説明

Fターム[4L033AA04]の内容

繊維製品への有機化合物の付着処理 (28,604) | 材料 (4,229) | 合成物 (2,728)

Fターム[4L033AA04]の下位に属するFターム

Fターム[4L033AA04]に分類される特許

1 - 20 / 313


【課題】 近年の環境変化と共にビル空調、病院施設やクリーンルームなどへの空調システムに於いては、従来の粉じん粒子の除去に加え、大気中に含まれる、アルカリ性ガスあるいは酸性ガスなどの汚染ガスの除去が要求されるようになってきた。
【解決手段】 繊維径が0.3〜50μm、厚みが0.1〜1.0mmの合繊繊維またはガラス繊維や天然繊維などからなる不織布あるいは織布にバインダ、溶融繊維あるいは接着パウダーの接着媒体を付けて、繊維径が0.01〜0.5μmの超極細繊維層を積層させ、前記不織布あるいは織布と超極細繊維を一体化した積層フィルタ基材にグラフト重合や薬液添着法などの手法によりイオン交換基や反応基を付与したガス除去フィルタろ材としたものである。 (もっと読む)


【解決課題】使い捨ておむつ等の衛生材料用吸収体の製造材料として好適な、広い幅の開繊物を得ることができる製造装置の提供。
【解決手段】予備開繊ユニット1、開繊ユニット2及び膨張・整形ユニット3は、繊維トウ10を連続的に送るための連通空間を形成して接続されている。開繊ユニット2のノズル32内にて繊維トウ10と粒状添加剤が接触され、開繊ゾーンZ1、Z2にて開繊され、膨張・整形ユニット3にて膨張整形され、繊維トウ開繊物と粒状添加剤が一体になった幅広の長尺状開繊物が得られる。 (もっと読む)


【課題】 ゴム組成物と繊維間の初期接着力及び耐熱劣化後の接着力、及び動的粘弾性を改善したゴム組成物−繊維複合体と、当該ゴム組成物−繊維複合体を得るための接着助剤、RFL接着剤処理液を提供する。
【解決手段】 カルボン酸ビニルエステルの含有量が0.5〜20重量%である塩化ビニル−カルボン酸ビニルエステル共重合体100重量部に対して、0.2〜10.0重量部のスルホン酸塩又は硫酸エステル塩を有する化合物と0.05〜3.0重量部の高級脂肪酸塩を含み、平均粒子径が0.3μm以下及びpHが3〜9である塩化ビニル−カルボン酸ビニルエステル共重合体ラテックスを含有することを特徴とする接着助剤、当該接着助剤を用いたRFL接着剤処理液、当該RFL接着剤処理液を用いたゴム組成物−繊維複合体。 (もっと読む)


【課題】優れた帯電防止性と吸水性およびそれらの洗濯耐久性を兼ね備えた合成繊維用耐久吸水帯電防止剤および耐久吸水帯電防止性を付与した機能性繊維製品を提供する。
【解決手段】所定の非イオン性ポリマー(A)と、所定のカチオン性化合物(B)および/または所定のカチオン性ポリマー(C)とを、(A):(B)、(A):(C)または(A):〔(B)+(C)〕=30:70〜80:20の配合比率(質量基準)で含む合成繊維用耐久吸水帯電防止剤およびこの合成繊維用耐久吸水帯電防止剤で処理してなる機能性繊維製品。 (もっと読む)


【課題】 導電性に優れると共に撥水性にも優れ、且つ通気性に優れる粒子融着繊維シートを提供する。
【解決手段】 少なくとも表面が熱可塑性樹脂からなる熱可塑性繊維を含む熱可塑性繊維シートの前記熱可塑性繊維の表面に、前記熱可塑性樹脂によって撥水性粒子及び導電性粒子が融着しており、前記撥水性粒子及び前記導電性粒子の融点又は分解温度が前記熱可塑性樹脂の融点より高く、前記撥水性粒子及び前記導電性粒子の粒子径が前記熱可塑性繊維の平均繊維径以下であることを特徴とする粒子融着繊維シート。 (もっと読む)


