Fターム[4J038JB17]の内容

Fターム[4J038JB17]に分類される特許

101 - 120 / 162


【課題】有機溶剤を使用せずに、水系であってもプラスチック基材に対して密着性が高く、耐水性、耐アルコール性、耐薬品性を有する被膜を成形することができ、保存時においても安定して品質を保持することができる水系塗料用組成物やその製造方法を提供すること。また、火災や爆発の危険性を排除して、労働安全衛生上の問題がなく、健康上安全性が高く、環境汚染の問題を抑制して成形することができる被膜を提供すること。
【解決手段】特定の組成のコア重合体(A)および特定の組成のシェル重合体(B)からなる多段重合体と、2個以上のヒドラジド基を有するヒドラジド化合物とから得られるヒドラジド基含有多段重合体を含む。 (もっと読む)


天然および/または合成のオレフィン性の二重結合したエラストマーおよび加硫剤に基づく高温硬化性反応性組成物であって、400〜80,000の分子量を有する少なくとも1つの液体ポリエン、ならびに、狭い分子量分布および分子中に10〜20%のビニル-1,2 二重結合、50〜60%のtrans-1,4 二重結合、および25〜35%のcis-1,4 二重結合の微細構造を有する少なくとも1つの液体ポリブタジエンを含有する組成物が記載されている。また、これらの組成物は、イオウおよび促進剤および/または必要であればキノンオキシムからなる加硫系を含有する。これらの引張剪断強度および剥離強度のゆえに、これらの組成物は、特に低温での自動車製造における単一成分の結合剤、シーラントまたは被覆物質として使用するのに適している。 (もっと読む)


【課題】
被塗面との付着性に優れ、低温環境下でも被塗面の経時による変化等に追随することが可能な柔軟で且つ強靭性を有する塗膜を形成するのに適する水性塗料組成物及びそれを用いた塗装方法を提供する。
【解決手段】
共重合体水分散液(A)及び顔料(B)を含む水性塗料組成物であって、共重合体水分散液(A)が、直鎖又は分岐状の炭素数が6以下のアルキル基を含有するアクリレート(a)、カルボニル基含有重合性不飽和モノマー(b)を共重合成分として含有し、直鎖又は分岐状の炭素数が6以下のアルキル基を含有するアクリレート(a)の共重合割合が50質量%以上であって、組成物中の顔料体積濃度が15〜60%の範囲内であることを特徴とする水性塗料組成物。
なし。 (もっと読む)


【課題】有機溶剤の含有量が少なく、且つ耐水性、塗膜外観等の性能に優れた保護塗膜を形成することができる、粒状ゲルを含んでなる水性塗料組成物を提供すること。
【解決手段】水性樹脂(a)を含んでなる反応性官能基(x)を含有する水性液状組成物を多糖類金属塩ゲル(b)中に内包してなる粒状ゲル(I)と、反応性官能基(x)と反応し得る反応性官能基(y)を含有する塗膜形成成分(II)を含んでなることを特徴とする水性塗料組成物。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、貯蔵安定性と耐溶剤性を損なうことなく、極めて速硬化性に優れる一液性エポキシ樹脂組成物および、それを得るための潜在性硬化剤、そして、低温あるいは短時間の硬化条件であっても、高い接続信頼性、高い封止性が得られる異方導電材料、導電性接着材料、絶縁接着材料、封止材料等を提供することを目的とする。
【解決手段】アミンアダクト(A)を主成分とするエポキシ樹脂用硬化剤で、メジアン径を平均粒径とするエポキシ樹脂用硬化剤の平均粒径が0.3μmを超えて12μm以下であり、かつメジアン径の0.5倍以下である小粒径のエポキシ樹脂用硬化剤含有比率が15%を超えて40%以下であることを特徴とするエポキシ樹脂用硬化剤を、マイクロカプセル化したマイクロカプセル型エポキシ樹脂用硬化剤およびエポキシ樹脂組成物。 (もっと読む)


【課題】シックハウス症候群の原因物質であるホルムアルデヒドを揮散することなく、屋内に揮散している有害物質を吸着、分解し、さらに、塗膜物性に優れたプレコート金属板を得ることができるプレコート用熱硬化型塗料組成物及びそれを用いたプレコート金属板を提供する。
【解決手段】(A)水酸基含有樹脂とブロックイソシアネート硬化剤を含有する皮膜形成樹脂組成物、(B)アルデヒド化合物吸着能を有する窒素含有化合物で表面処理された無機化合物、及び(C)リン酸チタニウム系化合物を、(A)成分100質量部に対して(B)成分0.1〜10質量部及び(C)成分0.1〜10質量部の割合で、含有することを特徴とするプレコート用熱硬化型塗料組成物。 (もっと読む)


