説明

Fターム[4J037AA09]の内容

顔料、カーボンブラック、木材ステイン (29,542) | 顔料又は充てん剤 (6,348) | 無機化合物 (4,406) | アルカリ土類金属 (423)

Fターム[4J037AA09]の下位に属するFターム

Ca (237)

Fターム[4J037AA09]に分類される特許

41 - 60 / 186


本発明は、粒子状固体、有機または水性媒体およびリン酸由来の頭基を有する化合物を含有する組成物に関する。さらに、本発明は、新規化合物類およびこの化合物の分散剤としての使用に関する。さらに、本発明は、新規化合物類およびこの化合物の分散剤としての使用に関する。本発明の発明者らは、以下のこと、即ち、(i)末端酸性基を含有する化合物の分散剤としての特性を利用すること、(ii)受容可能な分散性を得ること、(iii)受容可能な剪断安定性を得ること、(iv)受容可能な貯蔵安定性を得ること、および(v)受容可能な粘度制御(増粘性能)を得ること、のうちの少なくとも1つのことをもたらすことができる化合物を含有する熱硬化性組成物((i)熱硬化性樹脂または(ii)架橋もしくは融合熱硬化性可塑材を含む)を得ることは有益と考えられることを見出した。 (もっと読む)


【課題】インクジェット記録用インクを調製したときには画像の耐擦性を向上させ、良好な画像記録が可能な顔料分散液の製造方法及び顔料分散液を提供する。
【解決手段】顔料と酸性基を有するポリマー分散体と下記一般式(I)で表される化合物とアルカリ金属の水酸化物を混合し、分散処理して顔料分散液を得ることを特徴とする顔料分散液の製造方法。


[一般式(I)中、R〜Rのいずれか1つはヒドロキシアルキル基を表し、該1つ以外の他の2つがそれぞれ独立して水素、ヒドロキシアルキル基、又はアルキル基を表す。但し、R〜Rのいずれか1つは同時に水素である場合は除く。] (もっと読む)


本発明は二酸化チタン複合体およびその作製方法を提供する。この二酸化チタン複合体はコアと被膜層とを有する。コアは、粒度が1μmより小さく、白色度が98%より大きく、ほぼ球形の硫酸バリウム及び/又は硫酸ストロンチウム結晶体である。被膜層はナノレベルのルチル型二酸化チタンである。該二酸化チタン複合体の作製方法は、(a)硫酸バリウム又は硫酸ストロンチウム作製、(b)被覆処理、(c)二酸化チタン複合体高温熱処理、(d)二酸化チタン複合体後処理の工程を含む。本発明では、サブミクロンのほぼ球形の硫酸バリウム又は硫酸ストロンチウムを化学合成し、そして加水分解を誘導して二酸化チタンを被覆することにより、二酸化チタン被膜層を形成し。そのため、二酸化チタンを均一に成長させ、最後に得たほぼ球形の二酸化チタン複合体粒子は、粒度が小さく、粒度分布範囲が制御可能である。
(もっと読む)


【課題】無機フィラー(金属酸化物など)を高濃度(例えば、50重量%以上)で含む樹脂粒子(複合樹脂粒子)を提供する。
【解決手段】無機フィラー(金属酸化物粒子など)と、高分子と、水溶性多糖類などの助剤とを溶融混合して、無機フィラーを含有する樹脂粒子を分散相とし、前記助剤を連続相とする分散体を調製する際に、前記無機フィラーとして疎水化処理された無機フィラー(例えば、ポリシロキサン、疎水性基を有するシランカップリング剤など)を選択するなどにより、無機フィラーを樹脂粒子に高濃度で含有させる。 (もっと読む)


【課題】無機フィラー(金属酸化物など)を内包する樹脂粒子(複合樹脂粒子)を提供する。
【解決手段】無機フィラー(金属酸化物粒子など)と、高分子と、水溶性多糖類などの助剤とを溶融混合して、無機フィラーを含有する樹脂粒子を分散相とし、前記助剤を連続相とする分散体を調製する際に、前記無機フィラーとして疎水性基を有するシランカップリング剤を選択ことにより、無機フィラーを樹脂粒子に確実に内包させることができる。 (もっと読む)


【課題】撥水性、撥油性に優れ、肌への塗布時の感触が滑らかで付着性も良好な表面処理粉体及びその環境負荷が少ない製造方法、並びにこの表面処理粉体を配合した化粧料を提供することにある。
【解決手段】下記式(1)のフッ素化ポリエーテルウレタンアイオノマーによって基材粉体の表面が処理されていることを特徴とする表面処理粉体、さらには炭素数1〜3の低級アルコール以外の有機溶媒を利用しないで製造する表面処理粉体の製造方法、及びこの表面処理粉体を配合した化粧料。
(もっと読む)


