説明

Fターム[4L033AC10]の内容

繊維製品への有機化合物の付着処理 (28,604) | 目的、効果 (6,237) | 衛生 (897)

Fターム[4L033AC10]に分類される特許

61 - 80 / 897


【課題】改質しないセルロース繊維とポリウレタン繊維との混用布帛において、加齢臭に対する消臭性能に優れ、しなやかな風合を保持し、色の鮮明性に優れ、着用感に優れる消臭性布帛、及びその製造方法の提供。
【解決手段】改質しないセルロース繊維とポリウレタン繊維とを混用した消臭性布帛であって、洗濯50回後の、消臭加工繊維製品認定基準におけるノネナール減少率が75%以上であることを特徴とする消臭性布帛。 (もっと読む)


【課題】
寝具類などの繊維製品に適用することにより、不快臭の発生を効果的に抑制し得る消臭剤組成物を提供すること。
【解決手段】
次の成分(a)ないし(d);
(a)殺菌剤0.0001〜10質量%
(b)ポルフィン誘導体または金属ポルフィリン誘導体0.00001〜1質量%
(c)消臭剤0.01〜20質量%
(d)水
を含有することを特徴とする消臭剤組成物。 (もっと読む)


【課題】家庭での洗濯工程において、脱水後から繊維製品が乾燥するまでの間における、湿潤状態にある繊維製品上でのケイ酸エステルの加水分解を抑制する方法の提供。
【解決手段】ケイ酸エステルと下記(b)成分を共存させることで、湿潤状態にある繊維製品上におけるケイ酸エステルの加水分解を抑制するための(b)成分の使用方法。
(b)成分:下記一般式(2)で表される陽イオン界面活性剤
(R44-p−N+−(R5−OCO−R6p- (2)
〔式中、R4は置換基としてヒドロキシ基を有していても良い炭素数1〜3の炭化水素基であるが、pが2の時はヒドロキシ基を有する炭素数1〜3の炭化水素基を少なくとも一つ含み、R5は炭素数1〜3の2価の炭化水素基、R6は炭素数15〜21の飽和炭化水素基、pは2又は3の数、X-は陰イオン基を示す。〕 (もっと読む)


【課題】加齢臭の消臭性能、洗濯耐久性に優れ、かつ、他の消臭製剤の性能を阻害しない衣類を得る。
【解決手段】アルキルポリアミン誘導体の乳化物と、アミノ変性ジメチルポリシロキサンを混合した溶液を、織物、編地に付着させノネナール消臭性能を有する衣料素材を得、更に、メタクリル酸グラフト重合綿と通常綿、あるいはメタクリル酸グラフト重合綿と通常綿と合成繊維を混紡した糸に、アルキルポリアミン誘導体の乳化物と、アミノ変性ジメチルポリシロキサンを混合した溶液を付着させて、アンモニア及びノネナール消臭性能を有する衣料素材を得る。 (もっと読む)


【課題】柔軟性と弾性とを有する可塑化軟毛パルプを製造するための方法を提供する。
【解決手段】セルロース軟毛パルプに適用する可塑化組成物は、好ましくは水溶液であり、第1の可塑化剤および第2の可塑化剤を含んでいる。好ましくは、この第1の可塑化剤は、1,4-シクロヘキサンジメタノールであり、そして第2の可塑化剤は、トリアセチンである。この可塑化組成物を、セルロース軟毛パルプに作用させると、柔軟で弾性を有する可塑化軟毛パルプが生成される。可塑化されていないベースのセルロース軟毛パルプと比較して、この結果として生じた可塑化軟毛パルプは、カーマス・エネルギー、ミューレン強度、および繊維ノットとニット含有物、が減少している。 (もっと読む)


【課題】繊維製品から発生する生乾き臭に対して優れた抑制能を有する、生乾き臭抑制剤を提供する。
【解決手段】下記一般式(1)で表される化合物からなる、生乾き臭抑制剤。


(式中R1はアルキル基、アルケニル基又は−O−R3(R3はアルキル基又はアルケニル基である)を示す。破線は二重結合であってもよいことを示す。R2はアルキル基又はオキソ基を示す。但し、R2がオキソ基の場合、R2は、R1がカルボニル炭素を介して結合する環上の炭素原子に対してγ位に二重結合する。nは1〜3の整数を示す。一般式(1)で表される化合物の総炭素数は10〜16である。) (もっと読む)


