説明

Fターム[4L036MA40]の内容

糸、糸又はロープの機械的な仕上げ (18,618) | 素材 (7,462) | 異った物性の組合せ (253)

Fターム[4L036MA40]に分類される特許

121 - 140 / 253


【課題】 ふくらみ感、ソフト感、反発感といった風合いに優れ、更に深色性と行った独特な外観をなす布帛を形成できる、伸度差混繊糸を提供する。
【解決手段】 低伸度糸Aと高伸度糸Bからなる伸度差混繊糸であって、下記(1)〜(5)を満足することを特徴とする伸度差混繊糸。
(1)低伸度糸Aが高収縮性を示す共重合ポリエステルよりなること。
(2)高伸度糸Bが低収縮性を示す芯鞘糸であって、鞘部に表面改質剤を含有するポリエステルが配され、芯部にポリスチレンポリマーが配された芯鞘糸であること。
(3)破断伸度差 20%≦DE(B)−DE(A)≦20%
(4)沸騰水収縮率差 7%≦BWS(A)−BWS(B)≦13%
(5)単糸繊度差 2.0≦D(A)/D(B)≦5.0 (もっと読む)


【課題】高強度繊維が本来有する強度、耐熱性などの優れた性質を失うことなく、ゴムもしくは樹脂との接着性が良好で、かつ高強度の補強用嵩高糸を提供する。
【解決手段】マルチフィラメント繊維のエアー交絡糸などの嵩高加工糸と、ポリケトン繊維などの高強力の熱可塑性繊維またはパラ系アラミド繊維などの高強力の非熱可塑性繊維のフィラメント糸条もしくは撚糸からなる補強糸を、撚り合わせることによって、両糸を交絡させて得られる嵩高糸に比べて強度低下のない補強用嵩高糸を得る。 (もっと読む)


【課題】 湯上りの濡れた足等の水分を迅速に吸水し得、而もべとつき感が生じにくい高吸水高乾燥性パイル及び吸水用の高吸水高乾燥性パイルの提供。
【解決手段】 略円柱形状をなす多数のパイルPを基布S上に配設する。各パイルPの基部は基布Sに結合されている。各パイルPは、略円柱形状をなし、0.3デニールの非吸水性のフィラメントFが、パイルPの軸線を中心としてほぼ径方向に放射状をなすように密設され且つ軸線方向に密設されてなり、パイルPの略円柱形状外周面は、各フィラメントFの先端部により形成される。パイルPの先端部Paは、パイルPを構成する放射状に配されたフィラメントFの先端部により形成された略凸曲面状をなす。 (もっと読む)


【課題】本発明の目的は、ソフト性、風合い、染色性、染色堅牢性、力学特性、製糸性に優れ且つ混繊加工性が良好な、極細カチオン可染ポリエステルマルチフィラメント異収縮混繊糸、及びそれからなる布帛を提供することにある。
【解決手段】低収縮性成分をカチオン可染ポリエステルマルチフィラメントとする異収縮混繊糸において、該カチオン可染ポリエステルマルチフィラメントを、単糸繊度が0.7dtex以下、特定のスルホン酸4級ホスホニウム塩を共重合した極限粘度0.6以上、複屈折率(Δn)が0.03〜0.08である改質ポリエステルからなる高配向ポリエステル未延伸マルチフィラメントとする。 (もっと読む)


【課題】
高引張強度、高結節強度を有するとともに、耐衝撃性も十分に優れ、特に釣り糸を代表とする水産資材用として有用な特性を兼備したポリフッ化ビニリデンを含有するモノフィラメントの工業的製造に好適な製造方法の提供を目的とする。
【解決手段】
ポリフッ化ビニリデンを含有する芯鞘複合構造モノフィラメントの製造方法であって、溶融紡糸、冷却後に1段ないし2段以上の多段で延伸し、弛緩熱処理する際に、1段目延伸以降弛緩熱処理までの間で550〜1000℃に加熱された不活性気体中で、0.05〜1秒間、1.0〜1.2倍の高温短時間緊張熱処理を施すことを特徴とする芯鞘複合構造モノフィラメントの製造方法。 (もっと読む)


【課題】本発明の目的は、ソフト性、風合い、染色性、染色堅牢性、力学特性に優れ、且つ混繊加工調子が良好な、カチオン可染極細ポリエステルマルチフィラメントを一成分として含む混繊糸を提供することにある。
【解決手段】該カチオン可染極細ポリエステルマルチフィラメントが、単糸繊度が0.7dtex以下で、特定のスルホン酸4級ホスホニウム塩を共重合した極限粘度0.6以上、複屈折率(Δn)が0.03〜0.08である改質ポリエステルからなる高配向ポリエステル未延伸マルチフィラメントとする。 (もっと読む)


