説明

Fターム[4L036MA40]の内容

糸、糸又はロープの機械的な仕上げ (18,618) | 素材 (7,462) | 異った物性の組合せ (253)

Fターム[4L036MA40]に分類される特許

101 - 120 / 253



【課題】特に、ソフト風合、精密作業性、表面品位並びに切創防止に優れた手袋に好適な精紡交撚糸条を提供する。
【解決手段】芯部が短繊維束、鞘部が牽切紡績糸である鞘芯構造の精紡交撚糸条であって、鞘部の牽切紡績糸を構成する繊維が、繰り返し単位の95モル%以上が下記式(1)で示されるポリケトンで構成される繊維であることを特徴とする精紡交撚糸条。
【化1】
(もっと読む)


【課題】エネルギ吸収布片要素を提供すること。
【解決手段】第1の要素(7)、特に少なくとも第1の点(5)と第2の点(6)の間を長手方向に延びる糸と、第2の要素(8)、特に第1の点と第2の点の間を延びる糸とを備え、この2つの要素が、前記第1および前記第2の点のところで同一の引っ張り力に曝される墜落制止装置の構成部品であって、張力のない状態で、第2の要素の長手方向延びが第1の要素の長手方向延びより大きいことを特徴とする、墜落制止装置の構成部品。 (もっと読む)


【課題】カーペットの立毛感、嵩高感およびソフトな風合いを有する高級感のあるソフト性カーペットを提供する。
【解決手段】以下の、(1)〜(3)の条件を満たすポリプロピレンマルチフィラメント混繊糸で構成され、
(1)ポリプロピレンマルチフィラメント糸(A):嵩密度11(cm3 /g)以下
(2)ポリプロピレンマルチフィラメント糸(B):嵩密度14(cm3 /g)以上
(3)ポリプロピレンマルチフィラメント糸(A)とポリプロピレンマルチフィラメント糸(B)の混繊比率が1:2〜2:1の範囲
以下の(4)〜(6)の条件を満たすポリプロピレンパイル製品。
(4)圧縮仕事量(WC)≧0.29g・cm/cm2
(5)圧縮率(EMC)≧18.5%
(6)圧縮の硬さ(LC)≧0.70non
及び、上記ポリプロピレンマルチフィラメント混繊糸をタフティングし、パイルとした後、パイルをカットし、解繊加工を施す上述のポリプロピレンパイル製品の製造方法。 (もっと読む)


【課題】 従来とは異なり、マトリックスポリマーと分子鎖の絡み合いが抑制され、紡糸過程での伸長変形を阻害し難い樹状ポリエステルを用いることにより、紡糸過程での流動性を向上させ紡糸温度の低温化を図るとともに、糸斑が小さく、さらに繊維の複屈折あたりの弾性率が向上、すなわち高弾性率でありながら分子配向の低い繊維を提供するものである。
【解決手段】 芳香族オキシカルボニル単位(P)、芳香族および脂肪族ジオキシ単位(Q)、および芳香族ジカルボニル単位(R)からなる構造単位と3官能以上の有機残基(B)とを含み、かつ、Bの含有量が樹状ポリエステルを構成する全単量体に対して7.5〜50モル%の範囲にある樹状ポリエステルを熱可塑性のマトリックスポリマーに0.1〜10wt%ブレンドしたポリマーブレンドから成る繊維であって、繊維のウースター斑が0.1〜5%である繊維。 (もっと読む)



麻繊維及び麻とその他の繊維と混紡する紡績方法であって、a.麻繊維に一次加湿養生処理を行うステップと、b.一次加湿養生処理後の麻繊維を開綿、清綿、梳綿し、麻繊維を麻束にし、または一次加湿養生処理後の麻繊維をその他の繊維と混合し、それから開綿、清綿、梳綿し、麻繊維を麻束にするステップと、c.麻束に二次養生処理を行うステップと、d.二次養生処理後の麻束を紡績して紡績糸に作るステップと、を含む。 麻繊維とその他の繊維とを混紡して作られた紡績糸であって、麻繊維を一次加湿養生処理を行った後、他の繊維と混合し、開綿、清綿、梳綿し、麻束にしてから、再び二次養生処理を行ってから紡績して作られた紡績糸。本発明の方法により紡績した麻繊維は、破断率が低く、生産効率が高く、製品品質が良い。 (もっと読む)


