説明

Fターム[4L036PA45]の内容

糸、糸又はロープの機械的な仕上げ (18,618) | 処理 (5,748) | 供給 (831)

Fターム[4L036PA45]の下位に属するFターム

Fターム[4L036PA45]に分類される特許

1 - 20 / 57


【課題】
従来技術のような制約がなく、湿度の変化により容易に通気度を調整することができ、かつ良好な着心地や風合を持つ編地を提供する。
【解決手段】
乾燥時のトルク指数が0〜25単位、湿潤時のトルク指数が15〜40単位であり、湿潤時のトルク指数が乾燥時のトルク指数より5〜20単位大きいセルロース系紡績糸Aと、乾燥時の水分率が2〜15%である長繊維Bとを交互に編成した編地であって、乾燥時の通気度が100〜350cc/cm・sであり、湿潤時の通気度が乾燥時の通気度より高くなることを特徴とする編地。セルロース系紡績糸Aと長繊維Bが一本交互または二本交互で交互編成されていることが好ましい。 (もっと読む)


【課題】銅、亜鉛乃至はそれらの合金を金属皮膜として基材である合成樹脂フィルムに設け、その皮膜上に合成樹脂によるコーティングや基材と同様の更なるフィルムの保護を必要としないスリット糸を得て、抗菌・抗カビ・静電気除電といった機能を有し硫黄系雰囲気下で加工されても当該機能を喪失しないスリット糸と、そのスリット糸を構成材料の一部とした布地或いは繊維製品を得る。
【解決手段】6から12ミクロンの合成樹脂フィルムを基材として、少なくともその片側に銅、亜鉛乃至はそれらの合金を50ナノメーターを越える厚みで蒸着した積層フィルムの該金属皮膜層に一切の保護層を設けずに、該積層フィルムをスリットした糸を重量比で1〜2%均等に混入することで課題に記載の機能を有する布地や繊維製品が硫黄系雰囲気下でも得られる。
又、その布地或いは繊維製品は耐洗濯性も有する。 (もっと読む)


【課題】 耐熱性があり、製造時には製品歩留が良く、使用時にも繊維の飛散が少ない耐熱性紡績糸及びその加工品を提供する。
【解決手段】 耐熱性複合紡績糸1は、綿繊維の紡績糸を芯糸2とし、この芯糸2の周囲に少なくともシリカ繊維を含むステープル繊維3を被覆し加撚してなるものである。ステープル繊維3は、少なくともシリカ繊維とガラス繊維とを含むものが好ましい。シリカ繊維の配合比率が50〜95質量%であり、ガラス繊維の配合比率が3〜48質量%であることが好ましい。 (もっと読む)


【課題】1つのクレードルに保持された巻取管に複数の糸を巻き取って複数のパッケージを形成した後、複数のパッケージを容易に分離する。
【解決手段】連結部材41は、略円筒形状の部材である。軸方向に関する中央部を挟んだ両側に位置する部分が、それぞれ、挿通部42となっており、これら2つの挿通部42を、それぞれ、その先端側から巻取管19Bに挿通させることによって、2つの巻取管19Bを互いに連結させる。各挿通部42には、それぞれが挿通部42の先端から連結部材41の軸方向に沿って延びており、連結部材41の周方向に沿って配列された複数のスリット46が形成されており、これにより、挿通部42は、その径が拡縮可能となっている。また、連結部材41の2つの挿通部42の間に位置する部分には、ゴムなどの弾性材料からなるOリング43(環状部材)が巻かれている。 (もっと読む)


【課題】改良型の高速繊維アセンブリを提供すること。
【解決手段】改良型の高速繊維アセンブリが、提供され、中間にある巻き糸から更なるプロセシング(例えば、粗紡、再巻上げ(re巻き線)、ブレーディング、加撚、織り上げ(weaving)、より上げ(plying)、編み上げ(knitting、)、裁断(chopping)、引き抜き成形(pultrusion)、単繊維巻き揚げ(filament winding、)、プレプレッギング、ワイヤ被覆加工(wire coating)、ケーブリング(cabling)、引っ張り(tensioning)またはビーミング(beaming)のような)のための1以上の機構に1以上の繊維(2)を送るための、1以上のダンペニングバー(3,5)、取り入れアセンブリ(7)、および供給チューブ(12)を備える。 (もっと読む)


