説明

Fターム[4J038DL05]の内容

塗料、除去剤 (182,219) | 珪素含有連結基高分子 (6,196) | ポリシロキサン (4,490) | 酸素含有基に結合したSiを含む (704)

Fターム[4J038DL05]に分類される特許

81 - 100 / 704


【課題】基材との密着性が高く、高い透明性と高い硬度を共に有する透明性保護膜が、50℃を超える温度での焼結工程を経ないでも得られる新規のコーティング組成物、また、そのコーティング組成物を用いた透明性保護膜となるシリカ−エポキシ樹脂複合体を提供する。
【解決手段】本発明のコーティング組成物は、脂環を構成する隣接する2つの炭素原子と酸素原子とで構成されるエポキシ基(i)を1分子当りに少なくとも1個有するエポキシ化合物(A)と、ポリシラザン(B)と、該ポリシラザン(B)を溶解する乾燥溶媒(C)と、カチオン触媒(D)と、を含むことを特徴とする。 (もっと読む)


【解決手段】紙又はプラスチックフィルム上にプライマーとして塗工され、その塗工膜を紫外線照射後に剥離性シリコーン組成物の硬化皮膜が形成される剥離紙又は剥離フィルム用下塗り組成物であり、(A)密着付与成分として、(A1)1分子中に少なくとも2個のケイ素原子結合アルケニル基を含む置換基を持ち、アルケニル基を含む置換基がケイ素原子に結合している2個のシロキサン単位が直接又は該置換基がケイ素原子に結合していないシロキサン単位を3個以下介在した状態で結合している構造を有するオルガノポリシロキサン、又は(A2)炭素−炭素不飽和結合を含む置換基と、アルケニル基及び/又はケイ素原子に結合した水素原子と付加反応及び/又は縮合反応可能な基を含む置換基を有する化合物を含む剥離紙又は剥離フィルム用下塗りシリコーン組成物。
【効果】本発明によれば、剥離特性に殆ど影響を与えず密着性を向上できる。 (もっと読む)


【課題】有機溶剤を実質的に含まず、室温で良好な貯蔵安定性を有し、硬化皮膜とした際に十分な耐水性を発現するため、金属の腐食防止に有効な水性シロキサン塗料組成物及びその製造方法、該組成物を主成分とする表面処理剤、該処理剤にて処理された表面処理鋼材並びに塗装鋼材を提供する。
【解決手段】(i)エポキシ基を含有するシランカップリング剤、及び(ii)1分子中に加水分解性シリル基を2個以上有し、エポキシ基を含有しない有機ケイ素化合物、又は上記(i)、(ii)成分及び(iv)上記(i)、(ii)成分以外の加水分解性シリル基含有有機ケイ素化合物を、必要により(iii)水性シリカゾルの存在下で加水分解することによって得られる共加水分解物及び/又は(部分)共加水分解縮合物が水に溶解及び/又は分散する水性組成物であって、組成物中のアルコール含有量が5質量%以下であることを特徴とする水性シロキサン塗料組成物。 (もっと読む)


【課題】貯蔵安定性に優れ、撥水性、柔軟性(特に低温伸度)、耐汚染性、耐候性、および耐水性に優れた塗膜を得るための水性被覆材および塗装物を提供する。
【解決手段】ポリオルガノシロキサン重合体(A)と、重合体(B)とを含む水性被覆材であって、ポリオルガノシロキサン重合体(A)と重合体(B)との質量比(A)/(B)が0.015〜2であり、重合体(B)は、ポリオルガノシロキサン重合体(C)を含む水性分散液中において、ガラス転移温度が0℃以下となる共重合体が得られるエチレン性不飽和単量体混合物(i)を重合した後に、ガラス転移温度が20℃以上となる共重合体が得られるエチレン性不飽和単量体混合物(ii)を重合して得られた重合体である。 (もっと読む)


【課題】フッ素化合物の優れた特性を有すると共に、非フッ素系有機化合物との相溶性、硬化性に優れた含フッ素(メタ)アクリル変性有機ケイ素化合物、これを含む硬化性組成物、及び紫外線又は電子線硬化型ハードコート組成物を提供する。
【解決手段】(A)下記一般式(1)


