説明

Fターム[4J038PB11]の内容

塗料、除去剤 (182,219) | 用途 (9,335) | 情報記録又は磁気関連機材用 (239)

Fターム[4J038PB11]に分類される特許

161 - 180 / 239


【課題】平滑性及び電磁変換特性に優れた磁気記録媒体を提供すること。更に、長期保存性及び優れた寸度安定性を有する磁気記録媒体を提供すること。
【解決手段】非磁性支持体上に、放射線硬化性化合物含有層を放射線照射によって硬化させた放射線硬化層と、強磁性粉末を結合剤中に分散させた磁性層とを、この順に有する磁気記録媒体であって、前記放射線硬化性化合物が、放射線硬化官能基が導入されたハイパーブランチポリエステルを含むことを特徴とする磁気記録媒体。 (もっと読む)


表面処理された無機のナノ粒子、光開始剤、及び少なくとも一つのエネルギー硬化性の単量体、オリゴマー又は樹脂を含むエネルギー硬化性の流動性のコーティング組成物を、光学ディスクのカバーリング層として、特にブルーレイ・ディスクの100ミクロンのカバー層に、使用することができると共に、向上させられた耐引っ掻き性及び低減された収縮率を有する。
(もっと読む)


【課題】優れた成形性および外観を有し、粘着物を併用する用途において、粘着物が付着しにくく、汚れや油がつきにくく、また、光ディスク等が接触しても、その表面を疵付け難い特性を兼ね備えたプレコート金属板およびその製造方法を提供する。
【解決手段】金属板2と、フッ素系樹脂マトリックス層4とその中に分散されたウレタンビーズ5とからなる樹脂皮膜3とを備えるプレコート金属板1であって、ウレタンビーズ5が、その含有率が5質量%以上50質量%以下、その平均粒径がフッ素系樹脂マトリック層4の平均厚さの1.1倍以上5倍以下であり、樹脂皮膜3のフッ素濃度の割合を下式(1)で計算したとき、皮膜最表面で15%以上、皮膜内部で15%以下である。
A(%)={F/(F+C+O+N)}×100・・・(1)、ここで、Aはフッ素濃度の割合、Fはフッ素質量%、Cは炭素質量%、Oは酸素質量%、Nは窒素質量%である。 (もっと読む)


【課題】 帯電特性、耐熱保存安定性、および熱特性に優れた粒径が均一である樹脂粒子を提供する。
【解決手段】 第1の樹脂(a)からなる皮膜状の1層以上のシェル層(P)と第2の樹脂(b)からなる1層のコア層(Q)とで構成されるコア・シェル型の樹脂粒子(C2)であって、(P)と(Q)の重量比率が(0.1:99.9)〜(70:30)であり、(C2)の揮発分が2重量%以下であり、且つ(a)が、40〜270℃の軟化開始温度、20〜250℃のガラス転移温度、60〜300℃の流出温度、および0〜120℃のガラス転移温度と流出温度の差を有し、構成単位としてスルホン酸(塩)基含有(メタ)アクリルアミドを1〜30重量%含有する樹脂であることを特徴とする樹脂粒子。 (もっと読む)


【課題】 高速硬化性に優れ、透明性の高い硬化被膜を与える液状硬化性樹脂組成物を提供する。
【解決手段】 (A)下記式(1)で表される構造を含んでなるウレタン(メタ)アクリレートオリゴマー 5〜50質量%、
−NHCO−S−R (1)
(Rは、炭素数1〜10のアルキル基、エポキシアルキル基、パーフルオロアルキル基、またはアリール基を示す)
(B)エチレン性不飽和基含有化合物 1〜60質量%、
(C)リン系光重合開始剤 0.01〜10質量%
を含有する液状硬化性樹脂組成物。 (もっと読む)


【課題】 カーボンナノチューブ自体の特性を損なうことなく、カーボンナノチューブを重合性モノマー中に分散化あるいは可溶化することが可能であり、その重合性モノマーを重合させることより、長期保存においてもカーボンナノチューブが分離、凝集せず、導電性、成膜性、成形性に優れ、簡便な方法で基材へ塗布、被覆可能な方法を提供する。
【解決手段】 導電性ポリマー(a)、、カーボンナノチューブ(b)、多官能(メタ)アクリレート(c)、重合開始剤(d)を含有し、さらに必要に応じて溶媒(e)、高分子化合物(f)、塩基性化合物(g)、界面活性剤(h)、シランカップリング剤(i)、コロイダルシリカ(j)、酸化防止剤や光安定剤の安定剤(k)を含むカーボンナノチューブ含有硬化性組成物と基材の少なくとも一つの面上に該組成物からなる硬化塗膜を持つ複合体。 (もっと読む)