【課題】ポリウレタン弾性繊維のストレッチ性に重要な強度・伸度を維持しつつ、消臭性の機能と外観品位に優れたストレッチ繊維製品を提供する。
【解決手段】ウレタン基濃度がポリウレタン1kgに対して0.2mol/kg以上3.5mol/kg以下であるポリウレタンの弾性短繊維を含有し、該弾性短繊維は、繊維長が1mm以上100mm以下の範囲内で、かつ、繊維表面に少なくとも1種以上のアニオン性ビニルモノマーが重合されてなる被膜重合体を有するストレッチ繊維製品とする。 (もっと読む)


【課題】 ストレッチ性と機能性化合物の単位化合物あたりの機能発現率の優れたポリウレタン弾性繊維およびその製造方法を提供する。
【解決手段】 ポリマージオールおよびジイソシアネートを出発物質とするポリウレタンを含むポリウレタン弾性繊維であって、ポリウレタンのウレタン基濃度がポリウレタン1kgに対して0.2mol/kg以上3.5mol/kg以下であり、繊維表面には下記一般式(1)に表されるビニルモノマーが重合されてなる被膜重合体を有し、かつ、該被膜重合体の厚みの平均が1ナノメートル以上5マイクロメートル以下であるポリウレタン弾性繊維とする。
【化1】


(式中、R、R’、R”は互いに独立に、水素原子又は任意の置換基を表す。) (もっと読む)


【課題】通気性に優れた皮革様シート及びその製造方法を提供する。
【解決手段】皮革様シートは、極細長繊維束の絡合不織布と絡合不織布の内部に付与された第一の高分子弾性体とを含み、表層に第一の高分子弾性体が偏在しており、表層の外表面に、カゼイン粒子と、カゼイン粒子を被着する厚み50μm以下の第二の高分子弾性体からなる膜を含む表皮層と、を備える皮革様シートを用いる。 (もっと読む)


【課題】ナノ粒子である金属微粒子の有機系担体への担持力が強く、耐久性の高い金属微粒子担持材料を提供する。
【解決手段】下記式(I):
【化1】


(式中、X1は(CH2)nCOOHまたはその塩、あるいは対応するカルボキシレートイオンを示し(n=0〜3)、mは1〜5の整数を示す。Mは第9族、第10族、および第11族の遷移金属から選ばれるいずれかの金属を示す。)で表される、金属Mとフェニル骨格との結合を有する金属微粒子が有機系担体に担持されている。 (もっと読む)


【課題】本発明は、着衣時に熱感を感じることができる織物に関する。本発明の課題は、ショウガ抽出物、界面活性剤、コラーゲン粉末、シリコン柔軟剤及び精製水からなる発熱組成物を、浸染又はパディング工程により織物に吸尽させ、これを乾燥させて発熱織物を提供することにある。
【解決手段】本発明によれば、血流量を増加させたり皮膚の水分と反応したりして発熱反応を起こすことにより体温の上昇又は維持効果を得ることができる。また、効率的な体温の維持を可能にすることにより暖房のためのエネルギーを低減できるという効果も有する。 (もっと読む)


【課題】布に殺生物銀材料及び向上した柔軟性、並びに洗濯による殺生物銀材料の除去に対する向上した耐性を提供する。
【解決手段】(i)銀イオンとコポリマーとの複合体、および(ii)分散したアミン官能性柔軟剤を含む、布を処理するのに有用な水性組成物であって、前記コポリマーが、(a)少なくとも1つの窒素原子を有する不飽和もしくは芳香族複素環式基から選択される置換基を有するエチレン性不飽和化合物である1種以上のモノマーXの重合単位を60〜95重量%、並びに(b)カルボン酸、有機硫酸、スルホン酸、ホスホン酸、エチレンオキシドの重合単位を含むエステル、並びにこれらの混合物から選択されるエチレン性不飽和化合物である1種以上のモノマーYの重合単位を5〜40重量%含む、水性組成物で布を処理する。 (もっと読む)