(Rfはフルオロアルキル又はフルオロポリエーテル構造を含む一価又は二価の基である。Q1はSi原子を有する(a+b)価の、シロキサン、シルアルキレン、シルアリーレン構造の連結基、Q2は二価炭化水素基であり、R1〜R3は水素原子又は一価炭化水素基であり、Rfが一価のときa’は1、aは1〜6の整数であり、Rfが二価のときaは1、a’は2である。bは1〜20の整数である。)
で表される含フッ素エポキシ変性有機ケイ素化合物に、(B)(メタ)アクリル基を有する不飽和モノカルボン酸を付加反応させることにより得られた含フッ素(メタ)アクリル変性有機ケイ素化合物。 (もっと読む)


【課題】官能基を有する変性シリコーンを使用して、基材表面への粘着物質の付着を効果的に防止又は低減することができ、且つ、高温安定性に優れた非硬化型コーティング用組成物を提供すること。
【解決手段】側鎖にカルボキシ基を有するカルボキシ変性シリコーンと、側鎖にエポキシ基及びオキシアルキレン基を有するエポキシ・オキシアルキレン変性シリコーンとを1:2〜1:30の重量比で含み、更に、側鎖にオキシアルキレン基を有するHLBが10以上のオキシアルキレン変性シリコーンを含むことを特徴とする非硬化型コーティング用組成物。 (もっと読む)


【課題】優れた防曇性、耐久性を示すとともに、防曇持続性を有し、また防曇機能発現中の干渉縞を抑制する防曇性被膜物品を提供する。
【解決手段】ガラス板1と、前記ガラス板上に形成された防曇膜2とを備えた防曇性被膜物品であって、防曇膜が、酸化ケイ素を主成分とするとともに、それぞれの炭素数が6以上である2本の炭素鎖を親水基から見て分岐した位置に有する2本鎖型の陰イオン性界面活性剤と、ポリオール化合物とを含み、防曇膜の内部に複数の閉じた孔3が形成されており、防曇膜の膜厚が500〜3000nmであり、波長550nmにおける屈折率が1.25〜1.45である。 (もっと読む)


【課題】拭き取り作業を必要としないガラス用撥水性コーティング組成物を提供。
【解決手段】表面張力が25mN/m以下の溶剤中に、化学式CF3(CF2)nCHSi(OR)3(但し、式中のRはCH3又はC25、nは2〜9である。)で表されるフルオロアルキルシラン、又は化学式CH3(CH2)mSi(OR)3(但し、式中のRはCH3又はC25、mは2〜17である。)で表されるアルキルシランのいずれか1種、若しくは2種以上の混合物からなる主剤。 (もっと読む)


【課題】溶性シリカを含む水とともに油分とも接触する衛生陶器等において、水アカに基づく防汚性と油分に基づく防汚性とをともに容易に向上させる。
【解決手段】本発明の防汚塗料は、表面に水酸基を有する基材に塗布され、水アカに基づく防汚性と油分に基づく防汚性とを発揮する。この防汚塗料は、フッ素系シランカップリング剤と、非水系の溶媒と、気液界面の表面張力を下げる界面活性剤とを含む。 (もっと読む)


【課題】被コーティング材料に直接塗布でき、優れた接着性が得られ、形成される塗膜の特性を変化させないシロキサン系コーティング組成物及びコーティング方法を提供する。
【解決手段】シロキサン系コーティング組成物は、アクリル基、メタクリル基、アリール基、ヒドロキシル基からなる群から選択される少なくとも1種の置換基を有するシルセスキオキサン化合物と、シロキサン系塗料とを含む。前記置換基を有するシルセスキオキサン化合物を、前記シロキサン系塗料に対し、0.5〜3.0重量%の範囲で含む。前記置換基を有するシルセスキオキサン化合物と、熱硬化性シロキサン系塗料とを混合して、得られたシロキサン系コーティング組成物を、被コーティング材料に塗布して塗膜層し、該塗膜層を熱処理して被覆層を形成する。 (もっと読む)


