説明

Fターム[4L036MA39]の内容

糸、糸又はロープの機械的な仕上げ (18,618) | 素材 (7,462) | 異った材料の組合せ (866)

Fターム[4L036MA39]に分類される特許

581 - 600 / 866


【課題】 製編織して染色することにより、明瞭な杢感を有し、ソフト感とふくらみ感に優れた布帛となり、かつ環境低負荷型のポリエステル系杢調複合糸及び織編物を提供する。
【解決手段】 (1)非捲縮のポリ乳酸マルチフィラメントA(糸条A)と仮撚捲縮を有するポリエステルマルチフィラメントB(糸条B)とからなる複合糸であって、糸条Aの熱水収縮率が糸条Bの熱水収縮率より大きいポリエステル系杢調複合糸。糸条Bはポリエチレンテレフタレートが好ましく、糸条Bの単糸繊度は1.0dtex以下が好ましい。糸条Aと糸条Bとの熱水収縮率差は5%以上が、糸条Aと糸条Bとの染色色差はグレースケールで1.0級差以上が好ましい。上記(1)のポリエステル系杢調複合糸を少なくともその一部に用いた織編物。 (もっと読む)


【課題】 コアヤーンミシン糸の芯糸であるマルチフィラメントの露出を防止することによって強力低下することなく、高速可縫性に優れたポリエステルコアヤーンミシン糸を提供する。
【解決手段】 長繊維フィラメントを芯糸とし、短繊維スパン糸を鞘糸とする複合糸で構成されるコアヤーンミシン糸において、芯糸であるフィラメントの単糸繊度を0.8〜1.6dtexとし、かつフィラメントのトータル繊度が40〜60dtexとすることを特徴とするポリエステルコアヤーンミシン糸。 (もっと読む)


【課題】繊維・繊維製品形状やポリマーに制約が無く、広く応用展開可能な形態安定性、開繊性、吸水性に優れたナノファイバー複合加工糸を提供するものである。
【解決手段】数平均による単糸繊度が0.1×10−6〜500×10−6dtexのナノファイバー繊維Aと数平均による単繊維繊度が0.1〜8dtexの繊維Aとは別の染色性を示す繊維Bと複合した複合加工糸。ナノファイバー繊維Aが芯糸側に配置された芯鞘型複合加工糸であって、繊維Bに対する繊維Aの複合比率が5wt%〜70wt%であることを特徴とする請求項1〜4のいずれか1に項記載の複合加工糸であることが好ましい。 (もっと読む)


【課題】レーヨンを使用している製品の特徴である軽量感、風合い、吸水性などを最良なものにして、かつ、防しわ性、ハリ、コシ、反発性などにも優れている布帛を得ることを可能にする長短複合紡績糸と該長短複合紡績糸を用いた布帛を提供すること。
【解決手段】芯部に中空型フィラメント繊維、鞘部に改質セルロース系短繊維またはハイウエットモジュラスレーヨン短繊維を有してなり、かつ実質的に無撚であることを特徴とする長短複合紡績糸と該糸を用いて形成した布帛。 (もっと読む)


【課題】 ハイブリッド構造を有する補強コードをゴム中に埋設する場合に、補強コードとゴムとの接着性を改善して耐久性を向上するようにした空気入りタイヤ及びその製造方法、並びに、ゴム製品及びその製造方法を提供する。
【解決手段】 アラミド、ポリエチレン−2,6−ナフタレート及びポリエチレンテレフタレートからなる群より選ばれた少なくとも1種の有機繊維からなる下撚り糸C1の表面にエポキシ樹脂及びイソシアネートの少なくとも一方を含む接着層A1を形成し、ナイロン、レーヨン、リヨセル及びポリオレフィンケトンからなる群から選ばれた少なくとも1種の有機繊維からなる下撚り糸C2と接着層A1で被覆された下撚り糸C1とを混撚し、その混撚糸C3の表面にレゾルシン−ホルムアルデヒド樹脂及びゴムラテックスを含む接着層A2を形成し、該接着層A2で被覆された混撚糸C3からなる補強コードをゴム中に埋設する。 (もっと読む)


【課題】長期間の使用にわたって吸水時における水分の染み出しを防止しつつ、吸水性を保持することができるパイル糸を備えたマットを提供すること。
【解決手段】本発明に係るマットA1は、基布2と、当該基布2に起立状態に取り付けられたパイル糸3とを備え、パイル糸3は、低融点繊維および非低融点繊維を混合して構成された単糸30を用いて構成されており、単糸30は、その横断面において、中央部における低融点繊維の占める割合が上記横断面の全体における低融点繊維の占める割合よりも大きくされているとともに、上記中央部における低融点繊維が融着している。 (もっと読む)