【課題】難燃性組成物の耐寒性および生産性を高めることが可能な難燃剤と、これを用いた難燃性組成物および絶縁電線を提供すること。
【解決手段】海水中の塩化マグネシウムを原料とした水酸化マグネシウムを主成分とする粒子12aが凝集した凝集体12の表面に有機高分子を含有する表面処理剤14を表面処理することにより得られる難燃剤10とする。表面処理剤14の有機高分子としては、ポリエチレンやポリプロピレンなどのオレフィン系樹脂が好ましい。この際、有機高分子は、低粘度、低融点であることが好ましい。例えば、140℃における溶融粘度が1000mPa・s以下、あるいは、融点が100℃以下の樹脂であることが好ましい。また、この難燃剤10と、マトリックスポリマーとを含有する難燃性組成物とする。この難燃性組成物を導体の外周に被覆して絶縁電線を作製する。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、有害な元素を含有せず、しかも、優れた赤外線反射性を有し、且つ、優れた透過性を有した無機黒色顔料を提供する。
【解決手段】 FeとCoとAlを含有し、更に、Mg、Ca、Sr、Ba、Ti、Zn、Sn、Zr、Si及びCuから選ばれる一種以上の金属を含有する複合酸化物からなる黒色顔料であって、該無機黒色顔料の一次平均粒子径が0.02〜2.0μmである無機黒色顔料であって、可視光領域から赤外線領域波長300〜2500nmにおける平均反射率が10%以上であり、且つ、可視光領域から赤外線領域波長300〜2500nmにおける平均透過率が10%以上である。 (もっと読む)


【課題】 本発明の水性インク用顔料分散剤は、従来公知の水性インク用顔料分散剤と同等の顔料分散性を維持しつつ、印字濃度等に優れる水性インク組成物を提供することにある。
【解決手段】
特定の比率で不飽和カルボン酸及び/又は不飽和スルホン酸と、
疎水性モノマーであるスチレン類及び/又は(メタ)アクリル酸エステルと、
必要に応じて共重合可能なモノマーとを
重合して得られるポリマーからなる水性インク用顔料分散剤であって、
前記ポリマーが、
「−S−C(=S)−」もしくは「−S−C(=S)−S−」又は「−SH」のうち少なくとも1つの構造を有し、
ゲルパーミエーションクロマトグラフィによるポリスチレン換算数平均分子量が、2000〜40000であり、
重量平均分子量と数平均分子量の比が1.8以下であり、
数平均分子量500未満及び20万以上の割合の合計が全体の5%未満であることを特徴とする水性インク用顔料分散剤。 (もっと読む)


【課題】微細化された顔料を1次粒子の状態で分散させることができ、その分散安定性に優れ、コントラストに優れた着色被膜を形成し得る顔料分散組成物、該顔料分散組成物を含み、優れた着色硬化膜を形成し得る着色感光性組成物を提供する。
【解決手段】(a)下記一般式(I)及び(II)のいずれかで表される繰り返し単位から選択される少なくとも1種の繰り返し単位を含む高分子化合物、(b)顔料、及び、(c)有機溶剤を含有することを特徴とする顔料分散組成物(一般式(I)及び(II)中、R〜Rは水素原子等を、X及びXは−CO−等を、L及びLは2価の有機連結基等を、Yは酸素原子等を、Yは−C(=O)O−等を、Z及びZは、炭素−炭素二重結合等を含む基を、m及びnは2〜8の整数を、p及びqは1〜100の整数を表す)。
(もっと読む)


本発明は、粒子状固体、可塑性材料(例えば熱可塑性ポリマー)および分散剤特性を有し得る化合物を含む組成物に関する。この化合物は、脂肪酸を(i)ヒドロキシ−C4〜5−アルキレンカルボン酸または(ii)ラクトンのどちらかと反応させることによって得られる/得ることができる。さらに、本発明は、新規な化合物と、この化合物の分散剤としての使用とに関する。一実施態様において、本発明は、上記に定義されている化合物の可塑性材料(通常、熱可塑性ポリマー)中の分散剤としての使用を提供する。 (もっと読む)


【課題】様々な機能性無機微粒子を強固に無機材料表面に固定した、微粒子固定化無機材料を提供する。
【解決手段】少なくとも表面が無機材料からなる基体1と、基体の表面の水酸基との縮合反応にて結合したカップリング剤2からなり、基体の表面に形成されたカップリング層と、シランモノマーが表面に固定された無機微粒子4aからなり、カップリング層のカップリング剤と無機微粒子のシランモノマーとが共有結合し無機微粒子同士のシランモノマーが共有結合してカップリング層100aの表面に形成された無機微粒子層100bとを有する。 (もっと読む)


