説明

Fターム[5B046AA00]の内容

CAD (21,103) | 用途 (6,421)

Fターム[5B046AA00]の下位に属するFターム

Fターム[5B046AA00]に分類される特許

1 - 20 / 470



【課題】標準作業手順書を生成する。
【解決手段】標準作業手順書を生成する標準作業手順書生成装置であって、作業手順書にて生成され得る製造物と、製造物の生成において使用され得る複数の対象物と、製造物を生成する際に各対象物がとり得る複数の動作との対応関係を有する製造物推定テーブルと、複数の対象物を含む対象物リストと、製造物推定テーブルに基づき、対象物リストに含まれる対象物から生成され得る製造物を推定する製造物推定部と、対象物リストから、対象物を選択可能とする対象物選択部と、対象物選択部において選択された対象物がとり得る動作の候補を、製造物推定テーブルから抽出し、前記抽出した動作候補を選択可能とする動作選択部と、を備える。 (もっと読む)


【課題】ゴムと、シリカと、界面結合剤とが配合されたゴム材料の変形を解析するのに役立つシミュレーション方法を提供する。
【解決手段】走査型透過電子顕微鏡を用いて前記ゴム材料の電子線透過画像を取得する撮像工程S1と、撮像工程で得られた画像からトモグラフィー法によりゴム材料の3次元構造を構築する工程S2と、前記ゴム材料の3次元構造に基づいてゴム材料モデルを設定するモデル設定工程と、ゴム材料モデルに条件を設定して変形計算を行う工程S6と、前記変形計算から必要な物理量を取得する工程S7とを含む。モデル設定工程は、ゴム材料のスライス画像を得る工程S3と、画像処理することにより、マトリックスゴム部分をマトリックスモデルとし、前記シリカをシリカモデルとして定義して前記ゴム材料モデルを設定する工程S4と、シリカモデルの周囲にマトリックスモデルよりも硬い物性が定義された界面モデルを設定する工程とを含む。 (もっと読む)


【課題】実際のゴム材料から精度良くシミュレーション用のゴム材料モデルを定義しうる方法を提供する。
【解決手段】充填剤を含有するゴム材料のシミュレーション方法であって、走査型透過電子顕微鏡を用いて前記ゴム材料の電子線透過画像を取得する撮像工程S1と、撮像工程で得られた画像からトモグラフィー法によりゴム材料の3次元構造を構築する工程S2と、前記ゴム材料の3次元構造からゴム材料モデルを設定するモデル設定工程S3乃至S4とを含むことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】実際のゴム材料から精度良くシミュレーション用のゴム材料モデルを定義しうる方法を提供する。
【解決手段】充填剤を含有するゴム材料のシミュレーション方法であって、走査型透過電子顕微鏡を用いて前記ゴム材料の電子線透過画像を取得する撮像工程S1と、撮像工程で得られた画像からトモグラフィー法によりゴム材料の3次元構造を構築する工程S2と、前記ゴム材料の3次元構造から、ゴム材料モデルを設定するモデル設定工程とを含み、前記モデル設定工程は、規則格子で区分される同一形状の基本要素で分割して初期のゴム材料モデルを設定するステップS4、前記初期のゴム材料モデルの一部分に、前記基本要素をさらに分割する細分化領域を設定するステップS5、及び前記細分化領域の各要素のみを2以上に分割するステップS6を含むことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】安定的に解を求めることができるようにサポート範囲を設定する解析装置を提供する。
【解決手段】タイヤ100をメッシュフリー法によって解析する解析装置30において、複数の節点によってサブセル領域4に分割された3次元のタイヤモデル6が入力する入力部32と、各節点を中心に、3次元よりなる楕円形のサポート範囲7をそれぞれ設定し、このサポート範囲7に含まれる節点の3次元の位置情報と、サポート範囲7の各節点と中心にある節点すらの距離に応じて重み係数が定まる核関数とを用いて、サポート範囲7ないの変位を示す近似関数を求める解析部34とを有する。 (もっと読む)


【課題】タイヤとリムを組み合わせて解析する場合に、解析精度が高く、かつ、計算時間が早い解析装置を提供する。
【解決手段】タイヤモデル120とリムモデル202とが接触する可能性がある領域であって、タイヤモデル120の外側の領域に仮想要素122を追加して、この仮想要素122に,ヤング率がタイヤ材料の標準値の1/1000〜1/10000の物性値で、かつ、ポアソン比が0の物性値を付与して、解析を行う。 (もっと読む)


【課題】 タイヤと路面との接地状態の解析精度を向上させて、タイヤの走行挙動のシミュレーション精度を向上させることができるタイヤモデル作成方法及びシミュレーション方法を提供する。
【解決手段】 本発明に係るタイヤモデル作成方法は、タイヤを有限個の要素に分割したタイヤモデルを作成するタイヤモデル作成方法であって、タイヤ表面の表面粗さを構成する凹凸のタイヤ径方向の座標を取得するステップと、タイヤ表面に対応するタイヤ表面要素を、取得した座標に基づく凹凸を付与して作成するステップと、を備える。 (もっと読む)


