説明

Fターム[4L055EA25]の内容

 (82,557) | 条件、数値の特定 (11,593) | 物理量 (2,021) | 密度、濃度、粘度 (451)

Fターム[4L055EA25]に分類される特許

141 - 160 / 451


【課題】特に製紙用の填料または塗工用顔料として必要な特性を備えた再生粒子を、安定して製造する。
【解決手段】製紙スラッジの脱水物を含酸素状態で燃焼する燃焼工程を含み、さらに、その再生粒子を水中に懸濁してスラリーを得る際に、分散剤としてポリカルボン酸ソーダを再生粒子100重量部に対して、0.3〜2.0重量部(対固形分)添加する工程を含む。 (もっと読む)


【課題】本発明は、フレキソ印刷インキ、特に水性フレキソインキの発色性に優れ、印刷均一性が良好な塗工ライナーの製造方法である。
【解決手段】少なくとも2層以上の多層抄きで構成される原紙の片面に顔料と接着剤を含有する塗工液を塗工する塗工ライナーの製造方法において、表層に使用されているパルプが針葉樹晒クラフトパルプ、広葉樹晒クラフトパルプおよびケント古紙パルプから選ばれた少なくとも1種を使用した該原紙に、顔料として製紙スラッジを燃焼処理して得られる再生顔料が顔料100質量部当たり30〜95質量部、かつタルクが顔料100質量部当たり5〜50質量部含有する塗工液をバー塗工方式で塗工することを特徴とする塗工ライナーの製造方法。 (もっと読む)


【課題】光沢度の高い塗工紙が得られる塗工紙の製造方法を提供する。
【解決手段】パルプを主原料とする未塗工原紙に、所定の粘度挙動を示す高分子化合物を含有する表面処理剤を塗工して塗工原紙を得る表面処理工程と、前記塗工原紙に、顔料と結着剤と水とを含有する顔料スラリーを塗工してカレンダー前塗工紙を得る塗工工程と、前記カレンダー前塗工紙をカレンダー処理し、カレンダー後塗工紙を得るカレンダー工程とを有する、白紙光沢度が40%以上である塗工紙の製造方法であって、前記顔料スラリー中の水の比率(重量%)と前記高分子化合物の塗工量(g)との比が所定範囲である、塗工紙の製造方法。 (もっと読む)



【課題】長期間保存しても微粒子の沈降のない保存安定性に優れた水溶性重合体分散液、紙力増強剤、製紙用濾水性向上剤および製紙用歩留向上剤を提供する。
【解決手段】塩濃度が10重量%以上飽和濃度以下の塩水溶液中に、水溶性重合体を、カチオン性ラジカル重合性単量体30〜99.99モル%およびスルホン酸基含有ラジカル重合性単量体0.01〜1モル%を含有する重合成分を共重合させて得られる高分子分散剤を用いて分散させた水溶性重合体の分散液であって、水溶性重合体の含有量が10〜40重量%で、25℃における分散液の粘度が3000〜30000mPa・sである水溶性重合体分散液を用いる。 (もっと読む)


【課題】単繊維径が10〜1000nmの極細繊維を用いた不織布の製造方法であって、工程性がよく、地合いに優れた不織布を製造することが可能な、不織布の製造方法および該製造方法により得られた不織布および不織布構造体および繊維製品を提供する。
【解決手段】繊維形成性熱可塑性ポリマーからなり単繊維径(D)が10〜1000nm、かつ該単繊維径(D)に対する繊維長(L)の比(L/D)が100〜2000の範囲内である短繊維Aを水に分散させて水分散体とした後、該水分散体をスプレー方式で噴霧することによりウエブを形成した後、該ウエブを乾燥することにより不織布を得た後、必要に応じてフィルターなどの繊維製品を得る。 (もっと読む)


本発明は、コート剤として、EN ISO 1133(190℃、2.16kg荷重)による3〜50cm3/10minのメルトボリュームフローレイト(MVR)を有する生分解性の脂肪族−芳香族ポリエステルが使用されることにより特徴付けられる、紙をコートする方法に関する。 (もっと読む)


