Fターム[5B072JJ11]の内容

記録担体の読取り (12,790) | 形状、構造 (901) | ハンディタイプ (518)

Fターム[5B072JJ11]の下位に属するFターム

Fターム[5B072JJ11]に分類される特許

121 - 140 / 365


【課題】価格情報やその他情報を再印刷することなく、サービス利用者に対しリアルタイムに最新情報を提供する事が可能となり、サービス利用者は簡便に所望の最新情報を入手する事を可能とする。
【解決手段】情報提供者60は、書籍、雑誌、カタログ、パンフレット、チラシ、名刺、新聞、はがき、ポスター、販促媒体等の紙面に選択項目画面に継続的に情報出力URLを表すQRコード(登録商標)等10を割り当て、さらに何段階に細分化する。その情報提供者が各々のURL管理サーバ20にアクセスして情報変更する。または関連する情報サイトの数値等の情報の変化に伴い自動的に換算された情報も変更される。当該印刷紙面と情報読み込み、表示画面装置を備えた携帯電話、PHS電話、スマートフォン、携帯ゲーム器、デジタルカメラ、モバイル端末器等の情報端末器30を有するサービス利用者がリアルタイムに最新情報を得る。 (もっと読む)


【課題】光を画像に確実に当てることが可能な携帯端末装置を提供する。
【解決手段】画像15に光を照射し前記画像15を読み取るスキャナを備えた携帯端末装置において、前記携帯端末装置の使用時に前記画像15への前記光の照射方向の案内及び前記画像15上における前記光の照射位置の案内となるカバー5を備え、前記カバー5の先端部を前記画像15上に当接させた状態で前記携帯端末装置を使用することを特徴とする携帯端末装置。 (もっと読む)


【課題】コードスキャナを用いて商品に付されたコードシンボルを素早く読み取る。
【解決手段】コードスキャナ102では、コードシンボル107aの読取部106と、読み取り結果を処理する制御部119と、デコード結果の送信部121とが、扁平のハウジング102aに収納されている。ハウジング102aは、人体正面の頚部から腰部の間への装着が可能で装着した状態で両腕の自由な動きを妨げない形状及び大きさで、一方の扁平面に読取窓114が形成されている。ハウジング102aには、使用者105の上半身正面に装着するための装着部112も取り付けられており、装着されると読取部106を構成する光源113とエリア撮像センサ116とは使用者105の正面を向く。使用者105がコードスキャナ102を身体に装着したまま商品107表面のコードシンボル107aを人体正面で視認すると、読取部106はそのコードシンボル107aを読み取る。 (もっと読む)


【課題】外部からの衝撃に対して筐体内に収容した機器の破損を防止し得る携帯端末を提供することにある。
【解決手段】互いに対向する一対のリブ20を外装ケース11内部に有しており、光学モジュール30がこの両リブ20間に近接して外装ケース11内に収容されている。そして、リブ20は、外装ケース11の内壁11aから突出する複数の突出壁部20aと、この各突出壁部20aの突出端20bを連結する連結壁部20cとを備えており、各突出壁部20aおよび連結壁部20cは、弾性変形可能に形成されている。 (もっと読む)


要約
開示される環状ライトガイド照明器10は、ライトガイド照明器の末端19において領域17を照明するためにライトガイド照明器の入口面12からライトガイド照明器の出口面16に光を導くように動作可能であり、底部が末端19に通じ、底部の反対側の切頭部20が内孔部21に通じて、領域から反射/放射された光を送り返すようになっている錐台形状の内部空洞18を備える。この照明器を実装する光学スキャナも開示される。 (もっと読む)


【課題】情報コードの読取方向とRFIDタグの読取方向とを略同一方向にしてユーザ使用に適した状態とすると共に、小型化しつつRFIDタグの読取方向について高利得化できるようにしたリーダを提供する。
【解決手段】無給電素子17bが読取口4a周辺に配設されている。このため、ユーザが光学情報読取機構6の読取口4aをRFIDタグ2に向けてRFIDタグ2との間で通信するときには、無給電素子17bが導波器として機能することでアンテナ利得を高利得化できる。無給電素子17bが読取口4a周辺に位置して当該読取口4aを囲うように配設されているため、光学情報読取機構6による読取視野を阻害することなく読取口4a付近に無給電素子17bを配設することができる。 (もっと読む)


【課題】読み取りにより消費する電力の省電力化を図ることができる情報入力装置を提供する。
【解決手段】把握部102に設けられた電極103に接触または近接した人体を媒体としてPOS端末300と通信する通信部205と、通信部205を介してPOS端末300に送信するバーコード情報を読み取るバーコード読取部204と、通信部205によりPOS端末300と通信が行われている間のみ、バーコード読取部204をバーコード情報の読み取りが可能な稼動状態にする制御部801と、稼働状態にあるバーコード読取部204により読み取られたバーコード情報を、通信部205を介してPOS端末300に送信する送信部802と、を備えたことにより、オペレータの手で持たれている間のみ読み取りが行われるので、業務の遂行状態に応じて読取手段の稼動状態を制御することができ、かつ読み取りにより消費する電力の省電力化を図ることができる。 (もっと読む)


