説明

Fターム[4H104CA01]の内容

潤滑剤 (53,396) | 高分子炭化水素又はその酸化変性物からなる成分 (964) | モノエン化合物を含む単量体からのもの (849)

Fターム[4H104CA01]の下位に属するFターム

Fターム[4H104CA01]に分類される特許

41 - 60 / 280


【課題】使用環境下で粘度の変動が小さい潤滑剤組成物及びこの潤滑剤組成物を潤滑流体として含む流体軸受装置を提供する。
【解決手段】イオン液体を基油とし、かつ気液界面に疎水性の層を形成することのできる吸湿抑制剤を含む潤滑剤組成物は、疎水性の層によって空気中の水分を吸収しにくいので、粘度が変動しにくい。 (もっと読む)


【課題】油溶性潤滑油添加剤組成物を製造する。
【解決手段】本発明の添加剤組成物は、(A)(i)不飽和酸性試薬と(ii)モノオレフィンとの共重合体を、少なくとも一つの炭化水素で連結されたジ一級アミンと反応させ、それにより約10%乃至約90%の未反応無水物基を有する混成コハク酸無水物共重合体を製造し;続いて、(B)該混成コハク酸無水物共重合体を、第2のアミン化合物と反応させ、それによりスクシンイミドを製造し;そして(C)該スクシンイミドを、環状カーボネート、鎖状モノカーボネート、鎖状ポリカーボネート、芳香族ポリカルボン酸、芳香族ポリカルボン酸無水物、芳香族ポリカルボン酸エステル、もしくはそれらの混合物から選ばれる少なくとも一つの後処理剤と反応させる工程を含む製造方法により得られる。 (もっと読む)


ギヤ油および膜形成剤を含むギヤ油配合物が開示されている。膜形成剤は、ポリマーエステルを含み、これは少なくとも1種の多官能性アルコール、ダイマー脂肪酸、場合による5〜18個の炭素原子を有する脂肪族ジカルボン酸および、ポリマーエステルの酸価を5mgKOH/g未満に低下させる1種もしくは2種以上の成分、の反応生成物であり、結果として生じるポリマーエステルは、100℃で、400〜5000mm/sの範囲の動的粘度および5000〜20000の範囲の重量平均分子量を有している。自動車用ギヤ油配合物として用いられる場合には、API GL-4ギヤ油の仕様が少なくとも満足される。平、はすば、傘、ウォームおよびハイポイド歯車の潤滑に好適な、手動変速装置、トランスファケースおよび差動装置でのギヤ油配合物の使用および工業用歯車におけるギヤ油配合物の使用が開示されている。また、潤滑の方法が開示されている。 (もっと読む)


【課題】良好な耐酸化性および低温粘度を有する潤滑剤組成物、およびそのような潤滑剤組成物を処方するうえでの基剤として使用可能なオイルを提供する。
【解決手段】本発明のオイルは、下記式(I)のテトラエステルを含む:


(式中、基R、R、R、Rは炭素数1〜10の脂肪族鎖であり、基R、R、R、Rは炭素数6〜11のパラフィン系短鎖または炭素数13〜21のオレフィン系長鎖であり、そのうち少なくとも一つは前者、少なくとも一つが後者である。)
また、炭素数14〜22長鎖脂肪酸単位と炭素数7〜12短鎖脂肪酸単位のモル数比が0.3〜2.5であり、さらに、
上記式(I)で表され、基R、R、R、Rのうちの二つが炭素数6〜11のパラフィン系短鎖、それ以外の二つが炭素数13〜21のオレフィン系長鎖であるテトラエステルを少なくとも15重量%含む。 (もっと読む)


【課題】 省電力性、低温流動性に優れ、かつ、極圧性も良好なギヤ油組成物を提供する。
【解決手段】 環分析による%CNが25以下で、かつ%CAが1.5以下である炭化水素系潤滑油基油(ただし、ポリαオレフィン基油を除く。)に、エチレンとエチレン以外のモノマーとの共重合体からなるオレフィン系粘度指数向上剤、及び硫黄を含有する極圧剤が配合された組成物であって、前記硫黄を含有する極圧剤の配合量が該組成物の全量に対して0.1〜10質量%であり、かつ該組成物の40℃における動粘度が30〜2000mm/sであることを特徴とするギヤ油組成物。 (もっと読む)


【課題】 省電力性、低温流動性に優れ、かつ、極圧性も良好なギヤ油組成物を提供する。
【解決手段】40℃動粘度が10〜100mm/sであるポリαオレフィンを潤滑油基油として含有し、重量平均分子量が4,000〜150,000であるエチレンとエチレン以外のモノマーとの共重合体からなるオレフィン系粘度指数向上剤及び硫黄を含有する極圧剤が配合された組成物であって、前記硫黄を含有する極圧剤の配合量が該組成物の全量に対して0.2〜10質量%であり、かつ、該組成物の40℃における動粘度が50〜1000mm/sであることを特徴とするギヤ油組成物。 (もっと読む)


