説明

Fターム[4K044CA53]の内容

その他の表面処理 (34,614) | 基体表面への被膜の形成 (9,725) | 塗布、噴霧、飛散、浸漬を行うもの (1,464)

Fターム[4K044CA53]に分類される特許

1,401 - 1,420 / 1,464


【課題】 耐食性、成形性および金属粒子含有樹脂層の密着性に優れるとともに、アース性ならびに電磁波シールド性にも優れた樹脂被覆アルミニウム材を提供する。
【解決手段】 アルミニウムまたはアルミニウム合金からなる金属基材1と、厚みが10nm以上300nm以下であり空孔率が3%以下でありアニオン含有率が5%以下である金属基材1の表面1aに形成された陽極酸化膜2と、陽極酸化膜2上に塗布された厚みが10μm以下の金属粒子含有樹脂層3とから構成され、金属粒子含有樹脂層3は、ポリエステル樹脂、エポキシ樹脂、アルキッド樹脂、アクリル樹脂、ウレタン樹脂のうちの一種または2種以上の主成分樹脂3aに、金属粒子3bが0.1質量%ないし15質量%の範囲で含有されるとともに、界面活性剤が0.1質量%ないし10質量%の範囲で含有されてなるものであることを特徴とする樹脂被覆アルミニウム材Aを採用する。 (もっと読む)


【課題】 膜の厚さムラを低減できる圧電膜形成方法を提供することにある。
【解決手段】 噴射ノズル22を交差方向にずらしながら複数回走査させるとともに、隣り合う堆積層31が一部重なり合うようにして圧電膜30を形成する。また、噴射ノズル22の交差方向への移動距離を堆積層31の膜厚分布に基づいて決定する。さらに、第1の圧電層32を構成する堆積層31が、これと重ねられる第2の圧電層33を構成する堆積層31に対して交差方向ににずれるようにする。これにより、粒子2の付着量が少ない領域同士が重なりあうように堆積層31の重なり率が調整され、圧電膜30全体として厚さを均一化することができる。また、装置を大型化する必要がなく、コストを低減できる。 (もっと読む)


【課題】 密着を防止し、防錆効果を有する水系表面処理剤溶液を塗布した成形はんだおよびその製造方法。
【解決手段】 成形はんだの表面に低粘度シリコ−ンオイル、防錆剤を乳化してなる水系表面処理剤溶液Aを薄膜塗布され、または、前記溶液Aに更に助剤として微量の有機溶剤を乳化して混合せる水系表面処理剤溶液Bを薄膜塗布され、且つ前記低粘度シリコ−ンオイルの動粘度が、1〜5センチスト−クス(10-6mm2 /s)であり、また前記低粘度シリコ−ンオイル含有量が0.1〜50.0wt%、前記防錆剤含有量が0.01〜5.00wt%、助剤としての界面活性剤含有量が0.1〜10.0wt%を有する成形はんだ、およびその製造方法。 (もっと読む)


【課題】本発明は、亜鉛若しくは亜鉛合金めっき表面、前記めっき表面の三価クロメート処理表面、又は前記三価クロメート処理表面にオーバーコート処理を施した表面に、耐食性の優れた防錆皮膜を形成する防錆処理剤、及びその防錆処理方法を提供することを目的とする。
【解決手段】本発明は、亜鉛若しくは亜鉛合金めっき表面、前記めっき表面の三価クロメート処理表面、又は前記三価クロメート処理表面にオーバーコート処理を施した表面用の防錆処理剤であって、水溶性アミノ官能性シランカップリング剤を含み、実質的にアルコールを含まないことを特徴とする前記防錆処理剤を提供する。 (もっと読む)


【課題】 親水性、耐汚染性および耐食性ならびに成形性に優れ、かつ密着性にも優れた防食層を備えた表面処理アルミニウム材およびこのアルミニウム材を備えた熱交換器を提供する。
【解決手段】 アルミニウム又はアルミニウム合金からなる金属基材1と、金属基材1の表面に形成され、空孔率が5%以下であって厚みが30nmないし300nmの範囲である陽極酸化皮膜からなる下地層2と、下地層2上に積層され、厚みが10nmないし5000nmの範囲であって少なくともシラノール基を含む樹脂が含有されてなる中間層3と、中間層3上に積層され、厚みが100nmないし7000nmの範囲であって水溶性樹脂が含有されてなる水溶性防食層4とを具備してなることを特徴とする表面処理アルミニウム材Aを採用する。 (もっと読む)