【課題】 軽量で生産性に優れ、切削加工により種々の形状の型面の賦与が容易で、しかもドリル等による透水目的の開孔が不要な、透水性に優れるパルプモールド用透水性型を与えるパルプモールド用透水性型形成性組成物、並びに該透水性型内に抄紙液を充填し、水を型外に透過させて成形してなるパルプモールドを提供する。
【解決手段】 平均粒径1.4〜32.0mmの合成樹脂含有粒子(A)およびバインダー(B)を含有してなる、パルプモールド用透水性型形成性組成物。 (もっと読む)


【課題】グリセリン等の保湿成分を含む衛生薄葉紙の損紙を抄紙原料として利用可能にする、効果的な処理方法を提供する。
【解決手段】水溶性の保湿成分を含む衛生薄葉紙の損紙を処理する方法であって、前記損紙と水とを混合攪拌して損紙由来の保湿成分を水中に溶出させ、その後に脱水処理して損紙由来の繊維を含む固形成分を回収し、この回収された固形成分を連続的又は段階的に、オンラインで抄紙系へ返送する。保湿成分を溶出させたのち脱水するので、得られる固形成分は、微生物の栄養源となる保湿成分が十分に低減されている。したがって、この後、例えば、バージンパルプを主体とする抄紙原料に混合するなどして、通常の抄紙系に返送して抄紙することができる。 (もっと読む)


【課題】特に製紙用の填料または塗工用顔料として必要な特性を備えた再生粒子を、安定して製造する。
【解決手段】古紙パルプを製造する古紙処理設備の脱墨工程においてパルプ繊維から分離された脱墨フロスを主原料として、前記主原料を脱水、乾燥、燃焼及び粉砕工程を経て、再生粒子を得る再生粒子の製造方法であって、前記燃焼工程が、第1燃焼工程と、第1燃焼炉にて燃焼された脱墨フロスを再度燃焼する、後の第2燃焼工程とを有する、少なくとも2段階の燃焼工程を有し、前記第1燃焼炉10として、前記主原料の供給から排出の移送方向について、主原料の温度を個別に制御可能な電気炉を使用し、主原料の温度が300℃以上〜500℃未満で燃焼処理を行う。 (もっと読む)


【課題】湿潤紙力増強効果を損なうことなく、嵩高効果をも有する湿潤紙力剤を提供し、これにより湿潤紙力特性と柔らかな触感に優れた高品質な家庭用または衛生用の紙を提供する。
【解決手段】ポリアルキレンポリアミン(A)に不飽和二重結合を有する脂肪族ポリカルボン酸(b1)を含む脂肪族ポリカルボン酸成分(B)を反応させて得られるポリアミドポリアミン(C)、疎水性ビニルモノマー(D)およびエピハロヒドリン(E)を反応させて得られる架橋反応物を含有した湿潤紙力剤とする。 (もっと読む)


本発明は、特に感熱性を有する紙製またはポリマー製のフレキシブル基材に対し、撥水性および剥離性を有するコーティングを形成するために使用可能な架橋性シリコーン組成物または架橋シリコーン組成物に関する。これらの組成物は、例えば、フレキシブル基材上に剥離性を有する架橋コーティングを形成するため、白金の存在下で重付加により架橋剤と反応可能な、≡Si‐Hユニットを有する架橋ポリオルガノシロキサン(POS)および不飽和POS、好ましくはビニル含有の≡Si‐Vi POSを含む。本発明の目的は、あらゆる種類のフレキシブル基材(グラシン紙などの紙、またはポリエチレンテレフタレート(PET)のようなポリエステルなどのポリマー)上に、特にコーティング機から離れる際に、優れた付着(粘着)特性および機械的強度または接着特性(「こすり落ち(Rub−off)」特性)を与える架橋シリコーンコーティングを生成するために、コーティング組成物架橋を即時に行なうことである。この目的を達成するため、本発明では、100重量部のシリコーン基剤につき、1〜80重量部または5〜80重量部の微粒子フィラー、好ましくはナノスケールフィラーを含む添加剤を、架橋剤と反応可能なシリコーンオイル中に1〜40重量部使用する。基材および高速コーティング法が保護を求める対象となる。架橋/重付加により得られるフレキシブル基材用シリコーン剥離コーティングに適用する。 (もっと読む)