本発明によれば、機能性液において実質的に不溶性、低溶解性、および/またはそうでなければ機能性液と不適合性である添加剤を、当該添加剤を含むゲル組成物および/または固体添加剤組成物を用いることにより、当該機能性液が、供給添加剤の利益を享受でき、および/または機能性液と添加剤の不適合性のために従来の送達方法による別の方法では達成不可能なレベルの添加剤を含みうるように、機能性液に供給しうることが発見された。 (もっと読む)


【課題】車両の省燃費性能を大幅に向上することができ、さらに、動作寿命も長い潤滑剤組成物を提供する。
【解決手段】本発明にかかる潤滑剤組成物は、100℃での動粘度が5.5〜7mm/sであり、耐摩耗剤および/または極圧剤と、式:RCOOCHで表される少なくとも1種の脂肪酸メチルエステルを少なくとも30重量%とを含み、さらに、(i)100℃での動粘度が90〜3,000mm/sであり、かつ、重量平均分子量が2,500ダルトンを超える重質ポリαオレフィン類、あるいは、(ii)100℃での動粘度が1.5〜6mm/sであり、40℃での動粘度が4〜30mm/sであり、かつ、重量平均分子量が500ダルトン未満である軽質ポリαオレフィン類と、重量平均分子量が30,000ダルトン未満であるポリメタクリレート系化合物との組合せを含む。 (もっと読む)


【課題】 スラッジ等の潤滑油で発生する不溶性堆積物の分散性に優れ、かつ潤滑油組成物の粘度上昇が少ない無灰分散剤を提供することにある。
【解決手段】 500〜5,000の数平均分子量を有する炭化水素系重合体(A)の末端に、含窒素オニウムカチオンを有する官能基(F)を有する油溶性重合体(B)を含有してなる潤滑油添加剤であって、前記含窒素オニウムカチオンが、第四級アンモニウムカチオン又はイミダゾリウムカチオンである潤滑油添加剤。 (もっと読む)


【課題】 低トラクション性かつ優れた極圧性、酸化安定性を示す作動油組成物を提供する。
【解決手段】 (A)40℃動粘度が4〜25mm/sであるポリαオレフィンを基油として含有し、(B)重量平均分子量が4,000〜130,000であるエチレンとエチレン以外のモノマーとの共重合体から成るオレフィン系粘度指数向上剤、及び(C)硫黄を含有する極圧剤、が配合された組成物であって、(C)成分の硫黄を含有する極圧剤の配合量が組成物全量に対して0.01〜0.4質量%であり、該組成物の40℃における動粘度が19〜51mm/sであることを特徴とする作動油組成物。 (もっと読む)


【課題】約0.8未満の、RL216基準オイルの40℃での絶対的粘度上昇に対する40℃での絶対的粘度上昇の比を有する潤滑油組成物を提供すること。
【解決手段】約30重量%未満の比較的低ノアク揮発度の基油と、粘度添加剤であって、少量の有効量の約45を超えるせん断安定性指数(SSI)を有する犠牲的ポリマー粘度指数向上剤と、主要量の約26未満のSSIを有する粘度指数向上剤とを含む粘度添加剤、とを含む潤滑油組成物。 (もっと読む)


【課題】高いポリオレフィン含分で低い粘度を有し、かつ、高い安定性を有するポリマー分散液、その製造方法並びに、その使用を提供する。
【解決手段】高い安定性を有するポリマー分散液において、以下
A)少なくとも1種の分散されたポリオレフィン
B)少なくとも1種の分散成分
C)鉱油、及び
D)(オリゴ)オキシアルキル基を含む少なくとも1種の化合物
を含む、高い安定性を有するポリマー分散液。 (もっと読む)


炭化水素ブレンドの質量基準で、0.001質量%から10質量%までの少なくとも一種のポリ-α-オレフィン(その少なくとも一種のポリ-α-オレフィンは10〜3000cStの範囲内のKv100及び1.0〜4.5の範囲内の分子量分布を有する);及び20.0cSt未満のKv100を有する原料油からつくられた炭化水素ブレンド(その少なくとも一種のポリ-α-オレフィンはそのブレンドの流動点を原料油の流動点に対し少なくとも5℃低下するのに充分な量で存在する)が開示される。そのブレンドは(a)触媒組成物及び少なくとも二組のα-オレフィンを含む供給原料(第一の組のα-オレフィンはC4-C12α-オレフィンから選ばれ、かつ第二の組のα-オレフィンはC14以上のα-オレフィンから選ばれる)を反応させることにより生成される。そのα-オレフィン供給原料は少なくとも8個又はそれより多い炭素原子の数平均炭素数を有してもよい。 (もっと読む)


