説明

Fターム[4J002FD09]の内容

高分子組成物 (583,283) | 添加剤の機能 (68,577) | 着色剤、着色助剤(例;顔料、染料) (3,487)

Fターム[4J002FD09]に分類される特許

3,221 - 3,240 / 3,487


【課題】 ポリエステル成型品を製造する際、顔料分散性に優れ、製造効率が格段に改善される顔料マスターバッチを得る。
【解決手段】 乳酸残基を70〜100質量%含有し、乳酸残基の内L−乳酸残基とD−乳酸残基のモル比(L/D)が95/5〜5/95であり、還元粘度が0.1〜1.5dl/gであるポリ乳酸樹脂(A)、導電性微粉末(B)および−N=C=N−の構造を有する化合物(C)を含むことを特徴とする導電性樹脂組成物に関する。 (もっと読む)


【課題】
【解決手段】(A)基板、および(B)該基板の少なくとも一部分を被覆する滑り層(slip layer)を含む重合性積層体であって、前記滑り層が(i)ポリエチレン・ブレンド、(ii)前記ポリエチレン・ブレンド100重量部当たり、プロピレン・モノマーから誘導されるプロピレン単位を有する約2.5〜約15重量のプロピレン・ポリマーまたはプロピレン・モノマー、および(iii)前記ポリエチレン・ブレンド100重量部当たり、約4.5〜約20重量の動的加硫化ゴムを含む重合性積層体。 (もっと読む)


【課題】 PC樹脂とアクリル系樹脂とを含む真珠光沢のないレーザーマーキング用熱可塑性樹脂組成物及びその樹脂成形品並びにレーザーマーキング方法を提供する。
【解決手段】 本樹脂組成物はPC樹脂(A)と、ゴム強化アクリル系樹脂等のアクリル系樹脂(B)と、芳香族基及びエステル結合含有基を有するリン酸エステル系化合物等のリン酸エステル系化合物(C)と、レーザー光により消滅又は変色する黒色物質(E)と、を含有する。本第2の熱可塑性樹脂組成物は、更に、(ゴム強化)スチレン系樹脂(d1)等のうちの少なくとも1種である熱可塑性樹脂(D)を含有する。本方法は本樹脂組成物からなる成形品にレーザー光を照射して黒色物質(E)を消滅及び/又は変色させてマーキング部を形成する。本成形品はレーザー光により黒色物質(E)が消滅及び/又は変色されて形成されたマーキング部を備える。 (もっと読む)


【課題】この組成物は種々の基体に対し良好な接着性を示すゲルを製造することを可能にし、一時的に触媒活性を抑制するのにも用いることができる。これらの組成物を用いて補綴材及び被覆を製造することができる。
【解決手段】1分子当たり少なくとも2つの不飽和炭化水素基を有するポリジオルガノシロキサン、1分子当たり少なくとも3つのSi−H結合を有するポリオルガノヒドロシロキサン網状架橋剤、少なくとも一つの−SiH基を有するシラン又はシロキサン架橋剤、ヒドロシレーション触媒、及び場合によりシロキサンレオロジー調節剤からなるシロキサン組成物が記載されている。 (もっと読む)


【課題】柔軟性、成形性等の物性を損なうことなく、機械的強度や熱融着強度に優れるとともに、射出時のダイスウェル比を大きくし、かつ軟化剤のブリードの少ない射出成形用熱可塑性エラストマー組成物の提供。
【解決手段】(a)芳香族ビニル化合物を主体とする重合体ブロックAの少なくとも1個と、共役ジエン化合物を主体とする重合体ブロックBの少なくとも1個とからなるブロック共重合体、その水添ブロック共重合体、及び共役ジエン化合物ブロック共重合体の水素添加物からなる群から選ばれる少なくとも一つのブロック共重合体100重量部、(b)結晶性プロピレン系重合体部(70〜10重量%)と非結晶性プロピレン・α−オレフィン共重合体部(30〜90重量%)からなるプロピレン系ブロック共重合体5〜1000重量部を含有し、かつダイスウェル比が1.2倍以上であることを特徴とする射出成形用熱可塑性エラストマー組成物。 (もっと読む)