【課題】非常に良好な嵩高性、スパン感を有するとともに、優れた吸水性とドライ感、特に、防透性にも優れたスパンライクなポリエステル布帛を得ることが可能なポリエステル複合仮撚加工糸を提供する。
【解決手段】鞘部糸条(A)が、下記式(I)で示されるスルホネート化合物が微細孔形成剤として配合され、且つ、ポリメチルメタアクリレート系ポリマー又はポリスチレン系ポリマーを重量基準で0.5〜3.0重量%含有するポリエステルマルチフィラメントからなる仮撚加工糸であり、他方、芯部として配される糸条(B)が、酸化チタンを重量基準で3.0〜12.0重量%含有するポリエステルマルチフィラメントからなる仮撚加工糸である複合仮撚加工糸であって、該複合仮撚加工糸の防透度(△L)が10〜16、捲縮率が2〜8%、該糸条(A)の平均糸長が該糸条(B)の平均糸長より10〜20%長い。 (もっと読む)


【課題】水にぬれても『透けない』特性を有しかつ防風性、保温性にも優れ、しかもウールの如くスパンライクで膨らみ感がありソフトな風合いを呈する複合仮撚加工糸を提供する。
【解決手段】鞘糸条と芯糸条とで構成された複合仮撚加工糸とし、少なくとも鞘糸条を吸湿又は吸水により捲縮率が増加する繊維である複合仮撚加工糸とする。 (もっと読む)


【課題】水にぬれても『透けない』特性を有しかつ防風性、保温性にも優れ、しかも膨らみ感がありシルキータッチな風合いを呈する混繊糸を提供する。
【解決手段】熱収縮率の異なる2種類のフィラメントからなる混繊糸とし、該2種類のフィラメントである高収縮フィラメントと低収縮フィラメントのうち該低収縮フィラメントが吸湿又は吸水により捲縮率が増加するフィラメントである混繊糸とする。 (もっと読む)


【課題】良好なピーチスキンタッチ調の表面感を有し、ハリ・コシ感や触感にも優れた布帛を提供することを可能にする新規な長短複合紡績糸と、該長短複合紡績糸を使用して得られる良好なピーチスキンタッチ調の表面感、良好なハリ・コシ感と触感を有する織編物・布帛を提供すること。
【解決手段】芯部に中空型フィラメント繊維、鞘部に溶剤紡糸セルロース系短繊維を有してなり、実質的に無撚であることを特徴とする長短複合紡績糸と該長短複合紡績糸を用いて形成された布帛。 (もっと読む)


【課題】環境を配慮し、非石油系樹脂であるポリ乳酸樹脂を使用した繊維であり、ポリ乳酸の弱点である耐摩耗性及び耐熱性を改善した繊維を提供することにある。また、捲縮率、耐摩耗性、耐へたり性を改善したカーペット用途に適した捲縮糸を提供することにある。
【解決手段】ポリ乳酸樹脂(A)、メタクリル樹脂(B)、ポリアミド樹脂(C)を含有することを特徴とする合成繊維、さらに、合成繊維中の、ポリ乳酸樹脂(A)、メタクリル樹脂(B)、ポリアミド樹脂(C)の重量比が((A)+(B))/(C)=5/95〜55/45、(A)/(B)=10/90〜90/10である合成繊維。 (もっと読む)


【課題】パラ型アラミド繊維を5重量%以上含み、軽量で高強力、高耐引き裂き性、及び通気性のある、赤外反射及び色相調整された擬装用布帛を染色や顔料プリント等によらないで得る方法及びそれを用いた衣服を提供する。
【解決手段】カーボンブラックを特定量含有した、1000〜1200nmの赤外波長領域の反射率が15〜40%及び/又はL値が40〜70に調整されたパラ型アラミド繊維を5重量%以上含む布帛とし、該布帛の1000〜1200nmの赤外波長領域の反射率を50〜70%とすることにより目的とする擬装用布帛及び衣服を提供することができる。 (もっと読む)


【課題】パイル糸が洗濯によりほつれることなくその太さを維持して掃除効率を持続させるために、マルチフィラメントとバインダー合成繊維とが十分に熱融着されたパイル糸と、これを用いたダストコントロールモップとを提供することを目的とする。
【解決手段】
本発明は、再生ポリエチレンテレフタレート樹脂を含有するポリエステル樹脂を紡糸および撚糸したポリエステルマルチフィラメントとバインダー合成繊維とを撚り合わせ、熱融着させたダストコントロールモップ用のパイル糸と、上記パイル糸を用いたダストコントロールモップである。 (もっと読む)


