説明

Fターム[4J037AA09]の内容

顔料、カーボンブラック、木材ステイン (29,542) | 顔料又は充てん剤 (6,348) | 無機化合物 (4,406) | アルカリ土類金属 (423)

Fターム[4J037AA09]の下位に属するFターム

Ca (237)

Fターム[4J037AA09]に分類される特許

141 - 160 / 186


耐湿性に優れ、かつ樹脂への充填材として用いるとき、充填性及び流動性に優れた被覆酸化マグネシウム粉末として、表面が複酸化物で被覆され、流動性指数が25以上、かつ吸油量が30ml/100g以下であることを特徴とする被覆酸化マグネシウム粉末が提供される。また、この粉末を含む樹脂組成物、並びにその樹脂組成物を用いた電子デバイスが提供される。 (もっと読む)


本発明は、好ましくは100nm未満の平均粒度を有し、分散剤が塗布され、任意に更に結晶化抑制剤を含むナノ粒子を開示する。好ましい分散剤は、ナノ粒子に親水性または疎水性表面を付与し、ポリマーにまたはポリマー中に結合するための反応性基を含むそれである。この種のナノ粒子を含むプラスチックも開示される。 (もっと読む)


耐湿性に優れ、かつ樹脂への充填材として用いるとき、充填性及び流動性に優れた被覆酸化マグネシウム粉末として、表面が複酸化物で被覆され、安息角が55度以下、かつタップ密度が1.65g/ml以上であることを特徴とする被覆酸化マグネシウム粉末が提供される。また、この粉末を含む樹脂組成物、並びにその樹脂組成物を用いた電子デバイスが提供される。 (もっと読む)


【課題】 無機粒子が微細であって且つ水に分散しやすい無機粉体複合体とその製造方法を提供する。
【解決手段】 無機物微粒子と一般式(1)で表されるカルボン酸誘導体及び/又はカルボン酸誘導体重合物とを構成要素とする無機粉体複合体を提供する。該無機粉体複合体は、カルボン酸誘導体と、金属塩を有機溶剤含有水性溶媒で反応させることにより析出する。このものを水の分散、溶解すると、微粒子の酸化金属の分散体が得られる。
【化1】


一般式(1)
(但し、式中Rは水素原子、カルボキシル基、ヒドロキシル基を有していても良い、アルキル基乃至はアルケニル基を表し、Xは水素乃至はアルカリ金属乃至は炭素数23以下のポリオキシエチレンを表す。)
(もっと読む)


【課題】 アミノ基が強固に導入された無機粉体を、凝集粒子の発生等のシランカップリング剤を用いて官能基を導入した場合に生じる問題を起こすことなく効率的に製造する。
【解決手段】 下記一般式(1)
【化1】


(式中、Rはメチル基、エチル基等の炭素数1〜10の1価の炭化水素基であり、nは3〜18、好ましくは6〜15の整数である)
で表されるジシロキサン化合物を、シリカ等の表面に水酸基を有する無機粉体と80℃以上の温度で接触させる。 (もっと読む)




【課題】 微細に分散が可能であり、高濃度の状態で保存しても安定性に優れた油性顔料分散体を提供する。


【解決手段】 顔料、顔料分散剤および有機溶媒を含む油性顔料分散体において、有機溶媒として(ポリ)アルキレングリコールジアルキルエステル化合物を含有し、顔料濃度が10〜50重量%であることを特徴とする油性顔料分散体、特に動的光散乱法によって測定される粒度分布における散乱強度の累積50%粒径が200nm以下で、散乱強度の累積90%粒径が400nm以下である上記構成の油性顔料分散体、また水分量が油性顔料分散体の全体中2重量%以下である上記構成の油性顔料分散体。 (もっと読む)


本発明は、1種または複数の無機顔料、および抗菌化合物特に酸化銀を含む懸濁液を撹拌することによって得られる抗菌顔料、ならびに化粧品、インク、ラッカーまたはプラスチックなどの各種応用物中での該抗菌顔料の使用に関する。 (もっと読む)


【課題】樹脂との混合が容易で、樹脂中での分散性が良好で、液晶表示装置や照明装置の光反射体として有用なフィルムを与える光反射多孔質フィルム用填剤を提供する。
【解決手段】飽和脂肪酸、不飽和脂肪酸、脂環族カルボン酸、芳香族スルフォン酸、樹脂酸、それらの塩、それらのエステル、アルコール系界面活性剤、ソルビタン脂肪酸エステル類、アミド系界面活性剤、アミン系界面活性剤、ポリオキシアルキレンアルキルエーテル類、ポリオキシエチレンノニルフェニルエーテル、アルファオレフィンスルフォン酸ナトリウム、長鎖アルキルアミノ酸、アミンオキサイド、アルキルアミン、第四級アンモニウム塩から選ばれる少なくとも1種の界面活性剤(A) と、縮合リン酸、その塩、多価カルボン酸、その塩から選ばれる少なくとも1種の、アルカリ土類金属に対してキレート能を有する化合物(B) とで表面処理された無機粒子からなる光反射多孔質フィルム用填剤。 (もっと読む)