【課題】内容物の搬送に耐え得る強度と、中芯原紙との貼合適性とを有し、簡便な印刷を施すことができると共に、さらに発塵が少ない段ボールシート用表裏面用紙を提供する。
【解決手段】坪量を80〜185g/mとし、水溶性高分子を澱粉とし、この澱粉は、段ボールシート用表裏面用紙中に、フェノール硫酸法による比色定量により分析した値で2.5〜10g/m含有され、また水溶性高分子の塗布面上に、滑剤としてステアリン酸カルシウムを塗布し、且つJIS−P8129(1997)に規定されるデニソンワックス値が13A以上とする。 (もっと読む)


【課題】インク媒体の高い吸収性を有し、かつトップコーティングとの適合性に優れたベースコーティングを有するインクジェット記録シートのための基材の提供。
【解決手段】インクジェット記録シートのための基材は少なくとも一つの面にベースコーティングを有する。ベースコーティングは組成物としてピグメントとバインダとを有し、ピグメントは約40〜60%のカオリンクレーと約60〜40%のカ焼クレーとから構成される。 (もっと読む)


【課題】紙塗工用サイズプレス液は紙の表裏面で必要量が異なる場合があり、各面の必要量のサイズプレス液を供給して、その液に含まれる添加剤を適量とするサイズプレス液用添加剤の添加量調整装置の提供。
【解決手段】糊液希釈タンク13から供給される表面処理液と添加剤受入タンク20から供給される添加剤とを、紙Pの表裏面のそれぞれにサイズプレス液を供給する供給系統の振動スクリーン9a、9bに各別に供給。澱粉類を主体とした糊希釈液である表面処理液の供給路14a、14bに流量センサ28d、29dを設け、その測定信号を流量調節器28c、29cに送出し、添加剤の供給路27a、27bに流量センサ28b、29bを設け、その測定信号を流量調節器28c、29cに送出。流量調節器28c、29cで表面処理液量に応じた添加剤量を求め、調整弁28a、29aの開度を調整して、適宜量の添加剤を振動スクリーン9a、9bに供給。 (もっと読む)



【課題】本発明は、紙独自の風合いを維持しつつ、耐酸性及び耐水性に優れる耐酸耐水性紙シート及びその製造方法を提供すること。
【解決手段】本発明は、天然繊維を含む紙に、含蝋シェラックを硬化させた硬化含蝋シェラックが付与された耐酸耐水性紙シートであって、硬化含蝋シェラックの付与量が4〜59μg/mmである耐酸耐水性紙シートである。 (もっと読む)


【課題】軽量で高光沢性な塗工紙が得られる、塗工原紙用の表面処理剤を提供する。
【解決手段】(A)アニオン性基を含有する水溶性高分子化合物と、(B)多価金属化合物とを含有する、塗工原紙用表面処理剤。(A)成分としては、例えばカルボキシル基及び/又はその中和基、並びにスルホン酸基及び/又はその中和基から選ばれるアニオン性基を含有する水溶性高分子化合物があげられ、(B)成分としては、多価金属の酸塩があげられる。 (もっと読む)


【課題】塗工量が片面あたり5g/m2以下でありながら、オフセット印刷適性やグラビア印刷適性などのフルカラー印刷適性に優れた嵩高塗工紙を提供する。
【解決手段】原紙の少なくとも片面に、少なくとも2層の塗工層が形成された塗工紙であって、前記塗工層のうち、原紙に接する塗工層は水溶性高分子及び無機顔料を含み、前記水溶性高分子100質量部に対する前記無機顔料の割合が乾燥質量で1質量部以上100質量部以下であり、かつ前記原紙に接する塗工層の片面当たりの塗工量が5g/m2以下である。 (もっと読む)


表面特性や曲げ強度が改善された、波型媒体を有さない低コストな合わせ板材を提供する。一実施形態の合わせ板材においては、高品質印刷に適した表面を有し、従来の波型板材の表面に現れていた特徴的な線を有さない。この合わせ板材は、接着剤処方により接合された少なくとも2枚の板紙を含む。接着剤処方は、一または複数の接着剤成分、発泡成分、およびフィラーから構成することができる。接着剤は、直径範囲約2ポイント〜約20ポイントの接着剤の筋状形状からなる接着剤パターンとすることができる。本発明の合わせ板材では、必要に応じて、接着剤処方は、板紙層間の距離を調整するためのスペーサー成分を含むことができる。接着剤は、曲げ剛性をさらに向上させ接着剤コストを削減するために、硬質フィラーを含むことができる。 (もっと読む)


141 - 160 / 451