【課題】優れた清拭効果および使用感をもつデンタルフロスを提供する。
【解決手段】単糸繊度が2dtex以下で、公定水分率の異なる少なくとも二種以上の繊維形成性ポリマーからなる複合繊維マルチフィラメントを応力で割繊せしめた割繊糸を含み、当該割繊糸を構成する少なくとも一部のセグメントは繊維横断面形状がエッジを有する異型であるデンタルフロス用糸であり、繊維横断面形状が放射形セグメントAと当該放射形セグメントを補完する補完形セグメントBとの複合繊維マルチフィラメントからなる。 (もっと読む)


【課題】優れた吸水性・抗ピル性を有し軽量性に優れた中空型長短複合糸を提供する。
【解決手段】芯部に中空型フィラメントを有し鞘部に合成繊維・半合成繊維および/または天然繊維の短繊維を有するとともに、実質的に無撚の長短複合糸であり、芯部の中空型フィラメントが紡績糸全体の15〜60重量%を占め、鞘部の短繊維が紡績糸全体の40〜85重量%を占め、次式による長短複合糸の中空保持率80%以上であることを特徴とする長短複合糸。(紡績前の中空フィラメントの中空率−紡績後の中空フィラメントの中空率)/紡績前の中空フィラメントの中空率×100=中空保持率(%)。この長短複合糸を用いて、ハリコシのすぐれた風合いを有する布帛を得ることができる。 (もっと読む)


【課題】本発明は、温度に応じて異なる様々な色に変色可能な変色性繊維を提供することを目的とする。
【解決手段】
本発明の変色性繊維は、繊維に液晶インキが塗布されたものである。様々な生活用品に本発明の変色性繊維を加工した糸、布を用いることにより、各種生活製品における新たな色彩やデザインの考案を促進することができる。 (もっと読む)


【課題】着用中に汗をかいた際、十分な吸水性を発現しながらも、布帛表面はべとつかず、汗による冷えを感じないことで、インナーウエアやストッキングに用いられたときの着用快適性を高めることができる布帛を提供すること。
【解決手段】芯糸に弾性繊維が用いられ、該芯糸を、平均直径1〜250nmのナノファイバーで構成されたカバリング下糸と、熱可塑性マルチフィラメントから構成されるカバリング上糸とでカバリングしたダブルカバリング糸を少なくとも一部に含んでなることを特徴とする布帛、および該布帛を用いたインナーウエア、ストッキング。 (もっと読む)


【課題】ストレッチ性およびソフトなスエード調布帛およびその材料として好適な混繊糸の提供。
【解決手段】少なくともA、B2種以上のポリエステルマルチフィラメント糸を含み、0.08826cN/dtexの荷重下で糸の一部にタルミを有し、かつ、荷重下熱処理後の伸縮伸長率が10%以上であることを特徴とするポリエステル混繊糸。
(ここでAは異種のポリエステル重合体が繊維長さ方向に沿ってサイドバイサイド型に存在し、該ポリエステル重合体のうち少なくとも一方がポリトリメチレンテレフタレートを主体とする複合繊維フィラメント、Bはポリエステルマルチフィラメント糸であり、1フィラメントあたりの繊度は以下の式を満たす。
1フィラメントあたりの繊度(dtex)/N ≦ 0.6(dtex)
ここでNは分割有無係数。フィラメントが分割能を有しない場合:N=1、フィラメントが分割能を有する場合:N=分割数) (もっと読む)


【課題】本発明は糸染を施した原糸を供給糸としたパイル織物から構成され、立毛による立体的及び色彩的な意匠効果を与えたタオルハンカチ及びその製造方法を提供すること。
【解決手段】パイル部及びヘム部から構成されるタオルハンカチであって、該パイル部がパイル経糸、地経糸、及び地緯糸からなり、少なくともパイル経糸が糸染されてなるものであり、ジャカード開口装置を装備した織機を用いてパイル面に意匠柄が付与されているタオルハンカチ。および、ヘム部の捺染による柄付けや薬剤付与をインクジェット捺染により行う前記のようなタオルハンカチの製造方法。 (もっと読む)


【課題】商品にタグを取り付ける際に用い、紫外線や赤外線の照射によって真正商品を確認できる偽造防止のタグクリップを提供する。
【解決手段】プラスチック製の先頭部と、プラスチック製の末尾部と、該先頭部および末尾部を連絡する糸条体とを有し、糸条体は複数本の撚糸を撚り合わせて構成し、該撚糸のうちの少なくとも1本が判別糸からなり、可視光が照射されてもクリップ全体が無色であり、一方、紫外線および/または赤外線を照射すると糸条体が鮮明に発色する。 (もっと読む)


581 - 600 / 866