説明

Fターム[4J038CH07]の内容

塗料、除去剤 (182,219) | 不飽和(ポリ)カルボン酸エステルのアルコール残基 (3,454) | 脂環族炭化水素エステルの残基 (167)

Fターム[4J038CH07]に分類される特許

121 - 140 / 167


【課題】貯蔵安定性を低下させることなく、耐水劣化後の密着性に優れた自動車塗膜補修方法を提供する。
【解決手段】基材に対して、水性プライマーサーフェーサーを塗布してプライマーサーフェーサー塗膜を形成する工程(1)および上記工程(1)において得られたプライマーサーフェーサー塗膜上に、上塗り塗料を塗布して上塗り塗膜を形成する工程(2)を含む多層塗膜の形成方法であって、上記水性プライマーサーフェーサーが、1級水酸基および水和可能な官能基含有アクリル樹脂水分散体(a)、ポリイソシアネート化合物水分散体(b)および顔料(c)を含む水性プライマーサーフェーサーであって、さらに、1級水酸基、2級水酸基および水和可能な官能基含有変性エポキシ樹脂水分散体(d)を含んでいることを特徴とする自動車塗膜補修方法。 (もっと読む)


【課題】
本発明が解決しようとする課題は、凹凸部を有する基材表面に、ほぼ均一な膜厚を有し、かつ優れた外観及び耐候性を有する塗膜を形成可能な水分散性塗料を提供することである。
【解決手段】
本発明は、親水性基を有するビニル重合体セグメント(a−1)と、珪素原子に結合した水酸基及び/又は珪素原子に結合した加水分解性基を有するポリシロキサンセグメント(a−2)とを有する複合樹脂(A)、200〜280℃の沸点を有し、かつ水に対する溶解度が10質量%以下である有機溶剤(B)、及び水を含有してなることを特徴とする水分散性塗料に関するものである。 (もっと読む)


【課題】
印刷された金属缶などに加工性や、密着性などの塗膜性能に優れた外面塗膜を形成することができる水性塗料組成物、及びそのような水性塗料組成物により外面塗膜を形成してなる塗装物を提供する。
【解決手段】
アクリル樹脂(A)、アミノ樹脂(B)、ポリエステル樹脂(C)、低融点系ワックス(D)を必須成分として含有し、これらの必須成分のうち塗料用樹脂(A)〜(C)の合計100重量%中に、固形分比で、アクリル樹脂(A)が30〜55重量%、アミノ樹脂(B)が35〜55重量%、ポリエステル樹脂(C)が5〜20重量%の割合で含有させるとともに、塗料用樹脂(A)〜(C)の合計100重量%に対し、低融点系ワックスを0.2〜3.0重量%の割合で含有させる。 (もっと読む)


【課題】防錆性、耐アルカリ性等に優れ、クロム酸、クロム酸塩系顔料を必要とせず、ガルバリウム鋼板等の表面処理用に好適であって、しかも貯蔵安定性に優れる環境対応型の金属表面処理用水分散性樹脂組成物を提供する。
【解決手段】0.1〜10重量%のエポキシ基含有重合性不飽和モノマー(a)、0.1〜10重量%の酸基含有重合性不飽和モノマー(b)及び80〜99.8重量%のその他の重合性不飽和モノマー(c)からなる重合性不飽和単量体混合物が、(a)、(b)及び(c)の総和に対して0.01〜3重量%の連鎖移動剤の存在下で乳化重合された共重合体樹脂エマルジョンを含む水分散性樹脂組成物を含有する金属表面処理用水分散性樹脂組成物。 (もっと読む)


【課題】プラスチック基材に対して優れた密着性を有し、耐水性等に優れた被膜を形成することができる、貯蔵安定性に優れたプラスチック基材用の水性被覆組成物を提供する。
【解決手段】イソボルニルメタクリレートを必須成分として含むビニル系モノマー組成物を乳化重合して得られた、100℃以上のガラス転移温度を有する共重合体を含有することを特徴とするプラスチック基材用の水性被覆組成物。 (もっと読む)