【課題】クロム等の有害な金属を含まず、亜鉛等の金属粉末を均一分散でき、経時安定性と改善された耐食性を与える水系の防錆用コーティング組成物を開発する。
【解決手段】水20〜60質量%と水溶性有機溶剤2〜20質量%とからなる液体中に、亜鉛、亜鉛合金およびアルミニウムから選ばれた金属粉末 (フレーク状) 20〜60質量%とキレート性置換基含有有機チタネート化合物1〜15質量%とを含有し、好ましくはさらにアルコキシシラン15質量%以下を含有する、金属粉末が均一分散したスラリー状組成物。さらに、増粘剤、分散剤、防錆顔料、コロイド状シリカ微粒子、湿潤剤および消泡剤等の他の添加剤を合計 0.1〜10質量%含有しうる。 (もっと読む)


【課題】 下地膜および耐熱性塗膜の密着性に優れるとともに、腐食物質や高温環境に対する耐食性に優れた耐熱性アルミニウム材を提供する。
【解決手段】 金属基材1と、厚みが50nm以上700nm以下であり空孔率が5%以下であり含水率が10%以下である陽極酸化膜2と、陽極酸化膜2上に塗布された膜厚が0.3μm以上10μm以下の耐熱性塗膜3とから構成され、耐熱性塗膜3は、ポリエステル樹脂、エポキシ樹脂、エポキシ変性ポリエステル樹脂、アクリル樹脂、アクリルシリコーン樹脂のうちの一種または2種以上の主成分樹脂3aに、ポリエーテルサルフォン系樹脂、ポリイミド系樹脂、ポリテトラフルオロエチレン系樹脂のうちの一種または2種以上からなる耐熱樹脂粒子3bが混合されてなり、かつ耐熱樹脂粒子3bの混合率が25質量%以下であることを特徴とする耐熱性アルミニウム材Aを採用する。 (もっと読む)


【課題】電極を低コストかつ短いタイムで形成し、比較的安価な薄膜素子を得る。
【解決手段】薄膜電極用ペーストは、Pd系合金,Pt系合金,Au系合金,Ag系合金又はNi系合金のいずれかからなる粒径が1〜40nmの金属微粒子と、その金属微粒子が分散した水又は有機溶剤とを備える。薄膜電極の製造方法は、基板11の平坦な上面にそのペーストを塗布して所定の厚さに成膜する工程と、熱処理によりペーストにおける溶媒を除去して金属微粒子を焼成することにより基板11上に薄膜電極12を得る工程とを含む。薄膜素子の製造方法は、その第1薄膜電極12上にゾルゲル法により誘電体材料膜13を形成する工程と、更にそのペーストを塗布して所定の厚さに成膜した後に熱処理して金属微粒子を焼成することにより誘電体材料膜13上に第2薄膜電極14を形成する工程とを含む。 (もっと読む)


【課題】 カチオン電着塗膜層と中塗り塗膜層とからなる仕上がり外観良好な複層塗膜を、一度の加熱硬化工程で形成することができる複層塗膜形成方法を提供すること。
【解決手段】 カチオン電着塗料組成物を電着塗装して未硬化の電着塗膜を形成する電着塗装工程、
未硬化の電着塗膜の上に中塗り塗料組成物を塗布して未硬化の中塗り塗膜を形成する中塗り塗装工程、および
未硬化の電着塗膜および中塗り塗膜を同時に焼付け硬化させる焼付け工程、
を包含する複層塗膜形成方法であって、
このカチオン電着塗料組成物が、カチオン性ビスフェノール型エポキシ樹脂(a)およびブロックイソシアネート硬化剤(b)を含み、
この中塗り塗料組成物が、ブロックイソシアネート硬化剤(d)、およびビスフェノール型エポキシ樹脂(c)またはその変性物、を含む、複層塗膜形成方法。 (もっと読む)


