説明

Fターム[5B050BA07]の内容

イメージ処理・作成 (84,044) | 処理種別、取扱画像 (23,249) | 画像の作成 (7,740) | 図形処理によるもの(CG) (614)

Fターム[5B050BA07]に分類される特許

1 - 20 / 614


【課題】マーカーを正確に認知していない場合でも、拡張現実サービスを受けられる様にする。
【解決手段】周辺情報を用いて拡張現実サービス画面を構成する過程と、前記拡張現実サービス画面を考慮して認識可能な少なくとも一つのマーカー(Marker)を確認する過程と、前記認識可能な少なくとも一つのマーカーを考慮してガイド画面を構成する過程と、前記拡張現実サービス画面の一部分に前記ガイド画面を追加表示する過程と、を備える。 (もっと読む)


【課題】カメラが撮像した画像に基づきカメラの位置や姿勢を推定する場合において、事前に必要な作業量を削減する。
【解決手段】本発明に係る画像処理装置は、対象物上の点の位置と色を記述した点群データとカメラが撮像した画像を比較することにより、カメラの位置と姿勢を推定する。 (もっと読む)


【課題】基準点からの距離に応じて仮想オブジェクトを適切に表示することにより基準点のノイズの影響を軽減することができる情報処理装置、情報処理方法、及びプログラムを提供する。
【解決手段】情報処理装置は、入力画像に映る実オブジェクトを認識する認識部と、前記実オブジェクトと関連づけられる仮想オブジェクト及び前記実オブジェクトの位置関係を定義する情報に基づいて算出される、前記実オブジェクトと前記仮想オブジェクトとの間の距離に基づき、前記仮想オブジェクトの表示を変化させる表示制御部とを有する。 (もっと読む)


【課題】撮影画像に関する情報を、ユーザが把握しやすい形で提示することのできる地図表示装置及び地図表示方法を提供する。
【解決手段】
画像に対応する位置情報と、該画像の対象物の位置情報とを含む画像情報を受信する画像取得部401と、受信した画像情報に基づき、画像に対応する位置及び該画像の対象物の位置を地図上に示す地図表示制御部407dとを備える。 (もっと読む)


【課題】コンテンツの特定時間におけるユーザの関心領域に、自動的にフォーカスする方法を提供する。
【解決手段】キャプチャモジュールが、プレゼンタよって提供されたプレゼンテーションの少なくとも一部を取り込みむと共に、プレゼンタの行為の少なくとも一部を取り込み、プレゼンテーション分析モジュールが、取り込まれたプレゼンタの行為に基づいて、プレゼンテーションにおける関心領域を分析して識別すると共に、関心領域が変化する順序を、前記プレゼンテーションに含まれるオブジェクトが示す方向に従って識別し、ビデオ作成モジュールが、識別されたプレゼンテーションにおける関心領域および上記順序に基づいて、識別されたプレゼンテーションにおける関心領域にフォーカスをしたプレゼンテーションの時間単位コンテンツ表現を作成す。 (もっと読む)


【課題】撮像画像に映る物体の状態または種類に基づいて、撮像画像に合成される仮想オブジェクトを決定する。
【解決手段】画像処理部100は、実空間に存在する物体の撮像画像に映る前記物体の状態または種類に基づいて、仮想オブジェクトを決定して前記撮像画像に対して前記仮想オブジェクトを合成し、表示装置130に表示された被写体21の位置に前記仮想オブジェクトが合成された撮像画像を表示する制御を行う前記表示装置130の表示制御部を備える。 (もっと読む)


【課題】グラフと共に当該グラフ上の座標点の座標値を簡単な処理で適切な位置に表示することが可能なグラフ表示装置を提供する。
【解決手段】グラフy=f(x)上の描画対象座標点(xa,ya)を通るグラフ部分が当該座標点から一方の領域に存在する曲線のグラフ部分である場合、その曲線の外側になる他方の領域[ya>ga(x)]を座標値描画領域に決定し、グラフy=f(x)に重なることなく座標値(xa,ya)を適切な位置に描画できる。それ以外の場合、例えば描画対象座標点(x,y)を通るグラフ部分が直線のグラフ部分であったり、一方と他方のグラフ軌跡が逆方向の領域へ曲がって延びるグラフ部分であったりした場合でも、当該座標点(x,y)のグラフとの接線[y=g(x)]を境界にした一方の領域[y>g(x)]又は他方の領域[y<g(x)]をデフォルトの座標値描画領域に決定し、当該グラフy=f(x)に重なることなくその座標値を適切な位置に描画できる。 (もっと読む)