本発明は、(A)屈折率1.30〜1.60の範囲内の被膜を形成する樹脂成分、及び(B)平均1次粒子径が500〜2,000nmの範囲内で、且つ屈折率が1.80〜3.00の範囲内である白色顔料を含有する遮熱性被膜形成用塗料組成物、並びに該塗料組成物を用いた塗装方法を提供する。 (もっと読む)


【課題】基材に塗布されたときに、すぐれた湿潤付着性を示すマトリックスポリマー及びそれを含有するラテックスコーティング組成物の提供。
【解決手段】アセトアセトキシエチルメタクリレート(AAEM)のようなアセトアセトキシ基を有するモノマー単位及びt−ブチルアミノエチルメタクリレート(t−BAMA)のようなアルキルアミノ基またはジアルキルアミノ基を含有するモノマー単位の両方を使用して調製されたポリマー並びにそのポリマーを含むラテックスコーティング組成物。予備コーティングされた支持体に適用した場合に、AAEM又はt−BAMAのいずれか一方を単独で含む水性ポリマーと比べて顕著に高い湿潤付着性を示す。さらに、室温で1年間保存した後にも優れた湿潤付着性を示す。裸の又は予備コーティングされた金属、紙、プラスチック、木材、織物をコーティングする組成物として、また接着剤として有用。 (もっと読む)


【課題】 硬度、耐擦傷性、密着性、耐熱性に優れ、特に未処理ポリエチレンテレフタレート(PET)、未処理ポリプロピレン(PP)、及び繊維強化複合材料(FRP)等の難接着基材に対する密着性に優れた放射線硬化型樹脂組成物及びそれを用いた多層構造体を提供すること。
【解決手段】 基材上に硬化塗膜を形成するための放射線硬化型樹脂組成物であって、基材と接着する面側の硬化塗膜のぬれ張力(α)が37〜44mN/mで、且つ、基材と接着しない面側の硬化塗膜のぬれ張力(β)が40〜45mN/mであり、基材と接着しない面側の硬化塗膜のぬれ張力(β)と基材と接着する面側の硬化塗膜のぬれ張力(α)との差(β−α)が2〜5mN/mである放射線硬化型樹脂組成物、及びそれを用いた多層構造体。 (もっと読む)


【課題】 耐候性と耐ブロッキング性に優れる塗膜の形成を可能とする水性樹脂分散体を提供すること。
【解決手段】 ガラス転移温度(Tg)が異なる2 種類以上の重合性単量体を用いて重合した水性樹脂分散体であって、その水性樹脂分散体は、ガラス転移温度(Tg)が50℃以上の高Tg成分と、ガラス転移温度(Tg)が40℃以下の低Tg成分からなり、その水性樹脂分散体全体のガラス転移温度(Tg)が40℃以上であることを特徴とする水性樹脂分散体。 (もっと読む)


【課題】乾燥ムラや風ムラの改善と界面活性剤特にフッ素系界面活性剤転写の低減を両立した界面活性剤(好ましくはフルオロ脂肪族基含有共重合体)を含む塗布組成物を提供する。
【解決手段】フルオロ脂肪族基含有モノマーに相当する繰り返し単位A及び、少なくとも1種のモノマーに相当する繰り返し単位Bを含むフルオロ脂肪族基含有共重合体を含有する塗布組成物において、該繰り返し単位Bのみを重合して得られる重合体のガラス転移点が300K以上である塗布組成物。 (もっと読む)


