Array ( [0] => 記録担体の読取り [1] => 形状、構造 [2] => ハンディタイプ ) 記録担体の読取り | 形状、構造 | ハンディタイプ
説明

Fターム[5B072JJ11]の内容

記録担体の読取り (12,790) | 形状、構造 (901) | ハンディタイプ (518)

Fターム[5B072JJ11]の下位に属するFターム

Fターム[5B072JJ11]に分類される特許

161 - 180 / 365











【課題】 厚みが異なる大型電池と小型電池とをそれぞれ収容可能な携帯型情報読取装置を提供する。
【解決手段】 小型電池56Sが電池収容部70に1個収容される際に、当該小型電池56Sの上面に当接して支持する爪部86aを電池蓋80が備える。該爪部86aで押さえて支持することで、例え、携帯型情報読取装置10が落下した際にも、小型電池56Sの端子が携帯型情報読取装置側の接続端子72から外れて、電力供給が絶えることが無くなる。一方、大型電池56Lが電池収容部70に収容される際に、該爪部86aが該電池収容部70の凹形状の側壁74方向へ待避するため、厚い大型電池56Lを収容することが可能である。 (もっと読む)






【課題】バーコードのイメージデータを合成する前に、バーコードを基準位置から読み取ったときのイメージデータに補正する処理を行うことにより、正確な合成処理を可能とする。
【解決手段】バーコード読取装置1は、読取部15によりバーコードを複数回読み取り、読取毎にバーコードイメージデータを取得し、取得された各バーコードイメージデータをRAM14に記憶し、バーコードの読取動作中における読取部15の3次元空間での移動状態をジャイロセンサ16により検出する。CPU10は、ジャイロセンサ16により検出された移動状態に基づいて、RAM14に記憶された各バーコードイメージデータを、予め設定された基準位置から読み取られた場合のバーコードイメージデータに補正し、補正された各バーコードイメージデータを合成し、デコードする。 (もっと読む)







161 - 180 / 365