【課題】読取対象面に対する読取装置の指示方向とその読取対象面とがなす角度の許容範囲を広くする。
【解決手段】読取装置は、光源1021及び1022を備え、光源1021を点灯させ、光源1022を消灯させる第1の組合せと、光源1022を点灯させ、光源1021を消灯させる第2の組合せと、光源1021及び光源1022をともに点灯させる第3の組合せのいずれかを、同じ組合せが連続しないように選択して光を照射する。同じ組合せが連続すると、ある特定の組合せにおいて光量の不足や過剰が生じた場合に正確な読み取りが妨げられる状態が連続するが、同じ組合せが連続しないと、かかる場合であっても正確な読み取りが妨げられる状態が連続しない。 (もっと読む)


【課題】光学的な情報読取機能と非接触通信機能とを共に備える光学的情報読取装置において、ケース内の所定位置にアンテナを安定的に収容し、かつ当該アンテナ付近を衝撃から適切に保護しうる構成を提供する。
【解決手段】光学的情報読取装置1は、アンテナを有するアンテナユニット50がケース2内に収容された構成をなしている。アンテナユニット50は、アンテナと、このアンテナを保持する基板53とが一体化されてなるものであり、ケース2内にはこのアンテナユニット50を支持する複数の支持台61〜64が設けられている。これら複数の支持台61〜64は互いに間隔をあけて配置されており、支持台間には支持台同士を連結する補強リブ65〜68が設けられている。 (もっと読む)


【課題】バーコードのような取得可能提示情報により、提示された時刻あるいは取得時刻の情報を提供できるようにする。
【解決手段】提示情報の生成手段は、刻々と変化する時刻情報を特定の情報と関連付けた情報を少なくとも含む提示用情報を生成する。提示手段は、生成手段により生成された提示用情報を、利用者が取得可能とする取得可能提示情報に変更して提示する。取得手段は、提示された取得可能提示情報を取得し、取得した取得可能提示情報から提示用情報を得る。判別手段は、取得手段で取得した提示用情報から特定の情報と関連付けられた時刻情報を得て、提示用情報が提示された時刻を判別する。 (もっと読む)


【課題】機能拡張装置の着脱に応じて重心位置を容易に調整し得る携帯端末を提供する。
【解決手段】筐体11内には、当該携帯端末10の機能を拡張可能な機能拡張モジュールである無線リーダライタ41およびRFIDリーダライタ42のいずれか1つが装着可能な装着部21が制御基板20に設けられている。そして、凹凸状に形成される電池蓋50の内側面50bの凹部50c内には、装着部21に装着される無線リーダライタ41またはRFIDリーダライタ42に応じて当該携帯端末10の長手方向の重心の位置を重心位置Lに一致するよう調整するためのバランスウェイト61,62またはバランスウェイト63,64が配置される。 (もっと読む)


【課題】アクセス検索・閲覧を極めて容易にし、ひいては、一元化された商業施設・店舗/商店街情報などの詳細情報を手にとるように閲覧・訪問し易くすること。
【解決手段】利用者が、店舗情報インデックスを予めコード化したものであって、商業施設周辺の屋内及び/又は屋外に多数設置されている情報記憶素子、情報記録素子(商標登録)から、利用者用端末を利用することにより読み取った店舗情報インデックスを基に、インターネットを介して店舗情報データーベースにアクセスすることにより、利用者の所望に応じた最適の店舗へと誘導・案内をすることができる店舗情報提供システム。 (もっと読む)


【課題】ネットワーク上に公開されている情報ページの所在位置を示すための所在位置情報を含む画像情報が画面に表示されている状態でも、この画像情報から所在位置情報を抽出して、その情報ページに適した情報ページ閲覧機能を起動できるようにする。
【解決手段】所在位置情報が含まれている二次元コードが表示されている状態において、この二次元コードを画像認識し(ステップD4)、その認識結果に基づいて所在位置情報を抽出する(ステップD5)。そして、抽出した所在位置情報に基づいてブラウザ情報記憶部M3を参照し、それに該当するブラウザ情報で示されるブラウザを起動対象として選択し(ステップD7)、この選択ブラウザを起動する(ステップD11)。 (もっと読む)


【課題】文字やバーコードなどが印刷された用紙上に透明または半透明なフィルム用紙がある場合でも、文字やバーコードを確実に読み取ることができる光学読取装置を提供する。
【解決手段】光学認識装置1であって、光学認識装置1の本体に回動自在に軸支され、光学認識装置1の中心線を基準とし左右対称に設けられる少なくとも一対のアーム部材(アーム10)と、アーム部材の先端に取り付けられる押付部材(押付ローラ11)と、アーム部材を内側方向に作用させる弾性部材(バネ15)と、アーム部材の回動位置を規制する回動規制手段(ガイド14)を備えている。光学認識装置1によれば、文字やバーコードなどが印刷された用紙上に透明または半透明なフィルム用紙がある場合、押付部材によってフィルム用紙が左右に伸ばされるため、文字やバーコードを確実に読み取ることができるようになる。 (もっと読む)