【課題】本発明は、着衣時に吸熱を感じることができる織物に関する。本発明の課題は、有機酸、オリーブオイル、グレープシードオイル、シリコン柔軟剤及び精製水からなる組成物を、浸染又はパディング工程により織物に吸尽させ、これを乾燥させて吸熱織物を提供することにある。
【解決手段】本発明によれば、人体に無害で、体液などの水分と反応して吸熱する効果を有する吸熱組成物がコーティングされた吸熱織物を製造できる。また、特に多様な織物に安定的にコーティングされ、別途の冷却手段を要せず体液中の微少量の水分とも反応して吸熱するため、効率的な体温維持を可能にし、冷房のためのエネルギーを低減でき、極暑の環境でも快適さを維持できる機能性織物の生産が可能であるという効果を期待できる。 (もっと読む)


【課題】グラフト重合反応により改質(難燃化等)したポリエステル素材、ポリアミド素材又はウール素材の改質糸を安定して高速生産できる改質糸の製造方法を提供する。
【解決手段】本発明の改質糸の製造方法は、ポリエステル糸、ポリアミド糸及びウール糸からなる群より選ばれる糸であって搬送されている糸1に電子線を照射する電子線照射工程と、電子線照射後の糸1Aにラジカル重合性モノマー4を接触させる接触工程と、接触工程後の糸1Bを80℃以上の温度で加熱することによってラジカル重合性モノマーを糸にグラフト重合させるグラフト重合工程と、を含み、電子線照射工程、接触工程およびグラフト重合工程を不活性雰囲気で連続で実施することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】耐光堅ろう性の緑色の色彩を帯び、且つ抗菌性を有する繊維およびその製造方法を提供する。
【解決手段】孔雀石から不純物を除去して粉砕した微粒子を繊維に固着させる。 (もっと読む)


【課題】従来では対応することが困難であった再発生タイプの異臭の発生を低減すること。
【解決手段】繊維製品に付着した、カルボニル炭素を含めた総炭素数が13〜25であるAnte-iso脂肪酸の細菌による資化を抑制する工程を含む、該繊維製品から発生する異臭物質を低減させる方法;並びに炭素数10〜24の直鎖の不飽和脂肪酸又はその塩を、酸に換算して0.5〜20ppm含有する、20℃でのpHが4〜7の繊維製品の防臭用水性液。 (もっと読む)


【課題】繊維製品への機能性成分の吸着性が高く、柔軟性だけでなく、さらに種々の機能を繊維製品に付与することができる繊維処理剤及びその製造方法を提供すること。
【解決手段】融点が30℃以上の油性成分(a1)、及び忌避剤、冷温感刺激剤、皮膚保護成分、紫外線吸収剤、抗菌剤からなる群から選択される一種以上の機能性成分(a2)の混合物と、水との乳化物(A)、並びに、カチオン性化合物(B)を含有する繊維処理剤及びその製造方法。 (もっと読む)


【課題】 金属フタロシアニンの持つそのような特性を利用し、さらに金属アンミン錯体を付加することによって強力な抗菌性および消臭性を備えた繊維等の素材を提供する。
【解決手段】 抗菌性および消臭性を備えた繊維等の素材は、下記I式
【化1】


で示される金属フタロシアニン誘導体と、金属アンミン錯体とを有効成分に含む抗菌消臭材が繊維等の素材に担持されている。 (もっと読む)


【課題】本発明は、繊維又は繊維製品に高い抗ウイルス性を付与し得る処理剤及び抗ウイルス性が付与された繊維又は繊維製品を提供することを課題とする。
【解決手段】本発明の繊維用抗ウイルス加工剤は、ポリ−オキシエチレン(ジメチルイミノ)エチレン(ジメチルイミノ)エチレンジクロライドを含有する。繊維又は繊維製品を繊維用抗ウイルス加工剤で処理し、次いでソーピングすることにより、繊維又は繊維製品に優れた抗ウイルス性を付与することができる。 (もっと読む)


【課題】優れた抗菌性または消臭性を有する湿式不織布、および該湿式不織布を用いてなる繊維製品を提供する。
【解決手段】ポリエステルからなり単繊維径(D)が500〜1000nmかつ該単繊維径(D)nmに対する繊維長(L)nmの比(L/D)が600〜3000の範囲内である極細ポリエステル繊維Aを含む湿式不織布に抗菌剤または消臭剤を付着させることにより、目付けが10〜50g/mの、抗菌性または消臭性に優れる湿式不織布を得る。 (もっと読む)


61 - 80 / 897