説明

Fターム[4J002EG05]の内容

高分子組成物 (583,283) | カルボン酸の金属塩、アンモニウム塩 (4,839) | 非環式ポリカルボン酸の塩 (369)

Fターム[4J002EG05]に分類される特許

321 - 340 / 369


【課題】ポリオキシメチレンから製造した樹脂材料及び部品の耐漂白性を改善する。
【解決手段】耐漂白性を示す成形材料は、ポリオキシメチレンマトリックスポリマーと、前記マトリックス樹脂中に分散されたアルカリ金属またはアルカリ土類元素の炭酸塩またはリン酸塩及びその混合物から選択される漂白安定剤約0.5〜約10重量%とを含む。漂白補助安定剤は、
(a)ポリ(アルコキシ)安定剤;
(b)酸化亜鉛安定剤;
(c)クエン酸カルシウムとプロピオン酸カルシウムとの混合物からなる色彩安定剤、ここで前記クエン酸カルシウムは、前記色彩安定剤の混合物の主成分である;または
(d)(a)、(b)及び(c)の二つ以上の混合物からなる群から選択される。本材料は、少なくとも2.0の耐漂白性指数を示す。 (もっと読む)


【課題】 本発明では、貯蔵後の硬化速度の安定性が改善された、架橋性シリル基を末端に有するビニル系重合体を含有する硬化性組成物の提供を目的とする。
【解決手段】 架橋性シリル基を平均して少なくとも1個有するビニル系重合体、1級アミノ基を含有しないシラン系化合物および硬化触媒を含有する硬化性組成物、ないしは、架橋性シリル基を平均して少なくとも一個有するビニル系重合体、1級アミノ基を含有しないアミノシラン系化合物、および、4価錫系硬化触媒を含有することを特徴とする硬化性組成物を用いる。 (もっと読む)





本発明は、遮断性ナノ複合体組成物に係り、スチレン系樹脂、遮断性樹脂ナノ複合体及び相溶化剤が乾燥混合された組成物であって、機械的強度にすぐれ、かつ酸素遮断性、有機溶媒遮断性及び湿気遮断性が優れているだけではなく、成形性にすぐれ、さまざま遮断性物品を製造できる。 (もっと読む)


水溶性フィルムに塩を適用することにより、少量の水との接触に対して耐性を有する、ポリビニルアルコールのような水溶性フィルム、及びこの水溶性フィルムから製造される、パウチのような物品が本明細書において開示される。 (もっと読む)


平均粒径が比較的大きなものであっても極めて高い吸水速度を示す吸水性樹脂粒子を含む吸水剤を提供する。本発明は、(1)粒子径が150〜850μmの粒子が全吸水剤の90〜100重量%の割合で、及び粒子径が150μm未満の粒子が全吸水剤の0〜5重量%の割合で、それぞれ、存在し;(2)粒子径が300μm以上の粒子が、全吸水剤の50重量%以上95重量%未満の割合で存在し;および(3)面積吸水速度指数(a)が700秒/mm以下であることを特徴とする吸水性樹脂粒子を含む吸水剤に関する。 (もっと読む)


【課題】加熱処理により、良好な耐熱性や耐薬品性を保持すると共に、耐水性に優れるフェノール樹脂硬化物を与えるフェノール樹脂組成物、及びそれを加熱処理してなる高耐水性フェノール樹脂硬化物を提供する。
【解決手段】
フェノール樹脂と、それに対して架橋性を有する中心金属イオンの配位数が4以上の金属化合物とを含むフェノール樹脂組成物、及び該フェノール樹脂組成物を加熱処理し、該組成物中のフェノール樹脂と金属化合物を反応させてなる高耐水性フェノール樹脂硬化物である。 (もっと読む)


本発明は、陽イオン性モノマー分画を最高で60重量%まで含むポリマーAと、75,000〜350,000 g/molの平均分子量を有する陽イオン化されたジアルキルアミノアルキル(メタ)アクリルアミドをベースにした少なくとも1種のポリマー分散剤Bとを含有する水中水型ポリマー分散液に関する。本発明は、この分散液の調製方法、およびこの分散液の使用にも関する。 (もっと読む)


本発明の目的は、非有機錫化合物を硬化触媒としながら、実用的な硬化性を示し、かつ良好な接着性を有する硬化性組成物を提供することである。(A)シロキサン結合を形成することによって架橋し得るケイ素含有基を有する有機重合体、(B)カルボン酸金属塩および/またはカルボン酸、(C)ケイ素のα位またはβ位の炭素原子上にヘテロ原子を有するケイ素化合物を含有することを特徴とする硬化性組成物により解決される。 (もっと読む)


【課題】 本発明の目的は、酸化副生成物がさらに少なく、酸素吸収性能に優れた酸素吸収性樹脂組成物を提供することである。
【解決手段】 本発明は、スチレン系樹脂、分子構造にエチレン構造を有する熱可塑性樹脂及び遷移金属触媒を含み、前記スチレン系樹脂がトリガーとなって前記熱可塑性樹脂の酸化が進行することによって酸素を吸収する酸素吸収性樹脂組成物であって、前記スチレン系樹脂としてスチレン含有量が異なる2種類のスチレン系樹脂(A)と(B)とを含み、スチレン含有量が(A)>(B)である前記組成物を提供する。
また、本発明は、ポリエチレン、ポリエチレン以外の樹脂であってポリエチレンの酸化のトリガーとなる樹脂及び遷移金属触媒を含む酸素吸収性樹脂組成物であって、前記ポリエチレンとして2種以上のポリエチレンを含み、少なくとも1種のポリエチレンがエチレンと4重量%以上の炭素数3〜6の1-アルケンを共重合した線状低密度ポリエチレンである、前記組成物を提供する。 (もっと読む)


