説明

Fターム[4J002EF08]の内容

高分子組成物 (583,283) | カルボン酸、カルボン酸無水物 (3,277) | 環式モノカルボン酸 (305)

Fターム[4J002EF08]の下位に属するFターム

Fターム[4J002EF08]に分類される特許

1 - 20 / 54


【課題】グリップ性能、耐ブロー性能、耐摩耗性をバランスよく改善できるタイヤ用ゴム組成物、及びそれを用いた空気入りタイヤを提供する。
【解決手段】軟化剤と、下記式(I)で表されるイミダゾール類と、酸、及び自己分散性カーボンブラックからなる群より選択される少なくとも1種とを混合して得られたマスターバッチを含むタイヤ用ゴム組成物に関する。
[化1]


(式(I)中、Rは、同一若しくは異なって、水素原子、水酸基、アミノ基、メルカプト基、又は炭素数1〜10の炭化水素基を表し、該炭化水素基は、ヘテロ原子及び/又はハロゲン原子を有してもよい。N及びNは、窒素原子を表す。) (もっと読む)


【課題】グリップ性能、耐ブローアウト性能に優れた空気入りタイヤを提供する。
【解決手段】ベーストレッド及びキャップトレッドを有する空気入りタイヤであって、ベーストレッドが、炭素繊維を含むベーストレッド用ゴム組成物からなり、キャップトレッドが、酸及び窒素化合物を含むキャップトレッド用ゴム組成物からなる空気入りタイヤに関する。 (もっと読む)


【課題】光学的等方性、特に膜厚方向の光学的等方性に優れたセルロースエステルフィルム、その製造方法、表示装置用偏光板及び表示装置を提供する。
【解決手段】下記式(I)で表される面配向度Sが0.0004以下であり、且つ、膜厚方向のリタデーションRtが10nm未満であるセルロースエステルフィルム。
式(I)
S=(Nx+Ny)/2−Nz
Rt=((Nx+Ny)/2−Nz)×d
Nxはセルロースエステルフィルム面内の遅相軸方向の屈折率、Nyは遅相軸方向に対し直角な方向のフィルム面内の屈折率、Nzはフィルムの厚み方向の屈折率、dはセルロースエステルフィルムの膜厚(nm)を表す。 (もっと読む)


【課題】保存安定性に優れたラジカル重合型活性エネルギー線硬化性組成物および該硬化性組成物の安定化方法を提供する。
【解決手段】ロジンまたはロジン誘導体で表面処理された顔料を用い、全組成物に対するアビエチン酸の割合が0〜0.3質量%に調整されていることを特徴とするラジカル重合型活性エネルギー線硬化性組成物。 (もっと読む)


【課題】印刷時の表面の凹凸を抑制することができ、かつ、優れた焼結性を有する無機微粒子分散ペーストを提供する。
【解決手段】印刷プロセスに用いる無機微粒子分散ペーストであって、(メタ)アクリル樹脂と、下記(1)式に示すデカヒドロナフタレン骨格を有するアビエチン酸を40重量%以上含有するロジンと、有機溶剤と、無機微粒子とを含有する無機微粒子分散ペースト。
[化1]
(もっと読む)


【課題】例えばPTP包装材として好適に利用できるように、十分なプレススルー性、防湿性、耐衝撃性を兼ね備えた新たなポリエチレン系シートを提供する。
【解決手段】示差走査熱量測定における加熱速度10℃/分で測定される結晶融解温度が100〜140℃であり、かつ、結晶融解熱量が140〜200J/gであるエチレン系重合体(A)、結晶核剤(B)、及び、環状オレフィン系樹脂(C)を含んでなるシートであり、(A)、(B)、及び、(C)の混合物中に占める(B)の割合が0.01質量%以上、3.0質量%以下であり、且つ(C)の割合が5質量%以上、50質量%以下であることを特徴とするポリエチレン系シートを提案する。 (もっと読む)


【課題】活性エネルギー線照射直後から液垂れがなく作業性が良好で、充分な機械強度を有し、且つ活性エネルギー線を照射できない部分も硬化可能な硬化性組成物を提供する。
【解決手段】下記(A)〜(E)成分を含有する硬化性組成物。(A)(メタ)アクリロイル基を有する(メタ)アクリル系重合体(B)反応性ケイ素基を有する(メタ)アクリル系重合体(C)溶解度パラメーター(SP値)が8.60〜9.40である粘着付与樹脂(D)重合開始剤(E)シラノール縮合触媒 (もっと読む)


