より詳細には、いくつかの態様は、マイクロカプセル化粒子のコーティングの形成における重合性ラクタム共重合体の使用を対象とする。これらの重合性ラクタム共重合体は、アニオン性、非イオン性、またはカチオン性の表面改質マイクロカプセル化粒子を生じ得る。
(もっと読む)


本願は、香料組成物、このような香料及び/又は送達システムを含むこのような香料製品を含む送達システム、並びに、これらを製造及び使用する方法に関する。このような香料及び送達システムは、ひどい汚れ条件下で、及び冷水での洗濯において、向上した香料性能を示し、上記コアを少なくとも部分的に囲むシェルを形成する。 (もっと読む)


本発明は、0.01〜40重量%の水、有益剤を含むマイクロカプセル及び少なくとも2つのアニオン部位を有するイオン種を含み、少なくとも2つのアニオン部位を有するイオン種によって提供されるイオン強度が、0.045mol/kg以上である液体洗剤組成物に関する。 (もっと読む)


本出願は、20重量%未満の水と、6個を超える炭素を有するアルキル又はアルケニル鎖を含む10%〜89.9%の1種又は複数種の成分と、70を超える分子量を有する10〜60重量%の水混和性有機溶媒と、香料マイクロカプセルと含む液体洗剤組成物に関し、マイクロカプセル内に含まれる香料が、i)3未満のClogP及び250℃未満の沸点を有する1%〜30%の香料原材料と、ii)3を超えるClogP又は3未満のClogPを有し、250℃を超える沸点を有する香料原材料からなる群から選択される70%を超える香料原材料とを含む。 (もっと読む)


【課題】バニラの風味成分の抽出効率が高く、かつ、バニラの莢の内部にある油脂や多糖類の抽出を防いで高い作業効率を得ることができるバニラエキスの製造方法を提供する。
【解決手段】バニラビーンズに衝撃波を与えてバニラビーンズの細胞組織を破壊し、次いで、そのバニラビーンズを水及び/又は水溶性有機溶媒で抽出する。 (もっと読む)


【課題】クロモジ含有香料が長期安定に食品分野・医療分野・香料分野に存在する新規化合物の組成物を提供する。
【解決手段】クロモジ香料組成物の抽出成分を他の香料組成物の一種類又は、二種類以上の化合組成の含有することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】香料の香り立ち及び持続性を高める方法及びそのための強化剤の提供。
【解決手段】香料組成物に、あるいは製品に下記一般式(1)で表される化合物を配合する。香料組成物への配合量は0.01〜90重量%、また製品への配合量は、製品中に配合される香料組成物に対して、0.0001〜2.0倍量(重量比)が好ましい。


(式中、AはH又はOH基を、BはH又はメチル基を、nは0〜2の整数を表す。) (もっと読む)



81 - 100 / 716