説明

Fターム[4L002EA00]の内容

編地 (11,831) | 編地の特性 (1,626)

Fターム[4L002EA00]の下位に属するFターム

Fターム[4L002EA00]に分類される特許

41 - 60 / 917


【課題】布バネ材と金属等のフレーム等がこすられて発生するこすれ音を防止すると共に、フレーム等とのこすれに対する耐摩耗性を向上できる布バネ材用経編地を提供すること。
【解決手段】地組織の表裏面の少なくとも一方の面に畝状の凸部が形成されており、該畝状の凸部の少なくとも一部において凸部の幅が0.5〜30mm、凸部の高さが0.1〜1.0mm、凸部の間隔が0.3〜8mm、凸部の幅A(mm)と凸部の間隔B(mm)の比A/Bが0.5〜15であることを特徴とする布バネ材用経編地。 (もっと読む)


【課題】シートフレームが部分的な凹凸や湾曲等を有する複雑な形状であっても、布バネ材がシートフレームの形状に追従し易く、布バネ材を張設する際の局部的なシワや引きつれが抑えられ、違和感のない座り心地を達成できる布バネ材用経編地の提供。
【解決手段】地組織の一つのニットループを形成する繊維の総繊度が300〜1800デシテックスであり、ニットループの幅Aが0.5〜1.7mmであり、隣り合うニットループ間の距離Bが0.2〜1.5mmであり、ニットループの内側に形成される孔の幅Cが0.1〜0.8mmであり、ニットループの幅とニットループの内側に形成される孔の幅の比A/Cが2〜10であり、そして編地の少なくとも片面の剛軟度がタテ方向及びヨコ方向ともに30〜135mmであることを特徴とする布バネ材用経編地。 (もっと読む)


【課題】布バネ材と金属等のフレーム等がこすられて発生するこすれ音を防止すると共に、フレーム等とのこすれに対する耐摩耗性を向上できる布バネ材用織編物を提供すること。
【解決手段】マルチフィラメントを含む地組織の表裏面の少なくとも一方の面に凸部が形成されている織編物であって、凸部最表面がマルチフィラメントで構成され、凸部最表面のマルチフィラメントの単繊維の傾きが、織編物の基準線に対して0〜60度の範囲内にあることを特徴とする布バネ材用織編物。 (もっと読む)


【課題】地組織にモノフィラメントを用いなくとも伸長回復性(着座時の回復性)を維持し、人の体重を支えられる高い面剛性と高強力を有する経編布バネ材を、安定した編立て性で比較的安価に提供すること。
【解決手段】95wt%以上がマルチフィラメントで構成された経編地からなる布バネ材であって、該経編地の地組織が少なくとも3枚筬以上で構成され、少なくとも1枚の筬は鎖編を形成し、少なくとも2枚の筬は1針以上8針振り以下のトリコット編を形成し、該トリコット編を形成する少なくとも2枚の筬の振り方向は異方向振りであり、地組織のコース数(C)とウエル数(W)の関係が0.8W≦C≦1.5Wであることを特徴とする経編布バネ材。 (もっと読む)


【課題】意匠性や機能性をより高める上で複雑な糸種の組合せであるときであっても分割が可能で、かつ分割された縁部で編糸がほつれることのない伸縮性経編地を得る。
【解決手段】身生地部が伸縮糸および非伸縮糸から編成される伸縮性経編地であって、糸抜きにより分割が可能であり、かつ、該糸抜きされる抜き糸と該分割後に各身生地のヘム部をなす糸のそれぞれを非伸縮糸で構成するとともに、該糸抜き部および該ヘム部を鎖編みで編成し、かつ、前記抜き糸部と分割後のヘム部の連結糸として糸繊度22〜1240dtexの伸縮連結糸を用い、かつ、該伸縮連結糸の編組織を、前記身生地部を構成する前記伸縮糸および前記非伸縮糸の編組織と相違させて編成してなることを特徴とする分割可能な伸縮性経編地。 (もっと読む)


【課題】
重金属である亜鉛を実質的に含まずとも優れた耐塩素脆化性能を有し、特に水着用途に好適に使用されるポリウレタン糸ならびにそれを用いた布帛・水着を提供する。
【解決手段】
片ヒンダードのヒドロキシフェニル基を少なくとも1個有する分子量が300以上である片ヒンダードフェノール化合物、ならびに、アルカリ金属およびアルカリ土類金属の群から選択される1種の金属からなる合成炭酸塩、を含有することを特徴とするポリウレタン糸とし、これとその他の繊維とを混用して布帛、水着とする。 (もっと読む)


【課題】 簡素な工程で製造することができ、意匠性の優れたモアレ縞模様を確実に現出させることができるモアレ縞模様の装飾帯体を提供すること。
【解決手段】 表生地糸11がメッシュ状に編織された表生地1と、前記表生地糸11と異なる色の柄糸21Aを少なくとも含む下地生地糸21によって編織された下地生地2とが積層状態に固定されて構成される長手帯状の布帛であって、
これら表生地1と下地生地2との少なくとも長手方向の端縁部同士を同一の編織組織により一体に接合固定して一重組織領域Sを形成する一方、両生地が非接合かつ近接状態の二重組織領域Dを形成するという技術的手段を採用した。 (もっと読む)


