Fターム[5B072AA08]の内容

記録担体の読取り (12,790) | 目的、効果 (940) | 操作性の向上 (259)

Fターム[5B072AA08]に分類される特許

101 - 120 / 259


【課題】各種の広告用動画あるいは映像を表示可能な廉価な構成の自立式のサインスタンドを提案すること。
【解決手段】カーディーラーショールーム用のサインスタンド1は、自立式のスタンド2と、このスタンド2の前面5eに取り付けたスペックボード10と、スタンド2の前面の傾斜面5aに形成した窓5bから表示画面6aが露出する状態で当該スタンド2に取り付けた広告画像表示装置6とを有している。スペックボート10による広告と、広告画像表示装置6による広告画像による広告とを同時に行うことができるので、従来に比べて変化に富む広告形態を実現できる。 (もっと読む)


【課題】読み取り媒体に付されたバーコード等を効率よく読み取る。
【解決手段】所定の読取対象セット位置にセットされた読取対象を読み取る読取制御装置10であって、読取対象のセット位置を示す規定コードを表示する表示部102と、表示部102に表示された規定コードまたは読取対象セット位置にセットされた読取対象に含まれる読取対象コードを読み取る読取部104と、読取部104により規定コードまたは読取対象コードのいずれが読み取られたかにより、読取対象が正しく読取対象セット位置にセットされているか否かを判断する判断部106と、を備える読取制御装置10を提供する。 (もっと読む)


【課題】ユーザがシンボル読取装置の表示画面内にシンボルを入れて撮影するだけでシンボルのIDを高速に抽出可能なシンボル読取装置、及びプログラムを提供する。
【解決手段】シンボルを撮影して画像を生成させ、生成された撮影画像から前記シンボルの大きさを検出し、検出されたシンボルの大きさと予め設定された値とを比較して大小を判定し、判定の結果、前記シンボルの大きさが、予め設定された値よりも小さい場合は撮像手段の焦点位置を遠方側の所定位置へと移動させ、予め設定された値よりも大きい場合は撮像手段の焦点位置を近接側の所定位置へと移動させて撮影された撮影画像から前記シンボルに対応するシンボルデータを解析する。 (もっと読む)


本発明は、CPU制御されたビジョン・システム・オン・チップ(VSoC)アーキテクチャに基づく効率的処理システムを用いてIDの特徴、例えば1Dバーコードを捕捉、検出および抽出するためのシステムおよび方法を提供する。本発明は、例示的に単一命令複数データ処理(SIMD)アーキテクチャで構成された線形アレイプロセッサ(LAP)を提供し、そこにおいてピクセルアレイの行の各ピクセルは類似の幅のアレイで個々のプロセッサに差し向けられる。ピクセルデータは、潜在的にID状の特徴を含んでいる関心領域(ROI)の大まかな検出と追跡を実行するフロントエンド(FE)プロセスで処理される。ROI検出プロセスは近隣操作におけるLAPの効率を最適化するために2部分で、すなわちピクセルアレイから画像ピクセルを読み出す間に起こる行処理ステップと、典型的に読出しが行われた後に起こる画像処理ステップで行われる。IDを包含したROIのピクセルアレイに対する相対運動が追跡および予測される。任意的にあるバックエンド(BE)プロセスは予測されたROIを用いて画像捕捉後に特徴抽出を実行する。特徴抽出は候補ID特徴を導出し、これらの候補ID特徴は検証ステップによって検証され、検証ステップはIDを確認し、精緻化されたROI、向きの角度および特徴セットを生み出す。これらの候補ID特徴は復号プロセッサまたはその他のデバイスに伝送される。
(もっと読む)


【課題】ハウジング内での読取モジュールの着脱作業を容易にし得る光学的情報読取装置を提供する。
【解決手段】ハウジング11内に設けられて当該ハウジング11に収容される読取モジュール20を押圧して支持する支持状態とこの押圧が解除される解除状態とを切り替え可能な支持機構50が設けられている。この支持機構50の各支持部材60は、支持状態では、第1固定部62および第2固定部63を近接させる方向にスライド部材51が移動することで押圧部61が押圧方向に移動して読取モジュール20を押圧し、解除状態では、第1固定部62および第2固定部63を離間させる方向にスライド部材51が移動することで押圧部61が反押圧方向に移動して読取モジュール20に対する押圧を解除する。 (もっと読む)


本発明の画像系コードリーダー用のモジュール式焦点システムは、1つのリーダーから固定焦点、手動焦点、及び、可変焦点操作を可能にする交換可能なレンズ付属品を含む。手動焦点レンズキャップは、リーダーの焦点を変える手動調整用焦点リングを有する。可変焦点レンズモジュールは、一対の電極によって加えられたで電圧によって操作されて、リーダーの焦点を調整する液体レンズを含む。レンズ付属品は、必要に応じて交換、又は、代替され得る。
(もっと読む)