【課題】従来よりも開繊の効率を向上させることができる繊維加工品積層体の開繊装置を提供する。
【解決手段】シート状の繊維加工品を複数重ね合わせてなる繊維加工品積層体LFを開繊する繊維加工品積層体の開繊装置1であって、軸線周りに回転する開繊シリンダ11と、開繊シリンダの外周面の近傍に設けられ、繊維加工品積層体を開繊シリンダの外周面に向けて搬送する一対のフィードローラ12と、フィードローラの開繊シリンダの回転方向側に並ぶように隣接して設けられるとともに、開繊シリンダの外周に沿って設けられる複数の押さえローラ131、132を有する押さえローラ群13と、を備え、押さえローラ群は、各押さえローラの外周面と、開繊シリンダの外周面と、の間隔が、フィードローラから離れる押さえローラほど小さくなるように設けられている。 (もっと読む)


【課題】容易にメンテナンスが可能な熱処理金型の提供を目的とする。
【解決手段】編紐が通過する編紐挿通路43が形成され、編紐挿通路43は、上流側に形成され、内径が前記編紐の直径以上に形成された予熱部43aと、下流側に形成され、内径が前記編紐の直径よりも小径に形成された縮径部43bと、予熱部43aと縮径部43bとを接続するように形成され、内径が上流側から下流側に向かって漸次縮径するテーパ部43cと、を有し、編紐挿通路43のうち、少なくとも予熱部43aよりも下流側が、カートリッジ部45に形成されており、カートリッジ部45が金型本体部41に対して着脱可能に形成されていることを特徴としている。 (もっと読む)


【課題】本発明は、開繊治具との接触による手法を採用しながら、比較的簡便な機構を用いて、低張力で毛羽の発生を極力抑えた状態で、目スキ・ムラ無く均一かつ所定の幅に開幅された開繊繊維を得る方法および装置を提供することを目的とするものである。
【解決手段】かかる目的に到達するため、本発明者らは鋭意検討の結果、本発明に到達した。本発明は繊維束を一定の張力で搬送しつつ、繊維走行方向に対して60°〜120°を成す交差方向で繊維束に揺動作用を付与することにより繊維束を開繊する方法であって、揺動は多段階の揺動機構によりなされ、揺動機構群のうち少なくとも1つの揺動機構対間に120°〜240°の位相差が存在することを特徴とする開繊繊維の製造方法である。本発明により、所定の開繊幅への調整および目スキ・ムラなどの品位向上を得て、開繊が提供可能となる。 (もっと読む)


【課題】 繊維強化ストランドの製造方法において、繊維強化ストランドをその断面が可及的に円形に近似した状態となるように製造する。
【解決手段】本発明の繊維強化ストランド1の製造方法は、溶融した熱可塑性熱可塑性樹脂5を貯留する樹脂浴手段7に強化繊維束3を通過させて樹脂含浸後の強化繊維束3とし、次に下流側で樹脂含浸後の強化繊維束3に撚りを付与させる方法であって、樹脂浴手段7が、強化繊維束3に熱可塑性樹脂5を含浸させる含浸領域21と樹脂含浸後の強化繊維束3に撚りを付与可能とさせる撚り付与領域22とを有しているとき、撚り付与領域22内の距離Lで樹脂含浸後の強化繊維束3に付与される撚りピッチPが、L/3≧P≧3.15/90×(dtex)1/2を満たすようにして撚りを付与させる。 (もっと読む)


【課題】 性質の異なる複数本の糸を用いて、引張り強度をはじめその他に求められる特質を備えた複合糸の提供。
【解決手段】 芯糸2と編糸3を組み合わせ組織として構成した複合糸であって、上記芯糸2の周囲に編糸3にて編製した丸編み生地4を絡み合わた複合糸。 (もっと読む)


