Fターム[5B072JJ11]の内容

記録担体の読取り (12,790) | 形状、構造 (901) | ハンディタイプ (518)

Fターム[5B072JJ11]の下位に属するFターム

Fターム[5B072JJ11]に分類される特許

21 - 40 / 365


【課題】建設機械に蓄積される情報を取得する際の利便性を向上させる。
【解決手段】建設機械における機械情報の表示制御を行う制御装置において、前記機械情報を埋め込んだ2次元バーコードを生成し、生成された前記2次元バーコードを、前記建設機械の運転部から前記機械情報が参照可能な位置に設置された機体側表示部に表示させる機体側制御部を有することにより、上記課題を解決する。 (もっと読む)


【課題】撮像範囲を一定以上に維持或いはそれ以上に拡大した上で、装置のさらなる薄型化を可能にする。
【解決手段】カメラ10に設けられる接眼レンズを液体レンズ102により構成している。そして、処理部14の制御の下、この液体レンズ102に印加する電圧を変化させることにより液体レンズ102の焦点距離を印刷シート20上の撮像範囲の最も遠い位置から近い位置までの範囲で段階的に変化させて、その時の合焦撮像領域の撮像画像データをイメージセンサ101からそれぞれ取り込み、これらの撮像画像データを合成して印刷シート20上の撮像対象範囲全体を表す合成画像データを生成する。そして、この合成画像データから二次元コードを解読してその解読データを通信部13から送信する。 (もっと読む)


【課題】トリガ操作部を備えた光学的情報読取装置において、トリガ操作部のストローク量を確保し得る構成を、装置構成の大型化を抑えて実現する。
【解決手段】光学的情報読取装置1は、本体部の外郭をなす第1ケース部2aの内部側に、上方延出部52の先端側部分58の後方側を支持する後方支持壁71が設けられ、且つ上方延出部52の下方側を支持する下方支持壁73が設けられる。そして、押圧部が後方側に押圧操作されたとき、上方延出部52は、先端側部分58が後方支持壁71に支持されつつ下降すると共に下方支持壁73に支持される被支持部が後方側に変位する。そして、このような上方延出部52の変位に応じ、下方延出部における保持部の上方側の部分が後方に撓み変形し、スイッチは、下方延出部の撓み変形を検出する。 (もっと読む)


【課題】筐体の開口から露出させる透光部を、ねじ等の別部材を使用することなく当該筐体に強固に組み付け得る情報端末を提供する。
【解決手段】透光部61は、開口14から露出するときに筐体11の内面のうち当該開口14を囲む周縁面15に対して面接触する周縁部62と一体に形成されている。そして、周縁面15には、開口14を挟んで突起16と突出片17とが形成され、周縁部62には、突起16に係合可能な貫通穴63と、この貫通穴63を突起16に係合させるように透光部61を開口14から露出させるときに突出片17の開口側に押圧するように面接触するL字片64の延出部64bと、が形成されている。 (もっと読む)


【課題】情報コードを光学的に読み取り可能な読取手段が保持される光学ホルダの組み付けに関して、ねじを使用することなく部品の位置ずれや分解を抑制し、高い組付精度を確保しつづけ得る光学的情報読取装置を提供する。
【解決手段】情報コードを光学的に読み取り可能な照明光源21や受光センサ28などの読取手段が保持される光学ホルダ60には、基板50への組み付け時に当該基板50に形成される各ホルダ用係合穴51〜54にそれぞれ挿通する係合ピン62a,62bおよび割りピン63a,63bが形成され、係合ピン62a,62bは、対応するホルダ用係合穴51,53に対して位置決め可能に係合するように形成され、割りピン63a,63bは、挿通時に弾性的に拡がることでホルダ用係合穴52,54に嵌合するように形成される。 (もっと読む)


【課題】ケーブルの端部付近でケースを容易に開閉しうる構成を、部品点数を抑えて実現でき、且つケースとケーブルとを組み付ける部分及びその付近をより強化しうる構成を提供する。
【解決手段】光学的情報読取装置1では、剛性の高い把持部3bに固定される固定部材70によって把持部3bに対するケーブル90の組み付け、及び把持部3bに対する端部ピース50の組み付けを保持している。また、端部ピース50が把持部3bの先端側に配置されており、ケーブル延出側からケース2が落下した際にはこの端部ピース50によって落下時の衝撃を受けることができるようになっている。更に、係合孔56a,56bと係合爪10a,10bとの係合により端部ピース50が把持部3bの先端側に固定され、係合片76a,76bを把持部3bの先端側に係合させることで固定部材70が把持部3bに固定されており、ネジレス化が図られている。 (もっと読む)


【課題】顧客が在庫として有する部品を事業者がより正確に把握することを目的とする。
【解決手段】在庫部品管理システム10は、顧客へ納品された部品20を識別するための部品IDと、該顧客が有する該部品20の数量とを関連付けて管理するための在庫管理テーブルを記憶したサーバ14、顧客へ部品を納入する事業者によって操作され、サーバ14との間で情報の送受信が可能とされている情報処理装置12A、及び顧客によって操作され、サーバ14との間で情報の送受信が可能とされている情報処理装置12Bと、を備える。そして、サーバ14は、情報処理装置12Bから部品IDに関連付けられた数量を受信した場合に、在庫管理テーブルで管理されている数量を、受信した数量に基づいて書き換える。 (もっと読む)