【課題】 被写体の特徴情報から該被写体を特定できない場合であっても、該被写体を一意に特定するための技術を提供すること。
【解決手段】 撮像画像を取得し、センサによりユーザをセンシングすることで得られたセンサ情報を受信し、ユーザの属性情報と、撮像画像中におけるユーザを識別するための識別パラメータと、を取得する。受信したセンサ情報と、取得した識別パラメータと、に基づいて、撮像画像中の被写体の中から、ユーザを識別し、取得した属性情報を、識別の結果に応じた撮像画像上の位置に合成して出力する。 (もっと読む)


【課題】表示部に表示されないデータを仮想オブジェクトとして常に観察可能な構成を実現する。
【解決手段】例えばPCを適用したデータ処理において、削除処理やコピー処理の対象としたデータなどPCの表示部に表示されないデータを仮想オブジェクトとして設定し、ユーザの手の指などに貼り付けて、常に観察することを可能な構成とした。本構成によれば、PCの表示領域に表示されないデータをPCの表示領域以外の空間に貼り付けて表示して観察することが可能となり、データ処理の効率を高めることが可能となる。 (もっと読む)


【課題】表示画面のサイズが機種間で異なっても、登場するキャラクタとその台詞とを同時にユーザに観察させるようにすること。
【解決手段】コミックの1ページ毎のページ画像と、ページ画像内のキャラクタを示す第1の領域情報と、キャラクタの台詞が描かれた台詞領域を示す第2の領域情報と、前記第1の領域情報と前記第2の領域情報とを関連付ける関連付け情報とを含む電子コミックデータを取得する入出力部47と、所定の画面サイズを持つ表示部44と、前記関連付け情報によって互いに関連付けられた第1の領域情報及び第2の領域情報に基づいて、キャラクタ及び当該キャラクタの台詞を表示部44に同時に表示させる表示範囲の位置をアンカー位置系列に含める決定部42と、決定されたアンカー位置系列に従って、ページ画像内で表示範囲の位置を順次移動させて、表示範囲毎の画像を表示部44に順次表示させる表示制御部表示制御部45を備えた。 (もっと読む)


【課題】ユーザが電子コミックの重要領域を順次観察してストーリーを容易に把握できること。
【解決手段】
コミックの1ページ毎のページ画像と、ページ画像内のテキスト領域を示すテキスト領域情報、吹出し領域情報、及び関心領域情報のうちで少なくともひとつを重要領域の領域情報として含む付帯情報からなる電子コミックデータを取得する入出力部47と、所定の画面サイズを持つ表示部44と、電子コミックデータの付帯情報に基づいて、重要領域を含む表示範囲を表示部44に順次表示させる移動順序を決定する移動順序決定部42と、決定された表示範囲の移動順序に従って、電子コミックデータのページ画像から表示範囲毎の画像を順次抽出して表示部44に表示させる表示制御部45を備えた。 (もっと読む)


【課題】車両周囲視野を表示するための光出力デバイスの制御方法および車両周囲視野システムの提供。
【解決手段】少なくとも1つの車両コンポーネント(10〜18)を備えている車両モデル(2)を含む車両周囲視野(1)を表示するための光出力デバイス(31)の制御方法であって、前記少なくとも1つの車両コンポーネント(10〜18)に関する表示制御情報を決定することと、、前記車両モデル(2)が前記表示制御情報に従って前記少なくとも1つの車両コンポーネント(10〜18)の描写に適応するように、前記車両周囲視野(1)を表示するように前記光出力デバイス(31)を制御することと、を含む、方法。 (もっと読む)


【課題】CADメッシュにおけるセグメンテーションのためのG1連続境界を精度良く抽出する。
【解決手段】3次元CADモデルを三角形分割することにより生成された三角形メッシュであるCADメッシュのデータからPアークとPラインとを抽出する。Pアークが平滑Pアークかどうか、及び、Pラインが平滑Pラインかどうかを判定する。抽出された平滑Pアークを判定することにより、円弧G1連続境界を抽出できる。また、抽出された平滑Pラインを判定することにより、直線G1連続境界を抽出できる。 (もっと読む)


【課題】建造物を現物計測して得た点群データを、各構成部品に切り分けて、三次元座標上で操作可能とする三次元データ処理技術を提供する。
【解決手段】三次元データ処理装置は、取得した点群データ51及びCADデータを三次元座標に重ね合わせる重ね合わせ部と、CADデータのCAD部品に対応する点群データ51のセグメント55(55a〜55h)を抽出するセグメント抽出部と、三次元座標においてセグメント55(55a〜55h)を操作するセグメント操作部と、を備える。 (もっと読む)