【課題】本発明は、有害な元素を含有せず、しかも優れた赤外線反射性を有する赤外線反射性黒色系顔料を提供する。
【解決手段】実質的にCrを含有せず、少なくともCo、Mg、Fe、Al及びSiを含有する複合酸化物からなる黒色系顔料であって、Si/(Co+Mg+Fe+Al+Si)がモル比で10〜90%であり、該黒色系顔料の平均粒子径が0.02〜2.0μmであって、日射反射率が35〜50%であり、かつ赤外線領域波長1000nmの反射率が55%を超える。 (もっと読む)


【課題】黒色顔料の分散性が長期間安定であり、凝集物を実質的に含まない黒色膜を形成することができる黒色顔料分散液と、その製造方法を提供する。
【解決手段】一般式TiOxNy(1.0≦x+y≦1.3、2x<y)で表されるチタン酸窒化物からなる黒色顔料粉末、樹脂、および溶剤を含み、該溶剤は水溶性溶剤5%〜50%とエステル系溶剤からなる複合溶剤であり、上記顔料の含有量に対して0.3〜2.0%の水分量を含むことを特徴とし、好ましくは、樹脂の含有量0.5〜10質量%、複合溶剤の含有量15〜40質量%、残部が黒色顔料からなる黒色顔料分散液であり、原料調合時に上記水分量になるように水を添加して調合する黒色顔料分散液の製造方法。 (もっと読む)


【課題】ベース樹脂への添加により充分な難燃性を付与することができ、そのとき、伸びなどの機械的物性が充分に維持される水酸化マグネシウム系難燃化剤、充分な難燃性と充分な機械的特性とを有する難燃性ポリエチレン樹脂組成物、及び、そのような難燃性ポリエチレン樹脂組成物からなる被覆層を有する被覆電線を提供する。
【解決手段】水素原子の結合したケイ素原子を含むシロキサン単位の含有量が、一分子中のシロキサン単位の平均50モル%以下であるケイ素原子結合水素原子含有ポリジオルガノシロキサンからなるシリコーンオイルで表面処理をしたシリコーン表面処理水酸化マグネシウム。 (もっと読む)


少なくとも部分的にアニオン性ラテックスで被覆されている微粒状填料の水性スラリー、この場合このスラリーは、−5〜−50℃のガラス転移温度を有する少なくとも1つのアニオン性ラテックスで微粒状填料の水性スラリーを処理することによって得られたものであり、水性スラリーの製造ならびに填料を含有する紙、填料を含有する厚紙または填料を含有するボール紙を紙料の脱水によって製造する際の紙料への添加剤としての前記水性スラリーの使用。 (もっと読む)


【課題】シリコーンオイルで表面処理された表面改質無機酸化物粉末であって、シリコーンオイルの固定化率が高く、高疎水性の表面改質無機酸化物粉末を提供する。
【解決手段】反応性変性シリコーンオイルにより表面処理された無機酸化物粉末であって、カーボン固定化率が90%以上で、疎水率が95%以上である表面改質無機酸化物粉末。無機酸化物粉末としては、フュームドシリカが好ましい。無機酸化物粉末に反応性変性シリコーンオイルを添加して温度150〜280℃で1次処理した後、280℃を超える温度で2次処理して得られる。反応性変性シリコーンオイルを用い、特定の温度条件の2段階処理による表面処理を行うことにより、固定化率が高く、高疎水性の表面改質無機酸化物粉末を得ることができる。 (もっと読む)


本発明は、貯蔵安定性のよい硫酸バリウムの製造方法、それにより製造される硫酸バリウムおよび添加剤としてのその使用に関し、前記製造方法において、硫酸バリウムの水性懸濁液を、過剰な硫酸イオンの存在下で9から12のpH値に設定し、得られる硫酸バリウムの懸濁液を、9から12のpH値において、前記pH値で溶ける金属化合物の少なくとも1種の水溶液またはそれらの混合物と混合し、得られる懸濁液を、少なくとも1種の酸または酸混合物の添加によって3から9のpH値に設定し、硫酸バリウム粒子の表面に水溶性金属化合物の金属−酸素化合物が堆積される。 (もっと読む)



組成物は、少なくとも1つの金属リン酸塩の表面改質ナノ粒子を含む。ナノ粒子は、その表面の少なくとも一部上に、少なくとも約6個の炭素原子を含む少なくとも1つの有機部分を含む少なくとも1つのオルガノシラン表面改質剤を含む表面改質を有する。 (もっと読む)


41 - 60 / 186