【課題】焼却処理した場合に非生分解性プラスチックから排出される二酸化炭素量が低減した非生分解性プラスチック成形品を提供する。
【解決手段】焼却処理した場合に非生分解性プラスチックから排出される二酸化炭素量を低減することを目的として下記成分を含有する混合物を成形して、非生分解性プラスチック成形品とする。
(A)非生分解性プラスチック99.6〜70重量%
(B)ココナツ中果皮繊維滓圧縮乾燥粉末0.4〜30重量%
(もっと読む)


【課題】 ポリフェニレンエーテル組成物の押出の際のダイリップ付着を低減させる。
【解決手段】 本発明の方法では、組成物中のポリフェニレンエーテルコンパウンドの量を基準にして約10重量%以下の線状低密度ポリエチレンを組成物に添加する。線状低密度ポリエチレンに加えて、組成物の約1〜約40重量部の耐衝撃性ポリスチレンコンパウンドを適宜添加してもよい。本発明の組成物は、線状低密度ポリエチレンを含まないポリフェニレンエーテル組成物に比べてリップ付着が低減する。 (もっと読む)


本発明は、非分岐の熱可塑性ポリアミドと、ホスフィン酸またはジホスフィン酸塩と、窒素含有難燃剤の組合せとに加えて、酸素、窒素、または硫黄を含有する少なくとも1種の金属化合物とを含む熱可塑性成形用組成物に関し、さらには、任意の種類の繊維、箔、および成形品の製造ならびに製造のための本発明の成形用組成物の使用にも関する。 (もっと読む)


【課題】 ポリオキシメチレン樹脂に着色剤を配合した際に、レーザー光線透過率が減少せず、レーザー溶着特性の優れたポリオキシメチレン樹脂組成物を得る。
【解決手段】ポリオキシメチレン樹脂100重量部に対して、(A)着色剤0.001〜5重量部を配合した樹脂組成物からなり、レーザー溶着に使用するレーザー光線の波長が、700〜1200nmにおいて、前記組成物から作製した3mm厚さの成形品で測定したレーザー光線透過率が15%以上であるレーザー溶着用ポリオキシメチレン樹脂組成物であり、更に詳しくは(A)着色剤が、モノアゾ系、ジスアゾ系、複素環系、フタロシアニン系、キナクリドン系、ペリレン系、ジケトピロロピロール、イソインドリノン、チタンイエロー、群青から選択される少なくとも1つの顔料を含有することを特徴とする、レーザー溶着用ポリオキシメチレン樹脂組成物である。 (もっと読む)


【課題】 加熱工程による異物の発生を抑制し欠陥をなくした高耐熱性着色組成物、感光性着色樹脂組成物、着色画像形成用感光液、着色画像の製造法、カラーフィルタの製造法及びカラーフィルタを提供する。
【解決手段】 色素及び樹脂を含有する着色組成物として、色素がカラーインデックス名でピグメントレッド254を含有するものであり、樹脂が、重量平均分子量(Mw)が3,000〜200,000であり、ジシクロ環及びトリシクロ環を有するモノマを3重量%〜70重量%、水酸基を有するモノマを5〜50重量%、N−置換マレイミド基を有するモノマを5〜50重量%含有するモノマ成分を重合して得られる重合体である着色組成物を用い、これに光重合性不飽和結合を分子内に1個以上含有するモノマ及び光開始剤を配合して感光性着色樹脂組成物とし、この感光性着色樹脂組成物を用いてカラーフィルターの着色画像を形成する。 (もっと読む)


【課題】環境汚染の少ないシートであり、従来のポリプロピレン系シートに比べより薄肉化しても剛性を維持した上に熱成形性に優れ、熱成形して得られた成型品の熱収縮率、外観が従来のポリプロピレン系シートの成型品と変わらないシートを多層押出機で安価に提供することである。
【解決手段】特定のMFRをもつポリプロピレン系樹脂(A)と高密度ポリエチレン(B)を混合したポリオレフィン系樹脂(C)92〜80重量%とタルク(D)8〜20重量%とからなる基材層とポリプロピレン系樹脂(E)を主成分とするポリオレフィン系樹脂(F)からなる最外層とを有するポリオレフィン系多層シートとしたことであり、最外層のポリオレフィン系樹脂(F)がポリプロピレン系樹脂(E)とポリエチレン系樹脂(G)の構成で、最外層の厚みを規定したポリオレフィン系多層シートからなる成型品としたことである。 (もっと読む)


