説明

Fターム[4J034DB04]の内容

ポリウレタン,ポリ尿素 (161,625) | 高分子活性水素化合物の活性水素基の数 (6,426) | 複数の活性水素基 (6,233) | 2個の活性水素基 (2,164)

Fターム[4J034DB04]に分類される特許

121 - 140 / 2,164


【課題】 強靭性で優れた耐摩耗性を有する硬化物を与えるポリウレタン化合物、それを含む組成物及びこれらの硬化物を提供すること。
【解決手段】 少なくとも、下記式(1)及び下記式(2)で表される繰り返し単位を有しかつ分子末端に2つの水酸基を有するポリカーボネートジオール(A)と、ポリイソシアネート化合物(B)と、分子内に1個以上の水酸基を有する(メタ)アクリレート化合物(C)とを反応させて得られるポリウレタン化合物とする。
(もっと読む)


【課題】リンス性及び彫刻感度に優れたレリーフ印刷版原版及びその製造方法を提供すること。更に、溶剤インキ適性及び耐刷性に優れたレリーフ印刷版及びその製版方法を提供すること。
【解決手段】(成分A)イソシアナト基の平均数fnが2より大きいイソシアネート化合物、及び、(成分B)分子中にシロキサン結合を有し、かつ、活性水素を2つ以上有する化合物を含有するレーザー彫刻用樹脂組成物からなるレリーフ形成層を形成する層形成工程、及び、前記レリーフ形成層を熱により架橋し、架橋レリーフ形成層を有するレリーフ印刷版原版を得る架橋工程、を含むことを特徴とするレーザー彫刻用レリーフ印刷版原版の製造方法。 (もっと読む)


【課題】インキ塗膜の乾燥状態を制御し、転写性持続時間が長く精密なパターンを形成し得る着色組成物、上記インキを用いて印刷法により形成されるカラーフィルタを提供する。
【解決手段】アミン価が10〜80mgKOH/g、ガラス転移温度が−20〜150℃、重量平均分子量が5000〜100,000である樹脂(E)、顔料(F)、平均粒子径が1〜30nmの無機微粒子(G)、レベリング剤(H)及び有機溶剤(I)を含む着色組成物。 (もっと読む)


【課題】成形性、力学強度、耐摩耗性などの諸性能を損なうことなく、白化を低減した熱可塑性ポリウレタンを提供すること。
【解決手段】数平均分子量が500〜5000である高分子ポリオール(A)、有機ジイソシアネート(B)、および鎖伸長剤(C)を重合して得られる熱可塑性ポリウレタンであって、
前記高分子ポリオール(A)を構成するポリカルボン酸単位がセバシン酸単位と炭素数9以下のポリカルボン酸単位の混合物であり、該混合物比率がモル比として、セバシン酸単位/炭素数9以下のポリカルボン酸単位=60/40〜100/0であり、
かつ、前記高分子ポリオール(A)を構成するジオール単位が、1,3−プロパンジオール単位とアルキル分岐を有するジオール単位の混合物であり、該混合物比率がモル比として1,3−プロパンジオール単位/アルキル分岐を有するジオール単位=50/50〜97/3であることを特徴とする熱可塑性ポリウレタン。 (もっと読む)


【課題】低温地域での使用等、環境を配慮して配合された場合においても、保存安定性が良好である上、従来以上に硬化後の機械的強度及び止水性等の性能が優れた水膨張性シーラントを提供すること。
【解決手段】(A)水膨張性ウレタンプレポリマー、(B)非水膨張性ウレタンプレポリマー、(C)イソシアネート化合物、(D)ウレタン湿気硬化触媒、(E)充填剤を必須成分とすることを特徴とする水膨張性シーラント。 (もっと読む)


