説明

Fターム[5B057BA28]の内容

画像処理 (340,757) | 入力部 (15,110) | 信号処理 (1,260)

Fターム[5B057BA28]の下位に属するFターム

Fターム[5B057BA28]に分類される特許

1 - 20 / 40


【課題】本発明は、レーダ装置において、目標から到来した無線信号にその目標に所定の信号処理を施すレーダ信号処理装置と、目標の指示に必要な画像情報を生成するレーダ画像処理装置とに関し、目標の姿勢、移動方向、距離および方位の如何にかかわらず、その目標が地理的または物理的に占有する領域の識別を精度よく安定に実現できることを目的とする。
【解決手段】照射された送信波に対する応答として無線信号を放射しまたは反射する目標の姿勢または移動方向を示す参照情報を外部から取得し、前記無線信号の受信に供される空中線系と前記空中線系に対する既定の方向とを基準として前記参照情報を評価する目標評価手段と、前記目標の距離および方位の下で前記参照情報の評価の結果を前記目標が占有する領域として識別する目標識別手段とを備える。 (もっと読む)


【課題】 コード化露光処理における露光量の不足とノイズの増加を抑える。
【解決手段】 コード化露光処理により撮像装置の撮像データの振れを補正する際に、撮像装置の測光手段が被写体に応じて設定した露光時間および絞り値を入力し(S101)、コード化露光処理に使用するシャッタの開閉パターンにおけるシャッタ開の割合に基づき、露光時間または絞り値を調整する(S111、S121)。そして、調整した露光時間または絞り値による露光量の不足分に相当する、撮像データのゲイン調整値を設定し(S115、S125)、開閉パターン、露光時間、絞り値に基づき撮像装置の撮影手段による撮像を制御する(S116、S126)。 (もっと読む)


【課題】リアルタイム系の処理と非リアルタイム系の処理とが混在しつつ情報を処理する情報処理装置において、無駄なスケジューリング発生を極力抑制し、リアルタイム処理の遅延を抑え、より高性能な制御を行える情報処理装置を実現する。
【解決手段】操作に関する指示の入力を受け付けると共に各種表示を行う操作表示部と、画像情報の処理を行う画像処理部と、同種複数のコアを備えたプロセッサと、を備える情報処理装置であって、リアルタイム性を必要としない前記操作部に関連するプロセスについての制御を前記プロセッサの一方のコアで担当するよう固定し、前記プロセスと動作上連携が必要な前記画像処理部に関連するプロセスについての制御を前記プロセッサの他方のコアで担当するよう固定する。 (もっと読む)


【課題】上下方向に縦振動をする平面又は曲面上に刻印された凹凸文字をを精度高く読取ることができる凹凸文字抽出のための画像処理方法を提供する。
【解決手段】本発明に係る凹凸文字抽出のための画像処理方法は、凹凸文字が施され且つ該凹凸文字の凹凸方向に沿った振動を起こしている平面又は曲面から、凹凸文字の画像を抽出する画像処理方法であって、前記凹凸文字を含んだ平面又は曲面の3次元データを取得する3次元計測ステップと、取得された前記3次元データから、前記凹凸方向に沿った振動を除去する振動除去ステップと、を有する。 (もっと読む)


【課題】GPU(graphic processing unit)を用いて高速にデータのフィルタ処理を行うシステムおよび方法が開示されている。
【解決手段】本発明によるデータ処理システムおよび方法は、ビデオメモリを含むGPU(Graphic Processing Unit)を使用して、対象体から複数のピクセルを含むイメージフレームを取得し、そのイメージフレームを処理するためのユーザ入力に従ってイメージフレームの複数のピクセルを所定の個数のピクセルが一つのグループになるようにまとめ、前記グループのそれぞれをビデオメモリのそれぞれのブロックにアップロードし、そのビデオメモリのグループに演算を行う。 (もっと読む)


本発明は、d次元空間において、少なくともベクトル(複数)の一部分1に対し、少なくとも一つのベクトルインデックスI(英語でリーダーという)を計算するための量子化ステップを有するデジタルデータ処理方法に関する。前記ベクトル(複数)1は、入力データの記述子を構成し、前記方法は、前記リーダーベクトルインデックスIが、リーダーベクトル全体の決定ステップをもつことなく、逆辞書順序で、前記リーダーベクトル1に先行するベクトルの数に対応することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】マルチバンド画像の画像品質を目的に応じて高品位に保ちつつ、保存、伝送の際に負荷を減らすことが可能な画像処理装置、画像処理方法、プログラムおよび記録媒体を提供する。
【解決手段】複数の単バンド画像を取得する取得手段と、各単バンド画像の重要度を決定する決定手段と、前記重要度からマルチスペクトル画像を生成する生成手段とを有し、前記決定手段は、特定波長域に属する単バンド画像に対する重要度をあらかじめ設定する設定手段を有する。 (もっと読む)