【課題】フラットな表面感、ハリコシ感とソフトな風合いを併せもち、さらにはストレッチ性に優れた布帛を得ることができる複合加工糸およびその製造方法を提供する。
【解決手段】一方の構成成分がポリエチレンテレフタレートを主成分とし、他方の構成成分がポリトリメチレンテレフタレートを主成分とするサイドバイサイド型または偏芯芯鞘型であるポリエステル複合長繊維と、他のポリエステル長繊維との複合加工糸であって、以下の(1)から(4)を満足する複合加工糸。(1)ポリエステル複合長繊維におけるポリエチレンテレフタレート/ポリトリメチレンテレフタレートの重量比率が30/70〜70/30、(2)ポリエステル長繊維の単繊維繊度が0.3デシテックス以上1.2デシテックス以下、(3)トルクヨリ数が40T/m未満、(4)交絡数が30個/m以上200個/m以下 (もっと読む)


【課題】層間剥離問題を生じず、また製造の手法も非常に簡潔なものとすることで、蓄光性と虹彩を呈するといった性質と長期にわたり使用が可能で、低コスト、入手性、利便性を高めることを可能とした蓄光性積層体及び蓄光糸を提供する。
【解決手段】波長350nm〜800nmの光線を選択反射してなる第1光輝性フィルムの表面に、接着性を備えた接着層を積層してなる第1積層体における接着層の表面に、別途用意した、離型基材フィルムの表面に蓄光性を備えた蓄光性顔料を含む樹脂を蓄光層として積層した蓄光層転写材から蓄光層のみを転写して得られる、蓄光性積層体。 (もっと読む)


【課題】 本発明の課題は、上記従来技術の問題点を解決し、布帛にした際に優れた風合い、ふくらみ感、発色性を有するセルロースエステル繊維(A)と常圧染料可染型ポリエステル系繊維(B)からなる混繊糸を提供する。
【解決手段】 沸騰水収縮率が0.2〜5%であるセルロースエステル繊維(A)と沸騰水収縮率が10〜35%である常圧染料可染型ポリエステル系繊維(B)を少なくとも含み、かつ下記式(I)を満足することを特徴とする混繊糸。
(I) 5%≦常圧染料可染型ポリエステル系繊維(B)の沸騰水収縮率−セルロースエステル繊維(A)の沸騰水収縮率≦30% (もっと読む)


【課題】本発明の目的は、従来得られなかった、セルロースエステルを主成分とする熱可塑性組成物である融着加工糸、または、それを用いた製品によって、清涼感と独特の風合いを有し、かつ、吸水性、吸湿性に優れ、春夏用の衣料品として好適な融着加工糸を提供することにある。
【解決手段】セルロースエステルを主成分とする熱可塑性組成物が加撚状態にて融着されたセルロース系融着加工糸を使用しているために、染色、仕上げ加工後の布帛においても清涼感と独特の風合いを有し、かつ、吸水性、吸湿性に優れ、春夏用の衣料品として好適な素材を得ることができる。 (もっと読む)


【課題】ワインやビールを製造する過程で発生する絞りかすなどの酒類製造中に生ずる産業廃棄物の有効利用を提供する。
【解決手段】酒類製造中に生ずる産業廃棄物を水洗し乾燥して1〜2mmに粉砕して生成して紡績糸用素材2とし、紡績糸用素材2を重量比30〜50%混合して梳綿上がりスライバー6とし、さらに紡績糸用素材2の重量比が20〜30%となるように前記梳綿上がりスライバー6を綿スライバー7で包み込んで練条上がりスライバー8を生成して綿と混合させて紡績糸とし、前記紡績糸を緯糸にしてジーンズ用織物を得る。 (もっと読む)


【課題】霜降り調とスラブ調を同時に発現することが出来る意匠性に優れた後染め用の紡績糸とその製造方法を提供するものである。
【解決手段】互いに染色性の異なる繊維素材からなる粗糸を複数本間紡機に供給し、前記染色性の異なる繊維素材が混繊された粗糸を製造する工程と、前記間紡機によって得られた粗糸を精紡機にて糸をスラブ調に製造する工程とからなる後染め霜降り地用スラブ調紡績糸の製造方法と、これによって得られた後染め霜降り地用紡績糸を構成するものである。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、刺繍後に水洗いをすることなく伸縮性の糸と引き揃えた低融点非伸縮糸を除去できる刺繍糸を提供すること。
【解決手段】 伸縮糸1と、該伸縮糸1より低い融点を有し、それに沿わせて配置した低融点非伸縮糸2と、これら両糸に巻き付けたカバー糸よりなる刺繍糸A。そのカバー糸3は、第1カバー糸31と第2カバー糸32の2本であって、第1カバー糸31が内層を、第2カバー糸32が外層を形成している。更に、第1カバー糸31と第2カバー糸32とが、異なる方向に巻き付けられている。また、伸縮糸1がポリウレタン糸であり、低融点非伸縮糸2がナイロン糸である刺繍糸A。 (もっと読む)