【課題】相対的に摺動運動するいずれか一方の部材に取り付け、相手部材の摺動面の潤滑の維持と付着するダストの除去を行うゴム弾性体で加硫結合強化した超極細樹脂繊維束集合体の許容温度範囲の拡大と高強度化を図る。
【解決手段】加硫結合強化した超極細樹脂繊維束集合体をシリコーン・アクリル共重合体樹脂エマルションを含浸処理を行い、加硫結合部及び超極細樹脂繊繊にシリコーン・アクリル共重合体樹脂皮膜を生成し、加硫結合部の補強と共に酸化劣化の進行を防止する。 (もっと読む)


【課題】樹脂補強用繊維の接着性、分散性を汎用かつ安価に向上させることによって、熱可塑性樹脂成型品の引張強度、曲げ剛性などの力学物性、熱寸法安定性、表面外観、耐久性および耐衝撃性に優れた繊維補強熱可塑性樹脂を提供すること。
【解決手段】有機繊維の表面に、(A)1分子に少なくとも3つ以上のエポキシ基を有する多官能性エポキシ化合物、(B)ポリウレタン樹脂系エマルション、および(C)ゴムラテックスを含む処理剤が固形分換算で1〜20重量%付与されてなり、かつ(A)/(B)(固形分重量比)=1/99〜30/70、《〔(A)+(B)〕/(C)》(固形分重量比)=80/20〜95/5の範囲である、樹脂補強用有機繊維、ならびに上記の(イ)樹脂補強用有機繊維と、(ロ)熱可塑性樹脂を主成分とし、(イ)と(ロ)との混合重量比が1/99〜70/30である繊維補強熱可塑性樹脂。 (もっと読む)


【課題】スポーツや高温・高熱にさらされる作業現場において着用快適性、吸熱性、涼感性等の優れたウエアが求められていたが、従来公知の加工法では品質面、経済性等の面で不充分であった。
【解決手段】本発明者等は上記諸問題を解決し、肌に優しい合成繊維材料の改質加工法の実用化研究を進めた結果、水溶性ジルコニュウム化合物を付与するか、或いは、架橋剤と天然系蛋白質を併用して水溶性ジルコニュウム化合物を付与する事によって、合成繊維材料に吸熱性と涼感性を付与する事が出来る事を見出した。その結果、スポーツ選手や高温・高熱にさらされる作業現場など、発熱・発汗を伴う場合のウエアとして極めて有効で快適な合成繊維材料を提供できる。 (もっと読む)


【課題】
グラフト率が良好な高分子繊維を低線量の放射線照射で製造できるグラフト重合高分子繊維の製造方法を提供する。
【解決手段】
不活性ガス雰囲気中で放射線を照射した高分子繊維基材に、アルコールを重合溶媒とする重合性モノマー溶液を含浸させた後、不活性ガス雰囲気下または減圧状態下で重合性モノマーをグラフト重合してグラフト重合高分子繊維を製造する。 (もっと読む)


【課題】加齢臭の消臭性能、洗濯耐久性に優れ、かつ、他の消臭製剤の性能を阻害しない衣類を得る。
【解決手段】アルキルポリアミン誘導体の乳化物と、アミノ変性ジメチルポリシロキサンを混合した溶液を、織物、編地に付着させノネナール消臭性能を有する衣料素材を得、更に、メタクリル酸グラフト重合綿と通常綿、あるいはメタクリル酸グラフト重合綿と通常綿と合成繊維を混紡した糸に、アルキルポリアミン誘導体の乳化物と、アミノ変性ジメチルポリシロキサンを混合した溶液を付着させて、アンモニア及びノネナール消臭性能を有する衣料素材を得る。 (もっと読む)