【課題】 ガラス基板上に銀鏡膜、銀鏡膜を保護するための銅等からなる金属保護膜、裏止め塗膜を順次積層した鏡の製造において、前記金属保護膜が露出した鏡の端縁を被覆するための、水性でありながら硬化が短時間で済み、鏡端縁部の被覆形成が容易な鏡用縁塗り液およびそれを用いた鏡を提供する。
【解決手段】 アクリルシリコン樹脂を水に分散させてなるアクリルシリコン樹脂エマルジョンを含有する水性の鏡用縁塗り液、特に、前記アクリルシリコン樹脂がケイ素含有アクリル系単量体のみ、またはケイ素含有アクリル系単量体とケイ素を含有しない単量体とを乳化重合することにより得られるアクリルシリコン樹脂エマルジョンである水性の鏡用縁塗り液。 (もっと読む)


【課題】 乾燥ムラや風ムラの低減と、塗布ムラを悪化させないことを両立できるフルオロ脂肪族基含有重合体を含む塗布組成物を提供する。
【解決手段】下記一般式[1](R0は水素原子、ハロゲン原子またはメチル基、Lは2価の連結基、及びnは1以上18以下の整数を表す)で表されるフルオロ脂肪族基含有モノマーから誘導される繰り返し単位、及び下記一般式[2]((一般式[2]において、R1は水素原子、ハロゲン原子またはメチル基を表しL1は単結合又は2価の連結基を表すが、2価の連結基を表す場合はヘテロ原子でYと結合する。Yは環状基を表す)で表されるモノマーから誘導される繰り返し単位の少なくとも一種をそれぞれ含有する塗布組成物である。
【化1】


【化2】
(もっと読む)


【課題】乳化剤または大量の溶媒なしに製造可能で、良好な機械的及び光学的特性を有する被覆物を生成するポリマー分散体の提供。
【解決手段】第一工程において、フリーラジカル共重合可能なビニルモノマー混合物を、バーサチック酸グリシジルエステルとジカルボン酸との反応物の存在下で重合させることによりポリマーP)を調製し、次いで第二工程において、ポリマーP)を10〜500mgKOH/g固形分のヒドロキシル価および>0.5〜≦30mgKOH/g固形分の酸価を有する1以上のポリエステルポリオールと混合し、中和剤の添加前または添加後に、更なる工程において、得られたポリマー混合物を水中に分散させることを含んでなる製造方法、得られたヒドロキシ官能性ポリエステル-ポリアクリレートポリマー水性分散体、該分散体を含有する水性被覆組成物。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、耐熱性、耐光性に優れる近赤外線吸収フィルターの形成に好適なコーティング剤であって、且つ近赤外線吸収フィルターの色変化も少ないコーティング剤を提供することを目的とする。
【解決手段】 シクロアルキル基含有単量体(a1)を必須の構成成分とする共重合体(A)、及び分岐鎖状アルキル基を有する一般式(1)で示されるジイモニウム系化合物(B)とを含有することを特徴とする近赤外線吸収性コーティング剤。
(もっと読む)


【課題】防汚剤の使用量が低減され、環境汚染が抑制され、かつ健康志向性の高い防汚剤組成物を提供する。
【解決手段】(A)(メタ)アクリル酸単量体またはその誘導体及び、必要により不飽和ビニル単量体を(共)重合してなり、下記要件(1)〜(3)を充足する低分子量重合体と、(B)防汚剤とを、含有する防汚剤組成物;(1)ポリスチレンを標準とした高速液体クロマトグラフィーによる分子量測定において、数平均分子量Mnが500〜1万、(2)ポリスチレンを標準とした高速液体クロマトグラフィーによる分子量測定において、重量平均分子量Mwが1000〜2万、(3)粘度計(E型粘度計、トキメック社製「VISCONIC EMD」。)にて測定した、キシレンの50%溶液の粘度が25℃において10〜200mPa・S。
【効果】これを用いて防汚性に優れた防汚被膜を形成でき、魚網に被覆すると、優れた防汚効果が長期間に亘って持続する。 (もっと読む)


