説明

Fターム[4L033AB03]の内容

繊維製品への有機化合物の付着処理 (28,604) | 構造 (5,086) |  (420)

Fターム[4L033AB03]に分類される特許

161 - 180 / 420


【課題】天然パルプ抄造紙に成る紙糸を使用して耐水性に優れ、可撓性に富み、而も、天然パルプ抄造紙固有の感触・風合いを保持し、表装材等に適した織編布帛を得る。
【解決手段】坪量10〜40g/m2 の天然パルプ抄造紙を裁断して幅1.5〜15mmの紙テープとし、加撚して甘撚紙糸11とし、織編布帛に使用する。紙テープは、撚斑が発生し、強撚部21の撚数が甘撚部22の撚数の3倍以上になるように撚数40〜200回/mで加撚する。甘撚部と強撚部の外観上の相違によって絣調地模様が描出され、デザイン的に付加価値の高い織編布帛が得られる。又、内部隙間14や外部溝隙間19が甘撚紙糸の内外に発生するので、水系樹脂組成物と共に機能性物質を付与し、耐水性や機能性に優れた織編布帛を得ることが出来る。水系樹脂組成物や機能性物質は、隙間14・19に吸着保持されるので、天然パルプ抄造紙固有の感触・風合いを損なうことはない。 (もっと読む)


【課題】ラミー繊維の低い生産性や、製品品質の不安定さといった要因から不可能であった、超高繊度なラミー布帛を製造する方法を提供する。
【解決手段】本発明による製造方法は、ヤーンを形成するために水溶性繊維をキャリヤとして用いることによって、2500番手以上のラミー繊維を混紡する段階と、ヤーンを低温でサイジング処理し、その後にヤーンを製織し生機を製造する段階と、160番手以上の繊度を有するラミー繊維を得るために、プリント工程や染め工程の後の仕上げ工程の間に、生機を減量加工することによって、水溶性繊維を生機から取り除く段階とを備える。 (もっと読む)


外表面上に形状特徴の配列を有する釣り糸及びかかる糸を作製するための方法。
(もっと読む)


【課題】 表面には出ない経糸に抗菌処理を施すことで、抗菌作用を持続させることができる経糸・緯条からなる織物を提供する。
【解決手段】 経糸の表面と裏面を経糸と直交する方向に所定間隔ごとに交叉させて通した緯条で交互に表面と裏面を覆うように畳織りで織成した経糸・緯条織物において、経糸を抗菌処理したことを特徴とする経糸・緯条織物。 (もっと読む)


【課題】 アクリル繊維から炭素繊維を製造する際に、耐炎化工程で耐炎化繊維相互の膠着を防止し、走行中耐炎化繊維の集束性が良好で、更に炭素化工程での焼成炉内汚染物質の発生を防止できる炭素繊維製造用アクリル繊維を提供する。
【解決手段】 繊維径が5〜20μmのアクリル繊維の質量に対して、水分が20〜60質量%付着されてなり、且つ、アクリル繊維に対して、カルシウム成分(A)が5〜50質量ppm、ナトリウム成分(B)が0〜50質量ppm、マグネシウム成分(C)が0〜50質量ppm、(A)+(B)+(C)が5〜100質量ppm、アミノシリコーンが0.02〜2.0質量%の範囲で付着されてなる炭素繊維製造用アクリル繊維。 (もっと読む)


【課題】伝動ベルトとした際に、屈曲走行時の高温環境下、水がかかり水蒸気にさらされる環境下、エンジンオイル、潤滑油等のオイルが付着する環境下の耐熱性、耐水性、対油生を有するゴム補強用繊維を提供する。
【解決手段】バサルト繊維フィラメントを複数本集束させてストランドとし、ストランドの表面にフェノール類−ホルムアルデヒド縮合物およびゴム組成物を含有する被覆層を設けてなることを特徴とするゴム製伝動ベルトの芯線として使用するためのゴム補強用バサルト繊維3。バサルト繊維のフィラメント径が5μm以上、15μm以下とする。 (もっと読む)


【課題】レゾルシン−ホルムアルデヒド縮合物を除く水に溶解し難いフェノール類−ホルムアルデヒド縮合物と水溶性ゴムラテックスを水に溶解させた接着性組成物、特にゴム製の伝動ベルトに繊維コードを補強のため母材ゴムに埋設させる際に、母材ゴムとの接着を高めるために繊維コ−ドに被覆して用いるに良好な接着性組成物を提供する。
【解決手段】フェノール類をホルムアルデヒドと水中で縮合反応させて生成したフェノール類−ホルムアルデヒド縮合物の沈殿を、アルコール化合物を加えて溶解させた後、ゴムラテックスと混合させてなることを特徴とする接着性組成物の製造方法。アルコール化合物の添加量は、フェノール類−ホルムアルデヒド縮合物の重量に対して、50重量%以上、500重量%以下とする。 (もっと読む)