【課題】わたのボリュームを向上させる技術の提供。
【解決手段】下記(a)成分をわたに適用する、わたのボリュームを向上させるための(a)成分の使用。
(a)成分:主鎖を構成するオルガノポリシロキサンセグメント〔以下、セグメント(a1)という〕のケイ素原子の少なくとも2つに、ヘテロ原子を含むアルキレン基を介して、下記一般式(1):


〔式中、R1は水素原子、炭素数1〜22のアルキル基、アラルキル基又はアリール基を示し、nは2又は3を示す。〕で表される繰り返し単位からなるポリ(N−アシルアルキレンイミン)セグメント〔以下、セグメント(a2)という〕が結合してなるオルガノポリシロキサンであって、(a)成分中のセグメント(a1)の質量と(a)成分中のセグメント(a2)の全質量との質量比(a1/a2)が65/35〜80/20であり、セグメント(a1)の重量平均分子量が15,000〜80,000であり、セグメント(a2)の数平均分子量が800〜4000であるオルガノポリシロキサン。 (もっと読む)


【課題】 ストレッチ性と機能性化合物の単位化合物あたりの機能発現率の優れたポリウレタン弾性繊維およびその製造方法を提供する。
【解決手段】 ポリマージオールおよびジイソシアネートを出発物質とするポリウレタンを含むポリウレタン弾性繊維であって、ポリウレタンのウレタン基濃度がポリウレタン1kgに対して0.2mol/kg以上3.5mol/kg以下であり、繊維表面には下記一般式(1)に表されるビニルモノマーが重合されてなる被膜重合体を有し、かつ、該被膜重合体の厚みの平均が1ナノメートル以上5マイクロメートル以下であるポリウレタン弾性繊維とする。
【化1】


(式中、R、R’、R”は互いに独立に、水素原子又は任意の置換基を表す。) (もっと読む)


【課題】過酷な条件下で製糸されるエアバッグ用ナイロン繊維に対し長時間毛羽が発生し難く生産性が向上できる処理剤を提供する。
【解決手段】平滑剤成分(A)及び乳化剤成分(B)を含有し、(A)が有するヨウ素価に(A)及び(B)の総重量に基づく(A)成分の含有率を乗じた数と、(B)が有するヨウ素価に(A)及び(B)の総重量に基づく(B)成分の含有率を乗じた数の合計値が10.0未満である合成繊維用処理剤である。 (もっと読む)


【課題】走行時にコード内で発生する局所的な発熱を抑制することが可能なタイヤコードを提供する。また、このタイヤコードを用いることで、耐久性を向上させた空気入りタイヤを提供する。
【解決手段】有機繊維コードの表面に、繊維状フィラーとレゾルシン・ホルマリン・ラテックス系接着剤とを含む接着剤液が付着してなるタイヤコードである。繊維状フィラーのうちの少なくとも一種が、熱伝導率10〜1200W/mK、フィラー径1〜20μm、アスペクト比5〜1000を有する。このタイヤコードを用いた空気入りタイヤである。 (もっと読む)


【課題】良好な親水性および加工性を有する、皮膚への刺激が少ない親水性合成繊維を提供する。
【解決手段】(a)サーファクチンに代表されるリポペプチド構造を有する界面活性剤、ソホロリピッド、ラムノリピッドおよびマンノシルエリスリトールリピッドに代表される糖脂質の界面活性剤からなる群から選ばれる少なくとも1種の界面活性剤、(b)(ポリ)グリセリン、(ポリ)グリセリン脂肪酸エステル、および(ポリ)グリセリンのアルキレンオキサイド付加物からなる群から選ばれる少なくとも1種の化合物、ならびに(c)乳酸塩を含む繊維処理剤であり、成分(a)〜(c)の質量を合わせて100質量%としたときに、成分(a)を2.5質量%以上50質量%以下で含む繊維処理剤を、合成繊維表面に付着させ、親水性合成繊維を得る。 (もっと読む)