【課題】 優れた黒色外観及び耐食性を有する黒色化鋼板、並びに、当該鋼板の製造方法を提供する。
【解決手段】 Zn−Niめっき鋼板と、当該Zn−Niめっき鋼板の表面に形成される黒色化処理層と、当該黒色化処理層の外側に形成される有機樹脂層とを備える、黒色化鋼板であって、黒色化処理層に含まれる、金属ニッケル、酸化ニッケル、及び、酸化亜鉛の質量%を、それぞれ、A%、B%、及び、C%とするとともに、黒色化処理層の表面をP1、P1から0.1μm内側の黒色化処理層部位をP2とするとき、P1では、(A+B)/(A+B+C)≧0.01であるとともに、P2では、(A+B)/(A+B+C)≦0.15である、黒色化鋼板。 (もっと読む)


【課題】 燃焼時の有害ガス発生の懸念が無く、工業的生産が容易であり、且つ、厚塗りしても、塗膜のふくれや亀裂が発生せず、垂直面や天井面に塗布しても垂れや落下がない金属厚膜被覆用樹脂組成物を提供すること。
【解決手段】 ガラス転移温度(Tg)が0〜100℃、酸価が7〜60mgKOH/g、トルエン/n−ヘプタン(60/40重量比)溶剤浸漬によるゲル分率が60重量%以上、トルエン溶剤浸漬によるゲル分率が95重量%以下である合成ゴムラテックス及び/又はアクリルエマルジョン(A)、充填剤(B)、及び沸点が300℃以上の液状炭化水素化合物(C)を含有することを特徴とする金属厚膜被覆用樹脂組成物。 (もっと読む)


【課題】 樹脂層の密着性に優れるとともに耐食性に優れた熱可塑性樹脂被覆アルミニウム板を提供する。
【解決手段】 アルミニウム又はアルミニウム合金からなるとともに少なくとも一面が粗面化されてなる基板と、前記粗面化された一面に形成された厚みが21nm以上300nm以下の範囲の陽極酸化膜と、該陽極酸化膜上に積層された熱可塑性樹脂層とからなり、前記陽極酸化膜表面の算術平均粗さRaが0.1μmを越えて1μm以下の範囲であるとともに最大高さRmaxが4μmを超えて12μm以下の範囲であり、かつ100μm四方の表面積が20000μm以上であることを特徴とする熱可塑性樹脂被覆アルミニウム板を提供する。 (もっと読む)


【課題】 厳しい絞り加工や二次加工でも亀裂,破断が生じることなく、ステンレス鋼本来の耐食性に加えて塗装後耐食性も良好なステンレス鋼製燃料タンクを提供する。
【解決手段】 C:0.15質量%以下,Si:0.5質量%以下,Cr:11.0〜25.0質量%,N:0.020質量%以下,Ti:0.05〜0.50質量%,Nb:0.10〜0.50質量%,B:0.0100質量%以下を含み、一軸引張りで加工したときの破断伸び:30%以上,最小ランクフォード値rmin:1.3以上のステンレス鋼を基材に用い、伸び:200〜1000%,強度:3000〜9000N/cm2,強度/伸びの比率:3.0〜36.0のウレタン樹脂塗膜がクロメート皮膜を介して基材表面に設けられている。 (もっと読む)


【課題】 高温での弾性率、透明性、寸法安定性に優れたポリイミド樹脂層を持つポリイミド金属積層体を提供すること、沈み込みや、配線ずれ、剥離、メッキの染み込みなどの問題を発生しない、TABテープ加工ラインで広く使用されている、COF用基材として適するポリイミド金属積層体を提供すること。
【解決手段】 アルコキシシランおよび/またはその部分加水分解重縮合物(A)と、シリカと結合を形成できる官能基を持つアミノ基含有化合物(B)とを、ポリイミド溶液および/またはポリアミド酸溶液中で水の存在下反応させることにより得られるシリカ分散ポリイミド組成物から製造される樹脂層を少なくとも一層以上有するポリイミド金属積層体。 (もっと読む)


【課題】 高温において使用可能なマイクロ波発熱体を提供する。
【解決手段】 β型SiC固化体、またはCaO・6Al固化体からなるマイクロ波発熱体30、およびセラミック製の基材32と、前記基材32の少なくとも一表面に形成されてなるセラミック粉末を含む発熱層34とを有するマイクロ波発熱体30である。セラミック粉末としては、黒鉛、カーボンブラック、SiC、TiC、ZrC、WC、CaO、CaO・6Al、ZrB、TiB、MoBおよびCaFからなる群より選択される1種以上が用いられる。 (もっと読む)