【課題】糸の加工性能が高い糸処理装置を提供すること。
【解決手段】糸処理装置1は、糸導入部11及び糸排出部12を備えた糸通路と、糸通路に流体を噴射する流体噴射孔14とを有するノズル2と、糸排出部12の先端に位置する排出口12aと対向する球状の衝突体4を備えている。糸排出部12は排出口12aに向けてその内径が拡大する末広がり状に形成されており、衝突体4は、ノズル2の、糸排出部12の排出口12aが形成された端面から離れている。 (もっと読む)


【課題】マルチフィラメントの開繊性を簡便で、かつ定量的に評価できる、マルチフィラメントの開繊性の評価方法および評価装置を提供する。
【解決手段】マルチフィラメントを開繊処理した直後に該マルチフィラメントの開繊性を評価する方法または装置であって、前記評価方法または評価装置が以下の(a)、(b)、及び(c)の手段を含むことを特徴とするマルチフィラメントの開繊性の評価方法。
(a)開繊処理された直後のマルチフィラメントを、微粘着性を有する基材上に接着する手段
(b)基材上に接着された開繊フィラメントを、一定の投光条件下で画像として取り込む手段
(c)前記の取り込まれた画像を画像解析により、前記開繊フィラメント上においてマルチフィラメントがモノフィラメント単体の厚さに開繊、分離された領域の割合を算出する手段 (もっと読む)


本発明は、架橋シリコーンポリマーの被覆を含んでなる高強度繊維と、それらから作製されたロープとに関する。繊維は、好ましくは高性能ポリエチレン(HPPE)繊維である。架橋シリコーンポリマーを含んでなる被覆は、架橋性シリコーンポリマーを含んでなる被覆組成物から作製される。ロープは、曲げ用途(滑車による繰り返し曲げ用途など)において著しく改善された耐用寿命性能を示す。本発明は、耐曲げ疲労性の改善のため、ロープに架橋シリコーンポリマーを使用することにも関する。 (もっと読む)


【課題】細繊度化を伴う多繊条化、単繊維太さ2dtex以下であって、かつ高速度での処理が要請される合成繊維マルチフィラメント糸において、好適な原糸交絡を与え得る新規な合成繊維マルチフィラメント糸の提供と、さらに該合成繊維マルチフィラメント糸の交絡付与装置と交絡付与方法を提供する。
【解決手段】糸条に交絡を付与する糸処理部と、該糸処理部に開口し互いに交叉する2つの流体噴射孔7からなる流体噴射部と、流体噴射孔が開口する開口部Oを有する開口壁面FOと、開口壁面に対向し糸処理部と外部とを連通するスリット部を対向壁面FPとで構成する対向壁面からなる、マルチフィラメント糸の交絡処理装置において、流体噴射孔の軸線および該軸線の交点を糸条走行方向Yに垂直な面内に設けるとともに、対向壁面が糸入り口部から糸出口部に向かって広がるように傾斜していることを特徴とするマルチフィラメント糸の交絡付与装置1。 (もっと読む)


アラミド繊維とモダクリル繊維を含み、モダクリル繊維が1.5パーセント未満のアンチモンを有し、アンチモン無含有であるのが好ましい、アークおよび火炎防護に使用するのに適切な糸、布帛、および衣服。一実施形態においては、糸、布帛、および/または衣服は、成分(a)、(b)、(c)、および(d)の総重量を基準として、(a)少なくとも20%の結晶化度を有するメタ系アラミド繊維50〜80重量パーセント、(b)アンチモン無含有のモダクリル繊維10〜40重量パーセント、(c)パラ系アラミド繊維5〜20重量パーセント、および(d)帯電防止繊維1〜3重量パーセントから基本的になる。幾つかの実施形態においては、この糸から作製された衣服は、着用者がASTM F1930に従い4秒間フラッシュ火災暴露に暴露された場合に受けることが予測される体の火傷が65パーセント未満になるような熱防護を提供すると同時に、ASTM F1959およびNFPA70Eに準拠するカテゴリー2のアーク等級を維持している。 (もっと読む)