【課題】メチルメルカプタン、硫化水素、ジメチルジスルフィド等の硫黄系悪臭に対して優れた消臭性能を発揮し、しかもこの優れた消臭性能を長く維持できる消臭材及びその製造方法を提供することを目的とする。
【解決手段】合成繊維にバインダー樹脂を介して消臭剤を付着させた消臭材において、合成繊維の少なくとも一部に鹸化度が95.0〜99.5%の範囲の水溶性ポリビニルアルコール樹脂からなるバインダー樹脂と、架橋剤と、金属フタロシアニン錯体とを付着させることによって、硫黄系悪臭に対して優れた消臭性能を発揮し、しかもこの優れた消臭性能を長く維持できることを見出し本発明に到達した。 (もっと読む)


【課題】被処理液中に含まれる菌体や細胞などの破砕を抑制すると共に、低線速のクロスフローにおいてろ過性能の向上を図ることができる異形多孔性中空糸膜の製造方法、異形多孔性中空糸膜、この異形多孔性中空糸膜を用いたモジュール、異形多孔性中空糸膜を用いたろ過装置及び異形多孔性中空糸膜を用いたろ過方法を提供する。
【解決手段】熱可塑性樹脂、有機液体及び無機微粉を溶融混練し、溶融混練物を二重環状の吐出口21から吐出させ、冷却固化した後に有機液体及び無機微粉を抽出除去することによって異形多孔性中空糸膜1を得る異形多孔性中空糸膜の製造方法であって、吐出口21は、環状の内装部23と当該内装部23を包囲するように配設された外装部24とから構成され、内装部23の外周部23aには当該内装部23の周方向に沿って凹凸25が形成されており、溶融混練物を吐出口21にて成型して吐出する。 (もっと読む)


【課題】耐久撥水撥油性を付与できる撥水撥油剤組成物を提供すること。
【解決手段】下記一般式(I)で表されるピラゾールブロック疎水性ポリイソシアネートと非イオン界面活性剤とを含有するピラゾールブロック疎水性ポリイソシアネート水分散液、及び、炭素数が6以下のペルフルオロアルキル基を有する撥水撥油性成分を含む。R(−NH−CO−Z)・・・(I)式(I)中、mは2以上の整数を示し、Rはm個のイソシアネート基を有するポリイソシアネート化合物からm個のイソシアネート基を除いた残基を示し、Zは同一でも異なっていてもよく、イソシアネート基と反応可能な活性水素含有化合物から水素原子を除いた残基を示し、Zのうちの少なくとも2つは、下記一般式(II)で表されるピラゾール基である。
(もっと読む)


【課題】有機繊維ディップコードを製造する際に、ディップ液のスケールがコードに付着することを抑制する。
【解決手段】簾コード14(コード)に付着した余分なディップ液24を除去する除去工程の雰囲気、及び簾コード14に付着したディップ液24を乾燥させる乾燥処理工程において乾燥処理の初期に簾コード14と接触する第1トップロール51(搬送ロール)周辺の雰囲気の少なくとも一方を、結露が生じないように加湿して過飽和状態とする。これにより、簾コード14に付着したディップ液24が自然乾燥しないようにして、該ディップ液24の濃度増加による粘度上昇と固化を抑制する。 (もっと読む)


【課題】 あらかじめ撥水加工が施された繊維を用いることがなく、汎用性のある繊維布帛に対し、優れた汗しみ抑制性能を付与することができ、また、生産性の優れた汗しみ抑制繊維布帛の製造方法を提供する。
【解決手段】 吸水性を有する繊維布帛の片面に撥水剤を有しており、JIS L0853 水滴下に対する染色堅牢度に準じた試験において、水滴下後の変退色が2分後、乾燥後とも3級以上である。繊維布帛の片面に、撥水剤を含むエマルジョン糊を捺染手法により付与する。 (もっと読む)


1 - 20 / 313