【課題】 のっぺりとした、不自然なメークアップ仕上がりと言う、二酸化チタンの持っている欠点をカバーしながら、経時的に光学特性が変化しにくい粉体材料を提供する。
【解決手段】 二酸化チタン被覆板状粉体を、シリカ及び/又はアルミナで被覆し、更にヒドロキシアパタイトで被覆した粉体を提供する。前記板状粉体としては、タルク、セリサイト及びマイカから選択される1種乃至は2種以上であることが好ましく、構成質量比において、板状粉体が45〜70質量%、二酸化チタンが7〜12、シリカ及びアルミナが20〜27質量%、ヒドロキシアパタイトが1〜7質量%であることが好ましく、板状粉体に、二酸化チタン、アルミナ、シリカ、ヒドロキシアパタイトの順で順次被覆した5層構造の粉体であることが好ましい。かかる粉体は、メークアップ化粧料乃至は紫外線防護化粧料に含有させることが好ましく、化粧料としては夏用の、固形状粉体化粧料が好ましい。
(もっと読む)


【課題】 有機系難燃化合物と比較して同等の難燃性が得られ、かつポリマー物性を著しく低下させることがない新規な無機系難燃剤を得るために必要な難燃性微粒子の製造方法を提供することをである。
【解決手段】 少なくとも、有機化合物金属塩及び分散剤を溶解させた水溶液中に、特定の金属の水和物からなる難燃性粒子の分散液を作製する工程と、該分散液に酸性水溶液を滴下して前記難燃性粒子表面に有機化合物を析出させて被覆層を形成する工程とを含む表面被覆難燃性粒子の製造方法であって、前記水溶液における有機化合物塩の濃度を10〜50質量%の範囲、前記難燃性粒子の分散濃度を0.05〜5質量%の範囲とし、かつ、前記酸性水溶液の濃度を0.1〜50質量%の範囲、滴下速度を1〜200ml/時間の範囲としたことを特徴とする表面被覆難燃性粒子の製造方法である。 (もっと読む)


【課題】樹脂への分散性に優れ且つ樹脂組成物の物性を有効に高めうる層状結晶化合物及びその製造方法、並びに均一に分散された層状結晶化合物を含み且つ良好な物性を有する樹脂組成物及び成形体を提供する。
【解決手段】層状無機化合物を式(I)の含フッ素重合体で処理してなる層状結晶化合物:
Rf1−(CH2CR31m−(CH2CR42)n−Rf2 ・・・(I)
(Rf1およびRf2はC3以上のポリフルオロアルキルまたはポリフルオロオキサアルキル基、R3およびR4はH、メチル等、Z1は一価有機基等、Z2は−CONR56、R5およびR6はアルキル基等、又はR5およびR6は結合してC2〜8の二価のアルキレン基又はエーテル基を形成し隣接する窒素原子と共に環を構成。m/n=0/100〜99/1)、その製造方法、並びに該化合物を含む樹脂組成物及び成形体。 (もっと読む)


【課題】撥水性が高く、分散性に極めて優れたシリコーン被覆処理粉体を得る。本処理粉体を化粧料等に適用することができる。
【解決手段】粉体表面をSi−H基を有するシリコーン化合物(例えばメチルハイドロジェンポリシロキサン、フェニルハイドロジェンポリシロキサン、等)で被覆し、かつ、該シリコーン化合物の未反応のSi−H基部分に、該Si−H基と反応することのできる化合物を100μmol/g以上の密度で付加してなる処理粉体。 (もっと読む)


【課題】新規な粒状充填剤の処理方法。
【解決手段】シランと充填剤を接触させる方法であって、加水分解時に実質的に有意な量の揮発性有機化合物及び/又はシラン加水分解物が生じない方法である。またそれにより得られた、処理された充填材をマトリックスに取り込ませてコンポジット基材を調製できる。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、発色性及び着色力に優れると共に、ブリーディングが抑制された複合粒子粉末、及び、該複合粒子粉末を溶媒中もしくはゴム・樹脂組成物中に分散してなる、着色組成物及び樹脂組成物に関するものである。
【解決手段】 白色無機粒子粉末の粒子表面が表面改質剤によって被覆されていると共に該表面改質剤被覆白色無機粒子粉末の粒子表面に染料が付着している複合粒子からなることを特徴とする複合粒子粉末及び該複合粒子粉末を用いた水系塗料用着色組成物、溶剤系塗料用着色組成物及び樹脂組成物である。 (もっと読む)


本発明は、水ベースの樹脂系に溶解しない着色剤顆粒を有する、水ベースの樹脂系を有する塗料組成物類に関する。得られる塗料組成物類は、第2の着色剤を放出するのに十分な圧力を適用した後、通常でないが、望ましい効果を生じる。従って、本発明は、それらの使用方法及び製造方法を含む。 (もっと読む)


【課題】散乱色が抑制され、有色金属化合物の性質を活かしかつその色調に囚われない様々な干渉色を持つ新規なパール顔料を提供すること。
【解決手段】薄片状粉体の表面に有色金属又は有色金属酸化物を被覆し、さらに無色金属又は無色金属酸化物を被覆したパール顔料であって、該パール顔料を黒色人工皮革表面に平均0.05mg/cm2で塗布し、入射光側にS偏光板、受光側にP偏光板を装着した分光測色計を用い、C光による2°視野の受光条件で、パール顔料の反射光量を測定したとき、測定試料面の法線方向に対して45°で入射し、法線方向で受光した粉体反射光のa*値及びb*値の絶対値が10以下であるパール顔料。 (もっと読む)


本発明の実施形態は、1個以上の略球形ビーズを含む封入顔料組成物であって、各々の略球形ビーズが封入用材料に1個以上の高アスペクト比粒子を封入したものからなる、顔料である。別の実施形態は前記顔料を含有する樹脂組成物である。他の実施形態は懸濁重合により上記顔料を製造する方法である。本発明の略球形ビーズを用いて、フローラインのない、着色、スパークル及び/又はメタリック調外観を有する樹脂組成物を製造することができる。
(もっと読む)


141 - 160 / 186