【課題】タイヤのベルトやカーカスの補強用コードを構成する繊維の高温時、特にポリアミドの融点以上の温度においても形態を保持することが可能な高耐熱性のタイヤコード用ポリアミド繊維材料とその製造方法を提供すること。
【解決手段】ポリアミドを主成分とするゴム補強用繊維材料であって、前記ポリアミド分子鎖の少なくとも一部に架橋構造を有しており、主成分のポリアミドの融点+20℃の温度で熱溶融流動を起こさない高耐熱ゴム補強用繊維材料。及び、ポリアミドを主成分とした樹脂を溶融紡糸した未延伸糸、前記未延伸糸を熱延伸した延伸糸、前記延伸糸を1本以上撚り合わせた撚糸コード、前記撚糸コードを製織した簾織物から選ばれる繊維材料に、電離放射線を照射する高耐熱ゴム補強用繊維材料の製造方法。 (もっと読む)


本発明は航空機を覆う羽布に関する。その布は、架橋されたアニオン脂肪族ポリエステル−ポリウレタン分散体の1層以上の層で被覆され、および/または、被覆された繊維またはフィラメントから編まれる。本発明の羽布は、熱活性化熱架橋接着剤で接着される。本発明の羽布の利点は、覆った後にさらに被覆をする必要がなく、よって、覆う過程で極めて少ない重量しか加わらないことである。さらに、ユーザは、接着剤、張り誘起ワニス、シンナー、フィラーあるいは着色ワニスに有機溶媒を用いることなく航空機に覆いを付けることができ、よって航空機を被覆するに当たって環境にやさしい方法が提供される。 (もっと読む)


【課題】羊毛等蛋白質繊維品の安全で環境にやさしい恒久的フラットセット、プリーツセット、ストレッチ性付与、形態安定加工および染色性の改善方法を提供する。
【解決手段】羊毛等蛋白質繊維品のなどのセット処理法および染色性改善のための複合機能付与剤として新規で高性能なエチレンジアミン類の少なくとも一種、またはPH調整剤として有機酸を用いて、10〜100℃の液中あるいは蒸気中で5〜30分間処理する。安全で環境にやさしく、省エネ、省資源、省力型の処理法である。 (もっと読む)


【課題】薬物送達に有用な、改良されたコーティングされたフィラメントを提供する。
【解決手段】本発明は、ビニルラクタムポリマーおよびラクトンポリマーから誘導されるポリマーを含むコーティングを含むフィラメントを提供する。本開示は、コーティングされたフィラメントを記載する。1つ以上のフィラメントが、種々の外科用デバイス、例えば、縫合糸、メッシュなどを形成するために利用され得る。これらフィラメントは、ビニルラクタム含有組成物でコーティングされる。実施形態では、この組成物は、ビニルラクタムポリマーおよびラクトンポリマーのブレンドを含んでいる。 (もっと読む)


【課題】高速耐久性、乗り心地、音振特性等の他のタイヤ性能を維持しつつ、操縦安定性を向上する空気入りラジアルタイヤを提供する。
【解決手段】ラジアルカーカス5のクラウン部3外周に設けられる少なくとも2層のコード交差層からなるベルト6と、該ベルト6の外周に沿って巻回した有機繊維コードよりなるベルト補強層7、8とを備える空気入りラジアルタイヤTにおいて、前記ベルト補強層7、8をタイヤ幅方向の中央部と両端部とに区分し、前記中央部のベルト補強層7の補強コードとしてナイロンコードを使用し、前記両端部のベルト補強層8の補強コードとしてポリエステル(PET)コードを使用する。 (もっと読む)


【課題】シリコーン化合物を主基剤とする繊維製品処理剤で処理した場合の吸水性を悪化させる問題を解決できる繊維製品処理剤の提供。
【解決手段】(a)アミノ変性シリコーン化合物及び/又はアミド変性シリコーン化合物、並びに、(b)アルキレンテレフタレート単位及び/又はアルキレンイソフタレート単位とポリオキシアルキレン単位とを含む重量平均分子量1,000〜100,000の高分子化合物を所定の質量比で含有する繊維製品処理剤。 (もっと読む)


【課題】耐久性よく機能剤を付与された再生ポリエチレンテレフタレート繊維を提供する。
【解決手段】再生ポリエチレンテレフタレートと機能剤を主原料とし、繊維断面がC字型に1個以上の凸部を有する形状または5個以上の凸部を有する多角形の形状である、機能性異型再生ポリエチレンテレフタレート繊維。機能剤は、撥水撥油剤、抗菌剤、消臭剤、防汚剤、防ダニ剤、帯電防止剤、吸水剤、吸発熱剤、遠赤保温剤、アレルゲン不活化剤および難燃剤から選択され、繊維中に練り込まれるか、繊維表面に付着される。 (もっと読む)