【課題】
強度及び張り腰に優れ、しかも外周を被覆する熱可塑性マトリックス樹脂との密着性にも優れる、容易かつ安価に製造することができる光ファイバーケーブル用繊維コードテンションメンバーを提供する。
【解決手段】
補強合成繊維フィラメントで構成される芯糸の外周を、合成繊維フィラメントで構成される鞘糸によって、部分的に又は完全に被覆してなる複合糸の周囲に、硬化時の曲げ弾性率が400MPa以上の水分散性又は有機溶剤分散性の樹脂を付与した後に硬化して得られることを特徴とする繊維コードテンションメンバー。 (もっと読む)


【課題】廃油や流出油等の吸着力をよくできる安価な編物用糸材や編物を提供する。
【解決手段】芯糸1のまわりに活性炭や備長炭の微粉末3の十分な量を被覆するとともにそのまわりに薄い不織布4を被覆し、上記活性炭や備長炭の微粉末3を被覆した不織布4のまわりにロックミシン等によって合成繊維や綿繊維の繊維糸5を巻縫いする。この編物用糸材1を経糸および/または縫糸に使用して織物、その他の編物14を編成する。 (もっと読む)


【課題】特別に繊維強度の低い変性ポリエステル繊維を用いることなく、特別な染色加工条件を採用することなく、抗ピル性に優れ、ソフトで嵩性や吸水速乾性、UVカット性等を有し、実用強力を有するポリエステル短繊維織編物を得る。
【解決手段】繊度が1.3dtex以上で繊維円周上に存在する3個以上の突起部が繊維長さ方向に連続して存在し、その異型度が1.8以上であるポリエステル短繊維を含有するリング紡績糸を有し、JIS L 1076 A法におけるピリングが3級以上であることを特徴とするポリエステル織編物。 (もっと読む)


【課題】 防汚性及び剛性に優れ、さらに織継性に優れた織物を提供し、かつ織物使用末期まで樹脂被膜が剥がれることなく防汚効果が持続する防汚性工業用織物を提供する。
【解決手段】織物の一部に防汚複合糸が配置されており、当該防汚複合糸がモノフィラメントからなる芯線と該芯線に巻き付けられた捲回部材から構成されており、前記捲回部材の表面にシリコーン又はフッ素系樹脂による樹脂被膜が形成されている防汚性工業用織物である。特に捲回部材の材料としてはポリエチレンテレフタレート、ポリエーテルエーテルケトン、ポリフェニレンサルファイドのいずれか一が好ましい。 (もっと読む)


【課題】織物に軽量で優れた風合いとドレープ性、更にストレッチ性とを同時に発現するポリエステル複合フィラメント糸を提供する。
【解決手段】熱収縮性の異なる2種のポリエステルからなる接合型複合フィラメントで構成される糸条であって、該糸条を構成するフィラメントのうち少なくとも1本が中空構造を有する接合型複合フィラメントである接合型ポリエステル複合フィラメント糸。該接合型複合糸を構成するポリマーの内熱収縮率の大きいポリマー(I)と熱収縮率の小さいポリマー(II)の体積比の割合が以下の式を満足することが好ましい。 0.3 ≦ {(I)}/{(I)+(II)} ≦ 0.7 (もっと読む)


【課題】ふくらみ感、ソフト感、反発感、ドライ感、軽量感といった風合いに優れ、更に透明感といった独特な外観をなす布帛を形成でき、製編織などの高次加工工程での通過性が良好な収縮差混繊糸およびそれの製造方法を提供する。
【解決手段】ポリエステルを主体とする収縮差混繊糸であって、高収縮糸が高収縮性を示す第3成分が共重合されたポリエステルからなり、低収縮糸が鞘部にポリエステルが配され、芯部にポリスチレンポリマーが配された芯鞘複合糸から構成され、トータル繊度が20〜50dtexであり、交絡度が3〜20である収縮差混繊糸。 (もっと読む)


【課題】電磁波・音波吸収シートにおいて、優れた電磁波吸収特性と音波吸収特性とを兼ね備え、さらに極めて軽量で薄く、向こう側が見える透光性をも有すること。
【解決手段】透明なポリエステル繊維1とカーボン繊維2とを複数本ずつ鎖縫いで編み込みながら2回〜5回ごとにカーボン繊維2を透明なポリエステル繊維1を1本とばして編み続けた後に、透明なポリエステル繊維1に沿ってカーボン繊維2を切断することによって、透明なポリエステル繊維1とカーボン繊維2とが鎖縫いされたものに短いカーボン繊維のヒゲ状の突出部分2Aが形成された構造の電磁波・音波吸収糸3が作製される。かかる電磁波・音波吸収糸3を用いて織り目の粗い織物を織れば、電磁波・音波吸収能力の高い電磁波・音波吸収織物5となり、電磁波・音波吸収織物5を二枚の透明な薄いビニールシートで挟んで溶着すれば、透光性をも有する電磁波・音波吸収シートとなる。 (もっと読む)


121 - 140 / 253