説明

Fターム[4L031DA07]の内容

繊維製品の化学的、物理的処理 (14,010) | 目的、効果 (2,871) | ピリング防止 (18)

Fターム[4L031DA07]に分類される特許

1 - 18 / 18



【課題】シャリ感、軽量性、通気性、保温性、吸水性、速乾性、耐ピリング性、耐毛羽落ち性に優れた織編物を与える軽量加工紡績糸及び当該軽量紡績糸からなる織編物を提供する。
【解決手段】紡績糸と水溶性糸を紡績糸の撚数の0.3〜1.5倍の撚数で紡績糸の撚り方向と同方向に撚り合わせた紡績糸20〜98質量%及び水溶性糸2〜80質量%からなる複合撚糸中の水溶性糸を溶解除去した軽量加工紡績糸、又は紡績糸と水不溶性フィラメント糸と水溶性糸を紡績糸の撚数の0.3〜2倍の撚数で紡績糸の撚り方向と同じ方向に撚り合わせた紡績糸と水不溶性フィラメント糸の合計が50〜95質量%及び水溶性糸の割合が5〜50質量%で且つ紡績糸と水不溶性フィラメント糸の合計に対して紡績糸が50〜99質量%及び水不溶性フィラメント糸が1〜50質量%である複合撚糸中の水溶性糸を溶解除去した軽量加工紡績糸及びこれらの軽量加工紡績糸から製造した織編物。 (もっと読む)


【課題】抗ピリング性に優れ、かつ、繰り返し洗濯後も優れた消臭性能を維持する。
【解決手段】セルロース系繊維30%以上含有する布帛を、モノクロル酢酸ナトリウムと水酸化ナトリウムと加工助剤を含有する処理液中に1:20の浴比で浸漬後、パッダーで絞った後、105℃、5分間放置した。得られた布帛は、カルボキシメチル基の含有率が0.1〜10モル%であり、抗ピリング性に優れ、繰り返し洗濯後も優れた消臭性能を維持する。 (もっと読む)


【課題】複合界面の剥離を抑制することができ、毛羽、糸切れ等を大幅に改善することができる海島型複合断面繊維、及び当該海島複合繊維中に含まれるポリエステルを溶解除去して得られる極細ポリアミド繊維を提供する。
【解決手段】主たる繰返し単位がエチレンテレフタレートより構成され、全酸成分に対し金属スルホネート基を含有するイソフタル酸成分が2.0〜5.5モル%、全酸成分に対するアジピン酸成分が3.0〜6.0モル%含まれるポリエステルであって、ポリエステルに可溶なチタン化合物をチタン元素換算で3〜10ppm含有し、リン化合物をリン元素換算で5〜40ppm含有するアルカリ易溶出性ポリエステルを海成分、ポリアミドを島成分とした海島型複合断面繊維である。 (もっと読む)


【課題】本発明の課題は、軽量であり、ソフトな肌触り、十分な保温性、優れた抗ピリング性およびマシンウォッシャブル性を備える嵩高獣毛布帛を形成することができる嵩高獣毛紡績糸およびその製造方法を提供することにある。
【解決手段】本発明に係る嵩高獣毛紡績糸の製造方法は、嵩高獣毛紡績糸を製造する嵩高獣毛紡績糸の製造方法であって、酸化処理工程、還元処理工程および嵩高獣毛紡績糸作製工程を備える。酸化処理工程では、獣毛繊維が酸化処理されてスケールオフ獣毛繊維が作製される。還元処理工程では、45度C以上に加熱された還元剤溶液が用いられてスケールオフ獣毛繊維が還元処理されて還元獣毛繊維が作製される。嵩高獣毛紡績糸作製工程では、還元獣毛繊維が用いられて嵩高獣毛紡績糸が作製される。 (もっと読む)


