Fターム[4J038NA02]の内容

塗料、除去剤 (182,219) | 目的又は効果 (20,891) | 化学的特性 (6,550)

Fターム[4J038NA02]の下位に属するFターム

Fターム[4J038NA02]に分類される特許

41 - 60 / 214


【課題】耐油性、耐加水分解性などの物性のバランスに優れたコーティング剤組成物を提供する。
【解決手段】(a)有機イソシアネートと(b)ポリカーボネートジオールとの反応生成物であるポリウレタンを含有するコーティング剤組成物であって、該ポリカーボネートジオール(b)が、(A)−ORO−CO−で表される繰り返し単位及び末端ヒドロキシル基を有するポリカーボネートジオールであって、(A)で表される繰り返し単位の70〜100モル%は、(B)−OCHC(RCHO−CO−又は(C)−O(CHO−CO−で表わされる繰返し単位であり、(式中のnは2から12の整数。)そして(B)で表される繰り返し単位と(C)で表される繰り返し単位との割合が、モル比率で1:99〜40:60であり、該ポリカーボネートジオール(b)の数平均分子量が300〜10000であることを特徴とする上記コーティング剤組成物。 (もっと読む)


【課題】軽量で塗布しやすく、適度な速度で硬化するため作業性に優れ、強靱性、耐水性、耐温水性、及び耐候性に優れる充填補修材を提供する。
【解決手段】本発明の軽量充填補修材は、下記(A)成分、(B)成分、及び(C)成分を含有し、比重が1未満であることを特徴とする。
(A)アニオン性基非含有、且つ、複数のイソシアネート反応性基含有化合物(A1)、アニオン性基及び複数のイソシアネート反応性基含有化合物(A2)、ポリイソシアネート化合物(A3)、及びイソシアネート反応性基含有アルコキシシラン化合物(A4)を反応して得られるアニオン性基含有アルコキシシリル基末端ポリマー
(B)水
(C)無機中空粉体 (もっと読む)


【課題】防水及び漏水防止を必要とする構造物に塗布することにより構造物に水が浸透されることを防ぐ防水機能はもとより、優れた耐化学性、耐候性、耐亀裂性、耐衝撃性、親水性及び高い引っ張り力を有するセメント入りポリマー系塗膜防水剤及びその製造方法の提供。
【解決手段】本発明のセメント入りポリマー系塗膜防水剤は、アクリルエマルジョン65〜75重量%と、マイクロセメント12〜20重量%と、生石灰10〜18重量%と、流動化剤0.02〜0.2重量%と、消泡剤0.02〜0.2重量%と、膨張剤0.02〜0.2重量%と、を含む。また、その製造方法は、第1の円形タンクに液状のアクリルエマルジョンを65〜75重量%用意する第1のステップと、第2の円形タンクに、粉末状態のマイクロセメント12〜20重量%、生石灰10〜18重量%、流動化剤0.02〜0.2重量%、消泡剤0.02〜0.2重量%及び膨張剤0.02〜0.2重量%を用意する第2のステップと、前記第2の円形タンクに用意された中身を前記第1の円形タンクに注いで電動ミキサーにより希釈させる第3のステップと、を含むことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 光に曝されることにより起こる消色時の褐変(着色)劣化を防止することができ、発色時には黒色乃至緑色の色調を呈し、消色時に残色が少ない可逆変色性塗料又はインキ組成物を提供する。
【解決手段】 (イ)電子供与性呈色性有機化合物として特定のフルオラン誘導体、(ロ)電子受容性化合物、(ハ)前記(イ)、(ロ)成分による電子授受反応を特定温度域において可逆的に生起させる反応媒体からなる可逆熱変色性組成物を内包したマイクロカプセル顔料と、ビヒクルとからなる可逆熱変色性塗料又はインキ組成物。 (もっと読む)