【課題】潤時に織編物表面に凹凸が可逆的に発現し、一方乾燥時に凹凸が減少する織編物およびその製造方法および繊維製品を提供する。
【解決手段】湿潤時に捲縮率が低下する捲縮繊維Aと、非捲縮または湿潤時に捲縮率が実質的に変化しない捲縮を有する繊維Bとを含む織編物であって、該織編物の乾燥時における厚さ(TD)および湿潤時における厚さ(TW)から下記式により算出した凹凸変化率が5%以上であることを特徴とする湿潤により凹凸が発現する織編物。
凹凸変化率(%)=((TW−TD)/TD)×100 (もっと読む)


【構成】
編地の編幅に比例して編目サイズがウエール方向に沿って連続的に変化するように、大きなループ長で太い編糸からなる大きなサイズの編目のコースと、小さなループ長で細い編糸からなる小さなサイズの編目のコースとを編成する。
【効果】
パターンの外形に従って編幅が徐々に変わり、しかも編目の増減が少なく、かつ各編目がほぼ同じ見栄えを持つ、編地を編成できる。 (もっと読む)


【課題】抽出される飲料の香り・旨味に優れた、ティーバッグ、コーヒーフィルター、出汁袋など飲用物のための抽出用フィルターおよび該抽出用フィルターを製袋してなる嗜好性飲料の抽出容器を提供する。
【解決手段】単糸繊度が0.5〜5.0dtexの合成繊維からなる編物から構成され、編物は三角形または扇型の孔を有し、当該形状の孔の最大面積が50,000〜80,000μmである飲料の抽出用フィルター材。これにより所望の成分が効率よく飲料に抽出される。 (もっと読む)


【課題】収納するだけで、携帯端末のタッチパネルに付いた指紋などの汚れを取り除くことができる携帯端末収納袋を提供する。
【解決手段】この発明の携帯端末収納袋は、一端に開口部を有する袋状に生地を形成してなる携帯端末収納袋であって、生地の少なくとも携帯端末と接する面が割繊糸を起毛状に形成してなる起毛面からなる。 (もっと読む)


【課題】注入樹脂に空気が混入しにくくして硬化後の樹脂強度の低下を防ぎ、耐衝撃強度と耐久性を増大させてメンテナンスの手間を減らすことができ、補強材が可変パッドの破損によって周囲に飛散せずその取り扱いに不都合が生じないようにする。
【解決手段】樹脂製の袋本体38aと、この袋本体38aの隅に開口した樹脂注入口58と、空気抜き口60と、ポリエステル繊維、ポリエチレン繊維、ポリプロピレン繊維、ナイロン繊維、ビニロン繊維、アラミド繊維のいずれかの糸をメッシュ状に形成したもので袋本体38a内に収容されたメッシュ状補強材38bと、を備え、メッシュ状補強材38bの開口を一辺が2〜15mmの多角形とした。 (もっと読む)


【課題】衣料用や産業用繊維資材、医療用等、多方面に使用可能な機能性を有すると共に、解れる問題が無く、形態安定性に優れ、しかも生産性にも優れてコスト的にも優位な経編によるリバーシブル編地、つまりリバーシブル経編地を提供すること。
【解決手段】本発明は、表地組織部Fと裏地組織部Bと挿入部Mの三層構造からなる1枚の経編地を形成し、裏地組織部BのニードルループNLを編地裏側に表出させると共に、挿入部Mを編地表側に表出させて、かつ編地表側と編地裏側を裏地組織部Bで連結させることにより、解れ難く、形態安定性に優れ、しかも確実な表裏の棲み分けが可能なリバーシブル経編地Wを得る。 (もっと読む)


【課題】 長尺経編物の張力ムラやシワや緩み、更には、布目曲がりや、ねじれの発生を抑制して、編物が持つ、膨らみ感や立体感があり柔かい風合を損なうことがないようにする長尺経編物を提供する
【解決手段】 長手方向に沿って緩衝部3が左右に設けられ、それらの間の位置に製品本体部1が形成されている構成とされ、緩衝部3の横方向または斜め横方向のいずれかないしは両方に経糸Aによる架け渡しが形成されており、経糸Aと経糸Aの間隔D2が他の経編み編成箇所の架け渡しの経糸と経糸の間隔g1,g2よりも大きく(D2>g1,D2>g2)、かつ、緩衝部3における経糸Aの架け渡し方向の幅D1は、長尺経編物に張力をかけると、前記他の経編み編成箇所の隣接する各経糸同士の間隔d1,d2よりも大きい(D1>d1,D1>d2)。 (もっと読む)