【課題】帯電防止性、耐摩耗性、耐擦傷性に優れ、かつ生産性、保存信頼性の高い光ディスクに適したハードコート剤、光ディスクとその製造方法を提供すること。
【解決手段】分子内に水酸基を含有する(メタ)アクリレート化合物(A)、導電性金属酸化物(B)、光重合開始剤(C)および低沸点アルコール溶剤(D)を含むハードコート剤を、光ディスクのレーザ光入射側表面に、室温で回転数1000〜7000rpmにてスピンコート法により塗布した後、低沸点アルコール溶剤(D)を除去する工程を経ずに、紫外線照射によりハードコート剤を硬化させる光ディスクの製造方法。 (もっと読む)



【課題】スリットノズル部分に発生した着色層形成用感放射線性組成物の乾燥物の溶媒再溶解性が高く、かつ突沸孔を発生しない着色層形成用感放射線性組成物等を提供する。
【解決手段】着色層形成用感放射線性組成物は、(A)着色剤、(B)アルカリ可溶性樹脂、(C)多官能性単量体、(D)光重合開始剤および(E)溶媒を含有し、(E)溶媒がジプロピレングリコールジメチルエーテルを5〜40重量%含有することを特徴とする。(E)溶媒は、他の溶媒として、沸点が150℃未満の溶媒を10〜60重量%および沸点が150℃以上180℃未満の溶媒(但し、ジプロピレングリコールジメチルエーテルを除く。)を30〜70重量%含有することが望ましい。 (もっと読む)


化学線で硬化可能な物質混合物からなる硬化された材料を、次のスペクトル分布および線量のUV線:波長λ=400〜320nm;線量=500〜2500mJ/cm2;波長λ=320〜290nm;線量=700〜3000mJ/cm2;波長λ=290〜180nm;線量=100〜500mJ/cm2を使用することにより、UV線での照射によって製造するための方法。 (もっと読む)


【課題】新規な硬化性組成物の提供。
【解決手段】a)シラン官能化コロイド状シリカ、b)脂肪族環状アクリレート、ウレタンジアクリレート及びエポキシ樹脂からなる群から選択される少なくとも1つの硬化性モノマー、及びc)上記硬化性モノマー(b)のための少なくとも1つの硬化剤を含んでなる硬化性組成物。基材に塗布し硬化させることにより、かき傷耐性、耐摩耗性、指紋防止性能が強化されたハードコート層が得られ、特にブルーレイ光学情報記憶媒体の熱可塑性基材成分への用途に有利である。また、保護カバー層又はハードコートとしてかかる媒体に適用することにより、かき傷耐性及び耐摩耗性、並びにメディア面上の指紋防止性能が提供され、また硬化時の収縮及び傾斜が極わずかな範囲に留まる。 (もっと読む)


【課題】π電子軌道を含む不飽和結合と単結合が交互に連続する部分を有するにもかかわらず、電磁波に対して、より短波長領域まで高い透過率を示す高分子化合物前駆体を提供する。
【解決手段】π電子軌道を含む不飽和結合と単結合が交互に連続する部分を有する、高分子化合物前駆体であって、分子内反応により最終生成物の高分子骨格を構成する繰り返し単位を形成する第1の官能基と第2の官能基を有し、分子内のπ電子軌道により形成される共役状態の少なくとも一部が、分子の立体構造により切断され、又は希薄となり、少なくとも436nm、405nm、365nm、248nm及び193nmの波長のうち1つの波長の電磁波に対する透過率を向上させた高分子化合物前駆体を提供する。 (もっと読む)



【課題】 低透湿性、接着性及びセット性に優れる硬化物を与える光硬化性シール材用組成物及びそれを用いたシール層付き部材を提供すること。
【解決手段】 (A)末端に(メタ)アクリロイル基を有する反応性ポリマー20〜90質量%及び(B)(メタ)アクリル酸エステルモノマー80〜10質量%の合計100質量部に対し、(C)光ラジカル重合開始剤0.1〜10質量部を含む光硬化性シール材用組成物を被着体に塗布し、エネルギー線照射により硬化させてなるシール層が形成された部材であって、該シール層の断面形状が、幅1に対して高さ0.5〜2.0であり、タイプAデュロメータにより測定した該シール層の硬度が10〜60度であるシール層付き部材、上記(A)〜(C)成分と(D)無機充填剤及び/又は有機増粘剤0.3〜15質量部を含む光硬化性シール材用組成物、及びこの組成物を用いたシール層付き部材である。 (もっと読む)


