Array ( [0] => 記録担体の読取り [1] => 信号処理方式 [2] => 信号レベルの検出 ) 記録担体の読取り | 信号処理方式 | 信号レベルの検出
説明

Fターム[5B072FF01]の内容

記録担体の読取り (12,790) | 信号処理方式 (320) | 信号レベルの検出 (154)

Fターム[5B072FF01]の下位に属するFターム

2値化 (130)

Fターム[5B072FF01]に分類される特許

1 - 20 / 24






【課題】コード内容を識別せずに、コード領域を含む領域を特定する。
【解決手段】二次元画像コードは、明度が高い色と明度が高い色に比べて明度が低い色の2色でデータセルが表現されたコードを有するコード領域10aと、コード領域の周囲に設けられ明度が低い色に比べて明度が高い色で構成された高明度領域10bを備え、コード領域と高明度領域は、QRコード(登録商標)を構成し、コード領域は、特定形状領域10dを有し、特定形状領域は、データセルの最小単位よりも大きく、特定形状領域の明度の平均値は、コード領域における特定形状領域を除く領域の明度の平均値よりも10%以上高い、若しくは、特定形状領域の明度の平均値は、コード領域における特定形状領域を除く領域の明度の平均値よりも10%以上低い。 (もっと読む)


【課題】カラーベースのイメージコードの色判別方法を提供する。
【解決手段】カラーベースのイメージコードを構成する各セルで所定数のピクセルを標本抽出した後、MCC法、WBCC法、SLACC法、KMACC法を適用してセルの色相を判別する。これにより、カメラや印刷媒体の特性による色相歪曲が発生しても、イメージコードの正確な色認識が可能となる。 (もっと読む)



【課題】 レーザスキャナによる読取結果の正確性をユーザに知らせる。
【解決手段】CPU11は、バーコード印時色解析プログラム161と協働して、以下の処理を行う。CPU11は、カメラモジュール15に撮影を行わせ撮影画像を取得させる。CPU11は、この撮影画像からバーコード領域を抽出する。CPU11は、このバーコード領域を複数のライン毎に分析して、前記各ラインにおいてRGBの色成分毎に輝度ヒストグラムを生成する。CPU11は、前記各ラインにおいて前記色成分毎の輝度ヒストグラムに基づいてライン読取結果の正確性を算出する。CPU11は、算出したライン毎のライン読取結果の正確性を表示部14に表示させる。 (もっと読む)


【課題】バーコードを表すアナログ信号の利得が、制御ループを使用して制御されるバーコード・スキャナ・プラットフォームを提供する。
【解決手段】MTF検出器310が、アナログ信号の低周波数部分(幅広い諸要素、つまり光学焦点が合っていない諸要素)を表す値、およびアナログ信号の高周波数部分(狭い諸要素、つまり光学焦点が合っている諸要素)を表す第2の値を生成する。プロセッサ308は、第1の値および第2の値、ならびに基準振幅を使用して、利得IE信号を算出する。プロセッサ308は、利得信号をAGC回路304に供給し、回路は、整合JFETを使用して、その利得信号に対する線形応答を供給する。雑音フィルタ312が、第1の値、第2の値、および/またはバーコード・スキャナ・プラットフォーム読み取り率に基づいて有効にされる、または無効にされることが可能である。 (もっと読む)


【課題】本発明の課題は、符号画像パターンの復号処理における復号性能を向上させ、復号処理の負荷を小さくすることができる装置を提供することである。
【解決手段】上記課題を解決するために、本発明に係る装置は、検出用パターンを持つ符号画像パターンを復号化する装置であって、画像から検出用パターンを検出する検出手段と、検出された検出用パターンにより位置の特定される符号画像パターンの濃度を、検出された検出用パターンの濃度に基づいて、補正する補正手段と、濃度を補正した後の符号画像パターンを復号化する復号化手段とを備えることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】3値バーコードの読取安定性向上。
【解決手段】読取光に対する反射率が相互に相違する第1バーとスペースの配列により構成されるバーコードの読取方法において、読取光によってバーコードを走査したときの反射光を検知することで検知信号を生成する手順と、単一のバーコードの走査に要する時間をTとして、T/60以下の時定数τをもって検知信号の包絡線検波信号を生成する手順と、包絡線検波信号を所定の割合で減衰させることで基準信号を生成する手順と、検知信号から基準信号を差し引くことで得られる平均値信号に基づいて第1バーに対応する第1バー信号を生成する手順とを実行する。さらに、平均値信号に対する微分信号を生成する手順と、第1バーと第2バーに対応する遅延混合信号を生成する手順と、第1バー、遅延混合信号に基づき第2バーに対応する第2バー信号を生成する手順を実行する。 (もっと読む)