【課題】読取対象面に対する読取装置の指示方向とその読取対象面とがなす角度の許容範囲を広くする。
【解決手段】読取装置は、光源1021及び1022を備え、光源1021を点灯させ、光源1022を消灯させる第1の組合せと、光源1022を点灯させ、光源1021を消灯させる第2の組合せと、光源1021及び光源1022をともに点灯させる第3の組合せのいずれかを、同じ組合せが連続しないように選択して光を照射する。同じ組合せが連続すると、ある特定の組合せにおいて光量の不足や過剰が生じた場合に正確な読み取りが妨げられる状態が連続するが、同じ組合せが連続しないと、かかる場合であっても正確な読み取りが妨げられる状態が連続しない。 (もっと読む)


【課題】手持ち式バーコード・リーダを保持する必要がない、手持ち式バーコード・リーダを装着するためのバーコード読取ステーションを提供する。
【解決手段】走査空間を形成しているバーコード・リーダのためのホルスターと、バーコードを読み取るためのターゲット位置を識別するためのバーコード読取テーブルと、前記バーコード読取テーブルの方向に前記バーコード・リーダの走査空間を偏向させるためのミラーと、を備える。 (もっと読む)


【課題】秘匿性情報が流出する虞がほとんど皆無であるバーコードシンボル専用の読み取り装置として使用することで、安全性の極めて高い情報システムを構築することが可能になるバーコードシンボルの読み取り装置を提供する。
【解決手段】紫外線下でのみ視認可能な印刷液で印刷された鍵情報3と、鍵情報3によって暗号化及びバーコード変換された本データ2から成るバーコードシンボル1の読み取り装置であり、バーコードシンボル1に光線を照射し反射して戻る光線を受けてバーコードシンボル1の本データ2を読み取るバーコードリーダ部と、バーコードシンボル1に向けて紫外線を照射して励起発光させることで鍵情報3を視認可能とする紫外線LEDと、この紫外線照射により視認可能となった鍵情報3が入力されて、この入力された鍵情報3に基づいてバーコードリーダ部で読み取った本データを復号化して出力する制御部を備えている。 (もっと読む)


【課題】容易な操作でパターン情報の検出・認識を行う。
【解決手段】情報処理装置100は、導電性を有する物質で形成されたパターン情報を読み取る読取部112と、読取部により読み取られたパターン情報に基づいて所定の処理を実行する実行部114と、を備える。 (もっと読む)


【課題】複数の1Dカラービットコードを一括して読み込み・認識をする場合に、その結果の改良された表示方法を提供する。
【解決手段】光学式自動認識コードの各コードシンボルを1個以上含む画像を撮像して画像データを取り込む(キャプチャする)。最初の画像データを「基準キャプチャ画面」として設定し、以降にキャプチャされた画像データ毎のデコード結果を「基準キャプチャ画面」に上書きするためにその明示枠の位置等を記憶する。この際、基準キャプチャ画面上の位置に補正するための補正係数も求めて記憶しておく。複数回キャプチャを繰り返した後、コードシンボルの明示枠の位置等を補正して基準キャプチャ画像上にまとめて挿入して表示する。したがって、どこコードが認識できたのか(あるいは認識できなかったのか)を直感的に操作者に示すことで、操作性の向上を図るものである。 (もっと読む)


【課題】機能拡張装置の着脱に応じて重心位置を容易に調整し得る携帯端末を提供する。
【解決手段】筐体11内には、当該携帯端末10の機能を拡張可能な機能拡張モジュールである無線リーダライタ41およびRFIDリーダライタ42のいずれか1つが装着可能な装着部21が制御基板20に設けられている。そして、凹凸状に形成される電池蓋50の内側面50bの凹部50c内には、装着部21に装着される無線リーダライタ41またはRFIDリーダライタ42に応じて当該携帯端末10の長手方向の重心の位置を重心位置Lに一致するよう調整するためのバランスウェイト61,62またはバランスウェイト63,64が配置される。 (もっと読む)


【課題】採血作業者が片手操作により採血管のバーコード情報の読み取りと、採血管以外の対象物のバーコード情報とを読み取って紐付けすることのできるようにする。
【解決手段】本発明の紐付け装置にあっては、採血管装着部へ採血管を装入して読み取りスイッチを押し下げ操作するだけで、紐付け装置本体のバーコード読取部からレーザー光等の走査光線が照射されて自動的に採血管のバーコード情報が読み取ることができる。続いて、採血管を取り出して採血管以外の対象物のバーコード情報を読み取ることができ、採血管と対象物とを紐付けすることができる。
このように本発明にあっては、紐付け装置の採血管装着部へ採血管を装入してスイッチ操作するだけで採血管のバーコード情報を読み取ることができるので、両手を同時に使用する必要がなく、便利である。 (もっと読む)