【課題】 優れた電磁変換特性を有する磁気記録媒体を提供すること。また、磁性層/非磁性層の界面変動が少ない磁気記録媒体を提供すること。さらに、磁性層の角型比の優れた磁気記録媒体を提供すること。
【解決手段】 支持体上に、非磁性粉末を結合剤中に分散した非磁性層、及び、強磁性粉末を結合剤中にを分散した少なくとも一層の磁性層をこの順に設けた磁気記録媒体であって、該非磁性層の結合剤がポリウレタン樹脂を含み且つ該磁性層の結合剤がセルロース誘導体を含むことを特徴とする磁気記録媒体。 (もっと読む)


本発明は、発色剤、有機金属化合物のアミン塩、バインダー、溶媒、および場合によりさらなる成分を含む基材マーキング用コーティング組成物であって、該有機金属化合物のアミン塩が、式(I)[式中、Xは、ケイ素またはホウ素であり、EおよびFは、同一または異なり、a、b、c、d、e、f、g、h(式中、R6およびR7は、同一または異なり、水素、C1-4−アルキル、C1-4−アルコキシ、ハロゲン、アミノまたはカルボキシである)よりなる群から選択され、X=ケイ素の場合、o=1およびp=0であり、そしてR1は、アリール、アラルキルまたはC1-4−アルキルであるか、あるいはo=1およびp=1であり、そしてR1とR2は一緒になって、a、b、c、d、e、f、gおよびhよりなる群から選択される一つの残基を形成し、X=ホウ素の場合、o=0およびp=0であり、そしてR3、R4およびR5は、同一または異なり、水素、C1-12−アルキル、C1-6−ヒドロキシアルキル、アリル、アラルキルまたはアリールスルホニルであり、ここでアラルキルまたはアリールスルホニルはC1-4−アルキルで置換されていてもよく、あるいはR3とR4は、これらが結合した窒素と一緒になってモルホリノまたはピペリジノ環を形成する]であるコーティング組成物を提供する。本発明は、本発明の組成物の製造方法、この組成物でコーティングされたされた基材、コーティングされた基材の製造方法、この組成物を用いるマーキングされた基材の製造方法、後者の方法により得られるマーキングされた基材、および式(I)の有機金属化合物のアミン塩も提供する。
(もっと読む)


【課題】 エッジカバー率、表面平滑性に優れた絶縁被膜を形成することのできるエポキシ樹脂粉体塗料を提供する。
【解決手段】 エポキシ樹脂(A)と、硬化剤(B)と、及び硬化促進剤(C)を必須成分とし、前記硬化促進剤(C)と前記エポキシ樹脂(A)との重量配合比(C/A)が、0.08〜0.22であるエポキシ樹脂粉体塗料。好ましくは前記硬化剤(B)がフェノール樹脂を含み、前記硬化促進剤(C)がイミダゾール化合物を含むものであるエポキシ樹脂粉体塗料。 (もっと読む)



【課題】 ポリカーボネート、アルミニウム、銀合金、金、等多くの表面に高い接着力を有し、高温高湿環境下に長時間放置した前後における接着力の低下無く、耐久性に優れる光ディスクに使用される紫外線硬化型組成物を提供する。
【解決手段】 (1)光ディスク用基板1と(2)情報読み取り用のレーザー光を反射するための反射膜1と(3)紫外線硬化型組成物の硬化皮膜からなる樹脂層とをこの順に積層した構造を有する光ディスクにおける該樹脂層を形成するための紫外線硬化型組成物であって、
同一分子内に2個のカルボキシル基を有する化合物(A)の1分子に対し、
同一分子内に2個のグリシジル基を有する化合物(B)を2分子反応させ、
更に、同一分子内に1個のラジカル重合性の不飽和二重結合と1個のカルボキシル基を有する化合物(C)を2分子反応させて得られるラジカル重合性化合物(I)を含有する光ディスク用紫外線硬化型組成物。 (もっと読む)


【課題】 ポリカーボネート、アルミニウム、銀合金、金、シリコン等多くの表面に高い接着力を有し、高温高湿環境下に長時間放置した前後における接着力の低下が少なく、耐久性に優れる光ディスクに使用される紫外線硬化型組成物を提供する。
【解決手段】 ラジカル重合性化合物及び重合開始剤を含有する光ディスク用活性エネルギー線硬化型組成物であって、前記ラジカル重合性化合物が式(1)


(式中、R1は分岐鎖を有していても良い炭素数2〜16のアルキレン基、R2は水素原子又はメチル基、Xは、構造中に酸素原子、硫黄原子又は芳香環を有していても良い炭素数2〜40の有機基を表し、nは1〜10の整数である。)で表される化合物を含有することを特徴とする光ディスク用活性エネルギー線硬化型組成物。 (もっと読む)


161 - 180 / 239