【課題】 汚染物質がフィン表面に付着しても、親水性の持続性、耐汚染性及び耐水性に優れる熱交換器フィン材用を提供すること。
【解決手段】
特定のアクリル樹脂(A)と特定の親水性架橋重合体微粒子(B)及び架橋剤(C)を含む耐汚染性処理組成物であって、アクリル樹脂(A)と親水性架橋重合体微粒子(B)及び架橋剤(C)の3成分の合計固形分質量を基準にして、アクリル樹脂(A)30〜60質量%、親水性架橋重合体微粒子(B)35〜65質量%、架橋剤(C)5〜30質量%の熱交換器フィン材用の親水性処理組成物。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、RNAウイルスがヒトに感染するのを効果的に阻止して症状の発現の予防或いは症状が表れたとしても症状の軽減を図ることができるRNAウイルス感染阻止塗料用組成物を提供する。
【解決手段】 本発明のRNAウイルス感染阻止塗料用組成物は、線状高分子の側鎖に所定の構造式の置換基のうちの少なくとも一つを有するRNAウイルス感染阻止化合物をRNAウイルス感染阻止剤として含有しており、塗料に添加することによってRNAウイルス感染阻止塗料を容易に作製することができる。RNAウイルス感染阻止塗料をRNAウイルス対象物に塗布、乾燥させることによってRNAウイルス感染阻止効果を有する塗膜を形成することができ、RNAウイルス対象物に起因してウイルスが人間に感染するのを概ね阻止して症状の発現を防止し或いは症状が表れたとしても症状の軽減を図ることができる。 (もっと読む)


【課題】抗菌機能、消臭性能等に優れた抗菌・消臭性塗膜を形成するための塗布液および抗菌・消臭性塗膜付基材を提供する。
【解決手段】抗菌・消臭性塗膜形成用塗布液は、抗菌・消臭性金属成分を酸化物換算で0.1〜20重量%の範囲で含む酸化チタン系微粒子が、水溶性金属キレート化合物を含有する水系分散媒中に分散してなることを特徴とし、水溶性金属キレート化合物はチタンキレート化合物、特に、チタンラクテートアンモニウム塩であることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】簡易な方法で、被着体に対して高い接着性を有し、簡易な方法にてコーティングが可能な、特に、酢酸、アンモニアの消臭に優れたコーティング剤を提供する。
【解決手段】少なくとも、「下記式で表されるチタンアルコキシド若しくはジルコニウムアルコキシド、又は、それらにキレート化剤が配位した構造を有する化合物」(A)と、溶剤(B)とを反応及び/又は混合させてなる化学構造と組成を有する、被着体にコーティングして該被着体に消臭効果を与える消臭複合組成物を含有することを特徴とする消臭効果付与コーティング剤。


[式中、MはTi又はZrを示し、R〜R10は、それぞれ独立に炭素数1〜18個のアルキル基を示し、nは0以上の整数を示す。] (もっと読む)


【課題】
本発明は、鉄系基材を粉体塗膜で被覆する方法であって、当該粉体塗膜の低温での焼き付けが可能であり、かつ耐水性、耐光性、および耐熱性などの2次物性に優れる粉体塗膜が得られる方法を提供すること、を課題とする。
【解決手段】
鉄系基材を被覆する方法であって、
当該鉄系基材の表面を、
(a)ジルコニウム、チタン、およびハフニウムから選択される少なくとも一種、
(b)フッ素、および
(c)アミノ官能性化合物
を含有する化成処理剤
によって処理することにより、
化成処理層を形成する工程A、
当該化成処理層の上に、
酸価が23〜90mgKOH/gであるポリエステル樹脂、および
一般式I


(式中、Rは、水素原子、メチル基またはエチル基を、Rは、水素原子、炭素数1〜5のアルキル基またはHO−CH(R)−CH−を、Aは2価の炭化水素基を表す。)で表されるβ−ヒドロキシアルキルアミド硬化剤
を含有する粉体塗料組成物を塗布する工程B、および
該粉体塗料組成物を焼き付けて硬化させる工程C、
を有することを特徴とする方法。 (もっと読む)