【課題】物品を摘んで移動させる作業とその物品に関する物品情報を情報読取装置で読み取る作業とを片手で迅速に行うことを可能にする物品挟持具を提供すること。
【解決手段】トング10は、互いの先端部113により食品40を挟むための一対の挟持部材101,102を備えている。一方の挟持部材101にはバーコードリーダ20が固定されており、このバーコードリーダ20によって食品40に関する情報である食品情報が読み取られる。 (もっと読む)


【課題】 従来技術は、ビル内の各種設備機器に限定されている。また、設備機器を識別させるバーコードは、初記バーコードデータのみであり変更(保守・点検)後のデータを有するバーコードの貼り付けは行っていないため、アナログ的(目視)な作業では分かりにくいものである。
【解決手段】 建物の内外における各種設備機器のデータを入力してなるバーコードと、バーコードのデータを読み取り、かつデータを書き込むハンディーターミナルと、ハンディーターミナルのバーコードデーターを入出力して、データ処理するコンピューターとから構成される建物設備機器保守点検作業支援システムにおいて、バーコードが、最初に各種設備機器のデータを入力した初記バーコードと、点検後のデータを入れた再記バーコードであることとする建物設備機器保守点検作業支援システム。 (もっと読む)


【課題】筐体を手首に装着した状態において前腕の長さ方向に沿って筐体を長くしたとしても、手首を折り曲げたときに筐体が邪魔になることもなく、作業を効率良く実行できるようにする。
【解決手段】スキャナ装置は、板状筐体1の長手方向の一端部側を固定端とし、その他端部側を自由端とするために当該一端部側に設けた手首装着部2と、筐体1上に設けたタッチ表示部3と、筐体1が手首装着部2を介して手首に装着されている状態においてその手首の小指側の側面に位置するように設けた光学部品5とを有する構成であるから、筐体1を手首に装着した状態において前腕の長手方向に沿って筐体1を長くしたとしても、手首を折り曲げたときに筐体が邪魔になることもなく、筐体1を長くすることによりタッチ表示部3を大型化することができる。 (もっと読む)


【課題】個人情報を保護できるとともに、会員証を送付することなく発行することができる会員証発行システムを提供する。
【解決手段】会員証発行システム5において、会員証発行装置1が、利用者による所定の操作を受け付ける入力部14と、入力部14での所定の操作に応じて情報管理装置2へのアクセス先情報と会員証発行装置1を特定する特定情報とを含むコードを出力する2次元コード出力部15と、会員証を発行する会員証発行部16とを備えており、情報管理装置2が、コードを読み取った携帯電話機3から、コードに含められているアクセス先情報に基づいてアクセスされ、携帯電話機3から入力された利用者に関する所定の情報を登録する登録部231と、特定情報に基づいて特定される会員証発行装置1に対して、登録部231により登録された情報に基づいた会員証を発行する指示を、通信網4を介して送信する指示部232と、を備えている。 (もっと読む)


【課題】情報コードからの反射光に鏡面反射光が入り込んだ状態をより確実に検出し、誤読を回避する光学的情報読取装置を提供する。
【解決手段】光学的情報読取装置1は、バーコードBからの反射光を受光し、情報コードの各パターンごとに反射光の強度に応じた電気信号を出力する受光センサ26と、この受光センサ26から出力される電気信号の信号波形を閾値と比較した結果に基づいて信号波形を明色領域と暗色領域とに区分けする二値化回路33とを備え、二値化回路33により区分けされた明色領域及び暗色領域に基づいてデコード処理を行う。信号波形に含まれる暗色パターンに対応した複数の電気信号の変化量、又は明色パターンに対応した複数の電気信号の変化量が閾値を超えているか否かを判断する判断手段が設けられる。 (もっと読む)


【課題】ユーザの購買活動時における利便性を向上させる。
【解決手段】情報提供システム1は、店舗2に陳列された商品3に付され当該商品に関する情報を記録するコードシンボル5を読み取るコード読取手段11と、ユーザにより確認される実際の商品の外観的品質を示す情報、及びコード読取手段によっては読み取ることができない情報をユーザの入力操作により入力可能にする情報入力手段12と、コード読取手段及び情報入力手段により取得された情報に基づいて、少なくとも商品の種類、価格、店舗、及び外観的品質を関連付けて管理する情報管理手段13と、情報管理手段により管理される情報に基づいて、価格と外観的品質とが共に所定の基準を満たす商品に関する情報を選択的に提示する情報提示手段14とを備える。 (もっと読む)