【課題】ゴム材料モデルから損失正接tanδ等の物性値を短時間で精度良く計算する。
【解決手段】マトリックスゴムとフィラーとを含むゴム材料の損失正接tanδをコンピュータを用いて計算するゴム材料のシミュレーション方法であって、コンピュータに、ゴム材料モデルを入力するステップと、コンピュータが、入力されたゴム材料モデルの変形条件として、大小2種類の歪を付与するステップと、ゴム材料モデルの大小2種類の各歪状態の変形シミュレーションを行い、各要素について、それぞれの状態での垂直歪及びせん断歪から各要素のエネルギーロスを計算するステップと、各要素のエネルギーロスの総和、前記大小2種類の歪の差から得られる歪振幅、及びゴム材料モデルの弾性率とに基づいてゴム材料モデルの損失正接tanδを計算するステップとを含む。 (もっと読む)


【課題】 タイヤ性能を予測するタイヤ性能予測のシミュレーション方法において、タイヤの挙動を解析するための計算工数を縮減することを目的とする。
【解決手段】 タイヤ性能予測のシミュレーション方法は、有限個の要素で形成されるタイヤモデル及び路面モデルを転動させてタイヤの性能を予測する。タイヤモデル及び路面モデルを作成するモデル作成ステップS102、S104と、境界条件をタイヤモデルに付与する境界条件付与ステップS106と、境界条件付与ステップによって得られる計算結果に対して、路面モデル上においてタイヤモデルを第1のパターンで転動させる第1転動計算を行う第1転動計算ステップS1072と、境界条件付与ステップによって得られる計算結果に対して、路面モデル上においてタイヤモデルを第1のパターンと異なる第2のパターンで転動させる第2転動計算を行う第2転動計算ステップS1073と、を備える。 (もっと読む)


【課題】ゴム材料モデルからtanδ等の物性値を短時間で予測・計算するのに役立つシミュレーション方法を提供する。
【解決手段】ゴム材料に正弦波状に変化する歪を与えたときの応力の変化をコンピュータを用いて計算するゴム材料のシミュレーション方法であって、前記コンピュータに、ゴム材料を有限個の要素で分割したゴム材料モデルを入力するステップと、前記コンピュータが、入力された前記ゴム材料モデルの変形条件として、正弦波状に変化する歪を、1計算ステップあたりの時間増分の間隔で離散的に付与する歪付与ステップと、前記ゴム材料モデルと前記歪の値とに基づいて、各歪状態での前記ゴム材料モデルに生じる応力を計算する応力計算ステップとを行うとともに、前記歪付与ステップは、前記時間増分が変化することを特徴とする (もっと読む)


【課題】複合ヘッドのモード減衰比を予測する方法の提供。
【解決手段】本発明に係る予測方法は、第1材料と第2材料とを含む2種以上の材料が用いられた複合ヘッドのモード減衰比を予測する方法である。この方法は、既知の材料の減衰比ζ1を用いて、少なくとも第1材料における一般化マックスウェルモデルM1の係数Pxを推定するステップと、上記一般化マックスウェルモデルM1を用いて、ヘッドの計算モデルを得るステップと、上記計算モデルを用いたヘッドの解析に基づいて、ヘッドのモード減衰比を算出するステップとを含む。好ましくは、更に第2材料についても、マックスウェルモデルが用いられる。好ましくは、上記方法は、既知の材料の減衰比ζ2を用いて、上記第2材料における一般化マックスウェルモデルM2の係数Pyを推定するステップを更に含む。 (もっと読む)


【課題】シミュレーションプログラムによるシミュレーション環境をCADデータから容易に生成することで、作業時間の短縮とシミュレーションの精度向上を図ることができるシミュレーションデータ生成装置およびシミュレーションデータ生成プログラムを提供する。
【解決手段】コンピュータにて、3次元CADプログラムとシミュレーションデータ生成プログラムとが動作することで、3次元CAD装置と、シミュレーションデータ生成装置として機能する。シミュレーションデータ生成装置では、解析制御手段21が、3次元CADデータにて表現された動作装置を、3次元CAD装置により移動させ、始点座標データと終点座標データとを得る。そして、これらの座標データから、設定データ生成手段22が、固定部品を示す主を割り当て、可動部品を示す従を割り当てることで、シミュレーションプログラムが使用する部品主従データを設定データとして生成する。 (もっと読む)


【課題】コンピュータ・シミュレーションによる熱解析等の保存量およびスカラー量の解析において、解析精度を損なわずに、コンピュータの負荷を低減させる。
【解決手段】ロール部材とこのロール部材に接触するベルト部材のように、第1の部材の動作および/または第2の部材の動作において第1の部材の特定部分と第2の部材の特定部分とが一時的に接触する構造体を対象として、熱解析等の演算処理を行う。第1の演算処理では、第1の部材および第2の部材の部材内部の温度分布を演算する。第2の演算処理では、構造体を構成する第1の部材の特定部分および第2の部材の特定部分の接触前の温度差に基づき、第1の部材の特定部分および第2の部材の特定部分の接触により部材間を移動する熱量Qを演算する。 (もっと読む)