【課題】発泡剤としてハイドロフルオロエーテル類を用いて、良好な特性を有する硬質フォームが得られるようにする。
【解決手段】ポリオール(A)30〜70質量%、ポリマー粒子0.002〜30質量%を含み、平均水酸基数2〜8、平均水酸基価100〜800mgKOH/gのポリオール組成物(P)と、ポリイソシアネート化合物とを、発泡剤、整泡剤および触媒の存在下で反応させて硬質発泡合成樹脂を製造する。発泡剤はC−O−C(a、bは1〜5、a+bは2〜6、c、dは0〜10、c+d≧1、e、fは0〜10、e+f≧2、c+d<e+f)で表されるハイドロフルオロエーテル類を含む。ポリオール(A)は活性水素原子数が4〜12の芳香族アミンを開始剤としアルキレンオキシド(エチレンオキシド含有量0〜60質量%)を開環付加重合させて得られる、水酸基価100〜800mgKOH/gのポリエーテルポリオール。 (もっと読む)


【課題】発泡剤としてハイドロフルオロエーテル類を用いて、良好な特性を有する硬質フォームが得られるようにする。
【解決手段】連続ボード成形法により、ポリオール(A)を5〜99.998質量%、ポリマー粒子を0.002〜30質量%含み、平均水酸基数が2〜8、平均水酸基価が100〜800mgKOH/gであるポリオール組成物(P)と、ポリイソシアネート化合物とを、発泡剤、整泡剤および触媒の存在下で反応、発泡させて硬質発泡合成樹脂を製造する。発泡剤はC−O−C(a、bは1〜5、a+bは2〜6、c、dは0〜10、c+d≧1、e、fは0〜10、e+f≧2、c+d<e+f)で表されるハイドロフルオロエーテル類を含む。ポリオール(A)は、マンニッヒ縮合物を開始剤として、アルキレンオキシドを開環付加重合させて得られるポリエーテルポリオールである。 (もっと読む)


【課題】 生産性に優れる短時間での脱型性(結晶固化時間の短縮化)と、弾性と伸びの優れた機械的特性、及び優れた耐熱性を満足する成形品(ホットメルトモールディング)に適した湿気硬化性ホットメルトウレタン樹脂組成物を提供する。
【解決手段】 ポリオール(A)とポリイソシアネート(B)を、結晶核剤として芳香族ホスホン酸の金属塩(C)の存在下で反応させて得られるイソシアネート基末端ウレタンプレポリマーを含む湿気硬化性ホットメルトウレタン樹脂組成物であり、前記ポリオール(A)100質量部中に、脂肪族ポリエステルポリオール(a1)50〜90質量部及び芳香族ポリエステルポリオール(a2)10〜50質量部を含有する。 (もっと読む)


【課題】耐熱性及び耐熱着色性に優れたウレタン樹脂組成物、硬化体及び光半導体装置を提供すること。
【解決手段】(A)ポリオール成分と、(B)ポリイソシアネート成分と、を含むウレタン樹脂組成物であって、(B)ポリイソシアネート成分は、第二級炭素原子に結合したイソシアネート基を少なくとも1つ有する2官能又は3官能の脂環式ポリイソシアネート、及び、上記脂環式ポリイソシアネートのイソシアネート基残存プレポリマーのいずれか一方又は両方を、(B)ポリイソシアネート成分の全量を基準として30質量%以上含有し、(B)ポリイソシアネート成分のイソシアネート基当量と、(A)ポリオール成分の水酸基当量との比(イソシアネート基当量/水酸基当量)が、1.0より大きく1.4以下である、ウレタン樹脂組成物。 (もっと読む)


【課題】本発明は、優れた強靱性、柔軟性、耐ガソリン性、耐薬品性、成型加工性、耐候性、経時安定性を発揮する樹脂組成物、シート、粘着シートおよび成型体の提供を目的とする。
【解決手段】水酸基を有する(メタ)アクリル系単量体1〜10重量%と他の単量体を共重合してなる、水酸基とイソシアネート基を有する重量平均分子量が5,000〜500,000であるアクリル系共重合体(A)と、ポリイソシアネート化合物(B)と、数平均分子量250〜10,000である化合物(C)とを含む成形用樹脂組成物であって、前記アクリル系共重合体(A)中の水酸基/イソシアネート基が、当量比1/19〜19/1であり、前記化合物(C)が、イソシアネート基と反応可能な官能基を2個以上有する、ポリカーボネート、ポリエステルおよびポリブタジエンからなる群より選択される1種以上の化合物であることを特徴とする成形用樹脂組成物。 (もっと読む)