媒質または基材に表面効果を提供する方法であて、式(I)の化合物を、
【化1】


(式中
aは、線状または分岐F(CF2n(CH2CF2m−または線状または分岐F(CF2r−O−B−であり;
Bは、任意選択により2個の炭素原子に各々結合された1〜2個のカテナリー酸素原子により中断された(Cs2s)であり、
(r+s)が最大7であることを条件として、nは2〜4、mは1〜4、rは1〜4、sは1〜4であり、
AはOまたは(CH2k−COOであり、
1は水素またはメチルであり、
2およびR3は各々独立して、1〜6個の炭素原子を有するアルキルであり、
p、qおよびkは各々独立して、1〜10の整数である。)
媒質または基材と接触させるステップを含む方法。
(もっと読む)


【課題】 被コーティング基材のハードコートに要求される十分な機械的強度及び耐久性,耐熱性及び耐高温水蒸気性を得るとともに、望ましい疎水性及び耐汚染性を確保する。また、十分な密着性及び非剥離性を確保する。
【解決手段】 被コーティング基材Mの表面Mfにコーティングすることにより表面Mfを保護するコーティング液であって、シリコンアルコキシドとヒドロキシケトン誘導体と水の調合比を、モル比で、[1]:[0.02〜0.8]:[1〜3]に選定した組成物をゾルゲルプロセスにより反応させて得る。シリコンアルコキシドには、メチルトリメトキシシラン,γ−グリシドキシプロピルトリメトキシシラン,γ−グリシドキシプロピルトリメトキシシランとジメチルジメトキシシランの混合原料,メチルトリメトキシシランとジメチルジメトキシシランの混合原料,から選択した一つを含ませることができる。 (もっと読む)


【課題】活性酸素発生能の回復力に優れたポリアニリン構造を見出し、長期に亘って優れた脱臭効果を発現する皮膜を形成することのできる表面処理剤組成物の提供と、このような皮膜を備えた熱交換器の提供。
【解決手段】酸化型ポリアニリンと、水と、ドーパントとしての酸基含有重合体を含有することを特徴とする表面処理剤組成物であり、この表面処理剤組成物から形成された皮膜を金属基材表面に備えた金属部材を有することを特徴とする熱交換器である。 (もっと読む)


本発明は、成分(a)、(b)および(c)の混合物を少なくとも30質量%まで含む粉末状または粒状組成物であって、(a)はアクリル酸もしくはメタクリル酸のC1−〜C4−アルキルエステルの重合単位およびアルキル基内に3級アミノ基を有するアルキル(メタ)アクリレートモノマーから構成されるコポリマーであり、(b)は(a)に基づいて0.5〜10質量%の3〜10個の炭素原子を有するジカルボン酸であり、(c)は(a)に基づいて5〜20質量%の8〜18個の炭素原子を有する脂肪モノカルボン酸である粉末状または粒状組成物に関する。 (もっと読む)


自動車部品上に硬化塗膜組成物を形成する方法が提供される。本方法は、ラジカル重合性化合物と有機ボラン開始剤を含む塗装化合物を用い、該塗膜組成物を自動車部品へ塗布する工程を含む。この有機ボラン開始剤は、炭素主鎖と二個の有機ボラン錯形成基をもつ二官能性非環式ブロック剤と錯形成する。この二個の基は、相互に異なり、アミン基とチオール基とホスフィン基からなる群からから選ばれる。また、この二個の基は、それぞれ2〜4個の炭素原子で隔てられて、ブロック剤の有機ボラン開始剤に対する求核性があげられている。この有機ボラン開始剤は、ブロック剤から非錯化されるとラジカルを形成し、これがラジカル重合性化合物の重合と自動車部品上の塗膜組成物の硬化に用いられる。 (もっと読む)


【課題】高い捕集効率と低い圧力損失とを両立する多孔質膜を形成可能な多孔質膜形成用塗料を提供する。
【解決手段】フィルタ基体11にフィルタ基体11の平均気孔径よりも小さな平均気孔径を有する多孔質膜13を形成するための塗料であって、少なくとも貴金属と酸化物とを含有する微粒子と分散媒とを含有しており、貴金属は、Pt、Pd、Rhの群から選択される1種または2種以上の貴金属であり、酸化物微粒子は、Al、Zr、Ti、Ce、La、Fe、Si、Zn、Mg、Mn、Coの群から選択される元素を含む酸化物微粒子または複合酸化物微粒子を含み、少なくとも貴金属と酸化物とを含有する微粒子は、比表面積が1m/g以上125m/g以下、タップかさ密度が0.1g/cm以上2.0g/cm以下、分散媒中の平均二次粒子径が0.1μm以上10μm以下、塗料の粘度は2mPa・s以上1000mPa・s以下である。 (もっと読む)


