Array ( [0] => 記録担体の読取り [1] => 目的、効果 [2] => 操作性の向上 ) 記録担体の読取り | 目的、効果 | 操作性の向上
説明

Fターム[5B072AA08]の内容

記録担体の読取り (12,790) | 目的、効果 (940) | 操作性の向上 (259)

Fターム[5B072AA08]に分類される特許

101 - 120 / 259












【課題】複数の1Dカラービットコードを一括して読み込み・認識をする場合に、その結果の改良された表示方法を提供する。
【解決手段】光学式自動認識コードの各コードシンボルを1個以上含む画像を撮像して画像データを取り込む(キャプチャする)。最初の画像データを「基準キャプチャ画面」として設定し、以降にキャプチャされた画像データ毎のデコード結果を「基準キャプチャ画面」に上書きするためにその明示枠の位置等を記憶する。この際、基準キャプチャ画面上の位置に補正するための補正係数も求めて記憶しておく。複数回キャプチャを繰り返した後、コードシンボルの明示枠の位置等を補正して基準キャプチャ画像上にまとめて挿入して表示する。したがって、どこコードが認識できたのか(あるいは認識できなかったのか)を直感的に操作者に示すことで、操作性の向上を図るものである。 (もっと読む)





【課題】読取口から受光光学系に至るまでの経路上に外部からの異物を除去する防護部材を配置してなる光学的情報読取装置において、防護部材内面の清掃を迅速且つ容易に行い得る構成を提供する。
【解決手段】光学的情報読取装置1は、ケース2内において読取口5と受光光学系との間に透光性の防護部材70が配置されている。この防護部材70は、保持・回転機構によって保持されており、読取時に受光光学系側に面する裏部72を、受光光学系側に面する位置から清掃可能位置に移動させうる構成をなしている。 (もっと読む)






【課題】筐体の近傍を含む広い範囲で商品のコードシンボルを読み取ることができ、コードシンボルの読み取りを確実に行えるようにする。
【解決手段】バーコードが付された商品が配置される撮像領域F側に開口部113を備えた箱形の筐体110と、CCD撮像素子を備える撮像基板121及び撮像レンズ122を備える撮像装置120と、照明ボード130と、を備え、画像信号からバーコードの画像を抽出し解析して商品コードを取得する画像処理ボード140に前記画像信号を出力するバーコード読取装置100において、筐体110の最も撮像領域側に表面板111aを配置し、表面板111aの略中央部に奥部に開口部113を開設した凹設部160を形成し、照明ボード130は、開口部113内部であって撮像領域Fの外側に配置され、撮像領域Fの全域を照明するものであり、撮像装置120は、画像処理ボード140によるバーコードの読取が可能な読取可能領域Aのレンズ側限界Pcが表面板111aの配置位置と略一致するよう設定する。 (もっと読む)


101 - 120 / 259