【課題】高速道路や交差点部流入部や大型車の交通量が多い場所など、負荷がかかりやすい場所においても、空隙潰れや轍ぼれ、骨材飛散等、舗装体の損傷の発生を防止し、さらにポリマー改質アスファルトH型と同等の温度条件で、製造・舗設が可能なポリマー改質アスファルトを提供する。
【解決手段】ベースアスファルトと、スチレン含有量が35〜70重量%の範囲にあり、かつ、25%トルエン溶液粘度が150〜1500mPa・sの範囲にあるSBS及びSBBSから選ばれる少なくともを1種類を含有したスチレン系熱可塑性エラストマー:13〜19重量%と、を含有する。このとき、剥離防止剤0.3〜1.0重量%を更に含有するようにしてもよい。 (もっと読む)


【課題】高速道路や交差点部流入部や大型車の交通量が多い場所など、負荷がかかりやすい場所においても、空隙潰れや轍ぼれ、骨材飛散等、舗装体の損傷を防止し、さらにポリマー改質アスファルトH型と同等の温度条件で、製造・舗設が可能なポリマー改質アスファルトを提供する。
【解決手段】ベースアスファルトと、スチレン含有量が35〜65重量%の範囲にあり、かつ、25%トルエン溶液粘度が150〜3000mPa・sの範囲にあるSEBS:9〜16重量%と、を含有する。このとき、剥離防止剤0.3〜1.0重量%含有するようにしてもよい。 (もっと読む)


【課題】ポリアセタール樹脂の分解に由来するホルムアルデヒドの発生が少なく、金型汚染が非常に少ないポリアセタール樹脂組成物を提供する。
【解決手段】ポリアセタール樹脂(A)100質量部に対し、ヒドラジド化合物(B)0.01〜5質量部、カルボキシル基を有する化合物またはポリエステル(C)をポリアセタール樹脂(A)1gに対するカルボキシル基量で0.07〜30mmolを含有することを特徴とするポリアセタール樹脂組成物による。 (もっと読む)


【課題】低比重で外観にも優れ、さらに比重および外観と機械特性とのバランスにも優れる発泡体が製造できるような熱可塑性エラストマー組成物を提供すること。
【解決手段】本発明の熱可塑性エラストマー組成物は、少なくとも一部が架橋されたオレフィン系ゴム(A)と、非架橋型オレフィン系樹脂(B)と、官能基を有するオレフィン系樹脂(C1)および金属化合物(E)の混練処理物とを含む熱可塑性エラストマー組成物であって、該熱可塑性エラストマー組成物が海島構造を有し、オレフィン系ゴム(A)を含む島相が、官能基を有するオレフィン系樹脂(C1)および金属化合物(E)の混練処理物と、非架橋型オレフィン系樹脂(B)とを含む海相に分散していることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】優れた解像度を有するパターンを形成することができるレジスト組成物の提供。
【解決手段】式(I)で表される構成単位を有する樹脂と、式(D’)で表される化合物とを含有するレジスト組成物。[Q及びQはフッ素原子又はC1〜C6ペルフルオロアルキル基を表す。UはC〜C202価の炭化水素基を表し、該炭化水素基の−CH−は−O−又は−CO−等で置き換わっていてもよい。Xは−O−CO−等を表す。Aは有機対イオンを表す。R’〜R’は置換基を有していてもよいC1〜C20アルキル基、置換基を有していてもよいC3〜C30飽和環状炭化水素基又は置換基を有していてもよいC2〜C20アルケニル基を表す。A’は置換基を有していてもよいC1〜C36炭化水素基を表し、該炭化水素基はヘテロ原子を含んでいてもよい。]
(もっと読む)


【課題】 建築用シーリング材に使用できる低モジュラスである硬化性組成物で、上塗りされた塗料の汚染性が改善され、長期にわたり塗膜の美観が保たれることを目的とする。
【解決手段】 (A)反応性ケイ素基を含有する有機重合体、(B)硬化触媒、(C)充填材、からなり、JIS A1439に規定のH型引張試験での100%モジュラスが0.4MPa以下で、かつ硬化物のゲル分率が80%以上である硬化性組成物により上記課題を解決できる。 (もっと読む)