【課題】家庭用接着剤又は業務用接着剤に分けて接着適用条件を指定し、それぞれの接着剤について最適な一の接着剤商品を選定しその商品情報を表示する。
【解決手段】家庭用接着剤を対象とする商品情報を格納した第1のデータ群D1と業務用接着剤を対象とする商品情報を格納した第2のデータ群D2とを有するデータベース1の上記第1のデータ群D1又は第2のデータ群D2を用いて、接着適用条件に合致する一の家庭用接着剤又は業務用接着剤を選定する選定処理手段(5h,5p)を備えたサーバ2に対して、通信ネットワーク4を介して接続された情報端末装置3により、上記サーバ2に対して家庭用接着剤又は業務用接着剤に分けて第一に適用場所、第二に接着箇所の材質の順で接着適用条件を指定し、該サーバ2の選定処理手段(5h,5p)で選定された一の接着剤商品の商品情報のうち少なくとも商品名を情報端末装置3の画面に表示するものである。 (もっと読む)


【課題】光学的読取手段と無線通信手段とを備えた決済端末において、端末使用者と対面する対面者に対して表示が可能な構成を提供する。
【解決手段】決済端末1は、操作者によって把持されつつ操作される装置本体2を備えており、当該装置本体2には、光学的読取手段と、無線通信手段とが設けられ、更に二つの表示装置(第1表示装置10a、第2表示装置10b)が設けられている。第2表示装置10bは、装置本体2に収まる第1位置と、表示領域の外面71を操作者側とは異なる対面者側に第2位置と、で変位する構成をなしており、第1表示装置10aは、少なくとも第2表示装置10bが第2位置にあるときに操作者に対する表示を行い、第2表示装置10bは、第2位置において対面者に対する表示を行うように構成されている。 (もっと読む)


【課題】携帯型読取装置を用いて情報処理装置の入力操作を可能にする。
【解決手段】媒体の情報を読取る読取部を備えた携帯型読取装置2の本体に、当該本体の少なくとも2方向への移動を検出する一対の加速度センサを設ける。この読取装置2と通信ケーブル3で接続され、読取部で読取られた情報を読取装置2から受信するとその情報を処理する情報処理装置1は、加速度センサによる検出情報により本体の移動方向を判定する。また、読取装置2からの入力待ち項目を設定する。この設定される入力待ち項目と判定された読取装置2の移動方向とに基づいて、読取装置2からの入力情報を特定する。 (もっと読む)


【課題】ゲームカードを利用するゲームシステムにおいて、ゲームカードの使用の条件を設定可能にし、ゲームカードの現在までの読取完了データに基づく処理をおこない、複数のゲームカードに記録されたデータを合成してゲームデータを生成する。
【解決手段】このゲームシステムは、ゲームデータおよびゲームデータの使用条件データが記録又は記憶されたゲームカードと、ゲームカードからゲームデータおよび使用条件データを読み取るゲームカード読取手段と、ゲームカード読取手段によって読み取られた使用条件データに基づいて、読み取られたゲームデータが使用可能か否かを判断する判断手段と、判断手段によってゲームデータが使用可能であると判断されたときに、ゲームデータを使用してゲーム処理を行うゲーム処理手段を備える。 (もっと読む)


【課題】ある特定の物品について棚卸をする場合、棚卸対象となる物品からの識別コードの取得作業を容易にする。
【解決手段】RFIDリーダによる近距離無線通信によって無線タグから読み取った一又は二以上の識別コードに対応付けられている品名を表示部に一覧表示し(候補一覧画面D)、入力部による品名指定によって一の識別コードの選択指定を許容し、選択指定された一の識別コードを棚卸対象としてメモリに記憶し(在庫一覧初期画面G)、RFIDリーダによる近距離無線通信によって無線タグから読み取った識別コードのうち、メモリに記憶した棚卸対象である識別コードと同一の識別コードの個数を実在庫数として求める(在庫一覧画面H)。 (もっと読む)


【課題】従来のハンディターミナルはOFFされても大電力を消費する。
【解決手段】ハンディターミナル1は、CPU82と、RAM83と、電池Aから電力が供給される電源回路81と、情報コードの読み取りが可能なON状態と読み取りが不可能なOFF状態とを切り替えるための指示を受け付ける電源スイッチ841と、OFF状態であってCPU82が外部からの操作部84の操作に応じてON状態に復帰可能なスリープ状態に移行しRAM83の記憶内容を維持する第1のモードとCPU82の駆動が停止しRAM83の記憶内容を維持しない第2のモードとの何れかを受け付けるモード受付部842と、記憶部86と、電池Aから電力が供給され時刻を計数するRTC85と、ONからOFFへの指示がされた場合、記憶部86が第2のモードを記憶しているとき、CPU82及びRAM83に電力が供給されないように電源回路81を制御する電源制御部87とを備える。 (もっと読む)


121 - 140 / 365