【課題】化成潤滑処理を施さず、素管表面に塗布する冷間塑性加工用潤滑剤組成物、およびこの潤滑剤を用い、優れた品質の鋼製管継手を効率的に製造する方法を提供する。
【解決手段】(1)平均粒径が1〜100μm、平均分子量が20,000以上のポリエチレン粉末を5〜50質量%、アルカリ金属を含まない水溶性ビニル系樹脂、または非イオン系の界面活性剤または/および保護コロイドにより乳化重合した水分散性ビニル系樹脂を1〜20質量%、非イオン系分散剤を0.1〜5質量%含有する冷間塑性加工用潤滑剤組成物。(2)前記潤滑剤組成物を内面に塗布し、乾燥した素管を、曲がり円錐状のマンドレルに環装し、プッシャーにより常温の前記素管を曲がり円錐状のマンドレルで拡管しつつ押し抜くことによりエルボを成形する。 (もっと読む)


【課題】流体特性の長期安定性に優れ、かつ、外部磁界に対する流体特性の変化の応答性に優れた磁性流体、およびかかる磁性流体を備え、減衰力を長期にわたって正確に調整することができるダンパーを提供すること。
【解決手段】ダンパー1は、上下端が閉塞した円筒状のシリンダ2と、このシリンダ2の天井部21を貫通し、シリンダ2内に延伸するよう設けられたピストンロッド31と、ピストンロッド31の下端に設けられ、シリンダ2内を上下に摺動するピストン3と、シリンダ2内に収納された磁性流体10とを有している。また、ダンパー1には、磁性流体10に磁界を付与する磁界形成手段が設けられている。また、磁性流体10は、Fe−B系金属材料で構成された粒子を含んでいる。ダンパー1では、磁性流体10に付与する磁界の有無や強度を調整することにより、その減衰力を調整することができる。 (もっと読む)


【課題】優れた省燃費性を有すると共に、騒音・振動の発生を抑制し得る潤滑油組成物を提供すること。
【解決手段】100℃における動粘度が3.5〜10mm2/s、かつ粘度指数が100以上である潤滑油基油を用い、(a)数平均分子量が2,500〜25,000のエチレン−α−オレフィン共重合体および/または(b)数平均分子量が10,000〜30,000のポリメタクリレートを配合してなる潤滑油組成物であって、組成物の100℃における動粘度が5.6〜15.0mm2/sである潤滑油組成物である。 (もっと読む)


本発明は、基油および1つ以上の添加剤を含む潤滑組成物を提供し、この組成物は、2.25J/g℃を超える90℃での熱容量(ASTM E1269に従う)を有する。さらなる態様において、本発明は、摩擦低減、圧力粘度係数、およびエネルギー効率の1つ以上を改善する方法を提供する。 (もっと読む)


本発明は、負圧液体冷却装置における冷媒としてのクロロ−トリフルオロプロペンの使用および冷却装置中の既存の冷媒をクロロ−トリフルオロプロペンで置き換える方法に関する。クロロ−トリフルオロプロペン、特に、1−クロロ−3,3,3−トリフルオロプロペンは、液体冷却装置用途において高い効率および予想外に高い能力を有し、R−123およびR−11の代替を含む、このような用途のためのより環境上持続可能な冷媒として有用である。
(もっと読む)


【課題】人工衛星姿勢制御ジャイロスコープ用転がり軸受に使用可能であって、強度を高めた転がり軸受用保持器を提案する。
【解決手段】転がり軸受用保持器1は、転動体31を受け入れる複数のポケット21を有する環状体11と、各ポケット21,21・・・の内周壁面に固定され、潤滑油と樹脂配合剤とが混合した含油固化体13とを備える。 (もっと読む)


【課題】
ローラーフォロア型動弁機構を搭載したガソリンエンジンおよびディーゼルエンジン、特にEGRを備えたディーゼルエンジンにおいて多量のスーツが混入した潤滑条件下において、低粘度化した基油を用いた場合でも摩耗防止性に優れた低燃費性潤滑油を提供する。

【解決手段】
潤滑油基油に(I)平均分子量80,000〜300,000の分散型ポリメタアクリレートおよび分散型オレフィンコポリマーからなる群より選択される少なくとも1種の重合体0.5〜15質量%および好ましくは(II)ジアルキルジチオリン酸亜鉛をリン量として0.03〜0.5重量%配合させてなり、粘度グレードXW−30またはXW−20(但し、XおよびXは、それぞれ0、5または10である。)の規格を満足する潤滑油組成物であってローラーフォロア型動弁機構を具備した内燃機関に用いられる潤滑油組成物。
(もっと読む)


41 - 60 / 280