説明

Fターム[4L047BA23]の内容

不織物 (36,085) | ウェブの結合 (4,621) | その他の結合手段によるもの (291)

Fターム[4L047BA23]に分類される特許

41 - 60 / 291


【課題】放熱性が高い放熱材料を得ることができる炭素繊維を提供する。
【解決手段】メソフェーズピッチを原料とし、表面状態、平均繊維径、平均繊維径に対する繊維径分散の百分率(CV値)、個数平均繊維長、体積平均繊維長を制御した炭素繊維を作成し、それを用いて組成物及び成形体を作製する。 (もっと読む)


【課題】絡合処理時にズレが生じず、折れしわの品位の高い人工皮革用基材や人工皮革を製造することが可能な長繊維不織布の製造方法および人工皮革用基材の製造方法を提供する。
【解決手段】極細繊維発生型長繊維を紡糸し、これをネット上に捕集してウェブを形成するウェブ形成工程と、前記ウェブに融着処理を施す融着処理工程と、前記融着したウェブを積重して積重ウェブとする積重工程と、前記積重ウェブの少なくとも一方の面に絡合処理装置の表面部材の一部を接触させながら、その接触部において前記絡合処理装置内部の絡合処理部材により絡合を行う絡合処理を含む絡合工程と、を順次含み、前記絡合処理において、前記接触部における前記表面部材の駆動方向を前記積重ウェブの搬送方向と同一とし、駆動速度と搬送速度とを略同一とする長繊維不織布の製造方法である。 (もっと読む)


【課題】水溶性樹脂または電解質を用いることなく、含フッ素ポリマーと溶媒とを含む紡糸原液を用いた電界紡糸法にてフッ素系不織布を製造できるフッ素系不織布の製造方法、フッ素系不織布を用いた固体高分子形燃料電池用固体高分子電解質膜および固体高分子形燃料電池用膜電極接合体を提供する。
【解決手段】含フッ素ポリマーと溶媒とを含む紡糸原液を用いた電界紡糸法にてフッ素系不織布を製造する方法において、含フッ素ポリマーとしてフルオロオレフィン系含フッ素ポリマーを用いるフッ素系不織布の製造方法;目付量が7.5cm/m以下、厚さが23μm以下のフッ素系不織布;該フッ素系不織布を含む固体高分子電解質膜25;該固体高分子電解質膜25がアノード23とカソード24との間に配置された膜電極接合体20。 (もっと読む)


【課題】ウェブ表面の静電気を除去し、ウェブを複数枚重ねた際のウェブのズレや乱れを解消し、折れしわの品位の高い人工皮革を製造することができる長繊維不織布の製造方法および人工皮革用基材の製造方法を提供する。
【解決手段】極細繊維発生型長繊維を紡糸し、前記極細繊維発生型長繊維をネット上に捕集してウェブを形成するウェブ形成工程と、前記ウェブに融着処理を施す融着処理工程と、前記融着処理を施したウェブに水を付与する水付与工程と、前記水を付与したウェブを積重して積重ウェブとする積重工程と、前記積重ウェブに絡合処理を施す絡合工程と、を連続して含むことを特徴とする長繊維不織布の製造方法である。 (もっと読む)


【課題】 非吸湿性、耐熱性、および含浸樹脂との接着性に優れ、かつ低コストで製造可能な樹脂補強基材を提供する。
【解決手段】 310℃での溶融粘度が20Pa・s以下である溶融液晶形成性全芳香族ポリエステルを主成分とし、平均繊維径が1〜15μmである実質的に連続したフィラメントからなり、動的粘弾性測定によるガラス転移点が120℃以上であることを特徴とする不織布。 (もっと読む)


【課題】
高温使用時でも収縮せず、単体でもセパレータとしての性能を備えている層を含むセパレータを具備することにより、高温環境下及び高温にさらされた後でも、高い放電性能を保持できるアルカリ一次電池用セパレータを提供する。
【解決手段】
セルロース系ポリマーを含み、繊維直径が10〜1000nmのナノファイバーよりなるシートと、耐アルカリ性繊維で構成された湿式不織布よりなる基材とが積層一体化されているアルカリ電池用セパレータであって、前記セルロースポリマーを含むナノファイバーよりなるシートが以下(1)、(2)を共に満足することを特徴とするアルカリ電池用セパレータ。
(1)ナノファイバーの積層量が0.1〜10.0g/mであること、
(2)アルカリ湿潤状態下150℃で60分処理時にシート形態を保持し、かつ収縮率が5%以下であること。 (もっと読む)


