Fターム[4J034RA00]の内容

ポリウレタン,ポリ尿素 (161,625) | 重合体の用途 (7,196)

Fターム[4J034RA00]の下位に属するFターム

Fターム[4J034RA00]に分類される特許

1 - 6 / 6


本発明は、(a)末端ラクタム化ジイソシアネートおよびラクタムモノマーに由来するポリアミド硬質ブロックの1個以上のセグメント、ならびに(b)ポリエーテルジオールに由来するポリエーテル軟質ブロックの1個以上のセグメントを反応させることによって作製される溶融加工処理可能なコポリエーテルアミドに関する。本発明は、連続押し出し成形機製造法を含む、上記コポリエーテルアミドを作製するための方法をさらに提供する。 (もっと読む)


ポリウレタン化合物の製造方法は、ポリオール、ポリイソシアナート化合物および触媒を混合し、この混合物を硬化させてポリウレタンを形成することを含み、該触媒は、Ti、Zr、Hf、Al、Fe、BiまたはSnから選択される金属と、a)複数の陰イオン性供与部位=x、b)金属と配位結合を形成することができる複数の中性供与部位=yと有し、c)ここでx+y=5〜8であり、d)xは2〜4であり、e)配位子分子は、陰イオン性供与部位および中性供与部位のそれぞれが同一の金属原子との結合を形成させることができる大きさおよび配座を有する有機多座配位子との中性錯体であることを特徴とする。 (もっと読む)


本発明は、式A
Q−(R)−M−(R)−NR
[式中、QはOHまたはNRであり、MはOまたはNRであり、但しRはRまたはHであり、Rは炭素数1−6のアルキルまたはアルキレンアルコール、特にCH、CHCH、またはCHCHOHであり、Rは炭素数1−6のアルキルまたはアルキレンアルコール、特にCH、CHCH、または−CHCHOHであり、Rは水素または炭素数1−6のアルキル、特にH、CH、またはCHCHであり、Rは水素であり、Rは炭素数2−5のアルキレン基であり、そしてRは炭素数2−5のアルキレン基である]
の化合物を用いて製造されるポリウレタンに関する。本発明の例示触媒は、これに限定されないが、N,N,N’−トリメチルビス(アミノエチル)エーテル、ジメチルアミノエトキシプロピルアミン、及び(3−アミノプロピル)(2−ヒドロキシエチル)メチルアミンを含む。 (もっと読む)


【課題】吸水速度、吸水量、吸水保持量といった吸水性能に著しく優れ、容易に製造可能な親水性軟質ポリウレタンフォームを提供する。
【解決手段】ポリオールとポリイソシアネートとを含むフォーム原料を発泡させて得られる軟質ポリウレタンフォームを、発泡直後にプレス処理してなる親水性軟質ポリウレタンフォーム。発泡直後にプレス処理することにより、フォームのセルの形状を意図的に変える。 (もっと読む)


【課題】 発泡剤として液状二酸化炭素を用いて均一なウレタンフォームを発泡することができるとともに、攪拌混合条件を簡便かつ精度よく制御可能なウレタンフォームの製造方法およびその装置を提供すること。
【解決手段】 二酸化炭素を発泡剤とし、ポリオール化合物とポリイソシアネートとを混合して作製するウレタンフォームの製造方法であって、供給されるポリオール化合物について二酸化炭素の超臨界状態を維持する温度および圧力条件に制御するとともに、液化二酸化炭素を前記圧力以上に加圧し液体状態で該ポリオール化合物に混合後、該混合流体をポリイソシアネートと攪拌混合することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 研磨中に砥粒や研磨屑が溝に詰まり難く、長時間連続使用した場合でも研磨速度が低下し難い研磨パッドを提供することを目的とする。また、該研磨パッドを用いた半導体デバイスの製造方法を提供することを目的とする。
【解決手段】 微細気泡を有するポリウレタン樹脂発泡体からなり、研磨表面に凹凸構造を有する研磨層を含む研磨パッドにおいて、前記ポリウレタン樹脂発泡体は、アスカーD硬度が45〜55度、比重が0.8〜0.86、及び引張破断伸びが120〜150%であることを特徴とする研磨パッド。 (もっと読む)


1 - 6 / 6