【課題】鉄系金属に対して防錆効果を発揮して、銅等の非鉄系金属の気化性防錆効果に対し悪影響を及ぼさないとともに、熱可塑性樹脂と配合して樹脂成形品を製造するのに適した防錆剤組成物を提供する。
【解決手段】成分Aとして、炭素数2〜8の脂肪族ジカルボン酸と炭素数6〜14のアルキルアミンとの塩、炭素数2〜8の脂肪族ジカルボン酸と炭素数6〜14のシクロアルキルアミンとの塩、および炭素数7〜12の芳香族モノカルボン酸と炭素数6〜14のアルキルアミンとの塩よりなる群から選ばれる少なくとも1種を含有する防錆剤組成物。防錆剤組成物はさらに、成分Bとして、炭素数10〜14の脂肪族ジカルボン酸とアルカリ金属との塩を含有してもよく、成分Cとして、トリアゾール化合物、ピラゾロン化合物、およびイミダゾール化合物よりなる群から選ばれる少なくとも1種を含有してもよい。 (もっと読む)


【課題】安定性と強度の双方をともに向上させることが可能なアスファルト組成物及びその製造方法を提供する。
【解決手段】スチレン−ブタジエン−スチレン共重合体(SBS)、カルボキシル基を有する炭素数20の多環式ジテルペンを含有し、残部がアスファルトからなり、貯蔵安定性試験後の上部軟化点と下部軟化点との差分絶対値が3℃以下であり、DS値が6300以上であり、エキストラクトが当該アスファルト組成物全重量に対して5重量%以下含まれている。 (もっと読む)


【課題】樹木のラテックス生産能力そのものを改善し、ラテックス増産剤を乳管細胞形成組織に効率よく到達させ、ラテックスを効率よく増産させることができるラテックスの増産方法の提供。
【解決手段】ラテックス産生植物のラテックス産生を促進する方法であって、(a)該植物の幹又は茎の一部分のコルク層を剥離する工程と、(b)前記工程(a)の後、該部分にラテックス増産剤を付着させる工程と、を有し、前記ラテックス増産剤は、植物ホルモン又はその誘導体である1種類以上の化合物を有効成分とすることを特徴とするラテックスの増産方法。 (もっと読む)


【課題】特に安定性と強度の双方をともに向上させることが可能なアスファルト組成物を製造する上で必要となるスチレン−ブタジエン系添加剤を提供する。
【解決手段】スチレン−ブタジエン−スチレン共重合体(SBS):8〜32重量%、カルボキシル基を有する炭素数20の多環式ジテルペン:0.3〜12重量%、アスファルト:56〜91.7重量%を含有し、スチレン−ブタジエン−スチレン共重合体(SBS):2〜8重量%未満、カルボキシル基を有する炭素数20の多環式ジテルペン:0.3〜3重量%を含有し、残部がアスファルトからなるアスファルト組成物を製造する上で、残りのアスファルトに対して添加されることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 耐熱性に優れ、良好な永久帯電防止性付与効果を有する帯電防止剤、および該帯電防止剤を含有してなり、外観に優れる成形品を与える帯電防止性樹脂組成物を提供する。
【解決手段】 少なくとも1個の複素環式オニウムカチオン基(a)を対イオンとして有するアニオン性ポリマー(A)のブロックと、ポリアミド、ポリアミドイミド、ポリエステルおよびポリオレフィンからなる群から選ばれるポリマー(B)のブロックとが、繰り返し交互に結合した構造を有するブロックポリマー(X)を含有してなる帯電防止剤(Z)。 (もっと読む)


【課題】 粒子径が均一なカルボキシアルキルセルロース(誘導体)の水性分散体の製造方法を提供する。
【解決手段】 カルボキシアルキルセルロース(誘導体)(A)を、pHを7.5〜14とした水と水溶性有機溶媒(B)との混合溶媒に溶解させた溶液に、特定の構造を有するアンモニウム化合物(C)の存在下にプロトン酸(D)を加えてpHを1〜7とすることにより、前記(A)を粒子化させた後、前記(B)を除去することを特徴とするカルボキシアルキルセルロース(誘導体)の水性分散体の製造方法。 (もっと読む)


【課題】カーボンナノチューブは少量添加で高い導電性を持つことが知られているが射出成形などでは安定した導電性を発現させるのが難しい。金型等の改良をすることなく導電性を安定して発現させることができる樹脂組成物および成形物、そしてその製造方法を提供する。
【解決手段】ポリオレフィン系樹脂とカーボンナノチューブと結晶増核剤からなることを特徴とする樹脂組成物。および前記樹脂組成物からなる成形物。ポリオレフィン樹脂70〜99.89重量%、多層カーボンナノチューブ0.1〜25重量%、結晶増核剤0.01〜5重量%からなり、前記結晶増核剤はポリオレフィン樹脂の結晶化を促進させることで結晶性が高いところに入り込めない特徴をもつカーボンナノチューブを非結晶部分に高濃度に偏在させることで導電のネットワークを形成し安定した導電性を発現することを特徴とした樹脂組成物。 (もっと読む)


1 - 20 / 54