【課題】ハイパイル布帛の柔軟性を保持しつつ、風合いを損なわずにパイル繊維の毛抜けを防止したハイパイル布帛およびその製造方法を提供すること。
【解決手段】メリヤスの地組織と、該地組織を構成する地糸に絡みつつ前記地組織の表面に立毛するパイル繊維と、を含むハイパイル布帛であって、前記パイル繊維は、アクリル繊維及びアクリル系繊維からなる群から選択される少なくとも1種の繊維であり、前記地糸を構成する繊維よりも軟化点が低く、前記地糸に絡んだパイル繊維のうち、前記地組織の表面に立毛するパイル繊維は熱圧着されておらず、前記地組織の裏面で地糸より外側に配された少なくとも一部のパイル繊維は熱圧着されており、前記地組織の裏面において、前記メリヤスを構成する各ループのうち、ウェール方向に近接する複数のループについて、異なるループに絡んだパイル繊維同士が連結されていない部分を有することを特徴とするハイパイル布帛。 (もっと読む)


【課題】本発明は、操作性に優れた、静電容量式タッチパネルを操作できる指袋の編成方法およびその指袋を提供することを目的とする。
【解決手段】非導電糸を用いて筒状に編成した指袋2に、先端の掌側の編幅中心近傍に導電糸を用いてウェール方向に複数の編目列が連続して形成される突出編地部3を編成するため、導電糸を用いた給糸口7を用い、FBとBBを交互に編成して突出編地部3の編出しとする。突出編地部3の編出しに続き、袋編成を行い、球体に近いような形状を形成し、狭い領域のタッチ操作などにも優れた静電容量式タッチパネルを操作できる指袋を形成する。 (もっと読む)


【課題】 簡素な工程で製造でき、経編地の表面からの見る角度が若干変わるだけでも異なる外観を呈することができる装飾性に優れた装飾経編地およびその製造方法を提供すること。
【解決手段】 編地の経方向に沿って装飾帯部Dが配設された装飾経編地であって、
この装飾帯部Dは、鎖編糸2により鎖編組織W・W…が経方向に沿って並列してそれぞれ編成され、これら各鎖編組織Wは、各針床列に対応して装飾経編地の表側と裏側に配設される一対の表側鎖編みWAおよび裏側鎖編みWBの二層構造から成る一方、
装飾扁平糸1の折り返し部が両端の鎖編組織Wに編絡して前記鎖編組織W・Wの間に亙り緯方向にジグザグに折り返された状態で挿入されて編み込まれて構成されており、
この装飾帯部Dを、前記装飾扁平糸1の扁平面11・11…の配列面側が、装飾経編地全体の表裏面に露出する向きになるように配設する。 (もっと読む)


【課題】 極細繊維を使用しているにも関わらず、所望の厚みを出すことができる高密度編物を提供する。また、適度な嵩高性を有し、拭き取り性能に優れ、また、全方向の拭き取りが可能で、拭き取り後の清浄度を高めることができる、自己発塵が少ないワイピングクロスを提供する。
【解決手段】 四層以上の多層構造を有する高密度丸編物であって、少なくとも表面層と裏面層とが、単糸繊度0.001〜0.15デシテックスのポリエステル系極細繊維からなり、中間層に、高収縮ポリエステル系繊維が用いられてなる、編密度が65コース/インチ(2.54cm)以上、60ウェル/インチ(2.54cm)以上、厚みが0.3mm以上であることを特徴とする高密度丸編物 (もっと読む)


【課題】 冷却の効果が大きい部位のみに接触冷感に優れた編地を配置して冷却による効果を向上させる身体にフィットするタイプの衣料を提供する。
【解決手段】 接触冷感に優れた編地を袖部のみに用いた身体にフィットするタイプの衣料であって、衣料の袖部総表面積の20〜100%に上記接触冷感に優れた編地であって、接触冷感に優れた編地を形成する繊維が、熱可塑性エラストマーからなる繊維又はポリアミド系汎用繊維であって、衣料の袖部の長さ方向の30〜100%の範囲および周径の20〜100%の範囲に上記接触冷感に優れた編地を連続して配置する。 (もっと読む)


【課題】 新規な形状や柄を表現することなどが可能な、筒状編地およびその編成方法を提供する。
【解決手段】 先行筒状編成領域1を足首部、一方側C字編成領域2を足甲部、他方側C字編成領域4を足底部および踵部とし、筒状編成領域3を足甲部と足底部との間に介在させて、筒状編地5としての靴下が形成される。一方側C字編成領域2は、編目列を係止する編針の位置を左側に寄せて右端に空針を設けながら、次のコースの編目列の編成で空針に筒状編成領域3との接合用の編目を形成することを繰返して編成する。他方側C字編成領域4は、コース毎に編成する編目列を左側に寄せて筒状編成領域3と接合することを繰返して編成する。編幅を途中のコースで増大させるので、踵部としての形状に適合させることができる。最終開口区間4cは、伏目処理で閉じて、靴下としてのつま先を形成している。 (もっと読む)


41 - 60 / 917