【課題】 第13改正 日本薬局方 一般試験 45.プラスチック製医薬品容器試験法 1.ポリエチレン製又はポリプロピレン製水性注射剤容器 の試験項目をすべて満足し、かつ、薬剤や薬液の保存容器として必要な耐蒸気滅菌性(耐熱性、剛性)、透明性、ガスバリヤー性を保持する成形品用のポリプロピレン系樹脂組成物の提供。
【解決手段】 (A)金属チタン含有量が1ppm以下で、かつMFRが0.5〜70g/10分のポリプロピレン系重合体に、(B)特定の有機アルカリ金属塩0.025〜0.15重量%と(C)特定の一般式で表される環状有機リン酸エステル塩基性多価金属塩0.025〜0.15重量%と(D)特定の一般式で表される複合水酸化物塩化合物0.01〜0.10重量%を特定の関係式を満たすように配合してなる医療容器用ポリプロピレン系樹脂組成物。 (もっと読む)



本発明は、低分子化水溶性高分子、その製造方法及び使用方法に関するものであり、エネルギー多消費的な方法である高温における重合法や原材料である連鎖移動剤や開始剤を多く使用する重合方法ではなく、酸化剤水溶液を混合させ水溶性高分子を10〜60質量%の範囲で含有する3000mPa・s以上の水溶液あるいは酸化剤水溶液を混合・含浸させ水溶性高分子を10〜60質量%の範囲で含有する粒状物を、酸化反応するという簡単な操作で経済的に容易に低分子化水溶性高分子とすることができ、また、この低分子化水溶性高分子を印刷物の耐水性や耐光性を高める定着剤として使用することができ、さらにこの低分子化水溶性高分子に水溶性塩及び/又は高分子添加剤を配合して水溶性高分子組成物とすることによりこの低分子化水溶性高分子の液粘性の調節をすることができ取り扱い性などを調節できる。 (もっと読む)


【課題】 直下照射方式にバックライトユニットに用いる反りが発生しにくい光拡散板であり、特に多湿環境下に保管後にバックライトを連続点灯させた時に、反りが発生しにくい光拡散板を提供する。
【解決手段】 スチレン系樹脂からなり、該樹脂の合計100質量部に対して光拡散剤0.1〜10質量部、およびベンゾフェノン系、ベンゾトリアゾール系、マロン酸エステル系から選ばれる紫外線吸収剤0.1〜1質量部、およびヒンダードアミン系光安定剤を0.1〜1質量部含有した樹脂組成物からなる光拡散板。 (もっと読む)



【課題】 透明性および剛性に優れたポリプロピレン系樹脂組成物およびそれからなる成形体を提供する。
【解決手段】 プロピレン系重合体(A)と下記式(I)で表される化合物(B)と下記式(II)で表される金属塩(C)とを含有するポリプロピレン系樹脂組成物であって、
プロピレン系重合体(A)100重量部に対して、下記式(I)で表される芳香族燐酸エステル類化合物(B)および下記式(II)で表される金属塩(C)を、それぞれの重量の合計量で0.01〜1重量部含有してなるポリプロピレン系樹脂組成物およびそれからなる成形体。


式(I)



式(II) (もっと読む)


本発明は、A)少なくとも1種のポリオキシメチレンホモポリマーまたはコポリマー10〜98質量%、B)以下のB1)またはB2)0.01〜50質量%、B1)1〜600mgKOH/gポリカーボネート(DIN53240、2部による)のOH価を有する少なくとも1種の高度にまたは過剰に分枝したポリカーボネートまたはB2)少なくとも1種の高度にまたは過剰に分枝したタイプA(xは少なくとも1.1であり、yは少なくとも2.1である)のポリエステルまたはその混合物、C)他の添加剤0〜60質量%を含有し、成分A)〜C)の質量%の合計は100%である熱可塑性成形材料に関する。 (もっと読む)


射出成形可能であり、透明フィルムにすることができるか、または(共押出成形および/または積層化によって)多層フィルム製品に組み込むことができるバリヤー組成物であって、ドライベースで、a)45〜90重量%の、デンプンおよび/またはヒドロキシルアルキル基、アセテートもしくはジカルボン酸無水物またはグラフト性ポリマーとの反応によって改変されたデンプンから選択される加工デンプン;b)ポリビニルアルコール、酢酸ポリビニル、およびエチレンとビニルアルコールのコポリマーから選択され、溶融状態のデンプン成分と適合する融点を有する、4〜12重量%の水溶性ポリマー;c)ソルビトールと、グリセロール、マルチトール、キシリトール、マンニトール、トリオレイン酸グリセロール、エポキシ化アマニ油もしくは大豆油、クエン酸トリブチル、クエン酸アセチルトリエチル、トリ酢酸グリセリル、2,2,4−トリメチル−1,3−ペンタンジオールジイソブチラート、ポリエチレンオキシドまたはポリエチレングリコールから選択される少なくとも1種の他の可塑剤との5〜45重量%の非結晶性混合物;d)0.3〜2.5重量%のC12〜22脂肪酸または塩;e)0.25重量%〜3重量%の2〜10の親水性親油性バランス値を有する乳化剤系;である組成物。そのバリヤーフィルムは、飲料用ビンにブロー成形するためにはポリエチレンテレフタレート(PET)またはポリ乳酸(PLA)と共射出成形することができ、高度ガスバリヤー性容器またはクロージャーのためにはポリエチレン(PE)もしくはポリプロピレン(PP)または生分解性ポリマーと共射出成形することができ、あるいは、薄膜包装用途またはブロー成形容器のためにはポリエチレン、ポリプロピレンまたはポリ乳酸と共押出成形することができる。 (もっと読む)


321 - 340 / 369