【課題】 補間工程で小数遅延フィルタを用いることによりビーム形成の精度を向上させると共に、ポストフィルタリング技術を用いることでハードウェアの複雑化を低減するビーム形成装置を提供する。
【解決手段】 本発明のビーム形成装置は、各チャンネルについて小数部分が遅延したブロックデータを合算し、この合算データから小数部分の遅延値を得る、小数遅延フィルタを備えたポストフィルタリング手段を含む。このポストフィルタリング手段は、各チャンネル毎に同じ係数を付与されたブロックデータを集めて、同時にフィルタリング工程を実行する。 (もっと読む)


画像から形状情報を取得するシステム及び方法は、人間の目では知覚できないレートで光エネルギを供給するように構成された変調光の光源を含んでいる。カメラが、一方の画像には光源からの光が含まれており、他方の画像には光源からの光が含まれていない差分画像ペアが得られるレートで画像を取得するように構成されている。比較モジュールが、差分画像ペアを比較して、3次元モデルの作成用の奥行きマップを作成するように構成されている。
(もっと読む)


ターゲットデジタル画像が、画像センサから受信される。画像は、参照デジタル画像で表される大きさのわからないノイズが混入されている。ターゲットデジタル画像及び参照デジタル画像の統計的分析を用いて、ターゲットデジタル画像の少なくともいくつかのピクセルについてのノイズの大きさを評価するプロセスが用いられる。
(もっと読む)


【課題】周辺状況を検出するセンサの特性、制御装置による車両安定化の影響度、走行環境等の不確定要因に対して、立体物の認識結果に基づく制御を適切なタイミングで実行可能とする。
【解決手段】ステレオカメラ2の撮像画像に基づく画像立体物の存在確率を画像立体物存在確率算出部11で算出し、ミリ波レーダ3の出力に基づくミリ波立体物の存在確率をミリ波立体物存在確率算出部12で算出し、レーザレーダ4の出力に基づくレーザ立体物の存在確率をレーザ立体物存在確率算出部13で算出する。そして、存在確率補正部14で、画像立体物、ミリ波立体物、レーザ立体物のそれぞれの存在確率を、各認識センサの認識率に基づいて補正し、総合存在確率設定部15で、補正後の存在確率をフュージョンして総合存在確率を設定することで、障害物への接触回避や警報等の制御を確実且つ最適なタイミングで実行可能とする。 (もっと読む)


【課題】映像信号の高域成分を強調し、映像の輪郭を補正する輪郭補正回路に関して、乗算器などを使用する事なく、従来に比べ輪郭補正を大きくかけること。
【解決手段】遅延回路2と、輪郭補正信号生成回路3と、逆ガンマ補正回路4と、加算器5とを備え、ガンマ補正された映像信号を逆ガンマ補正回路4で元にもどしてから輪郭補正信号生成回路3で輪郭補正信号を生成し、遅延回路2で遅延補償されたガンマ補正された映像信号と、輪郭補正信号を加算器5で加算する事により、輪郭補正を大きくかける事ができる。 (もっと読む)


【課題】所定露光時間に対応した通常フレームレートの画像と、所定露光時間以下の複数種類の露光時間に対応した高速フレームレートの画像とを同時に撮像できる撮像素子及び撮像装置、並びに当該撮像装置を利用したモーションデータ生成システム、モーションデータ生成プログラム及びモーションデータ生成方法を提供する。
【解決手段】撮像装置1を、光電変換素子等から構成される撮像素子100と、撮像素子100からの画素信号を破壊読み出し方式及び非破壊読み出し方式の両方式を用いて読み出す撮像処理部10と、撮像処理部10から出力される、複数回の間引き走査において非破壊読み出し方式で読み出された間引き走査画像データに基づき高フレームレート画像データを生成する画像処理部12と、通常走査画素データ、間引き走査画像データ及び高フレームレート画像データ等の各種画像データを記憶するフレームメモリ14とを含んだ構成とした。 (もっと読む)


【課題】心電同期再構成の可能なX線CT装置において画像再構成に必要な投影データの一部欠落を防止すること。
【解決手段】X線CT装置は、X線源101と、高電圧発生部104と、投影データを発生するために被検体を透過したX線を検出するX線検出器102と、投影データを心電図データと関連付けて記憶する記憶部203と、操作者指令に従って特定の心拍位相を設定する設定部212と、複数の心拍周期にわたる特定の心拍位相を中心とした複数の特定期間に収集した複数の投影データセットに基づいて断層像を再構成する再構成部206と、被検体の心拍数の変動範囲に基づいて特定期間を拡張する期間拡張部207と、拡張された特定期間に比較的高線量でX線を発生し、拡張された特定期間以外の他の期間に比較的低線量でX線を発生するために高電圧発生部を制御する制御部212とを備える。 (もっと読む)