【課題】 各ノズルにより得られるウエブ上に隣接のノズルにより得られるウエブを順次マルチに積層させて捕集することにより生産性を向上させる静電紡糸方法において、ウエブの膜化を防止する静電紡糸方法と、静電紡糸装置を提供しようとする。
【解決手段】溶媒に溶かされたポリマーをノズルから吐出させ電界を作用させて延伸して得られる繊維を、走行する捕集面からなる捕集部で連続的に捕集してウエブを得る静電紡糸方法において、前記ノズルと該ノズルに対応する捕集部をウエブの走行方向に直列に配置し、各捕集部で得られたウエブから溶媒を除去したのち、捕集部それぞれで得られたウエブを該捕集部の次の下流の捕集部に順次導いて該ウエブの表面に該下流の捕集部で得られたウエブを積層させる、静電紡糸方法である。
(もっと読む)


【課題】ナノファイバーからなる不織布チューブを自動的に効率よく製造するナノファイバー不織布チューブの製造装置を提供する。
【解決手段】エレクトロスピニング法により製造されるナノファイバーを用いて不織布チューブを製造するナノファイバー不織布チューブの製造装置であって、高分子溶液の液滴を供給するノズル1とコレクタ電極3との間に設けられて前記ノズルから吐出された液滴が繊維化して飛翔するナノファイバーの飛翔方向に交差するように設けられた軸部材15と、この軸部材15の少なくとも一方の端部を支持する支持手段14と、この支持手段14を移動して、前記軸部材15をその軸方向に交差する方向で且つ前記飛翔方向と交差する方向に移動して前記ナノファイバーが飛翔する飛翔領域を横切るように周回させる移動手段12と、前記移動手段12によって前記軸部材15が周回する際の前記飛翔領域を横切る領域以外に位置する自転領域で当該軸部材15をその軸回りに自転させる自転手段とを具備する。 (もっと読む)


【課題】吐出された紡糸原液の一部がノズルの出口先端から液滴となって落下したり放出されるというトラブルを解消し、安定した紡出を行うことのできる静電紡糸方法及び静電紡糸装置を提供しようとする。
【解決手段】ノズルから押出された紡糸用原液に電界を作用させて延伸し繊維化する静電紡糸方法において、紡糸用原液をノズルから間欠周期的に吐出させることを特徴とする静電紡糸方法であり、前記ノズルに、紡糸用原液を貯留して前記ノズルに導通する原液貯留部が備えられ、該原液貯留部に貯留された紡糸用原液の液面を周期的に変動する加圧力で空気を介して加圧して紡糸用原液を前記ノズルから吐出させる静電紡糸方法である。
(もっと読む)


【課題】コレクタ上に積層されるナノ・ファイバの配向性を高めることのできるエレクトロスピニング法を用いたナノ・ファイバ製造方法および装置の提供。
【解決手段】繊維の素材と溶媒との溶液を入れたシリンジ1と、シリンジ1内の溶液を押し出すシリンジポンプ2と、溶液供給チューブ3と、紡糸口4aを有するノズル4と、回転体コレクタ5と、ノズル4と回転体コレクタ5との間に高電圧を印加する高圧電源6と、回転体コレクタ5上に巻き付けられるナノ・ファイバに対して除電イオンを照射してナノ・ファイバの電荷を中和する静電除去装置7とを備えたナノ・ファイバ製造装置。回転体コレクタ5に対して、静電除去装置7から、マイナスイオンを照射しているため、2層目、3層目と積層されていく絶縁体であるナノ・ファイバの+電荷が中和されて同極性の電荷の反発は発生せず、揃った配向の一方向ナノ・ファイバの集積体が得られる。 (もっと読む)


【課題】電荷安定剤を含み、荷電紡糸法により紡糸された極細の高分子繊維を用いることにより、長時間にわたり電荷を安定に保持でき、フィルタ性能に優れたエレクトレット濾材及びその製造方法を提供する。
【解決手段】電荷安定剤を含み、荷電紡糸法により紡糸された平均繊維径が0.001〜1μmの高分子繊維を用いるエレクトレット濾材。 (もっと読む)


【課題】生分解性を向上させた化学合成系の生分解性ポリマーフィルムおよびその製造方法を提供する。
【解決手段】化学合成系の生分解性ポリマーに高級アルコールまたは高級アルコールとポリエチレングリコールとのエーテルの少なくとも一方を添加して紡糸したナノファイバーが積層されてなることを特徴とする。かかる構成により、高級アルコールまたはこれとポリエチレングリコールとのエーテルが生分解性ポリマーのエステル結合を分解する酵素の誘導物質として働き、生分解性ポリマーの分解を促進させることができる。 (もっと読む)