【課題】水性塗料を重ね塗りして、耐汚染性を具備する塗膜を得る塗装方法において、相互の塗膜密着性を十分に確保すること、及び形成塗膜の耐汚染性を高めることを目的とする。
【解決手段】同種の水性塗料を重ね塗りする塗装方法において、当該水性塗料として、ヒドラジド基と反応可能な反応性官能基を有する合成樹脂エマルション(A)、ヒドラジド基とヒドラジド基以外の含窒素骨格とを有するヒドラジド化合物(B)、及びポリオキシアルキレン基を有するアルコキシシランの変性縮合物(C)を含有し、前記合成樹脂エマルション(A)の固形分100重量部に対して、前記ヒドラジド化合物(B)が0.1〜20重量部、前記アルコキシシランの変性縮合物(C)がSiO換算で1〜40重量部配合された塗料を使用する。 (もっと読む)


【課題】高度な密着性、防食性、可撓性、耐衝撃性が再現よく発現できるエポキシ樹脂粉体塗料組成物の提供
【構成】ビスフェノールFとエピクロルヒドリンより合成され、エポキシ基とフェノール性水酸基の両方を含有する固形のエポキシ樹脂であって、そのエポキシ当量が800乃至3000g/eq、フェノール性水酸基当量が1000乃至4000g/eqの範囲であるビスフェノールF型固形エポキシ樹脂と硬化剤を必須成分として含有するエポキシ樹脂粉体塗料組成物よりなる。 (もっと読む)


【課題】低汚染化剤とを混合した際の粘度安定性、相溶性等に優れるとともに、耐汚染性に優れた塗膜を形成することができる水性塗料組成物を提供する。
【解決手段】合成樹脂エマルション(A)、ヒドラジド基とヒドラジド基以外の含窒素骨格とを有するヒドラジド化合物(B)、及びポリオキシアルキレン基を有するアルコキシシランの変性縮合物(C)を必須成分とし、前記合成樹脂エマルション(A)の固形分100重量部に対して、前記ヒドラジド化合物(B)を0.1〜20重量部、前記アルコキシシランの変性縮合物(C)をSiO換算で1〜40重量部配合する。 (もっと読む)


【目的】 自動車のシーリング材で、アルデヒド類の放散を低減可能なプラスチゾル系塗料を開発する。
【構成】 塩化ビニル系樹脂及びアクリル系樹脂、可塑剤、付着付与剤、硬化剤、フィラーからなるプラスチゾル系塗料であって、硬化剤成分に、アジピン酸ジヒドラジド及び/またはスルファミン酸グアニジンを含むことを特徴とするアルデヒド低減プラスチゾル系塗料。
塗装後に、120℃〜160℃の温度により10分〜30分加熱乾燥を行うことにより塗膜硬化させることを特徴とする自動車用アルデヒド低減プラスチゾル系塗料。 (もっと読む)


【課題】下塗材として1液形の材料を使用し、塗装時の作業性を改善するとともに、常温は勿論、低温下においても十分な弾性を有する塗膜を形成する。
【解決手段】基材に対し、下塗材、上塗材を順に塗装する塗装方法において、前記下塗材として、外層がガラス転移温度20〜100℃のカルボキシル基含有アクリル樹脂であって、内層に環状シロキサン化合物に由来するシリコーン樹脂及びガラス転移温度−60〜20℃のアクリル樹脂を含む多層構造型合成樹脂エマルション(A)、カルボキシル基と反応可能な官能基を有する架橋剤(B)、及び平均粒子径0.1〜100μmの無機質粉粒体(C)を含有し、顔料容積濃度が30〜80%である下塗材を用いる。 (もっと読む)


【課題】本発明は、常温硬化性と貯蔵安定性を兼ね備え、硬度、耐汚染性等に優れた皮膜を形成することができる、モノヒドラジン化合物の含有量が100ppm以下であるヒドラジン誘導体組成物、及びそれらを用いたコーティング組成物を提供することを目的とする。
【解決手段】酸及び/又は吸着剤で処理することによりモノヒドラジン化合物を除去して得られたヒドラジン誘導体組成物、及びそれらを用いたコーティング組成物。 (もっと読む)