【課題】製造時における組成物の経時安定性、レーザー彫刻して得られるレリーフ形状、レーザー彫刻により発生した彫刻カスのリンス性、得られる印刷版の耐刷性及び着肉性に優れるレリーフ印刷版を得ることができるレーザー彫刻用組成物を提供すること。
【解決手段】(成分A)カルボン酸エステル結合及び/又はアミド結合を含有する封鎖剤により保護されたブロック型イソシアネート基を2つ以上含有する化合物、及び、(成分B)水酸基を2つ以上有する化合物、を含有し、1分子の成分A中のブロック型イソシアネート基の数AI及び1分子の成分B中の水酸基の数BHについて式(1)の関係を満足することを特徴とするレーザー彫刻用組成物。
I+BH>4 (1) (もっと読む)


【課題】本発明は、優れた強靱性、柔軟性、耐ガソリン性、耐薬品性、成型加工性、耐候性、経時安定性を発揮する樹脂組成物、シート、粘着シート及び成型体の提供を目的とする。
【解決手段】重量平均分子量が5,000〜500,000であるアクリル系共重合体(A)と、ポリイソシアネート化合物(B)と、数平均分子量が250〜10,000である化合物(C)とを含む成形用樹脂組成物であって、前記アクリル系共重合体(A)が、イソシアネート基を有する(メタ)アクリル系単量体と、水酸基を有する(メタ)アクリル系単量体と、他の単量体を共重合してなり、前記化合物(C)が、ポリカーボネート、ポリエステルおよびポリブタジエンからなる群より選択される化合物であることを特徴とする成形用樹脂組成物。 (もっと読む)


【課題】保存安定性が良好である上、硬化後の機械的強度及び止水性に優れた水膨張性シーラントの製造方法を提供すること。
【解決手段】(A)水膨張性ウレタンプレポリマー、(B)非水膨張性ウレタンプレポリマー、(C)充填材及び(D)イソシアネート化合物を混合し反応させて水膨張性ウレタンシーラントを製造する方法。前記原料(A)〜(D)をゲージ圧で−500〜−760mmHgの減圧下で反応させる点に、特に特徴がある。 (もっと読む)


【課題】優れたヘアカラーの褪色抑制効果を有する毛髪化粧料の提供。
【解決手段】第4級アンモニウム基含有シリル化ウレタン系ポリマーが下記成分(A)、成分(B)、及び成分(C)に対応する構成単位を含み、好ましくは前記成分(C)由来の第3級アミン部位が第4級アンモニウムイオン化されたウレタン系ポリマーのイソシアネート末端に、下記成分(D)が結合してウレア結合を形成した構造を有する該第4級アンモニウム基含有シリル化ウレタン系ポリマーを含有する毛髪化粧料。成分(A):ポリイソシアネート化合物、成分(B):ポリオール化合物、成分(C):ヒドロキシル基を2個以上有する第3級アミン化合物、成分(D):特定の3種のエステル変性アミノ基含有アルコキシシラン (もっと読む)


【課題】黄変を抑えることができ、かつ低硬度で低溶出量の軟質ポリウレタンフォームの提供を目的とする。
【解決手段】軟質ポリウレタンフォームのポリオール類として、水酸基の官能基数が2.5〜3.5で、オキシエチレン単位が50〜80重量%であるポリエーテルポリオール(A)と水酸基の官能基数が2.5〜3.5で、オキシエチレン単位が0より大で10重量%以下であるポリエチレンポリオール(B)との少なくとも2種類のポリエーテルポリオールを含み、触媒をアミン系触媒のみとし、発泡剤を水のみとし、ポリイソシアネートをトリレンジイソシアネートのみとし、イソシアネートインデックスを100〜115とした。 (もっと読む)