フラッシュ火災防護性が改善された、アークおよび火炎防護に使用するのに適した糸、布帛、および衣服であって、(a)結晶化度が少なくとも20%であるメタ系アラミド繊維を50〜60重量パーセント、(b)モダクリル繊維を31〜39重量パーセント、および(c)パラ系アラミド繊維を5〜15重量パーセントから本質的になり、上記百分率が、成分(a)、(b)、および(c)を基準とする、糸、布帛、および衣服。幾つかの実施形態においては、メタ系アラミド繊維は少なくとも50重量パーセントに維持されることを条件に、メタ系アラミド繊維の1〜3重量パーセントが炭素または金属を含有する帯電防止繊維に置き換えられていてもよい。この糸から作製された衣服は、着用者がASTM F1930に準拠する4秒間のフラッシュ火災暴露に暴露された場合に受けるであろうと予測される体の火傷が65%未満となる熱防護を提供すると共に、ASTM F1959およびNFPA 70Eに準拠するカテゴリー2のアーク等級を維持する。
(もっと読む)


【課題】スパイラルピッチや撚り巻き数を任意且つ大幅に調整することができると共に、撚り戻りの発生を防止でき、しかも生産速度を向上させることが可能な筒状撚糸製造装置を提供する。
【解決手段】テープ状物Pを巻回してなる原反ロールWを保持する原反ロール保持手段14と、テープ状物Pを繰り出すテープ状物繰り出し機構16と、テープ状物Pに対してめくれを付与する撚りガイドローラー18と、テープ状物Pを筒状撚糸Sに成形するテープ撚り手段20と、筒状撚糸巻取り手段22とを備え、撚りガイドローラー18には、テープ状物Pの走行方向に対する回転軸Aの傾斜角度を可変制御するモーター40が取り付けられると共に、撚りガイドローラー18とテープ撚り手段20とが近接離間可能に設置されており、更に、撚り戻り防止剤塗布装置(C)が設けられていることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】長手方向に太細斑を備えることで織編物の表面にナチュラル感に富む変化を与えることができ、同時に特定の繊維素材を使用することにより、織編物に対し発汗時の肌触りや着衣快適性などの機能性をも付与しうる複重層糸と、その複重層糸を効率的に製造する方法とを提供する。
【解決手段】芯部に疎水性繊維、鞘部に親水性繊維を配してなる複重層糸であって、長手方向に太細斑を有する複重層糸、及び芯部に疎水性繊維、鞘部に親水性繊維を配してなる二層構造繊維束をドラフト域に供給し、紡出後、加撚して複重層糸7を製造する方法において、当該ドラフト域内にスリット部を備えたスラブローラー4を設置し、このスラブローラー4に繊維束1を間歇的に把持させる複重層糸7の製造方法。 (もっと読む)


【課題】伸びの抑制と軽量化を両立することが出来る撚糸及び糸、ならびにこれらの製造方法を提供する。
【解決手段】繊維配列層が複数層積層されてなる帯状布4が撚られた撚糸1であって、前記各繊維配列層は熱可塑性樹脂から形成され前記帯状布の長手方向に略直線状に配列した複数の連続長繊維13Bからなる撚糸であり、又繊維配列層が複数層積層されてなる糸11であって、前期各繊維配列層は熱可塑性樹脂から形成され糸の長手方向に略直線状に配列した複数の連続長繊維13C,13Dからなる糸である。 (もっと読む)


【課題】 単糸繊度が10dtex以下の細いフィラメントを使用したデンタルフロスにおいて、歯間に挿入しやすくフィラメントが切れ難い(糸がほつれ難い)デンタルフロス用糸を提供する。
【解決手段】 単糸繊度が10dtex以下のフィラメントを束ねた繊度500〜1500dtexの糸が水溶性高分子でコーティングされていることを特徴とするデンタルフロス用糸とする。溶性高分子がポリエチレングリコールであることが、撚り数は20〜200T/mであることが好ましい。 (もっと読む)


1 - 20 / 57