【課題】オペレータに対してデータコードの読み取り状況を認識することを可能とし、データコードを確実に読み取り可能とするようにデータコードの向きや位置の変更を促すことができ、さらにデータコードが解読されたことを確実に認識すること。
【解決手段】商品に付されたデータコードを撮像してその動画像データを出力する撮像出力手段と、動画像データをリアルタイムに動画像として表示する画像表示手段と、動画像データに基づいてデータコードを解読する解読手段と、データコードが解読されると、撮像出力手段からの動画像データの出力を取り止める取り止め手段と、動画像データの出力を取り止められると、撮像出力手段から出力された動画像データから取り出してデータコードを含む静止画像を作成する静止画作成手段と、同一のデータコードの連続読取りを一定期間禁止し、一定期間に静止画像の表示を維持する静止画像維持手段とを備える。 (もっと読む)


【課題】読取口から受光光学系に至るまでの経路上に外部からの異物を除去する防護部材を配置してなる光学的情報読取装置において、防護部材内面の清掃を迅速且つ容易に行い得る構成を提供する。
【解決手段】光学的情報読取装置1は、ケース2内において読取口5と受光光学系との間に透光性の防護部材70が配置されている。この防護部材70は、保持・回転機構によって保持されており、読取時に受光光学系側に面する裏部72を、受光光学系側に面する位置から清掃可能位置に移動させうる構成をなしている。 (もっと読む)


【課題】シンボルをより好適に読み取ることが可能なシンボル読取装置を提供する。
【解決手段】シンボル読取装置は、シンボルを撮像するカメラ14と、カメラ14による撮像画像を表示する表示装置16と、枠を表示装置16に表示し、撮像画像のうち枠内の範囲をデコード範囲として設定してデコード範囲からシンボルを読み取り、読み取ったシンボルの平均セルサイズが所定のセルサイズより大きい場合、枠内の範囲を小さくする処理を行うCPU11と、を備える。 (もっと読む)


【課題】バーコードの読み取りと数量のカウントとの実行が可能な操作性に富むカウント機能付きバーコードリーダを提供する。
【解決手段】バーコード20のデータを読み取る指示か物品の数量をカウントする指示かのいずれかの指示を行うトリガキー1が押下された際に、バーコード20のデータがバーコード読取部2により読み取られていたことがバーコードデータ解析部3にて判別された場合は、カウンタ4のカウント値を初期化し、一方、読み取られていなかったことが判別された場合は、カウンタ4のカウント値をカウントアップする。また、トリガキー1の押下の都度、バーコード20のデータが読み取られていた場合は、読み取られたバーコード20のデータと初期化したカウンタ4のカウント値とを上位機のコンピュータ30に対して送信し、一方、読み取られていなかった場合は、カウントアップされたカウンタ4のカウント値をコンピュータ30に対して送信する。 (もっと読む)


【課題】文字やバーコードなどが印刷された用紙上に透明または半透明なフィルム用紙がある場合でも、文字やバーコードを確実に読み取ることができる光学読取装置を提供する。
【解決手段】光学認識装置1であって、光学認識装置1の本体に回動自在に軸支され、光学認識装置1の中心線を基準とし左右対称に設けられる少なくとも一対のアーム部材(アーム10)と、アーム部材の先端に取り付けられる押付部材(押付ローラ11)と、アーム部材を内側方向に作用させる弾性部材(バネ15)と、アーム部材の回動位置を規制する回動規制手段(ガイド14)を備えている。光学認識装置1によれば、文字やバーコードなどが印刷された用紙上に透明または半透明なフィルム用紙がある場合、押付部材によってフィルム用紙が左右に伸ばされるため、文字やバーコードを確実に読み取ることができるようになる。 (もっと読む)


【課題】携帯型読取装置を用いて情報処理装置の入力操作を可能にする。
【解決手段】媒体の情報を読取る読取部を備えた携帯型読取装置2の本体に、当該本体の少なくとも2方向への移動を検出する一対の加速度センサを設ける。この読取装置2と通信ケーブル3で接続され、読取部で読取られた情報を読取装置2から受信するとその情報を処理する情報処理装置1は、加速度センサによる検出情報により本体の移動方向を判定する。また、読取装置2からの入力待ち項目を設定する。この設定される入力待ち項目と判定された読取装置2の移動方向とに基づいて、読取装置2からの入力情報を特定する。 (もっと読む)


【課題】筐体の近傍を含む広い範囲で商品のコードシンボルを読み取ることができ、コードシンボルの読み取りを確実に行えるようにする。
【解決手段】バーコードが付された商品が配置される撮像領域F側に開口部113を備えた箱形の筐体110と、CCD撮像素子を備える撮像基板121及び撮像レンズ122を備える撮像装置120と、照明ボード130と、を備え、画像信号からバーコードの画像を抽出し解析して商品コードを取得する画像処理ボード140に前記画像信号を出力するバーコード読取装置100において、筐体110の最も撮像領域側に表面板111aを配置し、表面板111aの略中央部に奥部に開口部113を開設した凹設部160を形成し、照明ボード130は、開口部113内部であって撮像領域Fの外側に配置され、撮像領域Fの全域を照明するものであり、撮像装置120は、画像処理ボード140によるバーコードの読取が可能な読取可能領域Aのレンズ側限界Pcが表面板111aの配置位置と略一致するよう設定する。 (もっと読む)


101 - 120 / 259