今回、ガラス充填ポリカーボネート組成物にリン含有酸素酸を添加するとその難燃性能が格段に改善されるという予想外の知見が得られた。そこで、本発明は、樹脂に有効難燃量のリン含有酸素酸を添加することを含んでなる難燃性ガラス充填ポリカーボネート樹脂の製造方法を提供する。適宜、ドリップ防止剤の添加によってポリカーボネートの溶融強度が向上し、1種類以上の難燃剤の添加によって性能がさらに向上する。かかる組成物の使用は優れた難燃性能を与える。 (もっと読む)


【課題】ポリオレフィン物品を提供すること。
【解決手段】有核ポリマー状物質含有組成物から作られる造形品の寸法安定性を改善するための方法であって、該方法は前記ポリマー状物質にポリヒドロキシ−(炭素原子数2ないし20のアルカン)の二価金属アルコラートを造形前に加えることを含む。 (もっと読む)


【課題】ウェルドライン強度に優れ、電子装置用の成形部品の製造に有用なポリカーボネート樹脂組成物の提供。
【解決手段】充填材を除外した熱可塑性組成物の総重量を各々基準にして、ポリカーボネート樹脂約10〜約84wt%、ポリカーボネート−ポリシロキサンコポリマー約0.5〜約40wt%、耐衝撃性改良剤組成物約1〜約40wt%、及びアルキル(メタ)アクリレートポリマー約1〜約50wt%を含む熱可塑性組成物。別の実施形態としては、充填材を除外した熱可塑性組成物の総重量を各々基準にして、ポリカーボネート樹脂約10〜約85wt%、耐衝撃性改良剤組成物約1〜約40wt%、及び耐衝撃性改良アルキル(メタ)アクリレートポリマー約1〜約50wt%を含む熱可塑性組成物。 (もっと読む)


【課題】 含フッ素金属塩化合物と二酸化チタン顔料とが配合された芳香族ポリカーボネート樹脂組成物において、難燃性が改善されると共に該金属塩化合物によるシルバーストリーク発生や分子量低下の如き熱安定性不良現象、並びに光反射特性の低下およびそのバラツキなどを改善する。
【解決手段】 芳香族ポリカーボネート樹脂(A成分)100重量部、含フッ素有機金属塩化合物(B成分)0.005〜0.6重量部、および二酸化チタン顔料(C成分)3〜35重量部からなる樹脂組成物において、該B成分はイオンクロマトグラフィー法により測定した弗化物イオンの含有量が重量割合で0.2〜20ppmであることを特徴とする光高反射性ポリカーボネート樹脂組成物。 (もっと読む)


組成物およびこの組成物を含むかまたはこの組成物から製造された造形物品が開示されている。組成物は、(a)少なくとも1種のポリプロピレンポリマーと、(b)少なくとも1種のE/X/Yコポリマー(ここで、Eはエチレンを含み;Xはビニルアセテートおよびアルキル(メタ)アクリル酸エステルなどのモノマーであり;およびYは、一酸化炭素;二酸化硫黄;アクリロニトリル;無水マレイン酸;マレイン酸ジエステル;(メタ)アクリル酸、マレイン酸、マレイン酸モノエステル、イタコン酸、フマル酸、フマル酸モノエステル、およびこれらの塩;グリシジルアクリレート、グリシジルメタクリレート、およびグリシジルビニルエーテルなどの1つまたは複数の追加のコモノマーであり、ここで、E/X/Yコポリマーに基づいて、Xは0〜50重量%であり、Yは0〜35重量%であり、XおよびYは両方が0%であることはできず、およびEが残量である)とを含むことができる。 (もっと読む)