【課題】水引、ゴム紐、ゴムバンド、アクセサリーを通す紐などとして使用できる伸縮性飾り紐において、伸縮に伴って外観が損なわれないようにするとともに、装飾効果を向上する。
【解決手段】伸縮性を有するゴム紐からなる芯材21と、芯材21の表面に巻回される一次カバーリング材31と、一次カバーリング材31の上に芯材21の長さ方向に沿って延びるよう添付される熱溶着糸41と、熱溶着糸41の上に巻回される二次カバーリング材51とを有し、二次カバーリング材51の巻回後に、加熱されて熱溶着糸41が溶融された伸縮性飾り紐11。 (もっと読む)


【課題】
耐汚染性や遮音性、磁性、導電性、保温性、その他金属やその酸化物、合金などの有する特徴を生かした金属糸を提供する。
【解決手段】
破断強度が50g/mm以上である支持体の片面又は両面に接着層を介して、タングステン、モリブテン、チタン、クロム、ニッケル、コバルト、アルミニウム、鉄、金、銀、銅、錫、又は鉛、のいずれか若しくは複数、若しくはいずれか単体の酸化物若しくはいずれか単体の酸化物を複数、の金属箔を貼着してなる積層体を1mm幅以下にマイクロスリットしてなる糸とした。 (もっと読む)


【課題】剛直な紙糸をダブルツイスターなどを使って撚糸するには撚糸前に最低15%以上の水分を付与しなければならない。
【構成】水分付与のため、スリットしたテープを巻きつけたチーズをそのまま長時間水槽にドブ漬する方法は生産性、均一な撚糸加工の達成その他、汚れのために発生などの問題があり、これを解決するために本発明の方法はスリットしたテープを巻いたチーズを直接、純分1.0%で程度の油を含む液中に浸すことによって常に一定の水分を紙に与えながら撚糸するために発明の水槽を既存のダブルツイスターのチーズカバー内に取り付けることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】製造工程において炭素繊維の損傷を大幅に抑制しつつ、炭素繊維の保有する各特性を十分に発現できるゴム補強用炭素繊維コードの製造方法とゴム補強用炭素繊維コードを提供する。
【解決手段】炭素繊維束1を樹脂組成物処理液4の含浸浴槽5内の含浸ロール6に通して、炭素繊維束1に樹脂組成物処理液4を含浸し、次いで、含浸した直後の湿潤状態にある炭素繊維束1の周囲に、第1カバーリング部7において、炭素繊維以外の他の繊維として例えばポリアミド繊維8を一方向に巻き付け、次いで、第2カバーリング部15において、ポリアミド繊維8’を反対方向の他方向に巻き付け、しかる後、乾燥炉20、熱処理炉21において、乾燥および熱処理を行なう。 (もっと読む)


【課題】本発明は、油、水などの拭取り性、捕塵力が高く、産業用途にも使用可能な発塵性の少ないワイピングクロスに適した二層構造糸を提供することにある。
【解決手段】単糸繊度が0.0001〜0.1dtexであるマルチフィラメントAと、単糸繊度が0.1〜10dtexであるマルチフィラメントBとが混繊された二層構造糸であって、その交絡部において、マルチフィラメントBが繊維表面に現れている箇所が20個/m以下であり、マルチフィラメントAが主として鞘部に配置され、マルチフィラメントBが主として芯部に配置されてなる、下記要件を満足する極細二層構造糸。
(1)マルチフィラメントAの強度≧3.0cN/dtex
(2)20個/m≦二層構造糸の交絡個数≦100個/m
により、目的とするワイピングクロス用二層構造糸が提供される。 (もっと読む)