【課題】出力される電子文書に、セル構造を持った表形式のオブジェクトを含めることを可能にし、効率良く電子文書のオブジェクト記述を生成する。
【解決手段】表を含む入力画像をから複数の画素塊を抽出し、その包含関係を解析する手段と、前記複数の画素塊が構成する領域を、文字領域、表領域、およびそれ以外の領域のうちの少なくともいずれかとして識別する手段と、前記解析した画素塊間の包含関係と、前記識別した画素塊の領域とに従って、前記複数の画素塊における包含関係を示すツリー構造のデータを生成する手段と、前記表領域として識別された画素塊に対して、表の行列構造を解析する手段と、前記表の行列構造を構成するセル要素それぞれの情報を生成し、前記ツリー構造のデータにおける表領域に関連付ける手段と、前記セル要素それぞれに対し、前記識別した領域のうち、当該セル要素の内容に相当する領域へのリンク情報を設定する手段とを備える。 (もっと読む)


【課題】平面データの輪郭線を転記することで立体データを作成する場合に、作図平面の座標軸を考慮した転記を行うこと。
【解決手段】2次元CADアプリケーションで作成された図面ドキュメント(平面データ)を3次元CADアプリケーションで作成された部品ドキュメント(立体データ)に対して転記する場合に、図面ドキュメントの座標軸を指定するためのマニピュレータを表示する。ユーザからの操作によって、マニピュレータが示すX軸とY軸を部品ドキュメントのX軸とY軸に一致するよう調整する。そして、図面ドキュメントで指定された線要素を転記する場合に、調整されたX軸とY軸に基づいて回転すべき角度を抽出し、当該角度に応じて転記時に線要素を回転させて部品ドキュメントに転記する。 (もっと読む)


【課題】PDF図面やCAD図面及び電子コピーされた紙図面の縮尺された図面をコンピューター画面上に表示し、寸法の表示が無い箇所の寸法が何分の一になっているか計る事ができるコンピューター画面上の分一用電子定規である。
【解決手段】コンピューター画面に表示した図面を任意に認識しやすい縮尺に拡大、縮小しながら寸法を計る事ができるようにする為に図面との識別性よい半透明なカラー表示とし縮尺基準を計る基準線を識別性よい赤色として図面の黒い線と重ね合わせやすくし縦横縮尺の異なる図面に対応するために縦定規、横定規を用意するとともにコンピューター画面のサイズを考慮した定規の長尺化にも対応している。マウス移動では不安定な定規の上下左右への水平垂直移動も矢印キィを利用した移動を採用。任意の縮尺倍率にも何分の一になっているかが計りやすい目盛りを表示した分一用電子定規にした。 (もっと読む)


【課題】出力画像の細かな位置合わせを可能にする。
【解決手段】画像出力部は、時間軸上でフレーム/フィールド単位よりも細かな単位で進行可能である。例えば、画像出力部は、タイムライン動作を含むCG記述データに基づいてCG画像を生成する。制御部は、操作入力量に所定の演算を施して進行量を求め、その進行量に従って時間軸上で位置を示す時刻を進め、画像出力部に、この進められた時刻の画像出力を指示する。例えば、操作入力量に対して進行量が小さくなるような演算が施されるとき、操作入力に対する時間軸上で位置を示す時刻の進みが小さくなる。そのため、出力画像の細かな位置合わせが可能となる。 (もっと読む)


【課題】アイコンによる視認性の低下を低減すること。
【解決手段】装置(例えば、スマートフォン)1は、アイコンが表示されるタッチスクリーンディスプレイ2と、コントローラ10とを備える。コントローラ10は、タッチスクリーンディスプレイ2に表示されているアイコンの位置を変化させずに、そのアイコンの透明度を変化させる。コントローラ10は、一例として、タッチスクリーンディスプレイ2を介して検出されるジェスチャに応じてアイコンの透明度を変化させる。 (もっと読む)


【課題】ワークの加工や検査の際にワークを支持する治具を、ワークの加工や検査の際に用いる装置類との干渉をチェックしながら設計できるように支援すること。
【解決手段】ワーク(タービンブレード)の加工に用いる装置(砥石)の基準座標系である加工基準座標系に対する、ワークの支持に使用する治具のベースプレートの座標系(治具座標系)のオフセット量を、X、Y、Zの各軸方向にそれぞれ設定できるようにした。したがって、ベースプレートやその上に配置される部品で構成される治具と、治具で支持されるワーク(タービンブレード)の加工に用いる砥石(装置)との、干渉チェックや干渉回避の各処理を行うことができる。 (もっと読む)


1 - 20 / 614