【課題】
Al、Mg、Siを添加した高耐食性めっき鋼材において、加工部耐食性が優れた表面処理鋼板を提供すること。
【解決手段】
Zn合金めっき層を有するめっき鋼板のめっき層が〔Al/Zn/Zn2 Mgの三元共晶組織〕の素地中に〔Mg2 Si相〕と〔Al相〕及び〔Zn2 Mg相〕が混在した金属組織を有し、且つ、〔Al相〕の中にブラベー格子の格子面を構成する格子方向の一方の面間隔が2.57Å以上3.15Å以下で他方の面間隔が3.64Å以上4.46Å以下である格子面を持つ金属間化合物を含有するめっき層を有し,その上に中間層として下地処理層を有し,その上に上層として水性樹脂(a)の固形分100質量%に対して、シリカ粒子(b)を5〜50質量%含有する水性塗料を塗布、乾燥することにより得られる樹脂系皮膜が0.2〜5g/mの付着量で形成されている。 (もっと読む)


【課題】 厳しい絞り加工や二次加工でも亀裂,破断が生じることなく、ステンレス鋼本来の耐食性に加えて塗装後耐食性も良好なステンレス鋼製燃料タンクを提供する。
【解決手段】 C:0.15質量%以下,Si:0.5質量%以下,Cr:11.0〜25.0質量%,N:0.020質量%以下,Ti:0.05〜0.50質量%,Nb:0.10〜0.50質量%,B:0.0100質量%以下を含み、一軸引張りで加工したときの破断伸び:30%以上,最小ランクフォード値rmin:1.3以上のステンレス鋼を基材に用い、100℃での弾性率:1000N/cm2以上のウレタン樹脂に固形潤滑剤粒子を1〜35質量%分散させた樹脂皮膜がクロメート皮膜を介して基材表面に設けられている。 (もっと読む)


【課題】シリコーン系シーリング材から遊離したシリコーンオイル等によるガラス等の基材表面の汚染を長期間防止し、透明性を維持でき、光触媒膜の親水性等の諸特性が劣化しない自己流出性の層を有する光触媒膜を含む積層膜付き基材およびその製造方法の提供。
【解決手段】光触媒膜を含む積層膜付き基材の最外層に、自己流出性の層が形成されてなる積層膜付き基材。前記自己流出性の層は、(a)界面活性剤ならびに(b)Al、Si、Ti、Zr、SnおよびZnからなる群から選ばれる1種以上の金属酸化物を含むことが好ましい。 (もっと読む)


【課題】 クロムフリーの表面処理剤で表面処理された、耐食性及び耐指紋性に優れた表面処理鋼板を提供すること。
【解決手段】 金属鋼板上に、(I)乾燥膜厚で0.01〜1μmの高耐食性下層皮膜と、(II)乾燥膜厚で0.2〜3μmの耐指紋性皮膜とが順次形成されてなる表面処理鋼板であって、該高耐食性下層皮膜(I)が、(A)加水分解性チタン化合物、加水分解性チタン化合物の低縮合物、水酸化チタン及び水酸化チタンの低縮合物よりなる群から選ばれる少なくとも1種のチタン化合物を過酸化水素水と混合して得られるチタン、(B)有機リン酸化合物、(C)水溶性又は水分散性有機樹脂、(D)メタバナジン酸塩、(E)ジルコニウム弗化塩及び(F)炭酸ジルコニウム塩を含有してなる下層皮膜用表面処理組成物から形成された皮膜であることを特徴とする表面処理鋼板。 (もっと読む)


塗料組成物が、アミノプラスト架橋剤、アミノプラスト架橋剤との官能基反応性を有する固体ポリマー、および結晶質カルバメート−官能性添加剤の混合物の固体粒子を含有する。結晶質カルバメート−官能性添加剤は、少なくとも約30℃の融点を有し、かつ粉体塗料組成物の約15質量%までを占める。 (もっと読む)


1,401 - 1,420 / 1,464