【課題】 照合機能をバーコードリーダ単体で実施でき、さらにこれらの機能に有益な機能を簡単に呼び出せる手段を設ける。
【解決手段】バーコードに光を照射する照射部を前面に備えるヘッド部と、該ヘッド部から下方に延長された把手部とからなり、ヘッド部が把手部から光の照射方向前方に突出したガンタイプ形状を有する光学式情報読取装置において、把手部のヘッド部との境界付近前面に設けられ、照射部に照射指示を行うためのトリガスイッチと、ヘッド部の把手部が設けられた下方とは反対側の上面に設けられ、予め設定された所定の機能を実行するためのファンクションスイッチと、トリガスイッチの操作を受け付けて照射部に光を照射させ、ファンクションスイッチの操作を受け付けて予め設定された機能を実行する制御手段と、ファンクションスイッチとトリガスイッチの動作状態を表示するLED表示部を備える。 (もっと読む)


【課題】読取対象物に複数並べて形成された情報コードを読み取ることが可能な光学的情報読取装置において、読み取り作業をより効率的に行うことができ、作業者の操作負担を効果的に低減し得る構成を提供する。
【解決手段】ケース2の読取口4側に取り付けられた車輪40と読取対象物Rとの接触が維持された状態で、ケース2の移動によって車輪40が回転するようになっている。そして、制御部10は、回転検知結果に基づいて読取対象物Rに、複数並べて形成されたバーコードBの読み取りタイミングを制御するように構成されている。 (もっと読む)


【課題】特に専用の設備を保有しない最終消費者等においても、容易に再帰反射シールを用いて対象物の真贋判定を行うことができる技術を提供する。
【解決手段】顧客(ユーザ)は、多機能携帯通信端末のLEDライトから直進光を再帰反射シールに照射しながらカメラで撮像し、その画像データをセンターに送信する。センターは、送信された画像データを用いて真贋判定を行い、その結果を顧客に通知する。多機能携帯通信端末には真贋判定用アプリケーションをインストールしておき、これを実行することで、LEDライトの点灯やカメラによる撮影が可能になるとともに、画像データの送信まで行うことができる。センターからの通知はメールで受信することができるので、エンドユーザでも真贋判定結果の確認が容易になる。 (もっと読む)


【課題】トリガ操作を極力行わなくて済む構成を消費電力の増大を伴うことなく実現でき、情報コードの読み取り作業をも簡略化し得る光学的情報読取装置を提供する。
【解決手段】光学的情報読取装置1は、コード読取部1aのケース2内にケーブル6の一方側が接続されており、このケーブル6の他方側は外部装置1bに設けられたリールによって巻き取り可能とされている。外部装置1b側では、ケーブル6が引かれたときにリールから送り出されるようになっており、この送り出し動作が検出部60によって検出可能とされている。そして、ケーブル6の送り出し動作が検出部60により検出されたときに、コード読取部1aの読み取り状態を読取可能状態に切り替え、ケーブル6の巻き取り動作が検出されたときに、コード読取部1aを省電力状態に切り替えるようにしている。 (もっと読む)


【課題】非接触通信媒体に対する情報の更新処理を確実に実施し得る情報端末および情報システムを提供する。
【解決手段】QRコードQからの反射光を取り込む読取口14bがアンテナ43の近傍に配置されている。そして、ICカードCに対して非接触通信可能な状態になったことが検知され、このICカードCの情報がICカード通信部40により取得されると、情報コード読取部30によりICカードCの裏面中央に表示されるQRコードQが読み取られた読取状態であると判定される場合に、ICカード通信部40により、当該ICカードCに対する更新処理が開始される。 (もっと読む)


【課題】補正後輝度値を、同一の画像信号を用いて決定した軌跡範囲の輝度に基づいて決定することにより手ぶれ補正を高速に行うことができる撮像装置を提供する。
【解決手段】手ぶれ補正用マーカ光M2を照射して、その手ぶれ補正用マーカ光M2が読み取り面で反射した入射光がエリアセンサに受光される。エリアセンサから出力される画像信号から手ぶれ補正用マーカ光M2の位置を検出し(S3)、その画像信号から手ぶれ補正用マーカ光M2の軌跡範囲を決定する(S4)。決定した軌跡範囲の輝度に基づいて、手ぶれによる輝度変化を補正するための輝度補正係数を決定し(S5)、輝度補正係数に基づいて全画素に対して輝度値を補正して補正画像を作成する(S6)。補正後輝度値を、同一の画像信号を用いて決定した軌跡範囲の輝度に基づいて決定することにより手ぶれ補正を高速に行うことが可能になる。 (もっと読む)


【課題】2次元バーコードを用いてバーコード・シンボル走査端末をコンフィギュレーションするための構成システムを提供する。
【解決手段】構成システム2は、2次元バーコードを表す画像を収集するよう構成された画像センサを含む2次元イメージャ端末30を含み、2次元イメージャ端末30は、2次元バーコードを表す画像に基づいてプログラミング・データを決定し、決定されたプログラミング・データを送信するように構成される。構成システム2は、バーコード・シンボル走査端末10をさらに含み、バーコード・シンボル走査端末10は、2次元イメージャ端末30から決定されたプログラミング・データを受信し、バーコード・シンボル走査端末10は、決定されたプログラミング・データに基づいて構成されるように動作する。 (もっと読む)


21 - 40 / 365