【課題】良好な立毛感と高い耐ピリング性を兼ね備える立毛調人工皮革およびそのような立毛調人工皮革を製造する方法を提供する。
【解決手段】極細長繊維の繊維束からなる不織布構造体、および、その不織布構造体内部に任意に含有された高分子弾性体からなり、少なくとも一方の表面に極細長繊維の立毛を有する立毛調人工皮革であって、極細長繊維の繊維束が水溶性樹脂を含む複合長繊維から水溶性樹脂を除去することにより形成され、立毛の根元およびその近傍には高分子弾性体の水分散液から得られた高分子弾性体が存在する立毛調人工皮革。 (もっと読む)


【課題】合成繊維を100%用い、その中に異形断面を混ぜるだけで、ウールのような適度な張り腰感、ドライ感をもちながら、優れた抗ピル性、イージーケア性をも併せ持つ織編物を提供する。
【解決手段】単糸繊度が1〜8デシテックスの範囲にあり、繊維断面が3〜8個の突部を有し、その異形度(外接円直径を内接円直径で除した値)の平均値が1.3以上である異形断面繊維を用い、かつ、合成繊維のみからなるポリエステル系紡績糸を4〜7重量%アルカリ減量してなる紡績糸。 (もっと読む)


【課題】本発明の課題は、嵩高性が高く、軽くてソフトな肌触りと保温性を有し且つ、抗ピリング性の高い嵩高布帛およびその製造方法を提供することにある。
【解決手段】本発明に係る嵩高布帛の製造方法は、増摩処理布帛製造工程、熱処理工程および洗浄工程を備える。増摩処理布帛製造工程では、増摩剤粒子分散液およびフッ素樹脂粒子分散液が嵩高布帛に塗布されて増摩処理布帛が製造される。熱処理工程では、増摩処理布帛が熱処理される。洗浄工程では、熱処理後の増摩処理布帛が洗浄される。 (もっと読む)


繊維品の酵素性漂白のための組成物及び方法を記載する。繊維品漂白のための過酸を生産するために、ペルヒドロラーゼ酵素がエステル基質及び過酸化水素と組み合わせて用いられる。本明細書の方法で漂白された繊維品は従来の化学的漂白工程で漂白された繊維品より、増加した染料取り込み、減少した繊維品の損傷及び/またはかさ高く柔軟な手触りを示す。
(もっと読む)


【課題】アクリル系繊維材料を強アルカリ性水溶液の中で、ヒドラジン処理する事によって、吸放湿性に優れたアクリル繊維を製造する方法が公知であるが、抗ピリング性、強度、形態安定性、染色性、保温性等は不充分であった。
【解決手段】本発明者等は上記諸問題を解決し、肌に優しいセルロース・アクリル系繊維材料の改質加工法の実用化研究を進めた結果、ヒドラジンとアミノエチル化剤を用いて、アルカリ性で熱処理する事によって、これらの諸問題が一挙に解決する事を見出した。本発明は、特に湿潤発熱性、抗ピリング性並びに染色性が優れており、風合いと着用快適性にも優れたセルロース・アクリル系機能性繊維材料を提供する事が出来る。 (もっと読む)


【課題】従来品と比べてより細い繊維からなり、強度に優れ、繊維の脱落が少なく、多岐の用途に供することが可能な極細アクリル繊維シート状物とその製造方法を提供する。
【解決手段】鋭角断面比率Kが0.5以下であり平均直径0.5μmより小さいアクリル繊維の集合体からなり、該繊維が分散して存在している分散部分と、該繊維が幅の広い筋状となって存在している筋状部分とでシート表面が構成されていることを特徴とする極細アクリル繊維シート状物、および、アクリロニトリル系ポリマー(A)とエステル系ポリマー(B)で構成される繊維であって繊維中のアクリロニトリル系ポリマーの比率が5〜60重量%である繊維から、アルカリによりエステル系ポリマー(B)を溶出した後にシート化することを特徴とする極細アクリル繊維シート状物の製造方法。 (もっと読む)