【課題】フッ素系コーティング液で玄武岩糸をコートして該玄武岩糸の柔軟性および製織容易性などを与えると共に、リン系難燃コーティング液で玄武岩コア糸または該玄武岩コア糸に使用される副糸をコートして玄武岩糸および玄武岩コア糸に機能性を与える、玄武岩糸と玄武岩コア糸の機能性コーティング方法、この方法でコートされた玄武岩糸と玄武岩コア糸、およびこれらから製織された製品の提供。
【解決手段】フッ素系コーティング液を主成分として20〜25℃の温度を維持するコーティング処理溶液に玄武岩糸を1〜2m/分で通過させてその表面をコーティング処理する段階を含む、玄武岩糸の機能性コーティング方法を提供する。 (もっと読む)


【課題】繊維糸条の耐摩耗性を向上させることができ、簡便に製造できて耐久性のある皮膜を有する繊維糸条を提供する。
【解決手段】油脂が固化またはゲル化してなる皮膜を有する繊維糸条であり、繊維糸条2の表面に油脂を付与し、さらに固化剤またはゲル化剤を付与することにより皮膜3を形成して製造することができる。油脂は使用済みの食用油を含み、固化剤としては、12−ヒドロキシステアリン酸などの脂肪酸を使用することができる。 (もっと読む)


【課題】薬品洗浄の回数を減少させることで薬品洗浄の繰り返しによる膜の劣化に伴うろ過の効率の低下や性能の低下を軽減させることのできる洗浄方法及びろ過装置を提供する。
【解決手段】少なくとも供給される水の温度変化又はpH変化に伴って親水性又は疎水性に変化し、ろ過の対象である原水が供給されたときには親水性になる中空糸膜100を内部に有するろ過器10と、中空糸膜100の膜表面を疎水性に変化させる逆洗用原水を生成し、原水をろ過することによって中空糸膜の表面に付着した懸濁物200を除去する逆洗時に逆洗用原水をろ過器10に供給する逆洗水製造機16とを備える。 (もっと読む)


含浸しようとするマルチフィラメント糸1を浸すための含浸液3を充填する糸含浸室7、およびマルチフィラメント糸1が通る経路内で糸含浸室7の下流に配置され、糸溝11を有する糸ガイド要素10を備え、糸溝11の断面は、含浸液3に浸されたマルチフィラメント糸1が糸溝11を通るとき、含浸液3をマルチフィラメント糸1へと押し込む圧力を生成するような寸法である、ヤーン加工機のための糸含浸デバイス4が提案される。
糸含浸室7は糸入口8を有し、糸入口8は、糸含浸室7の床部分を形成する糸含浸室7の壁部分の孔として設計される。 (もっと読む)


【課題】擦過性に優れ、ポリプロピレン等の熱可塑性樹脂の含浸性に優れる熱可塑性樹脂補強用複合糸及びそれを用いた樹脂含有ストランドの製造方法、さらに該製造方法により製造される樹脂含有ストランドを提供する。
【解決手段】芯部と鞘部で構成される芯鞘型複合糸からなる熱可塑性樹脂補強用複合糸であって、芯部に炭素繊維が、鞘部に融点が80〜200℃の有機繊維がそれぞれ配され、かつ両繊維の重量比率が、炭素繊維100重量部に対し有機繊維が5〜100重量部である熱可塑性樹脂補強用複合糸とする。上記の熱可塑性樹脂補強用複合糸を、溶融された熱可塑性樹脂浴中に浸漬し、鞘部の有機繊維を溶融しつつ、芯部の炭素繊維間に熱可塑性樹脂を含浸する樹脂含有ストランドを製造する。かかる方法により製造された樹脂含有ストランドであり、炭素繊維の重量が該樹脂含有ストランドの重量に対して5〜70質量%である樹脂含有ストランドとする。 (もっと読む)


【課題】炭素繊維コードとゴムを主成分とする基材との界面における接着性に優れ、かつ耐疲労性にも優れ、引張特性(引張弾性率)にも優れたゴム補強用炭素繊維コードを提供すること。
【解決手段】実質的に無撚の炭素繊維束に、酸変性スチレン系熱可塑性エラストマー樹脂を含む樹脂組成物を処理し、無撚の糸条とし、該糸条を1本または複数本合糸した後、撚係数1.5以上3.5以下の範囲の片撚りを加えることを特徴とする。さらには、撚りを加えた後にさらにレゾルシン−ホルマリン−ラテックス系の接着剤組成物で処理を行うことや、該スチレン系熱可塑性エラストマー樹脂が、マレイン酸変性スチレン系熱可塑性エラストマー樹脂であること、該スチレン系熱可塑性エラストマー樹脂が、スチレン末端エチレン−ブチレン共重合体樹脂であることが好ましい。 (もっと読む)


161 - 180 / 420