【課題】本発明の目的は、布帛等の繊維構造物にした後に撥水加工処理を施さなくても優れた撥水性能を有し且つ長期間の使用や繰返しの洗濯等による撥水性能の低下が少なく、しかも高反撥性に加え、ウールに似たヌメリ感に優れたポリエステル混繊糸及びそれからなる布帛を提供することにある。
【解決手段】沸水収縮率5%以下、単繊維繊度が4dtex以下の特定のエステル反応性シリコーンを含有するポリエステル繊維Aと沸水収縮率が8%以上、単繊維繊度3〜10dtexのポリエステル繊維Bとが交絡処理された後収縮処理されて得られる芯鞘構造混繊糸及びそれを含む布帛とする。 (もっと読む)


【課題】布帛化後に撥水加工処理を施さなくても高耐久撥水性を有する撥水性嵩高性ポリエステル混繊糸を提供する。
【解決手段】自然延伸比の異なる2種以上のポリエステル未延伸糸を引き揃え、該自然延伸比の最大値未満、最小値以上の延伸倍率で延伸したポリエステル混繊糸において、下記の要件を満足する嵩高性撥水性ポリエステル混繊糸とする。
a)最も高い自然延伸比のポリエステル未延伸糸が、特定のエステル反応性シリコーン含有ポリエステル繊維であること。
b)該エステル反応性シリコーン含有ポリエステル繊維が、液量500ピコリットルの純水を繊維表面に乗せたとき、単繊維と水滴との接触角が110度以上であること。
c)該エステル反応性シリコーン含有ポリエステル繊維がエステル反応性シリコーンをポリマー100重量部に対し2〜20重量部含有すること。 (もっと読む)


【課題】新規な複合糸を提供する。
【解決手段】複合紡績糸は、複数種の繊維からなる複合糸であって、少なくとも一部が、短繊維と、前記短繊維の中に分散して配置されるフィラメントまたは紡績糸の繊維とからなる。 (もっと読む)


【課題】
本発明は、強度、耐久性、ソフト性と低環境負荷性とを両立する紡績糸を提供せんとするものである。
【解決手段】
ポリ乳酸からなる繊度0.5〜5dtex、繊維長20〜100mmのポリ乳酸短繊維を10〜75質量%、およびポリ乳酸以外のポリエステルからなる繊度0.5〜5dtex、繊維長20〜100mmのポリエステル短繊維を25〜90質量%含んでなることを特徴とする紡績糸。 (もっと読む)




【課題】擦過性に優れ、ポリプロピレン等の熱可塑性樹脂の含浸性に優れる熱可塑性樹脂補強用複合糸及びそれを用いた樹脂含有ストランドの製造方法、さらに該製造方法により製造される樹脂含有ストランドを提供する。
【解決手段】芯部と鞘部で構成される芯鞘型複合糸からなる熱可塑性樹脂補強用複合糸であって、芯部に炭素繊維が、鞘部に融点が80〜200℃の有機繊維がそれぞれ配され、かつ両繊維の重量比率が、炭素繊維100重量部に対し有機繊維が5〜100重量部である熱可塑性樹脂補強用複合糸とする。上記の熱可塑性樹脂補強用複合糸を、溶融された熱可塑性樹脂浴中に浸漬し、鞘部の有機繊維を溶融しつつ、芯部の炭素繊維間に熱可塑性樹脂を含浸する樹脂含有ストランドを製造する。かかる方法により製造された樹脂含有ストランドであり、炭素繊維の重量が該樹脂含有ストランドの重量に対して5〜70質量%である樹脂含有ストランドとする。 (もっと読む)


【課題】 炭素繊維の長さ方向の強度は焼入れ鋼以上であるが、折り曲げにはきわめて弱いという問題点を有する。炭素繊維を折り曲げる、あるいは強くこすると、炭素繊維の一部は簡単に破断する。この結果として電気抵抗値が減少するとともに、破断した細い炭素繊維に電流が流れると抵抗加熱によって白熱するのできわめて危険である。炭素繊維は最も優れた遠赤外線放出物質でありながら、電気毛布などへの応用がされていないのは、このような理由による。
【解決手段】極細ステンレス鋼線を巻きつけて炭素繊維線を束ねた後に、その表面をシリコーン樹脂、フッ素樹脂などの耐熱性樹脂でコーティングすることによって破断しない感電の心配がない炭素繊維発熱体を提供する。 (もっと読む)


101 - 120 / 253