【課題】アクリル系繊維材料をヒドラジン処理した後、アルカリ処理する事によって、吸放湿性に優れたアクリル繊維を製造する方法が公知であるが、抗ピリング性を初めとする強度、形態安定性、染色性、保温性等は不充分であった。
【解決手段】本発明者等は上記諸問題を解決し、肌に優しい綿・アクリル系繊維材料の改質加工法の実用化研究を進めた結果、ヒドラジンによって処理した後、多官能グリシジルエーテル型カチオン化剤を用いて架橋反応とカチオン化を同時に行う事によってこれらの諸問題が一挙に解決する事を見出した。
本発明は、特に湿潤発熱性、抗ピリング性並びに染色性が優れており、着用快適性にも優れた綿・アクリル系機能性繊維材料を提供する事が出来る。 (もっと読む)


【課題】繊維製品表面に発生した毛羽あるいはフィブリルを効果的に除去すると共に繊維製品の脱色を行う繊維製品の加工方法である。
【解決手段】過マンガン酸塩と粒状無機塩の混合物を繊維製品に接触させて繊維製品表面の毛羽あるいは発生したフィブリルを除去する。また、過マンガン酸塩に対して異なる脱色性を示す染料を用いて染色した繊維製品に、過マンガン酸塩と粒状無機塩の混合物を接触させて繊維製品表面の毛羽あるいは発生したフィブリルを除去すると共に、繊維製品の脱色を行う。 (もっと読む)


【課題】
耐洗濯性ばかりでなく、更にその他各種物性の優れたウールを提供すること
【解決手段】
同一加工機内にウール、水、及び浸透剤を投入後、常温で浸漬して前処理し、次いで、先ず酸性溶剤、次に次亜塩素酸塩溶剤、続いてピロリン酸塩溶剤を、各々常温又は低温域で順次、適宜な間隔を設けて連続投入した後、加熱し、一定時間浸漬する方法で製造されたウール (もっと読む)


本発明は、ポリエステル含有布及び/又は被服のピリング性質を低める方法及び/又は色彩鮮明化の方法に関し、ここで前記方法は、前記布を、洗剤の不在下でポリエステル加水分解酵素により処理することを含んで成る。 (もっと読む)


本発明は、毛繊維製品を仕上げる方法に関する。本発明によれば、毛繊維製品が可能な限り僅かだけ動かされる又は全く動かないように、水溶液中の毛繊維製品が大量の水の中のプロテアーゼと、約60℃以下の温度にて、10〜90分間、接触させられる。酵素が不活性化され、毛繊維製品は、機械的な乾燥により、約60℃以下の温度にて乾燥させられて、最終含水量が10〜45%に至り、最終的な乾燥が機械的な動作を使用せずに実施される。 (もっと読む)


【課題】織編布の風合いや着用感を損ねることなく、ピリングの発生を抑制する織編布の処理方法を提供すること。
【解決手段】アラミド繊維からなる織編布を、第4級アンモニウム塩を含むアルカリ水溶液中に、70℃以上の温度で15分以上浸漬処理する。 (もっと読む)


本発明は、家庭洗浄条件下で非ケラチン性基材を処理するための液体洗濯洗剤組成物を対象とし、このような組成物は、(A)陰イオン性界面活性剤、非イオン性界面活性剤、双極性界面活性剤、両性界面活性剤及びこれらの組み合わせから成る群から選択される少なくとも1つの界面活性剤;(B)非官能化シリコーンと官能化シリコーンとを含むシリコーンブレンド;並びに(C)洗剤ビルダー、洗浄性酵素、移染抑制剤及びこれらの組み合わせから成る群から選択される、少なくとも1つの追加の非シリコーン洗濯補助剤を含む。請求された組成物は更に、いかなるコアセルベート相形成ポリマーも本質的に含まず、いかなる陽イオン性付着助剤も本質的に含まない。 (もっと読む)


1 - 18 / 18