【課題】実物のインサート成形品に発生した歪を加味した上で、コンピュータを用いて正確な応力解析を行うことができるインサート成形品における応力解析方法を提供する。
【解決手段】インサート成形品におけるインサート部材3の所定位置に歪センサ20を取り付けた状態で当該インサート部材3から樹脂部材1を除去し、この樹脂部材1を除去する前後の歪の変化値を歪センサ20から取得する実測工程と、コンピュータ上でインサート成形品の解析モデルに任意の温度負荷条件を与えることによって、当該解析モデルにおける前記所定位置に相当する位置の歪の変化値を演算により取得する第1の解析工程と、実測工程及び第1の解析工程で取得された歪の変化値と前記任意の温度負荷条件とから、インサート成形品に付与された温度負荷条件を推定し、この温度負荷条件によって前記解析モデルに発生する内部応力を取得する第2の解析工程と、を含む。 (もっと読む)


【課題】熱流体シミュレーションにより熱分布と流体の流れとを迅速に把握できるようにする。
【解決手段】流速場および温度場の事前シミュレーションを行ない、事前シミュレーション中の流速場および温度場のそれぞれについてスナップショットデータを収集し、収集されたスナップショットデータについて主成分分析を行なうことにより流速場用次元変換行列および温度場用次元変換行列を算出し、算出された流速場用次元変換行列および温度場用次元変換行列を用いて流速場の解析モデルおよび温度場の解析モデルをそれぞれ自由度削減モデルに変換し、流速場および温度場のシミュレーションを解析自由度の削減レベルで行なう。 (もっと読む)


【課題】タイヤの溝形状が複雑な場合においても、短時間で定性的な放射騒音の解析ができるシミュレーション装置を提供する。
【解決手段】平板モデル122を作成する平板モデル作成部16と、平板モデル122の垂直方向に対し、時間周期Tで荷重を与え、溝の形状の圧縮変形を模擬する有限要素法の解析を時系列で行い、溝の時系列の変位データを計算する変位データ計算部22と、平板モデル122から境界要素法に用いる溝モデル124を作成する溝モデル作成部20と、時系列の変位データを境界条件とした溝モデル124を用いて、放射音の音圧の時間的変化を境界要素法によって解析する音音解析部24とを有する。 (もっと読む)


【課題】類似設計事例の検索結果の数を適切に絞り込む類似設計事例検索装置を提供する。
【解決手段】 過去の製品の設計事例の仕様値とその製品を生産するためのコスト・期間などの情報を管理する設計事例記憶部と、要求仕様項目毎の推奨重みを記憶する推奨重み記憶部と、要求仕様値を受け付ける要求仕様受付部と、要求仕様値に対して前記設計情報記憶部に記憶されている各設計事例の仕様値が満足している度合いである要求仕様満足度を算出する要求仕様満足度算出部と、検索された設計事例の推奨値を推奨重み記憶部に記憶されている推奨重みにより算出する推奨度算出部と、検索された製品を類似度と推奨度と合わせて表示し、類似度と推奨度により並べ替えができる検索結果表示部とを備える。 (もっと読む)


【課題】有限要素法(FEM)等の数値解析手法によるタイヤの解析において、計算時間の増加を抑えつつ、タイヤ接地面内の発生力分布等のタイヤ性能を精度良く算出する。
【解決手段】タイヤモデル作成方法は、タイヤの断面モデルを作成するステップと、前記タイヤの回転中心から周方向に前記タイヤを複数の要素に要素分割する場合に、前記タイヤと路面との接触が開始する踏み込み点を含む踏み込み側領域及び前記タイヤと前記路面との接触が終了する蹴り出し点を含む蹴り出し側領域の少なくとも一方の領域の前記周方向における周方向分割角度が、他の領域の周方向分割角度よりも小さくなるように前記周方向分割角度を設定するステップと、前記断面モデルを前記タイヤの周方向に展開すると共に前記周方向分割角度に従って要素分割することによりタイヤモデルを作成するステップと、を含む。 (もっと読む)


【課題】燃料電池電気自動車の水素供給管の噴出部位から水素が噴出したときの水素の予測された拡散状態を短時間で予測できるようにする。
【解決手段】水素噴出部位を水素供給管33の近い方から順番に第1〜第3段の計算領域R1〜R3に3分割し、R1における圧縮性流体の拡散状態の計算は、k−ω SSTモデルによる圧縮・定常計算方式で行い、R2における圧縮性流体の拡散状態の計算は、k−ω SSTモデルによる非圧縮・定常計算方式で行い、R3における圧縮性流体の拡散状態の計算は、RSMモデルによる非圧縮・非定常計算方式で行う圧縮性流体拡散予測装置を用いる。 (もっと読む)


1 - 20 / 470