説明

Fターム[4L033AB03]の内容

繊維製品への有機化合物の付着処理 (28,604) | 構造 (5,086) |  (420)

Fターム[4L033AB03]に分類される特許

61 - 80 / 420



【課題】過酷な条件下で製糸されるエアバッグ用ナイロン繊維に対し長時間毛羽が発生し難く生産性が向上できる処理剤を提供する。
【解決手段】平滑剤成分(A)及び乳化剤成分(B)を含有し、(A)が有するHLBに(A)及び(B)の総重量に基づく(A)成分の含有率を乗じた数と、(B)が有するHLBに(A)及び(B)の総重量に基づく(B)成分の含有率を乗じた数の合計値が6.5以上である合成繊維用処理剤であって、平滑剤成分(A)が1価アルコールアルキレンオキサイド付加物の2価脂肪酸、含硫黄2価脂肪酸エステル(A1)、多価アルコールアルキレンオキサイド付加物の1価脂肪酸エステル(A2)、動植物油(A3)、1価アルコールの1価脂肪酸エステル(A4)、1価アルコールの2価脂肪酸または含硫黄2価脂肪酸エステル(A5)及び多価アルコールの1価脂肪酸酸エステル(A6)からなる群から選ばれる1種以上であることが好ましい。 (もっと読む)


【課題】工程通過性に優れた芳香族ポリアミド短繊維を提供すること。
【解決手段】繊維の表面に油剤が付着している芳香族ポリアミド短繊維であって、該油剤が(A)成分を50〜95重量%、(B)成分を5〜20重量%含有し、かつ該油剤の高濃度エマルジョン粘度が50Pa・s以下であることを特徴とする芳香族ポリアミド短繊維。(A)炭素数が6〜12の燐酸エステルのアルカリ金属塩、(B)30℃での動粘度が5〜50mm/sである多価アルコールのアルキレンオキサイド付加物。さらには、繊維重量に対する付着量が0.2〜1.0重量%であることや、芳香族ポリアミド繊維がポリメタフェニレンイソフタルアミド繊維であることが好ましい。 (もっと読む)


【課題】 高度の合撚技術を必要とせず、任意のループ長のパイルを形成しうる靴拭きマットの製造方法を提供する。
【解決手段】 高融点重合体よりなる芯成分と低融点重合体よりなる鞘成分とで構成された芯鞘型単フィラメントaが複数本集束したマルチフィラメント糸Aを準備する。一方、低融点重合体よりも融点の高い重合体よりなる単フィラメントbが複数本集束したマルチフィラメント糸Bを準備する。マルチフィラメント糸A及びBを合わせた合撚糸を、一次基布に刺し込んでループパイルを形成後、ループパイルを切断してカットパイルを形成し、パイル原布を得る。パイル原布を加熱処理して、低融点重合体を溶融し、マルチフィラメント糸Aを形成している芯鞘型単フィラメントa同士を固着し、マルチフィラメント糸Aをモノフィラメント糸化する。以上のようにして、カットパイル中にモノフィラメント糸とマルチフィラメント糸Bとが併存する靴拭きマットを得る。 (もっと読む)


【課題】工程の低湿化や高湿化などの様々な状況の変化に対応しうる、工程通過性に優れた芳香族ポリアミド短繊維を提供すること。
【解決手段】繊維表面に油剤が付着している芳香族ポリアミド短繊維であって、該油剤が(A)成分を50〜90重量%含有し、かつ(B)成分を1〜10重量%含有することを特徴とする芳香族ポリアミド短繊維。(A)炭素数が12〜18の燐酸エステルであり、かつエステルの50重量%以上がモノエステルである燐酸エステルのアルカリ金属塩。(B)30℃における粘度が5〜20mm/sであるジメチルシリコーン。さらには、該油剤の付着量が、繊維重量に対して0.2〜0.8重量%であることや、該油剤の流動性が2cm以下であること、芳香族ポリアミド繊維がポリメタフェニレンイソフタルアミド繊維であることが好ましい。 (もっと読む)


本発明は、不活性材料又は自然発生的な材料をシルクポリペプチドでコーティングする方法に関する。本発明は更に、上記方法により入手可能なコーティングされた不活性材料又は自然発生的な材料に、及びその使用に関する。本発明は、上記コーティングされた材料を含む製品にも関する。 (もっと読む)