【課題】本発明は、特定の基体樹脂/硬化剤系に限定されずに任意の公知の粉体塗料に適用可能で、製造工程を何ら変更することなく容易且つ安価に得ることができ、上記のような要望に応えるため、意匠性の高いリンクル調の凹凸模様塗膜を形成する粉体塗料を提供することを目的とする。
【解決手段】本発明は、粉体塗料成分100重量部に対し、平均粒径10〜100μmのエポキシ樹脂粉体塗料を0.5〜10重量部混合することを特徴とする凹凸模様形成性粉体塗料組成物である。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、貯蔵安定性を確保しつつ、硬化時の硬化物内部で発生する応力による歪みを低減できる一液性エポキシ樹脂組成物および、それを得るための潜在性硬化剤、そして、硬化時に高い接続信頼性、高い封止性が得られる異方導電材料、導電性接着材料、絶縁接着材料、封止材料等を提供することを目的とする。
【解決の手段】 ミンアダクトの重量平均分子量と数平均分子量の比として定義される分子量分布が7を超え30以下であって、かつ、アミンアダクト100質量部に対して低分子アミン化合物を0.001〜10質量部未満含有し、軟化点が160℃以下であることを特徴としたエポキシ樹脂用硬化剤をマイクロカプセル化したマイクロカプセル型エポキシ樹脂用硬化剤およびエポキシ樹脂組成物。 (もっと読む)


【課題】本発明は、緻密な塗膜を形成し、初期の乾燥性、造膜性、かつ、耐久性に優れる水性塗料組成物を提供する。
【解決手段】本発明の水性塗料組成物は、(A)反応性官能基を有する合成樹脂エマルション、(B)溶解度パラメータが7.5〜9.5(cal/cm1/2、水への溶解度が3.0g/100g未満、沸点が250℃以上である溶剤、(C)該反応性官能基と反応可能な反応性官能基を有する水溶性化合物、を含有することを特徴とする。 (もっと読む)


低温での造膜が可能で、しかも、硬度、耐汚染性、耐水性、耐候性等の物性に優れた塗膜を形成し得るエマルション型樹脂組成物を提供する。
最低造膜温度が0℃以下であり、実質的に揮発性有機化合物を含まないエマルション型樹脂組成物であって、このエマルション型樹脂組成物を23℃で24時間乾燥することにより得られる皮膜のケーニッヒ硬度が5回以上で、吸水率が20質量%未満であることを特徴とするエマルション型樹脂組成物である。 (もっと読む)


【課題】 3WET工程に適した耐チッピング塗料を提供する。
【解決手段】 未硬化カチオン電着塗料上に塗布され、且つ、更に、その上に他の塗料が塗布されるようにして使用される耐チッピング塗料であって、樹脂成分としてウレタン系樹脂を用いると共に、SP値8.7以下の溶剤を使用するようにしたことを特徴とする耐チッピング塗料。前記ウレタン系樹脂の硬化剤として、ヒドラジド化合物を使用することを特徴とする前記耐チッピング塗料。 (もっと読む)


【課題】常温での造膜性に優れ、且つ、高硬度で、良好な透明性と平滑性とを有すると共に、耐久性にも優れている硬化塗膜を形成する方法を提供する。
【解決手段】被着体上に合成樹脂エマルジョン(a)と重合性基を有する化合物(b)と架橋剤(c)とから成る水性樹脂組成物を塗布して硬化塗膜を形成する方法であって、重合性基を有する化合物(b)には、溶解度パラメーターが9〜16であって且つ重合性基を有する化合物を使用し、架橋剤(c)の存在下で重合性基を有する化合物(b)を重合させて硬化することから成る水性樹脂硬化塗膜の形成方法。 (もっと読む)


【課題】
水系塗料からなる塗膜において、屋外に曝露されたとき従来に比べ雨筋状又は雨染みの汚染を低減でき、特に塗膜形成直後からの汚れを防止することができ、比べ雨筋状又は雨染みの汚染を防ぐ効果の持続性に優れ、かつ塗液の保存安定性が良好な汚染防止用水性被覆組成物を提供することである。
【解決手段】
アルド基またはケト基を有するエチレン性不飽和単量体と他のエチレン性不飽和単量体とからなる重合体(C)と加水分解性シラン(A)存在下で他のエチレン性不飽和単量体を共重合した重合体(D)からなる水分散体(B)を含む汚染防止用水性被覆組成物。 (もっと読む)


【課題】耐水性に優れ、長期にわたって防汚効果を持続でき、密着性に優れた塗膜を形成可能な、環境上好ましい水性防汚塗料組成物を提供する。
【解決手段】 少なくとも2個以上のヒドラジン残基を含有する有機ヒドラジン化合物と、分散樹脂成分としてカルボニル基含有エチレン性不飽和単量体単位を含む重合体とを含有する樹脂水性分散液を用いる。 (もっと読む)


101 - 120 / 162