【課題】密着性と外観性に優れ易接着性ポリエステルフィルムを提供する。
【解決手段】ポリエステルフィルムの少なくとも片面に、ウレタン樹脂とブロックイソシアネートを主成分とし、前記ブロックイソシアネートの解離温度が130℃以下、かつ、ブロック剤の沸点が180℃以上である塗布層を有する易接着性ポリエステルフィルム。 (もっと読む)


【課題】N−ビニル−2−ピロリドン(NVP)などの攻撃的なモノマーをインク中に含める必要がなく、樹脂注入工程に対する適当な耐性を持ち、及び充填樹脂に対する良好な接着性を有するインクの提供。
【解決手段】芳香族若しくは脂肪族ポリカーボネートを有するウレタンアクリレートオリゴマーで構成されるエネルギー硬化性樹脂、追加的反応性モノマー及び/又はオリゴマー、並びに任意に溶媒で構成される鋳型装飾工程用の組成物であって、前記溶媒は、該組成物重量に対して10重量%以下であることを特徴とするエネルギー線硬化性インク又はニス組成物。 (もっと読む)


【課題】無触媒下での硬化性に優れるだけでなく、有機溶媒に対する溶解性や三次元的硬化性を有する硬化性材料を提供すること。
【解決手段】分子内に2個以上のラジカル重合性二重結合を有するモノマーA、或いは該モノマーAと分子内にカルボキシル基若しくはヒドロキシ基及び少なくとも1個のラジカル重合性二重結合を有するモノマーCとを、該モノマーAのモル数に対して5〜200モル%の分子内にカルボキシル基を有する重合開始剤Bの存在下で重合させることにより得られる、分子末端にカルボキシル基を有する高分岐ポリマーを含む反応剤(a1)又は反応剤(a2)と、多官能イソシアネート化合物を含む反応剤(b)との組み合わせからなる、熱硬化性樹脂材料。 (もっと読む)


【課題】分子量分布が狭く、水分散時に有機溶剤を使用せず、しかも乾燥皮膜の物理的物性に優れたポリウレタン樹脂水分散体の製造方法及び該製造方法によって得られるポリウレタン樹脂水性分散体を提供する。
【解決手段】 有機溶剤を使用せずに得られた末端イソシアネート基含量が0.2mmol/g以下であるポリウレタン樹脂(U)を、ポリウレタン樹脂(U)の溶融温度未満の温度で水を用いて膨潤させた後、分散装置として磨砕メディア式分散機(A)を用いてポリウレタン樹脂(U)の溶融温度未満の温度で水中に分散させることを特徴とする体積平均粒子径0.005〜5μmのポリウレタン樹脂粒子(U1)を含有するポリウレタン樹脂水分散体(Q)の製造方法。 (もっと読む)


【課題】 分子量分布が狭く、水分散時に有機溶剤を使用せず、しかも乾燥皮膜の物理的物性に優れたポリウレタン樹脂水分散体の製造方法及び該製造方法によって得られるポリウレタン樹脂水性分散体を提供する。
【解決手段】 有機溶剤を使用せずに得られた末端イソシアネート基含量が0.2mmol/g以下であるポリウレタン樹脂(U)を、ポリウレタン樹脂(U)の溶融温度未満の温度で水を用いて膨潤させた後、分散装置として静止型混合器(A)を用いてポリウレタン樹脂(U)の溶融温度未満の温度で水中に分散させることを特徴とする体積平均粒子径0.005〜5μmのポリウレタン樹脂粒子(U1)を含有するポリウレタン樹脂水分散体(Q)の製造方法。 (もっと読む)


121 - 140 / 2,164