【課題】 ポットライフ後の接触角低下機能発現と高い光沢を示し、且つ、優れた耐汚染性を付与できる耐汚染性付与組成物、及び、良好な耐汚染性を示す水性塗料システム・良好な耐汚染性を有する塗膜を提供する。
【解決手段】 オルガノシリケート化合物(A)、分子中に反応性官能基と親水性基を有する水溶性および/または水分散性硬化剤(B)、有機錫化合物(C)、(D)アミン化合物、必要に応じて有機溶剤(E)および脱水剤(F)を組み合わせた均一混合物を水性塗料に添加することにより、塗料の可使時間を調整でき、形成された塗膜は、親水性を付与できる。 (もっと読む)


【課題】
塗装作業性や乾燥性が良好で、常温又は強制乾燥の条件でも付着性、耐水性等の塗膜物性に優れる塗膜を形成するのに適する被覆用樹脂組成物を提供する。
【解決手段】
(A)重量平均分子量が10,000〜100,000の範囲内のニトロセルロース、(B)重量平均分子量が500以上で且つ10,000未満の範囲内のアクリル樹脂及び(C)沸点が200℃以上の高沸点溶剤を含有することを特徴とする被覆用樹脂組成物、該被覆用樹脂組成物を含んでなる塗料組成物及び該塗料組成物が塗装されていることを特徴とする色見本カード。 (もっと読む)


【課題】塗装当初からより高い耐汚染性改善効果が発揮され、かつ、その耐汚染性改善効果を長期間持続させることが可能である水系防汚塗料を提供する。
【解決手段】式(1)で表されるオルガノシランの縮合物であるポリオルガノシロキサン、アクリル系ポリマー、及びノニオン系水溶性ポリマーを構成成分とする水系分散体と、式(2)又は式(3)で表される有機錫化合物、及び乳化剤を含有する水系分散体と、から構成される2液混合型の水系防汚塗料。
(R14-nSi(OR2n …(1)
(式中、R1は水素原子、又は1価の有機基を示し、R2はアルキル基又はアシル基を示す。)
(R3)(R4)Sn(R5)(R6) …(2)
(R7)Sn(R8)(R9)(R10) …(3)
(式中、R3、R4及びR7はアルキル基を示し、R5、R6、R8、R9及びR10はエステル基を有する1価の有機基を示す。) (もっと読む)


【課題】 ポットライフ後の接触角低下機能発現と高い光沢を示し、且つ、優れた耐汚染性を付与できる耐汚染性付与組成物、及び、良好な耐汚染性を示す塗料組成物・良好な耐汚染性を有する塗膜を提供することである。
【解決手段】 オルガノシリケート化合物(A)、分子中に反応性官能基と親水性基を有する水溶性および/または水分散性硬化剤(B)、有機スズ化合物(C)、シランカップリング剤(D)、必要に応じて有機溶剤(E)および脱水剤(F)を組み合わせた耐汚染性付与組成物、該組成物を塗料に添加することにより、形成された塗膜は、接触角が低い状態に保持でき耐汚染性が良好となることが期待できる。 (もっと読む)


【課題】分散性の良好なフッ化マグネシウム粒子のオルガノゾルおよびそれを用いた塗料の提供、および生産性の良い簡便な方法で、有機溶剤を分散媒とするフッ化マグネシウム粒子のオルガノゾルを製造する方法の提供。
【解決手段】フッ化マグネシウム粒子が、酸性官能基を有する樹脂型顔料分散剤の存在下で有機溶剤中に分散されているフッ化マグネシウム粒子のオルガノゾルおよび該オルガノゾルとバインダー成分とを含む塗料、並びにマグネシウム塩水溶液にフッ化物水溶液を添加し生成したフッ化マグネシウムゾルを一般的な吸引ろ過や遠心分離などにより洗浄し、得られたペーストまたは粉末を、酸性官能基を有する樹脂型顔料分散剤および有機溶剤と共に分散させることによるフッ化マグネシウム粒子のオルガノゾルの製造方法。 (もっと読む)


121 - 140 / 167