説明

Fターム[4J100FA02]の内容

付加系(共)重合体、後処理、化学変成 (209,625) | 製造方法 (12,090) | 重合反応の制御 (5,449) | 添加剤の使用 (3,479)

Fターム[4J100FA02]の下位に属するFターム

Fターム[4J100FA02]に分類される特許

161 - 180 / 210


【解決手段】 本発明の環状オレフィン系付加重合体の製造方法は、特定のパラジウム化合物、ホスフィン化合物、イオン性ホウ素化合物またはイオン性アルミニウム化合物からなる多成分系触媒と、シクロペンテン環を有する化合物との存在下に、少なくとも1種の環状オレフィン系化合物からなる単量体を付加重合し、重量平均分子量が50,000〜500,000の環状オレフィン系付加重合体を製造することを特徴としている。
【効果】 本発明の環状オレフィン系付加重合体の製造方法では、特定のパラジウム触媒及び分子量調節剤を用いることにより、重合体中に残存する触媒量が少なく、重量平均分子量が50,000〜500,000の範囲に制御され、芳香族炭化水素溶媒での溶液流延法によるフィルムまたはシートの成形加工が容易で、耐熱性に優れ、光学特性にも優れた環状オレフィン系付加重合体を高収率で製造することができる。 (もっと読む)



【課題】 製造時の剥離工程における板割れ防止性が良好で、且つ耐熱性に優れたアクリル系樹脂板の製造方法を提供し、さらに、板割れ防止性を有し、且つ耐熱性、透明性に優れたタッチパネル用透明基板に適した重合性組成物、該組成物を用いたタッチパネル用透明基板、該基板を有する透明電極板、およびこの透明電極板を有するタッチパネルを提供する。
【解決手段】 炭素数1〜4のアルキル基を有するメタクリル酸アルキルエステルを含むモノエチレン性不飽和単量体または、該単量体と該単量体の(共)重合体とからなるシラップ15〜55質量%と、2個以上の(メタ)アクリロイル基を有する多官能(メタ)アクリレート45〜85質量%とからなる混合物100質量部当たり、シクロヘキサジエンおよびその誘導体並びにテルペノイド系化合物およびその誘導体からなる群より選ばれる少なくとも一種の化合物0.015〜0.2質量部と、エチルアシッドホスフェート0.001〜0.1質量部を含有するタッチパネル用重合性組成物を使用する。 (もっと読む)


【課題】光学材料や吸水による反りが問題になるシート等、高精度な寸法安定性が要求される成形品や吸水と乾燥が長期に亘って繰り返される環境下で使用される成形品の材料として好適な低吸水性の新規な(メタ)アクリル系共重合体を提供すること。
【解決手段】(メタ)アクリル酸エステル単量体(A)に由来する単位、及び下記一般式(I)で示される脂環状メチレン単量体(B)に由来する単位を含有する(メタ)アクリル系共重合体。
【化1】


(式中、Xは、水素または炭素数1〜20の炭化水素基を表し、nは、2以上20以下のいずれかの整数を表す。) (もっと読む)


吸水性樹脂の相反する基本物性である「吸収倍率」と「水可溶性重合体」との関係を改善し、重合反応の制御が容易で、臭気もなく、かつ着色の少なく高吸収性(高い加圧下吸収倍率、高いPPUP)である吸水性樹脂を生産性高く製造する。
アクリル酸および/またはその塩を含有するアクリル酸組成物を重合してなる吸水性樹脂の製造方法において、上記アクリル酸組成物をラジカル重合して含水ゲル状架橋重合体を形成する工程(a)と、上記含水ゲル状架橋重合体を加熱乾燥する工程(b)とを含み、上記アクリル酸組成物は、溶解度パラメータが(1.0〜2.5)×10(Jm-31/2である重合不活性有機化合物を1〜1000質量ppm含むことを特徴とする吸水性樹脂の製造方法。 (もっと読む)





【課題】無機塩類が混入されても、凝集やゲル化が生じにくく、耐塩性に優れ、かつ、得られる塗膜が耐水性や耐アルカリ性に優れたものとなる水性エマルジョン組成物を提供することを目的とする。
【解決手段】ノニオン反応性乳化剤、又はこれとアニオン性乳化剤との混合乳化剤からなり、混合比(重量比)がアニオン性乳化剤/ノニオン反応性乳化剤=0/10〜2.5/7.5である乳化剤の存在下、アルコキシシリル基含有ビニル単量体(A)、及びこれと共重合可能な重合性単量体(B)を含む単量体混合物を乳化共重合して得られる共重合体粒子を含む水性エマルジョン組成物を用いる。 (もっと読む)