【課題】本発明の目的は、水性塗料中に用いた場合に、水性塗料の保存安定性に優れるとともに塗膜の耐湿性にも優れる表面被覆メタリック顔料を提供することにある。
【解決手段】本発明の表面被覆メタリック顔料は、基体粒子と、該基体粒子表面に形成された1層または2層以上の被覆層とを含み、該被覆層の最外層は、1個以上の重合性二重結合を有するモノマーまたはオリゴマーを1種または2種以上重合させてなる第一化合物により構成され、該最外層の表面は、1種または2種以上の表面改質剤が結合しており、該表面改質剤は、9〜12個の炭素原子を含む橋かけ環構造を有するとともに、1個以上の重合性二重結合を有するモノマーまたはオリゴマーであることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】材料表面の抗菌効果を、材料自体を交換することなく簡易に維持する。
【解決手段】抗菌剤粒子を含有したシート材を材料表面あるいは積層する他のシート材に取り外し自在に接着させる構成とすることによって、材料自体を交換することなく、材料表面の抗菌効果を簡易に維持する。抗菌シートは、シート材を材料表面に交換自在に接着させる構成として粘着剤層を備え、この粘着剤層によって抗菌剤粒子を含む面を交換自在とし、抗菌効果が低下した面を除き、抗菌効果を奏する新たな面を接着させることによって、抗菌面の交換を容易とする。 (もっと読む)


【課題】十分な耐水性と耐黄変性を発揮する水性白色プライマー塗料組成物と、これを用いる外装用プラスチック成型品の塗膜形成方法を提供する。
【解決手段】本発明の水性白色プライマー塗料組成物は、所定のエポキシ基含有アクリル樹脂を所定の割合で含有するものであり、本発明の塗膜形成方法は、外装用プラスチック成形品表面にプライマー塗料を塗装した上に、水性ベース塗料、クリヤー塗料を順次塗装し、これを同時焼付けする方法において、プライマー塗料として前記水性白色プライマー塗料組成物を用い、水性ベース塗料として白黒隠ぺい膜厚が20μm以上であるものを用いる。 (もっと読む)


【課題】染料を安定化する。
【解決手段】下記一般式(I):(Ar)n−Si−(OR)4-n(I)(式中、Arは電子供与性の置換基を有していてもよいナフチル基、ビフェニル基もしくはターフェニル基であり、Rは、同一または異なって炭素数1〜3のアルキル基であり、nは1または2である。)で表されるアリールアルコキシシランまたはそれを含む縮合物と染料を含有することを特徴とする着色材組成物。 (もっと読む)


下記構造:
CH=CRC(O)NHC(R)(C(R))C(O)XR
(式中、nは0又は1の整数であり;Rは、水素原子、アルキル、アリール、及びアルキルアリールの少なくとも1つから独立して選択され、該アルキル、アリール、及びアルキルアリールは全体で10個以下の炭素原子を有し;Rは、アルキル、アリール、アルキルアリール及びエーテルの少なくとも1つから選択される疎水性基であり、該アルキル、アリール、アルキルアリール及びエーテルは全体で4〜30個の範囲の炭素原子を有し;Rは、H又はCHであり;XはO又はNHである。)を有する疎水性モノマーを含む組成物を開示する。特定の実施形態では、疎水性モノマーは、疎水性指数が25以下であるアミン又はアルコール(HXR)から誘導される。前記疎水性モノマーを含み、場合により架橋モノマー及び/又は非架橋モノマーを含みうる重合性組成物も開示する。この重合性混合物を使用して、疎水的に誘導体化された支持体を形成することが可能であり、このような疎水的に誘導体化された支持体を疎水性相互作用クロマトグラフィーのような用途において使用することができる。
(もっと読む)


41 - 60 / 214