説明

Fターム[4J029LA00]の内容

ポリエステル、ポリカーボネート (88,866) | 重合装置 (606)

Fターム[4J029LA00]の下位に属するFターム

Fターム[4J029LA00]に分類される特許

1 - 5 / 5


【課題】フルオレン構造を有するジヒドロキシ化合物を用いたポリカーボネートの製造にあたり、以上のような複数の問題を解決し、着色が少なく、光学特性および機械物性などの優れた特性を持つポリカーボネートを、安定した品質で、かつ高い歩留まりで製造することができるポリカーボネートの製造方法を提供する。
【解決手段】フルオレン構造を有するジヒドロキシ化合物を含むジヒドロキシ化合物と炭酸ジエステルと、重合触媒とを連続的に反応器に供給し、重縮合してポリカーボネートを製造するポリカーボネートの方法であって、前記反応器は少なくとも直列に複数器接続されるものであり、最終重合反応器の一つ前の反応器の内温が200℃以上225℃未満であり、かつ最終重合反応器の1つ前の反応器の出口における反応液の溶融粘度が20Pa・s以上、1000Pa・s以下であることを特徴とするポリカーボネートの製造方法による。 (もっと読む)



本発明は、半結晶質のポリマー材料の製造方法において、特に粒体である処理をする大部分が非晶質の原材料ポリマーが、結晶化反応器(1)に導入され、そこで、溶融することなしに加熱下で少なくとも部分的に結晶化され、次いで、そのようにして得られた半結晶質のポリマー材料が、再び結晶化反応器(1)から取り出され、この半結晶質ポリマー材料の少なくとも一部が、ポリマー材料の粘着性の傾向を減少させるため、分流されて結晶化反応器(1)で再混合される方法に関する。本発明によれば、分流された半結晶質のポリマー材料が、結晶化反応器(1)での再混合の前に、原材料ポリマーと一緒にされて混合され、初めてこの混合物が結晶化反応器(1)に導入される。
(もっと読む)


【課題】 本発明の課題は、溶融状態の原料からポリマーを合成する装置において、反応槽内の液面を安全かつ簡便に測定及び/又は制御する方法を提供することである。
【解決手段】 バルブ22を開けて、ガス供給装置20からガスをガス一時受けタンク18に供給し、ガス圧が所定値になったらバルブ22を閉じ、パルス弁17を所定の時間開き、噴射口24を通して縦型反応槽13内に噴射する。圧力上昇を圧力計16で測定し、制御装置21では上記圧力を液面の平均高さに変換し、これを設定値と比較し、原料供給ポンプ14の流量を調節する。 (もっと読む)



1 - 5 / 5