【課題】指紋汚れが目立ちにくく、実用上、十分な機械的強度を有する塗膜を備えた耐指紋性塗膜形成品及びこれを形成する耐指紋性コーティング材組成物を提供する。
【解決手段】非多孔質シリカ微粒子と、4官能性アルコキシシランの加水分解物あるいは部分加水分解物と、フェニル基を有する加水分解性シラン化合物の加水分解物あるいは部分加水分解物とを含有する塗膜を基材の最表面に備え、前記塗膜の最表面の2次元表面粗さRaが5nm〜20nmである。また、前記塗膜を形成するための耐指紋性コーティング材組成物は非多孔質シリカ微粒子と、4官能性アルコキシシランの加水分解物あるいは部分加水分解物と、フェニル基を有する加水分解性シラン化合物と、を含有して前記非多孔質シリカ微粒子は平均一次粒子径が50nm〜200nmであり、全固形分中に5質量%〜30質量%含有している。 (もっと読む)


【課題】煩雑な工程を行わずに、優れた反射防止性を有する反射防止部材を形成する塗料組成物であり優れた反射防止性、さらにはクラック(ひび割れ)がない良好な外観、耐薬品性、耐擦傷性、密着性を有する反射防止部材の製造方法および画像表示装置を提供することにある。
【解決手段】2種類以上の無機粒子を含む塗料組成物であって、該2種類以上の無機粒子における少なくとも1種類の無機粒子が、フッ素成分Aを有する無機粒子(以後、フッ素成分Aを有する無機粒子を、フッ素成分含有無機粒子とよぶ)であり、さらに下記一般式(I)の加水分解物を含むことを特徴とする塗料組成物。
Z−R−SiR(OR3−n 一般式(I)
上記一般式(I)中のZは、反応性官能基、炭素数1〜8のいずれかのアルキル基、または炭素数1〜8のいずれかのフルオロアルキル基を示す。上記一般式(I)中のRは、炭素数1から3のいずれかのアルキレン基、またはそれらから導出されるエステル構造を示す。上記一般式(I)中のR、Rは、水素、または炭素数が1から4のいずれかのアルキル基を示す。上記一般式(I)中のnは、0から2の整数を示す。なお、Z、R、R、Rは、それぞれ側鎖を構造中に持っても良い。 (もっと読む)


【課題】繊維布からなる基材の少なくとも一方の表面にシリコーンゴムコーティング層を有するカーテンエアバッグにおいて、シリコーンゴムコーティング層の透明性を顕著に維持向上する方法を提供する。
【解決手段】(A)ケイ素原子結合アルケニル基を含有するオルガノポリシロキサン、(B)ケイ素原子結合水素原子を含有するオルガノハイドロジェンポリシロキサン、(C)付加反応触媒、(D)比表面積が50m2/g以上の微粉末シリカ、(E)エポキシ基とケイ素原子結合アルコキシ基とを有する有機ケイ素化合物、(F)有機チタン化合物、有機ジルコニウム化合物及び有機アルミニウム化合物から選ばれる有機金属化合物、(G)1個のシラノール基を含有するシラン又はシロキサン化合物を含有する組成物を基材の少なくとも一方の表面に塗布し、加熱硬化させて該基材の少なくとも一方の表面にシリコーンゴム硬化物からなるコーティング層を形成させる。 (もっと読む)


【課題】 インクジェット法などの印刷手法によって、微細なパターン状ポリイミド膜を形成する方法を提供すること。さらに、容易な表面処理方法でインクジェット印刷に適した均一な基板表面を形成することができ、結果として所望のパターンのポリイミド膜が得られる塗膜形成方法を提供すること。
【解決手段】反応性の有機基を有するシランカップリング剤(A)、パーフルオロアルキル基あるいはポリシロキサン基から選ばれる基を少なくとも1つ有するシランカップリング剤(B)及びカチオン性有機基を有するシランカップリング剤(C)からなる群から選ばれる少なくとも1種を含有する表面処理剤を用いて、基板上に前記表面処理膜を形成する工程、その後に、アミド酸誘導体及びそのイミド化物から選ばれる少なくとも1種の化合物を含有するインクジェットインクを前記表面処理膜上にインクジェット塗布方法によりパターン状に形成する工程、を有する、パターン状ポリイミド膜の形成方法。 (もっと読む)