【課題】画像内のインパルス性ノイズを画像の平坦な領域だけでなく、エッジに隣接したインパルス性ノイズを確実に抽出し、除去を行うことが可能なノイズ処理方法および画像処理装置、並びに情報コード読取装置を提供する。
【解決手段】画像処理装置230は、注目画素を選択する機能と、注目画素の周辺で領域の異なる複数の周辺画素群について、注目画素を除いたばらつきの値を分散および標準偏差の少なくともいずれかで順次算出する第1のばらつき算出機能と、複数の周辺画素群のばらつきの値の中の最小値を検出する最小値検出機能と、最小値が所定の値以下の場合は最小値が得られた周辺画素群の前記注目画素を含めたばらつきの値を算出する第2のばらつき算出機能と、最小値と前記注目画素を含めたばらつきの値との差分が大きい場合には、注目画素のノイズが存在すると判定する判定機能と、を有する。 (もっと読む)


デジタルデータで符号化された光線からその遷移によって得られる信号が生じるタイプの光学的コードセンサにおいて、データを引き出すための処理の前に可変帯域幅フィルタが配置される。光学的コードの距離が検知され、フィルタの帯域幅がバーコードの距離と関連して増加される。そのフィルタの入力信号はシフトレジスタに入力され、そのシフトレジスタの各ステージにおける出力が、係数セット全てを用いて特定の波形、好ましくはガウス波形になるように計算された所定の係数で乗算される。そのシフトレジスタの各係数によって乗算された出力は、一緒に加算されて、処理装置に入力するフィルタ処理された出力信号を生成する。 (もっと読む)


【課題】二次元コードを読み取って確実に元のデータを復元できるようにすること。
【解決手段】データがX軸方向及びY軸方向の二次元に記録された領域内にマーカを互いに離間して上記X軸方向及びY軸方向の二次元に複数個配置することにより、当該マーカで囲まれた、上記データをサンプルするためのサンプル点を二次元に複数個有する方形状の単位領域を複数個二次元に設けたドットコード170等の二次元コードを、当該一撮像画面の中に上記単位領域が複数個含まれるように検出部184で撮像し、マーカ検出部216によって上記二次元コードを含む一撮像画面から、上記各マーカの中心位置を求め、データ配列方向検出部218によって上記各マーカの中心位置に基づいて、上記各単位領域を特定して、アドレス制御部220によって各単位領域毎に上記二次元のサンプル点を求めて、上記特定された各単位領域から上記二次元に記録されたデータをサンプルする。 (もっと読む)


或る例示的な実施形態は、或る方法を提供することができ、同方法は、機械読み取り可能な二次元コードを画定する第1の複数の画素と、無コードゾーンを画定する第2の複数の画素と、を備えている第1画像の中で、前記機械読み取り可能な二次元コードが識別されたという判定に応えて、前記機械読み取り可能な二次元コード又は同コードの或る表現を備え且つ前記無コードゾーンを除外した第2画像の保存又は表示を自動的に行わせる段階を含んでいる。 (もっと読む)


【課題】カラーベースのイメージコードの色判別方法を提供する。
【解決手段】カラーベースのイメージコードを構成する各セルで所定数のピクセルを標本抽出した後、MCC法、WBCC法、SLACC法、KMACC法を適用してセルの色相を判別する。これにより、カメラや印刷媒体の特性による色相歪曲が発生しても、イメージコードの正確な色認識が可能となる。 (もっと読む)





1 - 20 / 24