【課題】本発明は、精製工程等の前処理・後処理工程をできるだけ簡略化した方法であって、透明性が高く、かつ耐熱性に優れ、かつ金属含有量の少ないビニルフェノール重合体又はビニルナフトール重合体を得る製造方法、及び、透明性が高く、かつ耐熱性に優れ、かつ金属含有量の少ないビニルフェノール重合体又はビニルナフトール重合体を提供することを目的とする。
【解決手段】圧縮性流体(A)中でビニルフェノール単量体(B)、ビニルフェノール単量体の誘導体(B1)及びビニルナフトール単量体(B2)からなる群から選択される少なくとも1種の単量体を含有する単量体成分を重合し、重合体を得る工程を含むビニルフェノール重合体(P1)又はビニルナフトール重合体(P2)の製造方法。 (もっと読む)



【課題】 同一槽での連続バッチ反応において、洗浄を行わなくても、目的とする分子量の共重合ポリマーを再現性良く効率的に製造できる方法の提供。
【解決手段】 重合開始剤を用いてバッチ方式で共重合ポリマーを製造する方法であって、下記条件1を満たす共重合ポリマーの製造方法。
条件1:反応槽に残留した前バッチの反応物中に含まれる重合開始剤の0.9〜50当量倍の重合禁止剤を加えた後に反応を行う。 (もっと読む)


ポリビニルアルコールを乳化/分散剤として用いたノニオン型のポリクロロプレンラテックス組成物は、化学的、機械的安定性が良いが、高粘度であるが故に塗工方法に制限がある、高固形分化が困難である等の問題点があった。 クロロプレン単独、またはクロロプレン及びクロロプレンと共重合可能な単量体を、ポリビニルアルコールとノニオン型乳化剤の存在下で乳化重合することによって、低粘度で高固形分化が可能なポリクロロプレンラテックス組成物が得られる。 (もっと読む)


けん化度80〜95モル%、重合度400〜2000のビニルアルコール系重合体を分散剤とし、アクリル酸エステル系単量体単位およびメタクリル酸エステル系単量体単位から選ばれる少なくとも一種の単量体単位からなる重合体を分散質とするエマルジョンであって、エマルジョン粒子径分布幅を示す[尺度a]が0.3以上であり、かつエマルジョンを20℃において製膜して得た厚さ500μmの皮膜の引張り強度が100kg/cm以上である(メタ)アクリル樹脂系エマルジョンを提供することによって、皮膜強度、皮膜透明性および機械的安定性のいずれにも優れ、さらに耐アルカリ性に優れる(メタ)アクリル樹脂系エマルジョンを得ることができる。
(もっと読む)


【課題】 血液を含む液体に対する吸収特性を改善し、向上させた白色の吸収体を提供することにある。
【解決手段】 カルボキシル基と不飽和結合とを有し、数平均分子量が500〜50,000のビニル重合体(A)と、(メタ)アクリル酸(B)及び必要に応じてこれに2個以上のエチレン性不飽和結合を有する単量体又は(メタ)アクリル酸(B)の有するカルボキシル基と反応する官能基を2個以上有する化合物を併用した共重合体からなる吸収性樹脂を構成成分として含んでなる吸収体及びこの吸収体から構成される血液吸収性物品に関する。 (もっと読む)



【課題】現像スラッジの発生が十分抑制されている感光性樹脂組成物及びそれを用いた感光性エレメント、フォトレジストパターンの製造法及びプリント配線板の製造法を提供する。
【解決手段】(A)バインダーポリマー、(B)分子内に重合可能なエチレン性不飽和基を有する光重合性化合物、及び、(C)光重合開始剤を含有してなる感光性樹脂組成物であって、(B)成分が、下記一般式(I)で表される化合物を含む。


(式(I)中、Rは、水素又はメチル基を示し、Rは、アルキル基を示し、Lは、アルキレン基を示し、nは、1〜20の整数を示す。) (もっと読む)


スチレン系単量体、アクリレート系単量体及びアクリロニトリル系単量体を含む混合物に、フェノール系及びホスフェート系酸化防止剤、分子量調節剤、及び有機過酸化物開始剤を必須成分として添加し、連続してバルク重合させて耐化学性、流動性及び耐変色性にすぐれる透明樹脂を製造する製造方法及びその重合体を提供する。 (もっと読む)



本発明は、疎水性高級分岐鎖ビニルエステルのコポリマー、及び低臨界ミセル濃度を有する界面活性剤存在下での疎水性モノマーを重合するための重合方法に関する。 (もっと読む)


161 - 180 / 210