【課題】変倍処理のための大容量メモリを必要とせず、また、変倍処理のために新たな画像処理制御ユニットを追加する等の大幅変更をすることなく、低コストな構成で変倍処理を高速化させることが可能な画像処理装置および画像処理方法を提供することを目的とする。
【解決手段】入力される画像データを指定される変倍値に応じて変倍して出力する画像処理装置であって、書き込みエンジン部11は、スキャナ部またはFCUから入力される画像データの書き込み開始位置を指定するライト同期信号を発生させ、操作表示部で指定される変倍値に応じてライト同期信号をマスクし、ライト同期信号がマスクされている期間に、入力される画像データを補間することにより変倍処理を行う。 (もっと読む)


【課題】 画像の不連続を除去し、画質の劣化を防ぐことができる画像処理装置を提供する。
【解決手段】 ビデオカメラから出力された画像は、入力端子201を介して画像入力部202に入力され、画像分割部203へ出力される。画像分割部203は、入力された画像の周辺画像を除いた中央画像を、互いに重なり合うようにオーバーラップ領域を持たせて4分割する。各分割画像は、出力部204a〜204dから出力端子205a〜205dを介して記録装置へ出力される。一方、記録装置から出力された分割画像は、入力端子206a〜206dを介して記録画像入力部207a〜207dに入力され、画像除去部208へ出力される。画像除去部208は、入力された4つの分割画像からオーバーラップ領域を除去する。画像結合部209は、オーバーラップ領域の除去された4つの分割画像を合成して1つの画像を生成する。 (もっと読む)


【課題】斜め方向の補間を行う走査線補間において、補間画素が直交する角の場合でも角が潰れることなく、斜め方向のエッジに対しても滑らかな補間を行うことが可能になる。
【解決手段】斜め判定処理の後で形状判定処理を行い、直交していると判定された場合は、斜め判定結果を垂直にし、また、画像情報を周波数解析し積分した値を、斜め判定でのオフセットとして使用することによって、複雑な画像の場合は垂直方向が選択されやすくし、さらにまた、動き判定結果の出力を積分し、斜め判定でのオフセットとして使用することによって、静止している部分では斜め判定結果を使用せず前フィールドの値で補間する。 (もっと読む)


【課題】 複数の入力サンプルが含まれる入力対象物の指定された対象位置を含む指定された範囲内の指定された方向に沿った自己相関値を精度良く算出する。
【解決手段】 複数の入力サンプルが含まれる入力対象物の指定された対象位置を含む範囲内の指定された方向に沿った自己相関値を算出するための自己相関値算出方法において、複数の入力サンプルのうちの、対象位置又はその近傍を通過して指定された方向に伸びた線上に並ぶ複数のサンプルを基に、第1の自己相関値を算出する第1算出ステップと、複数の入力サンプルのうちの、指定された方向よりもサンプル密度が高い方向に並ぶ複数のサンプルを基に、第2の自己相関値を算出する第2算出ステップと、第1の自己相関値と第2の自己相関値を基に、最終的な自己相関値を算出する第3算出ステップと、を備える。 (もっと読む)


【課題】 画像処理による不自然な画質変動を抑えることが可能な画像処理装置、画像表示装置および画像処理方法を提供する。
【解決手段】 輝度分布検出回路21が、YUV信号(Yin,Uin,Vin)のヒストグラム分布による輝度分布を検出する。ゲイン算出回路22およびゲインリミッタ231が、輝度分布データHout1に基づいて、ゲイン変化量ΔGinを検出する。ゲインリミッタ231が、このゲイン変化量ΔGinを所定のゲイン変化閾値GLim以下に制限する。ゲインリミッタ231が遅延回路232と協働して、ゲイン変化閾値GLimを越えた分のゲイン変化量(ΔGin−GLim)を次の画像フレームへ持ち越し、ゲイン変化量ΔGinの調整を行う。γ補正回路31が、ゲイン変化量調整後のゲイン変化量ΔGinに基づいて、YUV信号(Yin,Uin,Vin)に対する画像処理(コントラスト調整)を行う。 (もっと読む)


【課題】 画像又は情報を隠蔽した印刷物に対して所定の波長領域で発現する画像と真正画像とを照合し、また、発現する画像から隠蔽情報を読み出し、その内容を真正情報と照合して認証するための隠蔽画像又は隠蔽情報の認証方法及びその認証システムに関するもの。
【解決手段】 所定の波長領域における吸収又は反射に対する感度を有する隠蔽画像を、撮像装置でn回(1回以上)撮像し、撮像によって取得した画像情報に対して所定の画像補正処理を行い、取得した画像の真正を認証する隠蔽画像又は隠蔽情報の認証方法及びその認証システムを提供する。 (もっと読む)


1 - 20 / 40