【課題】 優れた伸縮性や軽量性を実現しつつ、羽毛の抜け出しやパッカリングを効果的に防止することが可能な羽毛入り繊維製品用ミシン糸、該羽毛入り繊維製品用ミシン糸を用いた羽毛入り繊維製品、及び、羽毛入り繊維製品の製造方法を提供する。
【解決手段】 ポリエステル繊維糸条に、撥水剤による撥水処理、及び、制電処理が施されていることを特徴とする羽毛入り繊維製品用ミシン糸。 (もっと読む)


【課題】 製織後の後加工工程において精練性に優れ、ウォータージェットルーム製織の場合には、落糊の発生が抑制することができる繊維用糊剤と、この繊維用糊剤をサイジングして得られる糊付糸と、この繊維用糊剤を用いて行われる織物の製造方法とを提供することである。
【解決手段】 本発明の繊維用糊剤は、(メタ)アクリル酸、(メタ)アクリルアミド系単量体および反応性界面活性剤を含有する重合性成分を共重合して得られる共重合体の中和物と、水とを必須成分として含む。 (もっと読む)


細長い部材を引き回し、保護するための織物スリーブ、およびその構築方法が提供される。織物スリーブは、織り交ぜられた糸から構築される細長い織物壁を有する。アクリルバインダおよび水系シリコン樹脂からなるエマルジョンを塗布して、織り交ぜられた糸をコーティングする。アクリルバインダは、150℃未満での織物スリーブの端ほつれに対する耐性を与え、シリコーン樹脂は、約150から500℃の間での端ほつれに対する耐性を与える。 (もっと読む)


【課題】レゾルシンおよびホルマリンを含まず、加熱後の接着性および環境、特に作業環境の良好な有機繊維コード用接着剤組成物、並びにそれを用いたゴム補強材、タイヤおよび接着方法を提供する。
【解決手段】アクリル樹脂と、エポキシ化合物と、硬化剤と、ゴムラテックスと、を含む有機繊維コード用接着剤組成物、並びにそれを用いたゴム補強材、タイヤおよび接着方法である。エポキシ化合物の質量に対するアクリル樹脂の質量の比率である(アクリル樹脂の質量/エポキシ化合物の質量)が、0.1以上10以下であることが好ましく、ゴムラテックスの質量に対する、エポキシ化合物およびアクリル樹脂の合計質量の比率である((エポキシ化合物の質量+アクリル樹脂の質量)/ゴムラテックスの質量)が、0.1以上1.0以下であることが好ましい。 (もっと読む)


【課題】耐疲労性及び使用時の静粛性に優れたポリエチレンナフタレート繊維を含有するベルト補強用繊維材料及びそれを用いてなるベルトを提供すること。
【解決手段】ポリエチレンナフタレート繊維を含む繊維から構成されたベルト補強用繊維材料であって、該ポリエチレンナフタレート繊維のX線広角回折より得られる結晶体積が550〜1200nmであり、かつ結晶化度が30〜60%であることを特徴とするベルト補強用繊維材料。さらには、該ポリエチレンナフタレート繊維におけるX線広角回折における最大ピーク回折角が25.5〜27.0であることや、該ポリエチレンナフタレート繊維における窒素気流下10℃/分の降温条件下での発熱ピークのエネルギーΔHcdが15〜50J/gであることが好ましい。また、ベルト補強用繊維材料が、撚糸された繊維コードであることや、ベルト補強用繊維材料が織物であって、経糸がポリエチレンナフタレート繊維からなる糸条であることが好ましい。 (もっと読む)


【課題】ポリエステル系繊維品に耐久性にすぐれる難燃性を付与することができる難燃加工剤とそれを用いる難燃加工方法と、更には、それを用いて得られる難燃加工ポリエステル系繊維品を提供する。
【解決手段】本発明によれば、トリス(2,3−ジブロモプロピル)イソシアヌレート100重量部に対して、ビフェニリルジフェニルホスフェートとナフチルジフェニルホスフェートから選ばれる少なくとも1種の芳香族リン酸エステル60〜350重量部をノニオン系界面活性剤とアニオン系界面活性剤の存在下に水に乳化させ、又は、分散させてなることを特徴とするポリエステル系繊維品の難燃加工剤が提供される。 (もっと読む)


【課題】除濁等の濾過用途に好適な、緻密な細孔と高い透水性能を有し、耐久性及び耐汚染性にも優れたポリフッ化ビニリデン糸中空糸膜を提供する。
【解決手段】内径0.4mm以上2.3以下、空孔率が60%以上90%以下であり、引っ張り破断強度が7MPa以上20MPa以下であり、引っ張り弾性率が10MPa以上80MPa以下であり、瞬時耐圧縮強度が0.3MPa以上3.0MPa以下であるポリフッ化ビニリデン中空糸膜。 (もっと読む)