【課題】窒化ホウ素ナノチューブを含有する分散液ならびにその製造方法、更にこれを用いた窒化ホウ素ナノチューブの成型方法及び成型体を提供する。
【解決手段】1重量部の窒化ホウ素ナノチューブ(A)と、遊離水分含有量が5重量%以下である強酸性溶媒(B)を1〜100000重量部含有することを特徴とする窒化ホウ素ナノチューブ分散液。また該分散液を湿式凝固、製膜後に洗浄、乾燥することにより得られる窒化ホウ素ナノチューブ不織布状シート、ならびにその製造方法。 (もっと読む)


【課題】 非吸湿性、低誘電特性、熱寸法安定性に優れ、かつ低コストで製造可能な補強基材用積層体を提供する。
【解決手段】 溶融液晶形成性全芳香族ポリエステル繊維からなる不織布(イ)とシート状強化材(ロ)が熱接着されてなる積層体。 (もっと読む)


従来技術と比較して改良された不織繊維布帛であって、薬剤における生分解性材料として、特に、生体細胞(再生医療)用のインプラント又はキャリア材料として用いることができるだけでなく、食品技術の種々の用途、特に食品用の前駆体として用いることができる平坦材料の形態における又は平坦材料の一部としての不織繊維布帛を提供するために、ゼラチン材料から成る繊維を含む不織繊維布帛が示唆され、上記繊維の厚さは、平均して1〜500μmであり、そして上記不織繊維布帛は、2本又は3本以上の繊維が相境界なくお互いに組み合わされる複数の領域を有する。
(もっと読む)


【課題】静電爆発を用いてナノファイバを製造するナノファイバ製造装置において、引火性のある溶剤を使用しても爆発のおそれの低い製造装置を提供する。
【解決手段】ナノファイバ製造用の原料液200を噴射する、電圧が印加される噴射孔112を備えるナノファイバ製造装置101であって、外空間の雰囲気よりもナノファイバ製造空間107を低酸素雰囲気に維持する隔壁102と、前記ナノファイバ製造空間107の低酸素雰囲気を形成する低酸素ガスを供給するガス供給源103とを備える。 (もっと読む)


【課題】特に高靭性のFRC材料を提供できる補強用繊維を関するものである。
【解決手段】繊維補強セメント複合材料に用いる補強用繊維であって、該繊維が、繰り返し単位の95モル%以上が、下記式(1)で示されるポリケトンで構成される繊維の短繊維であり、該短繊維の繊維長が5〜30mmであることを特徴とする補強用繊維。
【化1】
(もっと読む)


【課題】十分な着色効果を発現し、繊維の分割性や工程安定性が向上した原着不織布を提供する。
【解決手段】ポリアミド重合体からなる成分と、ポリエステル重合体からなる成分との、2成分で構成された剥離分割型複合繊維からなる原着不織布において、どちらか一方の成分にのみ平均1次粒子径が10〜50nmのカーボンブラックを該成分の重量を基準として0.5〜30重量%含有させる。 (もっと読む)


【課題】 本発明の目的は従来の極細繊維による研磨布では達成し得なかった優れた研磨特性を有しつつも、高い加工能率を兼ね備えた高性能研磨布を提供しようとするものである。
【解決手段】 熱可塑性ポリマーからなる極細繊維を有するシート状物であって、任意の面積0.01mmの範囲における極細繊維が
(A)極細繊維の繊維径CV%≧40%
(B)繊維径1〜300nmである極細繊維の繊維径CV%≦30%
(C)繊維径1〜300nmである極細繊維の存在比率が10〜90%
であることを特徴とするシート状物。 (もっと読む)


【課題】 オムツ等の使い捨て衛生材料や,貼布材の基布に,通気性,風合の面から伸縮部材としてフィルムよりも好ましい不織布の使用が多くなってきている。それら伸縮部材に用いられる材料として,ゴム弾性のあるエラストマーのみからなる不織布が上げられるが,肌に接触する用途においては触感がゴム様であり風合の面で適さないなどの問題があった。そこで繰返し使用に耐える伸縮特性を有した不織布を提供する。
【解決手段】延伸処理した不織布の少なくとも表面層に、部分熱圧着とは別である部分的な繊維高密集域を有し、該繊維高密集域の面積率が5〜70%である伸縮性不織布。 (もっと読む)


41 - 60 / 291