【課題】融着率、剛性、耐衝撃性、耐薬品性等の物性が向上した発泡成形体を与えうるスチレン改質ポリエチレン系樹脂粒子を提供することを課題とする。
【解決手段】水性懸濁液中に、無機核剤を含みかつ融点95〜115℃であるポリエチレン系樹脂粒子100重量部と、スチレン系モノマー20〜200重量部と、重合開始剤とを分散させる工程と、前記スチレン系モノマーを前記ポリエチレン系樹脂粒子に含浸させる工程と、前記ポリエチレン系樹脂粒子の融点をT℃としたとき、(T)〜(T+25)℃の温度で、前記スチレン系モノマーの第1の重合を行う工程と、前記工程に続いて、スチレン系モノマーと、重合開始剤とを加え、(T)〜(T+25)℃の温度とすることで、前記ポリエチレン系樹脂粒子への前記スチレン系モノマーの含浸と第2の重合とを行う工程と(但し、第1の重合と第2の重合で使用するスチレン系モノマーの合計が300〜1000重量部)からなるスチレン改質ポリエチレン系樹脂粒子の製造方法により上記課題を解決する。 (もっと読む)


【課題】 生分解性に優れ、且つ難燃性にも優れる樹脂組成物を提供する。
【解決手段】 下記一般式(1)で表わされるエポキシドと、酸無水物を反応させて得られる生分解性樹脂と、他の樹脂とを含有することを特徴とする樹脂組成物が提供される。
【化1】


(但し、(C342)は乳酸残基を表わし、Xは末端が環状エーテルとなる化合物の残基を表わし、nは1〜10の整数である。)
より具体的な態様によれば、上記エポキシドは、n=1〜10のうちの少なくとも2つの異なるn数のエポキシドからなるエポキシド混合物である。 (もっと読む)


本発明は、92〜97重量%の顔料、及び3〜8重量%のバインダーを、それぞれの場合に組成物に基づき、含む組成物であって、該バインダーが、バインダーに基づき、5〜60重量%の改質セルロース(グルコース1単位あたり、平均して0.5〜1.4個のヒドロキシル水素原子がR1によって置き換えられ、かつ0.25〜0.6個のヒドロキシル水素原子がR2によって置き換えられているか、又は0.5〜1.4個のヒドロキシル水素原子がR1によって置き換えられ、かつ0〜0.6個のヒドロキシル水素原子がR2によって置き換えられている)と、バインダーに基づき、40〜95重量%の式(I)[式中、Qは、非置換であるか、又はヒドロキシル若しくはOR1でモノ−からトリ−置換された、8〜24個の炭素原子を有する炭化水素基であり、R1は、それぞれ、他のR1と互いに独立して、C1〜C4アルキル又はC1〜C4アルキルカルボニルであり、R2は、それぞれ、他のR2と互いに独立して、2〜10個の炭素、0〜4個の酸素、及び0〜2個の窒素原子を有する、R1とは異なる有機基であり、R3及びR4は、それぞれ、他の水素原子と独立して、R1、R2、C5〜C8アルキル、C5〜C8アルキルカルボニル、C5〜C8アルケニル、C5〜C8アルケニルカルボニル、C5〜C8シクロアルキル、C5〜C8シクロアルキルカルボニル、C5〜C8シクロアルケニル、C5〜C8シクロアルケニルカルボニル、フェニル、ベンゾイル、トリル、メチルベンゾイル、ベンジル、フェニルアセチル、フェネチル又はスチリルである]で示される化合物と、を含む混合物である組成物に関する。本発明による組成物は、ダストフリーであり、傑出した着色を生じる。特にポリオレフィン向けの、着色剤としてのその使用、並びに特に水性分散物及び吹付け乾燥によるその製造も、特許請求されている。
(もっと読む)


【課題】熱履歴を受けても、優れた色相を有するポリエステル組成物およびポリエステルフィルムならびにそれらの製造方法の提供。
【解決手段】アンチモン化合物またはゲルマニウム化合物を重合触媒とした芳香族ポリエステルにクロロホルム溶液中での最大吸収波長が540〜600nmの範囲にある特定の整色剤を0.1〜10重量ppm含有させた組成物で、140℃で2時間熱処理したときのカラーa*値が−9〜0、カラーb*値が−2〜9の範囲にあるポリエステル組成物およびそれを用いたポリエステルフィルム。 (もっと読む)


3,221 - 3,240 / 3,487