【課題】 本発明の目的は、安定解舒性および平滑性に優れた弾性繊維用処理剤、弾性繊維用処理剤の製造方法、および該処理剤が付与されている弾性繊維を提供することである。
【解決手段】 本発明の弾性繊維用処理剤は、ベース成分として、シリコーン油、鉱物油およびエステル油より選ばれる少なくとも1種を含有し、不飽和エステルの2量体、3量体、4量体および5量体より選ばれる少なくとも1種の成分(A)を処理剤全体に対して0.1〜30重量%含有する。 (もっと読む)


【課題】樹脂含浸性および開繊性が良好で、強度が高い炭素繊維束を製造できる炭素繊維前駆体繊維束を提供する。
【解決手段】複数の単繊維からなり、該単繊維がアクリロニトリル系重合体からなる炭素繊維前駆体繊維束であって、単繊維の断面の長径と短径との比(長径/短径)が、1.35〜1.5であり、単繊維の表面の最大高さ(Ry)が、0.42〜0.6μmであり、Ry/(長径/短径)が、0.31μm以上である。 (もっと読む)


【課題】優れた機械強度と均一な品質との両立を図ったゴム補強用コードおよびその製造方法を提供する。
【解決手段】溶液中のレゾルシン/ホルムアルデヒド総量のモル比、レゾルシンおよびホルムアルデヒド総量とゴムラテックス固形分の総量との比、RFL接着剤液の総固形分量に対するアルカリ金属水酸化物の固形分の質量%、総固形分量に対する添加されたNH水溶液のNHOHベースの質量%、総固形分濃度%を全て所定の範囲とし、かつ、この溶液中のラテックス成分を構成するゴムを所定のゴムラテックスとするRFL接着剤液を用いて接着剤処理され、ゴム中に埋め込まれて加硫された後の強度が8.0g/d以上であるゴム補強用コードである。 (もっと読む)


【課題】リヨセル繊維コードと被覆ゴムとの接着性をレーヨン繊維コードと同等以上に向上するようにしたゴム補強用繊維コードを提供する。
【解決手段】レゾルシン・ホルマリン・ラテックス混合液で処理したリヨセル繊維コードであって、前記レゾルシン・ホルマリン・ラテックス混合液が、レゾルシン(R)とホルマリン(F)のモル比(R/F)が0.25〜0.40、かつ前記レゾルシン・ホルマリン(RF)及びラテックス(L)中の固形分の重量比(RF/L)が0.2〜0.4であることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】安定した導電性が得られるとともに、良好な難燃性を有し、さらに、生産性に優れ比較的安価に製造することのできるセルロース系繊維からなる難燃性導電糸及びその製造方法を提供する。
【解決手段】ドーパント、酸化剤及びバインダー樹脂を含有してなる処理液で処理したセルロース系繊維からなる糸を気相状態の導電性ポリマー前駆体と反応させ、さらに前記処理液に難燃剤を含有させることにより、あるいは別工程でデイッピング処理にて難燃剤を付着せしめることにより、良好な難燃性をも有するセルロース系繊維からなる難燃性導電糸が得られる。 (もっと読む)


【課題】繊維コードとゴムとの界面に高い剪断接着力を付与することを可能にしたゴム補強用繊維コード及びそれを用いた空気入りラジアルタイヤを提供する。
【解決手段】繊維コードC0に、レゾルシン・ホルムアルデヒド初期縮合物と、ゴムラテックスと、平均繊維径が1μm以下のミクロフィブリル化セルロース短繊維とを混合してなる接着剤C1を塗布したゴム補強用繊維コードCを構成する。一対のビード部3間にカーカス層4を装架し、カーカス層4の外周側にベルト層6を配置し、ベルト層6の外周側に補強コードをタイヤ周方向に巻回してなるベルトカバー層7を配置した空気入りラジアルタイヤにおいて、ベルトカバー層7の補強コードとしてゴム補強用繊維コードCを用いる。また、カーカス層4のの補強コードとしてゴム補強用繊維コードCを用いる。 (もっと読む)


【課題】製造工程上環境負荷が小さく、ディップ作業性を維持することができ、かつ、接着強度に優れたゴム補強用コードおよびその製造方法を提供する。
【解決手段】レゾルシン、ホルマリンおよびソープフリーラテックスを含む接着剤を用いて乾燥熱処理が施されたゴム補強用コードである。レゾルシンおよびホルマリンに対するソープフリーラテックスの質量比RF/Lが下記式、
1<RF/L×100<8
好ましくは、
1<RF/L×100≦6
で表される関係を満足する。 (もっと読む)


61 - 80 / 420