【課題】耐食性および導電性が両方ともに優れた皮膜が得られる金属表面処理剤を提供する。
【解決手段】バナジウムアルコキシド(A)およびアルコキシ基含有金属化合物(B)を少なくとも用いて得られる加水分解物および/またはその縮合物を含有し、前記バナジウムアルコキシド(A)は、一般式VO(OR)3(Rは、それぞれ独立にアルキル基を表す。)で表され、前記アルコキシ基含有金属化合物(B)は、Si、Ti、Zr、Al、Mg、SnおよびInからなる群より選ばれる少なくとも1種の金属元素とアルコキシ基とを含有し、前記バナジウムアルコキシド(A)と前記化合物(B)とのモル比(A/B)が、0.005〜5である、金属表面処理剤。 (もっと読む)


【課題】耐熱性に優れる防曇膜を形成できる耐熱性防曇膜形成用塗布剤及び耐熱性防曇膜を得ることを課題とする。
【解決手段】バインダー成分、及び、ポリアクリル酸類を含有する耐熱性防曇膜形成用塗布剤であって、耐熱性防曇膜を形成した際にポリアクリル酸類由来の成分が吸水することにより防曇性が発現することを特徴とする耐熱性防曇膜形成用塗布剤を用いて基材上に耐熱性防曇膜を形成する。 (もっと読む)


アルキルアルコキシシランとカチオン性アルコキシシランとを含む混合物を反応させ、自己分散したシリコーン樹脂を形成する工程と、続くシリコーン樹脂と水とを混合して分散体を形成する工程によるシリコーン樹脂の水分散体の製造方法が開示される。その結果としてもたらされる分散体は、様々な基板上に塗膜を形成するのに有用であり、実質的に共界面活性剤または揮発性有機溶媒を含まない。 (もっと読む)


【課題】優れた滑落性を有するコーティング層を形成するためのコーティング組成物を提供する。
【解決手段】次の(A)〜(C)成分を含有することを特徴とするコーティング組成物;(A)Si(OR1(R1は炭素数1〜8の炭化水素基)で表される4官能アルコキシシランと、Si(OR23(R2は炭素数1〜8の炭化水素基、Rは炭素数1〜8の炭化水素基またはフェニル基)で表される3官能アルコキシシランとを含有し、且つ前者対後者のモル比が1:1〜1:5の範囲であるシリコーン組成物、またはその部分加水分解縮重合物;(B)下記式(1)又は(2)で示され、重量平均分子量が1000〜9000であり、前記(A)成分の固形分量に対する含有量が0.1〜10質量%の範囲である片末端型の反応性シリコーン;(C)酸または塩基触媒;及び水。
(もっと読む)


【課題】下地塗膜を損傷することなく、かつ、必要な光触媒活性を発揮する光触媒用金属化合物を提供する。
【解決手段】光触媒として用いる金属化合物であって、前記金属化合物を含む所定の懸濁液に波長365nmの紫外光を照射した際に発生する活性酸素種のうち、〔・O2-〕の値が15nM以下である光触媒用金属化合物。 (もっと読む)


【課題】ポリエステルフィルムやポリプロピレンフィルム等のプラスチックフィルムからなる基材に対して極めて良好な接着性を示し、適用にあたり基材表面にプライマ処理等を施す必要のない剥離性硬化皮膜形成用シリコーン組成物を提供する。
【解決手段】(A)1分子中に少なくとも2個のケイ素原子に直接結合したアルケニル基を有するポリオルガノシロキサン 100重量部、(B)1分子中に少なくとも3個のケイ素原子に直接結合した水素原子を有し、25℃における動粘度が1mm/s以上であるポリオルガノハイドロジェンシロキサン 0.1〜30重量部、(C)1分子中にケイ素原子に炭素原子を介して結合したエポキシ基を有するシロキサン単位を10モル%以上含有し、かつ、ケイ素原子に直接結合した水素原子を実質的に有さない、前記エポキシ基以外のケイ素原子に結合する有機基がメチル基である重合度が5以上のポリオルガノシロキサン 0.1〜30重量部、および(D)白金系触媒 触媒量を含有する剥離性硬化皮膜形成用シリコーン組成物である。 (もっと読む)


81 - 100 / 704